タグ別アーカイブ: JimiHendrix

(C)SplitShire「コンサート会場のスマートフォン」

マイ・フェイバリット・ライブ・ミュージック2018


好天が続いた東京ですが、9月中旬には気温が各地で平年並みとなり、秋めいてきそうです。

きょうも関東以西で猛暑 この暑さいつまで(日直予報士)
きょうも関東以西で猛暑 この暑さいつまで(日直予報士)

数年前あれだけ騒がれた「ゲリラ豪雨」ですが、忘れていたころに突然見舞われ、右往左往しました。

新宿高層ビル群に稲光 27日夜8時過ぎ(日直予報士)
新宿高層ビル群に稲光 27日夜8時過ぎ(日直予報士)

8月のお気に入り曲のテーマは「ライブ」です。
今年も各地で音楽フェスが毎週開催されています。最近は音楽フェスの開催期間が長くなりましたが、やはり8月開催が盛り上がります。

当ブログ執筆者がお勧めするライブが似合う8曲を紹介します。
ライブ音楽をお楽しみください。

ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)|オール・マイ・ラヴィング(All my loving)
https://www.youtube.com/watch?v=nx97CH4aQAY (YouTube)

バック・イン・ザ・U.S. -ライヴ2002

中古価格
¥544から
(2018/8/28 18:15時点)

  • ポール・マッカートニーが東京ドームでライブをしたの、何年まえでしたでしょうか。何曲かビートルズの曲を演奏してくれました。懐かしいです。30数曲を口パク無しで歌いきったのに感動しました。(Hiro)

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|涙あふれて(As Tears Go By)
https://www.youtube.com/watch?v=3P0COo6jSlY (YouTube)

ROLLING STONES IN MONO

中古価格
¥13,000から
(2018/8/28 18:16時点)

  • すごく懐かしい曲です。マリアンヌフェイスフルも歌っていますが。東京ドームのライブに行きました。60歳を過ぎた、ミックジャーがステージのはじからはじまでアクティブに行ったり来たりしてたの、すごいなあと思って感動しました。(Hiro)

チャーリー・パーカー(Charlie Parker)|チュニジアの夜(A Night In Tunisia)
https://www.youtube.com/watch?v=pxoL0WbX-V8 (YouTube)

ジャズ・アット・マッセイ・ホール

中古価格
¥1,180から
(2018/8/28 18:17時点)

  • 1953年カナダのトロントでのライブ録音。ジャズの巨匠(その後?)たちの最初で最後の邂逅。これぞ「The Jazz」といった雰囲気が伝わります。(Koji)

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)|紫のけむり(Purple Haze)
https://www.youtube.com/watch?v=TPt8vegXAx0 (YouTube)

Live at Woodstock

中古価格
¥1,080から
(2018/8/28 18:19時点)

Jimi Hendrix Live at Woodstock [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,829から
(2018/8/28 18:25時点)

  • 伝説の1969年のウッドストック・フェスティバルにおける収録のライブ・アルバム。併せてBlu-rayも。(Koji)
  • 「ウッドストック」は、まさに社会現象でした。ジミーヘンドリックスはとりだったようです。(Hiro)
  • ジミ・ヘンドリックスは活動期間が短く、その理由も含めて早々に「伝説」化しました。(Yama)

ディープ・パープル(Deep Purple)|スモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke On The Water)
https://www.youtube.com/watch?v=ikGyZh0VbPQ (YouTube)

ライヴ・イン・ジャパン DELUXE EDITION

中古価格
¥2,150から
(2018/8/28 18:20時点)

  • 1971年ジャズ・フェスで有名なモントルーのカジノでのコンサートで起きた放火による火災を歌詞に綴った曲。ロックのライブでは定番。ディープ・パープルはライブが似合います。(Koji)
  • 確かにライブが似合うバンドです。(Yama)

イーグルス(The Eagles)|呪われた夜(One of these nights)
https://www.youtube.com/watch?v=HePMuJE3w0s (YouTube)

ホテル・カリフォルニア:40周年記念デラックス・エディション (初回生産限定盤)

中古価格
¥7,894から
(2018/8/28 18:21時点)

  • どちらかと言えば「ドゥービー・ブラザース」を好んで聴いていた私が「イーグルス」を聴く切っ掛けとなったのがこの「呪われた夜」でした。メロディーの良さはもちろんですが、間奏のギター・ソロはギター好きには堪りません。イーグルスのライブ映像は「ホテル・カリフォルニア」が知られていますが、こちらもお勧めです。先日、「ホテル・カリフォルニア:40周年記念デラックス・エディション 」を買ってしまいましたが、こちらのライブ音源Discでも聴けます。(MAHALO)

リチャード・ティー (Richard Tee)|ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド(That’s The Way Of The World)
https://www.youtube.com/watch?v=YJI-5PRHfPw (YouTube)

リアル・タイム・ライヴ・イン・コンサート1992~イン・メモリー・オブ・リチャード・ティー

中古価格
¥9,980から
(2018/8/28 18:22時点)

  • 「リチャード・ティー」は「スタッフ」としてもCD、DVDでライブを聴く、見ることが出来ますが、やはり私のお勧めはソロとしての日本公演の模様を収めたこのアルバムが大好きです。中でも、この「アース・ウィンド&ファイアー」のヒット曲のカバーは名演だと思います。(MAHALO)

東京スカパラダイスオーケストラ|ルパン三世 ’78
https://www.youtube.com/watch?v=QvpO9Q20NRk (YouTube)

The Last~Live~(AL2枚組+DVD2枚組)

新品価格
¥7,085から
(2018/8/28 18:23時点)

  • この時は現在とメンバーが違うようですが、東京スカパラダイスオーケストラは「ルパン三世」をパワフルに奏で、観客も大いに盛り上がります。(Yama)

ロック・ギターの「天才」と「神」


私が、最初に「紫のけむり(Purple Haze)」を知ったのは、高校時代に東京のJazz喫茶通いをしていた時、確か新宿ACBでグループサウンド・バンドの「モップス」が演奏していたのもを聴いたのが最初だった気がします。何か今までのグループサウンドの曲と違った強いインパクトを受けた記憶があります。
その後で、「ジミ・ヘンドリックスJimi Hendrix)」を知りました。
そのころ、ステレオにレコードをかけ、ドラムをたたく一人練習では、「紫のけむり」はハマリました。当然ステレオのボリュームを最高に上げて、それに合わせてドラムをたたくので本当に気持ちがハイになっていました。

ジミー・ヘンドリックスが「紫のけむり」をリリースしたのは、1967年でした。

ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(The Jimi Hendrix Experience)|紫のけむり(Purple Haze)
http://www.youtube.com/watch?v=jolL3-SzCaA (YouTube)

Experience Hendrix: the Best of Jimi Hendrix

新品価格
¥1,058から
(2014/11/20 15:16時点)


ジミ・ヘンドリックスの生涯は27年と短く、本格的な演奏活動はわずか4年と一瞬だったのですが、ロックギターの演奏に革新的影響をもたらした「天才」と言われています。

今日ロックギターといえば「フェンダー・ストラトキャスター」と誰もがその名前をいいます。けれど、ヘンドリックスが使用する前はこれを使うミュージシャンはほとんどおりませんでした。ストラトキャスターでヘンドリックスが演奏したトレモロマジックは驚異的なインパクトをロックギター演奏に与えました。

また、ジミ・ヘンドリックスはいろいろな名言を残しています。私の好きな言葉です。

  • ”When the power of love overcomes the love of power the world will know peace.”
    「力への愛に、愛の力が勝利した時、世界は平和を知る。」
  • ”Blues is easy to play, but hard to feel.
    「ブルースは簡単に弾ける。だが、感じるのは難しい。」
  • “Knowledge speaks, but wisdom listens.”
    「知識は語り、知恵は傾聴する。」

ジミー・ヘンドリックスは、楽譜を読めなかったと言われています。
ほんの一瞬、彗星のように輝き、そして去っていった、ロックギターの「天才」だったと思います。

ロック・ギターでは、ジミーヘンドリックスが「天才」で、方や「神」と称されるプレイヤー「エリック・クラプトンEric Clapton)」がいます。高校時代、一人ドラム練習でかけていた曲のもう一つが「クリームCream)」の「ホワイト・ルーム(White Room)」でした。

クリーム(Cream)|ホワイト・ルーム(White Room)
http://www.youtube.com/watch?v=6d6rtHjIp6k (YouTube)

クリームの素晴らしき世界

新品価格
¥1,827から
(2014/11/20 15:19時点)


クリームは、ベース、ボーカル、ハーモニカの「ジャック・ブルースJohn Symon Asher Bruce)」、ドラムの「ジンジャー・ベイカーGinger Baker)」、そして、ギター、ボーカルのエリック・クラプトン、というメンバーで、1966年から1968年の2年間、演奏活動をしました。
クリームヒット曲は「ホワイト・ルーム」のほかに、「アイ・フィール・フリー (I Feel Free)」、「サンシャイン・ラヴ (Sunshine of Your Love)」、「クロスロード(Crossroads)」、「バッジ(Badge)」などがあります。

その後、クラプトンは、ソロ活動をし、「いとしのレイラ(Layla)」をリリースします。このレコーディングには「ストラトキャスター・ブラウニー」が使われました。
また、ボブ・マーリアーのカバー曲である「アイ・ショット・ザ・シェリフ(I Shot The Sheriff)」は全米ナンバー1をのヒット曲となります。
また、亡くなった息子に捧げる曲、「ティアーズ・イン・ヘヴン」(Tears In Heaven)は1992年に全米シングルチャート第2位となりました。
余談ですが、クラプトンは自分のギターコレクションのオークションを行っていますが、彼の使用したギターで最も有名で長年愛用したブラッキー「’56年製のフェンダー・ストラトキャスター」は95万9,500ドル(1億520万円)の価格がつきました。

2001年11月の横浜アリーナでの日本公演に行きました。
ヒット曲のほとんどを演奏しましたが、「ワンダフル・トゥナイト(Wonderful Tonight)」のギターの音色とやさしい歌声が印象に残っています。
以後、カラオケでこの曲をよく歌うようになりました。

エリック・クラプトン(Eric Clapton|ワンダフル・トゥナイト(Wonderful Tonight)
http://www.youtube.com/watch?v=vUSzL2leaFM (YouTube)

Clapton Chronicles: The Best of Eric Clapton

新品価格
¥615から
(2014/11/20 15:20時点)


ロック・ギターの「天才」と「神」と出会ってかれこれ40年以上になります。二人とも破天荒な生きざまですが、彼らの奏でた曲は私の中では全く色あせず今でも聴くたびに気持ちを高揚させてくれます。

去る、10月25日、「クリーム」の元メンバーのジャック・ブルースが死去しました。71歳でした。
「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」や「ホワイト・ルーム」のリードボーカルでした。
エリック・クラプトンは、「彼は偉大なミュージシャンであり、作曲家だった。そして私にとてつもなく大きなインスピレーションを与えてくれた」と追悼の言葉をおくっています。

ヒッピーとフーテンの寅さん(3)


ヒッピーとフーテンの寅さん(2)の続き

モントレー・ポップ・フェスティバルでその知名度と人気を得た、ジャニス・ジョップリン(Janis Joplin)とジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)ですが、2年後のウッドストック・フェスティバルでも存在感を示します。
しかし、翌1970年に二人は相次いで不慮の死を遂げます。享年は何れも27歳という若さでした。

そのジョップリン死後の1971年発表のアルバム「パール(Pearl)」は、彼女の短い生涯における最高の売上を記録しました。
「Janis Joplin | Pearl (Exp)」がありますが、3月6日に「ソニー・ロック名盤100選」の高音質CDも発売されます。

Janis Joplin|Mercedes Benz-Move Over (Outtake)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=I-s77W70_Zs (YouTube)

Pearl (Exp)

新品価格
¥443から
(2013/2/20 19:06時点)

チープ・スリル

新品価格
¥1,890から
(2013/2/20 19:07時点)

一方、ローリング・ストーン誌の選ぶ「100 Greatest Guitarists」で1位の「ジミ・ヘンドリクス」の方は、3月5日(国内6日)に、死後40余年を経ての未発表音源によるアルバム「Jimi Hendrix | People Hell & Angels」が発売されます。

Rock Legend Jimi Hendrix releases new album
http://www.youtube.com/watch?v=YZNlVMOsrM0 (YouTube)

People Hell & Angels

新品価格
¥1,486から
(2013/2/20 19:08時点)


どちらも実質活動期間は短かったものの、ロック史に偉大な足跡を残すミュージシャンです。マリファナやLSD等のドラッグが当たり前だった時代、その光と影の部分を象徴していたように思います。

「愛と平和とセックスと自由」を標榜したヒッピー・ムーブメントの頂点は、この1969年ウッドストックの頃だったと思います。
今では完全に死語と化した「ヒッピー」という言葉ですが、日本に入ってくると「フーテン」と呼ばれる独特のスタイルが生まれました。

フーテンとは、仕事も学業もせず、ぶらぶらしている人のこと。
フーテンとはもともと瘋癲と書き、精神状態が異常なこと及び、そういった人をさした。ここから1967年の夏、新宿東口に集まる長髪にラッパズボン、(妙なデザインの)サングラスといった格好をし、定職にも就かず、ブラブラしている無気力な若者集団をフーテン族と呼ぶようになる。瘋癲がカタカナ表記されたフーテンはこうしてアメリカのヒッピーに近いイメージで使われた。

出典: 日本俗語辞典

「フーテン」と云えば「寅さん」の登場です。

「わたくし、生まれも育ちも、葛飾柴又です。 帝釈天で産湯をつかい、姓は、車 名は寅次郎。 人呼んで、フーテンの寅と発します。」

毎年2回、決まってお盆とお正月の前になると、生まれ故郷の葛飾柴又にふらりと現れます。そして、ほろ苦い純情恋愛ドラマを残して、再びテキ屋稼業の旅に出て行く寅さんです。
その映画第1作目は1969年の夏に始まっています。
前年からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「男はつらいよ」の最終回で、ハブに噛まれて死んだ「寅さん」が、視聴者の抗議で映画として復活しました。

映画「男はつらいよ」は、渥美清の主演、山田洋次の原作、脚本及び監督(3作、4作を除く)で、松竹のドル箱シリーズとなりました。
主演の渥美が亡くなる迄48作という、ギネスブック認定の記録となりました。
Hiroさん紹介の夢であいましょうにも出演し、コメディアンとして全国区になっていた「渥美清」ですが、この映画により「渥美清=寅さん」のイメージが定着しました。
でもその私生活は殆ど秘匿されていたようです。

映画「男はつらいよ」シリーズ誕生40周年記念のDVD、「男はつらいよ HDリマスター版」プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様<全53枚組>」があります。

「男はつらいよ」40周年記念プロモーション映像

「男はつらいよ HDリマスター版」プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様<全53枚組> [DVD]

新品価格
¥127,975から
(2013/2/20 19:09時点)


稼業のテキ屋としてほぼ日本全国を廻った「寅さん」でしたが、埼玉県、富山県、そして49作目予定だった高知県が残されたロケ地でした。
昭和から平成にかけての日本の歴史と風景が凝縮され、日本人の心の機微に触れる、「寅さんの世界」に時々旅するのも良いものです。

テキ屋という職業を持ち、繊細な心遣いと思いやりがあり、多少気ままな一人旅をする「寅さん」ですが、当時の「フーテン」とは一線を画していたと思います。
今では「フーテン=寅さん」というのが、日本人にとって一般的ではないでしょうか。
ただ一つ、最初の(1)で紹介したスコット・マッケンジーのアルバム写真が、「寅さん」の弟分である源公(配役:佐藤蛾次郎)に重なります。

そして、この「寅さん」は正月映画の定番であったことから、俳句では冬の季語になっているそうです。

3月も近づき我が家の周りでは、春を告げる「菜の花」や「福寿草」が咲き出しました。早速、「菜の花」と「ふきのとう」は天麩羅となっって我が家の食卓に載りました。

NanohanaFukujyusou

そんな日も束の間、今週も積雪がありました。本格的な春の訪れは、もう少し先のようです。

Sekisetsu0219