タグ別アーカイブ: グラミー賞

ライブで蘇ったキャロル・キングの名盤「つづれおり」


私がキャロル・キング(Carol King)の歌を初めて聴いたのは、ラジオから流れた「イッツ・トゥー・レイト(It’s To Late)」という曲でした。
日本でもヒットとなりましたが、当時、私はまだ小遣いを貯めてシングル盤をようやく買える中学生でした。だから、このレコードを購入した後は毎日のように聴きました。

キャロル・キング(Carole KIng)|イッツ・トゥー・レイト(It’s To Late)
https://www.youtube.com/watch?v=zQqcuEfKfu0  (YouTube)

この曲が収録されたアルバムが1971年に発表された名盤「つづれおり(Tapestry)」です。
このアルバムは15週に渡って全米1位を獲得(ランク・インとしては302週)、そしてグラミー賞も4部門を受賞しています。
因みに、グラミー賞の授賞式は子育てを理由に欠席した事でも知られています。

私はのちにLPレコード、そしてCDも何枚か購入しましたが、その1枚がこのアルバムと1973年と1976年のライブ音源をアルバムと同じ曲順で収録した2枚組のレガシー・エディションというものでした。
また、「ロッド・スチュワート(Rod Stewart)」、「ビー・ジーズ(Bee Gees)」などが1曲ずつカバーした「つづれおり キャロル・キング・トリビュート・アルバム」というトリビュート・アルバムもリリースされ、こちらも購入し聴きました。

Tapestry (Legacy Edition)

新品価格
¥1,817から
(2017/11/3 20:16時点)

Tapestry Revisited: Tribute to Carole King

新品価格
¥2,675から
(2017/11/3 20:17時点)

今回は、昨年7月3日にロンドンのハイド・パークで開催された、「つづれおり」の全曲再現ライブの紹介です。

その前に、キャロル・キングは「つづれおり」以降も数多くのアルバムをリリースしています。
また、ライブ活動も行い、そのいくつかはライブ映像としてリリースされています。

日本でも初来日が1990年、そしてしばらく間が空き、2007年以降は何度か来日していますが、残念ながら生で聴く機会はなく、もっぱら購入した映像で楽しむのみです。

映像は何枚か購入しましたが、その1枚が「ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルーム(Welcome to My Living Room)」という2004年に行なわれたアコースティック・ライブ・ツアーです。
タイトルのとおり、我が家に招いてのホーム・コンサートといったステージで、演奏も3人編成とシンプルな内容です。

「つづれおり」からも何曲か歌っていますが、ライブの定番曲として「リトル・エヴァ(Little Eva)」により大ヒットとなった「ロコモーション(The Loco-Motion)」を歌っています。

10代後半に大手音楽出版社で職業作曲家となり、ロックン・ロールの衰退とともに登場したポップス界において、「ジェリー・ゴフィン(Gerry Goffin)」と共に、この「ロコモーション」をはじめ数多くの曲をヒットさせます。
因みに「ロコモーション」のリリースは1962年ですが、キャロル・キングがまだ20歳というのも驚きです。

キャロル・キング(Carole KIng)|ロコモーション(Loco-Motion)
https://www.youtube.com/watch?v=7nGRVh7TCzY (YouTube)

Welcome to My Living Room by Carole King

新品価格
¥9,660から
(2017/11/3 20:18時点)

そして、もう1枚が「ジェイムス・テイラー(James Taylar)」とのジョイント・ライブとして知られる「Live At Troubadour」です。

ポップス界のヒット・メーカーとして活躍するものの、やがてビートルズの登場とともに衰退し、キャロル・キングは活動を場をロサンゼルスへと移します。
そのビートルズが初めてアメリカに行った際、ポール・マッカートニーが真っ先に会いたかったのがキャロル・キングだったそうで、かなり影響を受けていたというのも因果なものです。

ロサンゼルスに移り、やがて「ジェイムス・テイラー」、「ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)」などシンガー・ソング・ライターが登場し、人気が高まるとともに「つづれおり」の制作となるのですが、詞を書く事に悩んでしたキャロル・キングにアドバイスしたのが「ジェイムス・テイラー」で、アルバム制作にも参加しています。
また、先に「君の友だち(You’ve Got A Friend)」を取り上げて大ヒットとなった事も「つづれおり」の大ヒットの要因となったようです。

そのジェームス・テイラーとともに2007年にロサンゼルスの名門ライブハウス「トルバドール(Troubadour)」でのジョイント・ライブがCD+DVDのパッケージとしてリリースされました。

その中で「君の友だち」をデュエットしています。

ジェームス・テイラー&キャロル・キング(James Taylor & Carole King)|君の友だち(You’ve Got A Friend)
https://www.youtube.com/watch?v=6ZHdxYf-5Pk (YouTube)

2人歌声はもちろんですが、なんと言っても「ザ・セクション(The Section)」で知られる「ダニー“クーチ”コーチマー(Danny “Kootch” Kortchmar)(g)、「リーランド・スクラー(Leland Sklar)(b)」、ラス・カンケル(Russ Kunkel)(ds)の3人がバック・メンバーとして参加している事です。

ダニー・コーチマーだけは今回の「つづれおり」ライブにも参加しています。

因みに、私が購入して間もなくしてNHK BSで字幕付きでオンエアされたのにはガクッときましたが…。

Live at the Troubadour

新品価格
¥653から
(2017/11/3 20:19時点)

この2つのライブは日本でも行われ、生で聴かれた方も多いのでは思います。

ライブ映像は他にもリリースされていますが、私はこの2つがお気に入りです。

さて、これからが今回のテーマとなる「つづれおり:ライブ・イン・ハイド・パーク」ですが、2016年7月3日にロンドンのハイド・パークで6万5千人の観衆を集め開催されました。
開催された事は知ってはいたのですが、ようやく今年の9月にその模様が映像としてリリースされました。

ダイジェストになりますが、ライブの模様がいくつか公開されています。

つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク(トレーラー)
https://www.youtube.com/watch?v=bNa4kX84W-4 (YouTube)

キャロル・キング(Carole KIng)|イッツ・トゥー・レイト(It’s Too Late)|つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク
https://www.youtube.com/watch?v=H4McGEcKXyU (YouTube)

キャロル・キング(Carole KIng)|君の友だち(You’ve Got A Friend)|つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク
https://www.youtube.com/watch?v=e21F8QwM2K4 (YouTube)

キャロル・キング(Carole KIng)|ナチュラル・ウーマン(A Natural Woman)|つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク
https://www.youtube.com/watch?v=BA-7vSD23Z0 (YouTube)

これらの映像はオフィシャルであり、リリースされた映像からのダイジェストです。

スマートフォンなどで撮られたものでは1曲をフルに見る事も出来ますが、やはり購入したものを見てしまうと違います。
参考までに「Carole King Hyde Park 2016」で検索してみてください。

これから購入しご覧になる方も多いかと思いますので詳しくは書きませんが、「トム・ハンクス(Tom Hanks)」らのメッセージから始まり、アルバムの曲順に演奏されます。

当時、レコードはA面、B面に分けての収録でしたが、A面の曲が終わるとステージのバックの巨大スクリーンにレコードをひっくり返す映像が流れるなど演出も面白いです。

途中、ゲストとして娘の「ルイーズ・ゴフィン(Louise Goffin)」が登場し一緒に歌い、メインの「つづれおり」は全曲ですが、他にもライブでは定番の自身のヒット曲や、職業作曲家時代のヒット曲も披露しています。

また、野外でのライブで開始も夕方という事もあり、夕日が効果的に使われているのでは思います。

今回、このライブ映像のリリースですが、パッケージは映像とCDのカップリングとなっています。

輸入盤はこの2枚です。

TAPESTRY: LIVE IN HYDE PARK [CD+DVD]

新品価格
¥1,871から
(2017/11/3 20:20時点)

TAPESTRY: LIVE IN HYDE PARK [CD+BLU-RAY]

新品価格
¥2,248から
(2017/11/3 20:20時点)

また、国内盤はこちらになります。

つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク(DVD付)

新品価格
¥3,944から
(2017/11/3 20:21時点)

購入にあたってはどれにしようかと迷いましたが、やはり映像の良さをとり、Blu-rayにしました。
国内盤は、ブックレットの日本語解説付きで映像も字幕付き、さらにCDもBSCD2という内容には惹かれますが。

何故、国内盤でBlu-ray盤を出さなかったのかが残念で、出ていれば価格が高くても購入したのですが。

あと、一応、AVシステム環境を組んでいる者として、前記のトルバドールでのジョイント・ライブが5.1Chサラウンドなのに、こちらはPCM Stereoのみとなっており、この大会場でのライブこそサラウンドで聴きたく、何故リリースされなかったのかと思い残念でたまりません。

ここ数年はライブに行く事もなく、ライブ映像を購入して行った気になっているのですが、今回の映像を見て、もしこのライブが再現されるのであれば絶対に出かけると思います。
たぶん無いと思いますが…。

第59回グラミー賞受賞グループのメンバー「小川慶太」


当ブログでも、先日<音楽ニュース>第59回グラミー賞の記事が紹介されていますが、全受賞作品・受賞者は次の通りです。

第59回グラミー賞、受賞作品・受賞者一覧 | NME Japan
第59回グラミー賞、受賞作品・受賞者一覧 | NME Japan
現地時間2月12日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで第59回グラミー賞授賞式が開催され、全受賞作品・受賞者が発表されている。…

そして、そのグラミー賞受賞のグループに一人の日本人ミュージシャンが参加しており、彼の地元でも話題となっています。
長崎県佐世保市出身でバークリー音楽大学卒のドラマー、パーカッショニストの小川慶太 Keita Ogawa(おがわ けいた、1982年 – )です。彼の出身地の長崎新聞にその記事が掲載されていました。

米グラミー賞に恩師ら祝う (長崎新聞:2017年2月15日)

その小川慶太の参加するバンドは「スナーキー・パピー(Snarky Puppy)」と云うグループで、今年で連続3回目のグラミー賞の受賞となります。

■最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム
-「スナーキー・パピー(Snarky Puppy)|クルチャ・ヴルチャ(Culcha Vulcha)」-

尚、スナーキー・パピーのプロフィールは次の通りです。

2004年に米・テキサス州デントンにて結成されたジャズ・ミクスチャー・バンド。グラミー・ベーシストのマイケル・リーグを中心にジャズ学において全米トップと名高い北テキサス大学出身のメンバーで構成され、30名前後が流動的にプロダクションに参加。ニューヨーク・ブルックリンを拠点に、ジャズを軸に幅広いジャンルの音楽をミックスしたスタイルが特色。「サムシング」で2014年の第56回グラミー賞ベストR&Bパフォーマンスを受賞して評価を確固たるものにすると、翌年に『シルヴァ』で二度目のグラミー・ウィナーに。2016年のアルバム『クルチャ・ヴルチャ』も2017年の第59回グラミー賞を獲得。来日公演も多い。[出典;2015/10/05 (2017/02/17更新) (音楽出版社)]

Snarky Puppy |  Culcha Vulcha (Official Trailer)
https://www.youtube.com/watch?v=OnNqHTVFk8c (YouTube)

クルチャ・ヴルチャ

新品価格
¥2,474から
(2017/3/24 19:34時点)

彼らの日本公演についてはブルーノート東京icon(東京都港区)で近々予定されており、小川慶太も来日予定のようです。

スナーキー・パピー、グラミー賞獲得! 来日メンバーの小川慶太にインタビュー | News & Features | BLUE NOTE TOKYO
スナーキー・パピー、グラミー賞獲得! 来日メンバーの小川慶太にインタビュー | News & Features | BLUE NOTE TOKYO

SNARKY PUPPY : BLUE NOTE TOKYO 2017 trailer
https://www.youtube.com/watch?v=yTZUnJ60-yk (YouTube)

チケットぴあ一般発売/スナーキー・パピー | 2017/4/16(日) ~ 2017/4/18(火) | ブルーノート東京(東京都港区)icon

 

グラミー賞のニュースに伴って注目された小川慶太(公式ページ)ですが、既に世界的チェリストのヨーヨー・マ(馬 友友、Yo-Yo Ma、1955年 – )を始めとする有名ミュージシャンのツアーやアルバムへの参加実績が、内外問わず数多くあります。
国内では彼の参加するこんなグループの演奏する曲を耳にしていると思います。
個人的には昨年の「舛添問題」以降、視る機会の増えたTV朝日のニュース番組「報道ステーション(月~金夜9:54~)」のテーマ曲です。

【公式】報道ステーション・テーマ曲 「Starting Five」by J Squad
https://www.youtube.com/watch?v=lTuv0yr19v0 (YouTube)

このテーマ曲を演奏する「ジェイ・スクワッド(J Squad)」のメンバーは、何れもニューヨークを中心に活躍する若手ミュージシャン達です。以前の記事(東京Jazz2015のレジェンドと若き俊英たち)でも紹介した「ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット(New Century Jazz Quintet)」メンバーも含まれています。

  • 黒田卓也(Takuya Kuroda)/Trumpet:1980年兵庫県芦屋市生まれ、ニュースクール大学 (The New School)ジャズ科卒業。
  • 馬場智章(Tomoaki Baba)/Sax: 1992年札幌市生まれ、バークリー音楽大学(Berklee College of Music)卒業。
  • 小川慶太(Keita Ogaw)/Drums:1982年長崎県佐世保市生まれ、バークリー音楽大学卒業。
  • 中村恭士(Yasushi Nakamura)/Bass:1982年東京生まれ、米国シアトル育ち。バークリー音楽大学卒業後、ジュリアード音楽院(The Juilliard School)卒業(Artist Diploma)。
  • 大林武司(Takeshi Ohbayashi)/Piano: 1987年広島市生まれ、バークリー音楽大学卒業。

【公式】報道ステーション 新番組テーマ曲 「Starting Five」 レコーディング映像@NY
https://www.youtube.com/watch?v=WTHxbjZlk78 (YouTube)

J-Squad

新品価格
¥3,240から
(2017/3/24 19:35時点)

その他にも三十数年の時をかける少女「原田知世」の記事で紹介した原田知世のアルバムにパーカッションで参加しており、ツアーメンバーとして同行していたようです。

原田知世 | アルバム 『恋愛小説2~若葉のころ』ダイジェスト・ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=cXrDABayeMo (YouTube)

恋愛小説2~若葉のころ

新品価格
¥2,670から
(2017/3/24 19:40時点)

そんな様々なミュージシャンから引っ張りだこの小川慶太ですが、バークリー時代の友人のアルバムにも数多く参加しています。中でも、当ブログにも度々登場しているmonologことYuki Kanesaka(金坂征広)のプロデュース作品である「Four Leaf Sound | 27 (2007)」、「Saucy Lasy|Diversify(2011)」、「粟田麻利子|MARGUERITE(2012)」といったアルバムにもドラムやパーカッションでクレジットされています。

27

新品価格
¥2,951から
(2017/3/24 19:37時点)

Diversify

新品価格
¥1,151から
(2017/3/24 19:38時点)

粟田麻利子デビューアルバム “マルグリット”
https://www.youtube.com/watch?v=1y-x0Dbagsc (YouTube)

MARGUERITE

新品価格
¥2,316から
(2017/3/24 19:39時点)

<音楽ニュース>第59回グラミー賞、「アデル」が最優秀アルバム等5冠、「デヴィッド・ボウイ」も5冠


2月12日、米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで、米国音楽界の最大の祭典「第59回グラミー賞」の授賞式が行われました。

第59回グラミー賞、主要4部門の結果一覧 (2017/02/14) 洋楽ニュース | ロッキング・オンの音楽情報サイト RO69

今年は「アデル」が「最優秀アルバム賞」「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」の主要3部門に加え、「最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)」と「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」の5冠を達成しました。

アデル(Adele)|ハロー(Hello)|25
https://www.youtube.com/watch?v=YQHsXMglC9A (YouTube)

25

新品価格
¥1,845から
(2017/2/20 16:48時点)


最優秀新人賞は、無料ストリーミング配信にこだわる「チャンス・ザ・ラッパー」が受賞しました。

チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)|セイム・ドラッグス(Same Drugs)|カラリング・ブック(Coloring Book)
https://www.youtube.com/watch?v=be37-T72DNk (YouTube)

また、去年の1月8日に69歳の誕生日を迎え、アルバム「★」(ブラックスター、Blackstar)を同日リリースした直後に亡くなった「デヴィッド・ボウイ」が、ノミネートされた「最優秀ロック・パフォーマンス賞」「最優秀ロック楽曲賞」「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞」「最優秀レコーディング・パッケージ賞」「最優秀アルバム技術賞」の5部門すべてを受賞しました。

★(ブラックスター)

新品価格
¥2,420から
(2017/2/20 16:52時点)

Pen(ペン) 2017年 2/1号 [デヴィッド・ボウイを見たか。]

新品価格
¥680から
(2017/2/20 16:52時点)

9部門の最多ノミネートだった「ビヨンセ」は、「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞」と「最優秀ミュージック・ビデオ賞」を受賞しました。

ビヨンセ(Beyonce)|フォーメーション(Formation )|レモネード(LEMONADE)
https://www.youtube.com/watch?v=WDZJPJV__bQ (YouTube)

Lemonade

新品価格
¥1,237から
(2017/2/20 17:04時点)


日本人関係では、主にイギリスで活動しているピアニスト「内田光子」が、ドイツ出身のソプラノ歌手「ドロテア・レシュマン」のアルバム「シューマン リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク 初期の7つの歌」で、「最優秀クラシック・ソロボーカル・アルバム賞」を受賞しました。

シューマン:≪リーダークライス≫≪女の愛と生涯≫/ベルク:初期の7つの歌

新品価格
¥2,173から
(2017/2/20 16:55時点)

ピアニストの内田光子さん、グラミー賞 2回目 マサ小浜さんも受賞貢献 – 産経ニュース

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

 

第59回グラミー賞主要4部門の受賞者
タイトル 受賞者 作品
最優秀レコード賞
(Record of the Year)
アデル(Adele) ハロー(Hello)
最優秀アルバム賞(Album of the Year) アデル(Adele) 25
最優秀楽曲賞 (Song of the Year) アデル(Adele)) ハロー(Hello)
最優秀新人賞 (Best New Artist) チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)

米ジャズ歌手アル・ジャロウさん死去「奏でる愛」「モーニン」


米国のジャズ歌手のアル・ジャロウ(Al Jarreau)さんが2017年2月2日、米ロサンゼルスの病院で亡くなりました。76歳でした。

米ジャズ歌手アル・ジャロウさん死去、76歳 グラミー3部門受賞
米ジャズ歌手アル・ジャロウさん死去、76歳 グラミー3部門受賞(AFPBB News)
【2月13日 AFP】米ジャズ歌手のアル・ジャロウ(Al Jarreau)さんが12日、死去した。

米ウィスコンシン州出身で、1975年にメジャーデビューし、1981年に「奏でる愛」(We’re in This Love Together)が大ヒットし、翌1982年にその「奏でる愛」を収録したアルバム「ブレイキン・アウェイ」(Breakin’ Away)でポップス部門を、同じく収録曲の「トルコ風ブルー・ロンド」(Blue Rondo a la Turk)でジャズ部門のグラミー賞をダブル受賞しました。この他、R&B部門でもグラミー賞を受賞していて、グラミー賞は通算6回、受賞しています。

MAHALOのお薦めアルバムは、スタジオ・ライブ・アルバムの「テンダネス」(Tenderness)です。

アル・ジャロウ(Al Jarreau)|マシュ・ケ・ナダ(Mas que nada)
https://www.youtube.com/watch?v=2EABNHeYjq8 (YouTube)

テンダネス

新品価格
¥982から
(2017/2/17 23:04時点)


哀悼の意を表します。

(編集長)

グラミー賞受賞アイテム&ベストアルバム

ライヴ・イン・ヨーロッパ

新品価格
¥972から
(2017/2/17 22:52時点)

風のメルヘン

新品価格
¥950から
(2017/2/17 22:54時点)

ブレイキン・アウェイ

新品価格
¥972から
(2017/2/17 22:56時点)

ヘヴン・アンド・アース

新品価格
¥902から
(2017/2/17 23:01時点)

Givin It Up

新品価格
¥1,022から
(2017/2/17 23:00時点)

Very Best Of: An Excellent Adventure

新品価格
¥1,247から
(2017/2/17 23:02時点)

<おくやみ>元ワム!のジョージ・マイケルさんが死去「ラスト・クリスマス」「フェイス」


イギリスのシンガー・ソングライター、ジョージ・マイケルGeorge Michael)さんが、2016年12月25日、自宅で亡くなりました。53歳でした。

ジョージ・マイケルさん死去 53歳、元「ワム!」:朝日新聞デジタル
ジョージ・マイケルさん死去 53歳、元「ワム!」:朝日新聞デジタル
英国のシンガー・ソングライター、ジョージ・マイケルさんが死去した。53歳だった。マイケルさんの広報担当者が25日、「自宅で安らかに息を引き取った」と発表した。 マイケルさんの自宅があるイングランド南…

1981年、アンドリュー・リッジリーと二人で、ポップデュオ「ワム!」(Wham!)を結成し、「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」(Wake Me Up Before You Go-Go)、「ケアレス・ウィスパー」(Careless Whisper)、「ラスト・クリスマス」(Last Christmas)、等の80年代を代表するヒット曲を生み出しました。

「ワム!」解散後は、ソロ活動を開始し、1987年のファースト・アルバム「フェイス」(FAITH)が全世界で2,500万枚以上の大ヒットとなり、1988年にグラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

ラスト・クリスマス

新品価格
¥728から
(2016/12/27 14:09時点)

ザ・ファイナル

新品価格
¥1,502から
(2016/12/27 14:10時点)

FAITH

新品価格
¥1,591から
(2016/12/27 14:11時点)

芸達者な「ブルーノ・マーズ」、「アップタウン・ファンク」~「ナッシン・オン・ユー」


本ブログに何回か登場している「ブルーノ・マーズBRUNO MARS)」は、米国の歌手で、ハワイ州出身です。

2014年11月に発売された、「アップタウン・ファンク(UpTown Funk!)」は、マーク・ロンソン(Mark Ronson)、ボーカル・ブルーノマーズ(BRUNO MARS)は、全米ビルボードチャート、全英シングルチャート、等各国で1位を獲得。2015年4月には全米シングルチャート1位を14週連続で記録。そして第58回グラミー賞最優秀レコード賞を受賞しました。

マーク・ロンソン featuring ブルーノ・マーズ(Mark Ronson Featuring Bruno Mars)|アップタウン・ファンク(Uptown Funk)
https://www.youtube.com/watch?v=OPf0YbXqDm0 (YouTube)

Uptown Funk Single, Import

新品価格
¥547から
(2016/5/20 15:31時点)


曲調は、何となく古めかしく、聴き覚えがある曲調です。80年代くらいの雰囲気が漂ってるリズム、曲調、そしてメロウなボーカルです。覚えやすい曲調と、リズムの切れ、YouTubeで15億ビュー以上いってることが良くわかります。この曲は、踊り付きで多くの国で歌われ、YouTubeにアップされています。アメリカやイギリスの結婚式ではもう定番楽曲の一つになっているようです。やはり、一度聴いたら頭から離れないメロディーに思わず踊りだしてしまうそうです。

そして、余談ですが、このブルーノ・マーズが歌う「Uptown Funk」は、ハリウッド黄金時代のステップと完全に一致している動画です。
ブルーノ・マーズが歌う大ヒット曲、ハリウッド黄金時代のステップと完全に一致【動画】(ハフィントンポスト)

私は、ブルーノ・マースの曲では、「Marry You」が大好きです。いまだにカラオケで歌っています。

ブルーノ・マース(Bruno Mars)|マリー・ユー(Marry You)
https://www.youtube.com/watch?v=Zlv1rdcpS9M (YouTube)

Doo-Wops & Hooligans

新品価格
¥946から
(2016/5/20 15:30時点)


この「Marry You」は、曲調が爽やかで、リズムも「ツンタタツッタ」とノリやすく、すぐ踊りだしそうなラブソングで、すぐ入りこめる曲です。この曲は、人気海外ドラマ「glee(グリー)」でもカバーされたことで話題になりました。
この曲も、世界中で結婚のお祝い曲として数多くyoutubeで映像がアックされ、また、大規模な演出でプロポーズをした男性の動画もYouTubeに投稿され話題になりました。

ブルーノ・マーズは、2012年10月に米人気番組「サタデー・ナイト・ライヴ」に出演し、様々なアーティストのモノマネを披露しました。
Bruno Mars Pandora S.N.L. Skit – Video
http://www.ebaumsworld.com/videos/bruno-mars-pandora-s-n-l-skit/82872039/
(eBaum’s World)

  • グリーン・デイ 「バスケットケース」
  • エアロスミス 「アイ・ドン・ワナ・ミス・ア・シング」
  • ケイティ・ペリー 「ファイアーワークス」
  • ジャスティン・ビーバー 「ボーイフレンド」
  • ルイ・アームストロング 「素晴らしき世界」
  • マイケル・ジャクソン 「ビリー・ジーン」「マン・イン・ザ・ミラー」「スムース・クリミナル」「ビート・イット」

昔から、日本の歌手で、モノマネの上手な歌手は、本当に歌が上手だと思っていました。そして、それは日本だけの事ではなかったのです。ブルーノ・マーズもモノマネが大変上手です。やはり、歌が上手な歌手はモノマネがうまいという証明になりました。

ブルーノ・マース(Bruno Mars)|ナッシン・オン・ユー(Nothing On You)
https://www.youtube.com/watch?v=ohItzmXmlSM (YouTube)

B.O.B Presents: the Adventures of Bobby

新品価格
¥914から
(2016/5/20 15:26時点)


B.O.B(Bobby Ray Simmons, Jr)とブルーノ・マーズの2010年のリリース曲。とてもロマンティックな詩のきれいな純な曲調のラブソングです。

ブルーノ・マーズは、今、世界で最も注目されている歌手で、そして、もちろん、一番輝いている歌手の一人に間違いありません。

<音楽ニュース>第58回グラミー賞最優秀レコード賞は「マーク・ロンソン」と「ブルーノ・マーズ」の「アップタウン・ファンク」


米国音楽界の最大の祭典の第58回グラミー賞の授賞式が、2月15日に行われました。

第58回グラミー賞、主要4部門の結果一覧(RO69)

最優秀レコード賞は、英国出身のDJ兼プロデューサー「マーク・ロンソン」と共演した米国の歌手「ブルーノ・マーズ」の「アップタウン・ファンク」が受賞しました。アルバムタイトル曲はYouTubuで13億回以上、再生されています。

アップタウン・ファンク(Uptown Funk)|マーク・ロンソン featuring ブルーノ・マーズ(Mark Ronson Featuring Bruno Mars)
https://www.youtube.com/watch?v=OPf0YbXqDm0 (YouTube)

Uptown Special

新品価格
¥790から
(2016/2/18 18:42時点)


その他の主要部門は、最優秀アルバム賞を「テイラー・スウィフト」が「1989」で、最優秀楽曲賞は「エド・シーラン」が「シンキング・アウト・ラウド」で、最優秀新人賞は「メーガン・トレイナー」が受賞しました。

シンキング・アウト・ラウド(Thinking Out Loud)|エド・シーラン(Ed Sheeran)
https://www.youtube.com/watch?v=lp-EO5I60KA (YouTube)

1989

新品価格
¥1,244から
(2016/2/18 18:45時点)

X: 2015 Deluxe Edition

新品価格
¥2,482から
(2016/2/18 18:45時点)

Title

新品価格
¥1,076から
(2016/2/18 18:44時点)

2016 Grammy Nominees

新品価格
¥1,139から
(2016/2/18 18:43時点)

日本人関係では、今年80歳の小澤征爾が2013年に指揮し、サイトウ・キネン・オーケストラが演奏、地元の子どもらの合唱団も参加したラベル作曲の歌劇「こどもと魔法」を収めたアルバムが最優秀オペラ録音賞を受賞しました。

グラミー賞に小澤征爾さん指揮のアルバム 初の受賞(朝日新聞デジタル)

ラヴェル:歌劇「こどもと魔法」

新品価格
¥2,718から
(2016/2/18 18:40時点)


(関連動画)小澤さんが本格的活動再開 長野・松本 50分のオペラを指揮
https://www.youtube.com/watch?v=RO-XE0gGQdk (YouTube)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

 

主要4部門の受賞者
タイトル 作品 受賞者
最優秀レコード賞
(Record of the Year)
アップタウン・ファンク(Uptown Funk) マーク・ロンソン featuring ブルーノ・マーズ(Mark Ronson Featuring Bruno Mars
最優秀アルバム賞(Album of the Year) 1989(1989) テイラー・スウィフト(Taylor Swift)
最優秀楽曲賞 (Song of the Year) シンキング・アウト・ラウド(Thinking Out Loud) エド・シーラン(Ed Sheeran)
最優秀新人賞 (Best New Artist) メーガン・トレイナー(Meghan Trainor)

<おくやみ>米ジャズ歌手ナタリー・コールさん死去「ジス・ウィル・ビー」「アンフォゲッタブル」


米国のジャズ歌手のナタリー・コールさんが、2015年12月31日、米ロサンゼルスの病院で亡くなりました。65歳でした。

ナタリー・コールさん死去、65歳 アメリカの人気歌手、「アンフォゲッタブル」(ハフィントンポスト)

ジャズ界のレジェンド「ナット・キング・コール」の次女で、1975年に「ジス・ウィル・ビー」でデビューし、グラミー賞最優秀新人賞などを受賞しました。
1976年に初来日し、「ミスター・メロディ」で第5回東京音楽祭のグランプリを受賞しました。
1991年には、父ナット・キング・コールの音源に自分の声を重ね合わせて歌った「アンフォゲッタブル」で、グラミー賞年間最優秀楽曲を獲得しました。

MAHALOさんのお気に入りは、「浜辺のサンバ」です。

ナタリー・コール(Natalie Cole) | 浜辺のサンバ(La Costa)
https://www.youtube.com/watch?v=oXN65mEsbus (YouTube)

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

Inseparable/Natalie/Unpredictable

中古価格
¥6,592から
(2016/1/9 17:32時点)

アンフォゲッタブル

新品価格
¥1,532から
(2016/1/9 17:35時点)

東京Jazz2015のレジェンドと若き俊英たち


14回目を迎えた「東京Jazz(公式サイト)」ですが、今年もまたNHK-BSプレミアで10月7日・14日・21日(各水曜日午前0時15分から午前1時44分)に放送されたダイジェスト版でその様子を観ることとなりました。
この時間の放送だと当然ながら録画で適当に飛ばしての鑑賞になります。
また1グループの演奏を続けて放送せず、各放送日1曲程度のダイジェストなので、会場での鑑賞とはかなり趣きが変わります。バックステージのインタビューだけは興味深い点です。

そんな今年の東京Jazzですが、メイン会場のthe Hallには第1回から登場のハービー・ハンコックやウェイン・ショーターを始め、ジャズ界のレジェンドである多くのプレーヤーが出演していました。
彼らを年齢順に並べてみると次のようになります。

  • ウェイン・ショーター(Wayne Shorter):1933年(米国)ニュージャージー州生まれ82歳
  • ボブ・ジェームス(Robert McElhiney “Bob” James):1940年(米国)ミズリー州生まれ75歳
  • ハービー・ハンコック(Herbie Hancock):1940年米国イリノイ州シカゴ生まれ75歳
  • ジャック・ディジョネット(Jack DeJohnette):1942年米国イリノイ州シカゴ生まれ73歳
  • 日野皓正(Terumasa Hino):1942年東京生まれ73歳
  • スティーヴ・ガッド(Stephen Kendall Gadd):1945年米国ニューヨーク州生まれ70歳
  • ハーヴィー・メイソン(Harvey William Mason, Sr)/フォープレイ(Fourplay):1947年米国ニュージャージー州生まれ68歳
  • ラリー・カールトン(Larry Carlton):1948年米国カリフォルニア州生まれ67歳
  • リー・リトナー(Lee Mack Ritenour):1952年米国カリフォルニア州生まれ63歳
  • 渡辺香津美(Kazumi Watanabe):1953年東京生まれ62歳

といったメンバーが60歳越えで、他にもフォープレイのチャック・ローブ(Charles Samuel “Chuck” Loeb)とネーザン・イースト(Nathan East)の二人が12月7日と8日に還暦を迎えるようです。
日本の制度に当てはめると後期高齢者でもある大御所のハービー・ハンコックとウェイン・ショーター二人の最近(2014年)の映像があります。今回の二人の来日に合わせた日本独自企画2枚組ベストアルバム「ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーター | フレンドシップ~オール・タイム・ベスト」もリリースされています。

ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーター(Wayne Shorter & Herbie Hancock)|Jazz in Marciac
https://www.youtube.com/watch?v=K4aazWDfu2Q (YouTube)

フレンドシップ~オール・タイム・ベスト

新品価格
¥2,693から
(2015/11/26 12:49時点)


これら多くのレジェンドに混じって若き俊英たちも登場しました。まずは日米ハイブリッドのジャズ・エリート・バンドのニュー・センチュリー・ジャズ・クインテットNew Cetury Jazz Quintet)です。確かなジャズの伝統を備え、新世代を担う若き俊英たちです。

  • ユリシス・オーエンス・ジュニア(Ulysses Owens Jr.)/Drums:1982年(米国)フロリダ州生まれ、ジュリアード音楽院(The Juilliard School)でジャズ専攻(修士)。
  • 大林武司(Takeshi Ohbayashi)/Piano: 1987年広島市生まれ、バークリー音楽大学(Berklee College of Music)卒業。2009年の横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(関連当ブログ記事)でベストプレーヤー賞。
  • 中村恭士(Yasushi Nakamura)/Bass:1982年東京生まれ、米国シアトル育ち。バークリー音楽大学卒業後、ジュリアード音楽院卒(Artist Diploma)。
  • ティム・グリーン(Tim Green)/Alt Sax:米国ボルティモア出身、マンハッタン音楽院(Manhattan School of Music)卒業後、南カリフォルニア大(USC)セロニアス・モンク ジャズ・インスティテュートでジャズ学の修士号取得。
  • ベニー・ベナック(Benny Benack III)/Trumpet:最年少。マンハッタン音楽院の大学院に在籍。

以上のように、学歴とその音楽が必ずしもイコールとは云えないでしょうが、錚々たるメンバーです。当ブログ記事「映画「セッション」にみる指導論」で登場したジュリアード音楽院に学んだメンバーもいます。クラシック音楽教育で名高いジュリアードですが、2001年にジャズ科も開設され、その分野でも人材を輩出しているようです。

彼らのアルバムは昨年「タイム・イズ・ナウ(Time Is Now)を、今年6月に第二弾「イン・ケイス・ユー・ミスト・アス(In Case You Missed Us)」をリリースしています。

タイム・イズ・ナウ

新品価格
¥2,255から
(2015/11/26 12:50時点)

イン・ケイス・ユー・ミスト・アス

新品価格
¥2,436から
(2015/11/26 12:52時点)

今年の日本ツアーの時の映像があります。

ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット(New Cetury Jazz Quintet), Live in Japan 2015
https://www.youtube.com/watch?v=3BXCzEh7XnU (YouTube)

そして、こちらも現代ジャズ・シーンにおいて注目されるイスラエル出身のジャズメンの一人、エリ・デジブリEli Degibri)率いるエリ・デジブリ・カルテット featuring アヴィシャイ・コーエンAvishai Cohen) with Special Guest 山中千尋のステージもまた注目でした。
サックスのエリ・デジブリとトランペットのアヴィシャイ・コーエンは共に1978年イスラエルに生まれ、1997年、同じタイミングでバークリー音楽大学に留学しています。

【特集】 イスラエル・ジャズメンの傑作を追う (ローチケHMV)


エリ・デジブリ(Eli Degibri) | The Spider

https://www.youtube.com/watch?v=aQQRH1iZFyk&list=PL75cVS65S7rrssRWDsyf6Lkju0efvMIv8 (YouTube)

Twelve [輸入盤]

新品価格
¥1,971から
(2015/11/26 12:53時点)


因みに、彼らのステージにゲスト出演した山中千尋ですが、彼女もまたこの二人と同時期にバークリーで学んでいます。彼女については「東京JAZZと女性ピアニスト~ジャズ細うで繁盛記(1)」にも登場しています。
その彼女が昨年7月リリースした「山中千尋 |サムシン・ブルー(初回限定盤)(DVD付) 」には、先のニュー・センチュリー・ジャズ・クインテットのベニー・ベナック(tp)と中村泰士(b)が参加しています。

山中千尋 | サムシン・ブルー
https://www.youtube.com/watch?v=G_hmmxOmmFE (YouTube)

サムシン・ブルー(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,620から
(2015/11/26 12:54時点)


そして、こちらも「東京Jazz」の常連組であり、グラミー賞アーティスト(関連記事)、バークリー最年少講師のキャリアを持つ、エスペランサ・ スポルディング(Esperanza Spalding)が、彼女の新プロジェクト「エスペランサ・ スポルディング Presents Emily’s D+Evolution」として登場しました。
今回は彼女のエレクトリック・ベースとそのビジュアルが注目でした。

エスペランサ・ スポルディング(Esperanza Spalding) Presents Emily’s D+Evolution Performs “One”
https://www.youtube.com/watch?v=AkKhN590tN8 (YouTube)

One

新品価格
¥250から
(2015/11/26 12:56時点)

「セプテンバー・ソング」と「フランク・シナトラ」


8月初め猛暑かと思えば、8月末にかけては、22年ぶりの冷夏と急激な気温の高低変化、体調を崩さぬ様気をつけたいと思います。
そして、9月に入りました。
9月の歌で、夏の身も心も躍動するギラギラした暑さを癒す、しっとりとしたムーディーな想いに浸るバラード曲として、思い浮かぶのは、フランク・シナトラFrank Sinatra)、の歌った「セプテンバー・ソング(September Song)」と、スウィングしてる「セプテンバー・イン・ザ・レイン(September in the Rain)」、そして、「セプテンバー・オブ・マイ・イヤーズ(September of My Years)」というアルバムなどがあります。

最初にフランク・シナトラの曲を知ったのは、「夜のストレンジャー(Strangers in the Night)」(1966年発売)だったと思います。「ビルボードホット100チャート」や「イージーリスニングチャート」で、それぞれでNo.1になりました。そして、1967年の「グラミー賞」では、「最優秀レコード賞」、「最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞」などを獲得しました。

「セプテンバー・ソング」は、クルト・ワイル作曲、マクスウェル・アンダーソン作詞のブロードウェイ・ミュージカル「ニッカーボッカー氏の休日(Knickerbocker Holiday)」の挿入歌です。そして、ウォルター・ヒューストンが歌ったレコードが、1950年の映画「旅愁(September Affair)」(1952年)に使われ、ヒットして広く歌われるようになりました。

「セプテンバー・ソング」の歌詞は、人生を12ヶ月に喩えた歌です。明るい夏が終り、日が短くなる9月になるこの時期、やはり気持ちが感傷的になります。人生も初老の秋にさしかかると、残された日々がとても大切になります・・・、残り少ない時間を大切な人と共に過したい。そんな歌です。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|セプテンバー・ソング(September Song)
https://www.youtube.com/watch?v=kjiVbaA1-sc (YouTube)

September of My Years

新品価格
¥3,795から
(2015/9/10 14:43時点)


「セプテンバー・イン・ザ・レイン」は、実際は春の季節なのに、心は9月で変わっていない、という曲です。
ハリー・ウォーレンとアル・ダビンとにより1937年に発表され、ジェームズ・メルトンが映画「二人のメロディ(Melody for Two)」で紹介し、スタンダード曲となりました。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|セプテンバー・イン・ザ・レイン(September in the Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=757LjrGaYLI (YouTube)

Sinatra’s Swingin Session

新品価格
¥1,043から
(2015/9/10 14:44時点)


もちろん、「セプテンバー・イン・ザ・レイン」も、多くのアーティストが歌っていますが、The Beatlesも歌っています。

ザ・ビートルズ(The Beatles)|セプテンバー・イン・ザ・レイン(September in the Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=2mymcpQxdbE (YouTube)

「フランク・シナトラ」は、1915年12月12日にニュージャージー生まれ、1998年5月14日にロスアンゼルスで亡くなっています。たぶん、世界中で私たちの世代では知らない人はいない、アメリカのジャズ・ポピュラー歌手です。
そして、その交流関係は、歌手や俳優仲間から政治家、マフィアまで大変幅広いものだったようです。ケネディ家とも親しく付き合った時期もあり、マフィアとの付き合いは、映画「ゴッド・ファーザー」の中に出てくる有名歌手のモデルにもなったと言われています。)
レコードは、数多くのミリオンセラーとなり、「ルイ・アームストロング」や「セリーヌ・ディオン」など有名アーティストとの競演、競作も数多くあります。

日本公演も、1985年、1989年(サミー・デイヴィスJr.、ライザ・ミネリと共に)、1991年、1994年(ナタリー・コールとともに)と計4回行っています。

そして、これから秋の夜長ピッタリの曲がある、「フランク・シナトラ」のアルバム、「ムーンライト・シナトラ」。中でも、「The Moon Was Yellow」ムーディでありながら、ストリングが入り、それとなく艶やかな感じもする、癒される曲です。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|ムーン・ワズ・イエロー (The Moon Was Yellow)
https://www.youtube.com/watch?v=5ESNnK1pf1k (YouTube)

ムーンライト・シナトラ

中古価格
¥1,056から
(2015/9/10 14:45時点)


暑さ寒さも彼岸まで、というように、これから一年の中でも過ごしやすい時期になってきます。耳に届く音色も、夏の蝉の鳴から、心を落ち着かせる虫の音に移り、誰もが詩人になったような、情緒的な感傷に浸る季節です。
そんな夜、「スランク・シナトラ」いろいろな情景を演出してくれます。