タグ別アーカイブ: FrankSinatra

中秋の名月

マイ・フェイバリット・ムーン・ミュージック


10月4日(水)は、「中秋の名月」です。
旧暦の8月15日の夜の月のことをいいますが、必ずしも満月ではありません。
今年の場合は月齢13.8なので、満月の2日前にあたります。

9月のテーマは、「月」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「月」に纏わる7曲、紹介します。

ビートルズ(The Beatles)|ミスター・ムーンライト(Mr. Moonlight)
https://www.youtube.com/watch?v=N_xXYVx2t5Y (YouTube)

ビートルズ・フォー・セール

中古価格
¥73から
(2017/10/4 00:39時点)

  • 秋の月光ではありませんが、私の中では、いつも澄み切った秋空に響き渡る第一声、”Mr.Moonlight!!!”です。(Hiro)

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン(Fly Me To The Moon)
https://www.youtube.com/watch?v=mQR0bXO_yI8 (YouTube)

Fly Me to the Moon

中古価格
¥1,369から
(2017/10/4 00:40時点)

  • アポロ11号で人間は初めて月に着陸しましたが、あの光り輝く月に夢を託して導かれるのは、これからも歌われ続くのでしょう!(Hiro)

反田恭平|ドビュッシー:月の光(Debussy:Clair de Lune)
https://www.youtube.com/watch?v=5pu2fnrDzd0 (YouTube)

月の光~リサイタル・ピース第1集

中古価格
¥2,878から
(2017/10/4 00:42時点)

  • 月と云えばドビッシーの「月の光」ですが、2016年度出光賞受賞の新進気鋭のピアニスト反田恭平の演奏が注目です。若干23歳ながらそのピアノの表現力は秀逸だと思います。(Koji)
  • 大変、幻想的な雰囲気です。(Yama)

マーカス・ミラー(Marcus Miller)|月光(Moonlight Sonata)
https://www.youtube.com/watch?v=lto9LAUd8HI (YouTube)

シルヴァー・レイン

中古価格
¥428から
(2017/10/4 00:43時点)

  • ベートーベンの有名なピアノ曲「月光(Moonlight Sonata)」をマーカスミラーのベースによる主旋律で聴くのも如何でしょうか。(Koji)
  • 独特のベース演奏ですね。KenKen(Life Id Groove)のベースを思い出しました。(Hiro)

惣領智子|City Lights by the Moonlight
https://www.youtube.com/watch?v=fHdftl8Wz20 (YouTube)

icon
icon
惣領智子 RCA Years
icon

  • 今回のテーマ「ムーン(月)」で真っ先に思いついたのがこの曲です。コンピ・アルバムの1曲としてCDでも聴は事が出来ましたが、ようやくSONYよりフル・アルバムがリリースとなり私も購入しました。オーダーメイドファクトリーとして直販のみですが。(MAHALO)

ニック・デカロ(Nick DeCaro)|ジャマイカの月の下で(Under The Jamaican Moon)
https://www.youtube.com/watch?v=XfZFqwA_9AE (YouTube)

イタリアン・グラフィティ

中古価格
¥1,513から
(2017/10/4 00:44時点)

  • 名盤「イタリアン・グラフィティ」に収録のこの曲はAORを代表する名曲です。「David T. Walker」ファンにもお馴染みかと思います。(MAHALO)
    何か、ほんのりとした、柔らかな感じにつつまれる曲ですね。(Hiro)

オリジナル・ラブ|月の裏で会いましょう – Let’s go to the darkside of the moon –
https://www.youtube.com/watch?v=qhlzRA887FQ (YouTube)

THE VERY BEST OF ORIGINAL LOVE

中古価格
¥289から
(2017/10/4 00:45時点)

  • 一世を風靡した「渋谷系」バンドのセカンド・シングル曲です。今でも、秋~冬シーズンのヘビーローテーション曲です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

傑出したエンターテイナー「フランク・シナトラ」


私の大好きな映画に「ゴッドファーザー」があります。先日も久しぶりに、Part I、II、IIIとシリーズ全て観ました。
何度みても、ストリー、各俳優の演技、映像の美しさ、音楽、など全て完成度が高い作品といつも感心します。しかも、通常は、Part II、Part IIIは、必ず劣化するものなのですが、三作ともそれぞれ、輝いています。

で、そこでちょっと気になるのが、Part Iで、ゴッドファーザーの娘の結婚式に、人気歌手がお祝いに駆け付け、そしてある映画への出演をゴッドファーザーに依頼するシーンがあります。これが、かの有名な「フランク・シナトラ(Frank Sinatra)」がモデルということで、そうかなあ、いかにも実際にあった事のように観てしまいます。「ゴッド・ファーザー」はあくまで物語なので、その事実の信憑性は定かではありませんが、フランク・シナトラは、その歌手・俳優としての実力とは別にマフィヤとの関係の事実はあったようです。
しかしながら、フランク・シナトラは、何があろうと、20世紀を代表する歌手であり、俳優と言われていますし、私もそう思います。

まず、フランク・シナトラの歌で浮かぶのは、「マイウェイ」です。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|マイウェイ (My Way)
https://www.youtube.com/watch?v=5AVOpNR2PIs (YouTube)

マイ・ウェイ~ベスト・オブ・フランク・シナトラ

中古価格
¥1,957から
(2017/7/28 11:42時点)


「マイ・ウェイ」は、作詞はポール・アンカ、作曲はクロード・フランソワ、ジャック・ルヴォー。1969年にフランク・シナトラの曲としてリリースされました。
曲はバラードで、初め、やさしく、心の内を語りかけるように、そして最後には、きっぱりと自分の生き方を自信に満ちて歌い上げるという、とても印象に残るメロディそして、詩です。男の人生(シナトラの人生そのもの?)を歌いあげています。私も、このように歌えたらいいなあと最近思っています。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|バット・ノット・フォー・ミー(But Not For Me)
https://www.youtube.com/watch?v=PqUgfO9jODw (YouTube)

Trilogy

中古価格
¥1,297から
(2017/7/28 11:43時点)


「バット・ノット・フォー・ミー」は、作詞を兄のアイラ・ガーシュウィンがてがけ、弟のジョージ・ガーシュウィンが作曲しました。
JR東海のCM曲として使われたり、フジテレビのドラマ「今夜、宇宙の片隅で」(脚本:三谷幸喜 出演:石橋貴明、西村雅彦、飯島直子)のエンディング・テーマとして使われています。
また、「坂道のアポロン」で、米兵が集まるバーでクリスマスに演奏する話で、酔った白人から、クールな白人のジャズをやれといわれ、この、バット・ノット・フォー・ミーを演奏するシーンがあります。ジャズのスタンダードの一曲です。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|夜のストレンジャー(Strangers in The Night)
https://www.youtube.com/watch?v=hlSbSKNk9f0 (YouTube)

Strangers in the Night

中古価格
¥285から
(2017/7/28 11:43時点)


「夜のストレンジャー」は、フランク・シナトラの1966年リリースの曲です。ビルボードで第1位を獲得しています。
この曲は、元々はクロアチアで作曲され、ドイツ語とクロアチア語で歌われていました。その後、ドイツの音楽家ベルト・ケンプフェルトがシナトラ向けに編曲した曲です。チャールズ・シングルトンとエディ・スナイダーが共同で英詩をつけ、シナトラが唄って大ヒットになりました。原曲は、イギリス映画「ダイヤモンド作戦」の主題曲です。
私が高校生でラジオの深夜番組を聴いていていた時、よくかかった曲でした。

フランク・シナトラは、ジャズ、ポピュラー音楽の世界で世界的な人気を得たトップレベル人気歌手です。
そして、また「シナトラ一家」と呼ばれた、同じイタリア系で親友のディーン・マーティン、サミー・デイビスJr.、ピーター・ローフォード、ジョーイ・ビショップ、女優ではアンジー・ディッキンソン、シャーリー・マクレーン、など、映画共演をしたメンバーが「シナトラ一家」と呼ばれ、俳優としても多くの作品に出ています。「シナトラ一家」出演として撮られた映画も20本近くもあるといわれています。

フランク・シナトラは、「偉大なシンガー」というだけでなく、映画俳優であり、また、良くも悪しくも、政治的、社会的に注目された、米国の一時代を代表する「傑出した人物」であったと思います。

マイ・フェイバリット・スノー・ミュージック


2015年4月8日に降雪あり

去年は4月に季節外れの雪が降りました。

2月中旬に「春一番」を観測、2月19日(金)に二十四節気の「雨水」を迎え、今年の寒さの峠は越したようです。

近所で「蕗の薹」や「たんぽぽ」を発見しました。日中は東風や南風の日もあり、季節は順調に進んでいます。

しかし、はかったうに三寒四温の日々、春まだ遠く、もうしばらく、「銀世界」に思いを馳せましょう。

さて、2月のお気に入り曲のテーマは、「雪」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「雪」「雪景色」の曲を紹介します。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|レット・イット・スノー(Let it snow)
https://www.youtube.com/watch?v=vGRC2LYmHfU (YouTube)

Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow: It’S Christmas Time Again

新品価格
¥2,321から
(2016/2/24 15:32時点)

  • ダイハードを観ていて、クリスマスの事件解決で、この曲が流れていました。このLet it snow, let it snow, let it snowのフレーズが印象に残ります。(Hiro)

猫|雪
https://www.youtube.com/watch?v=FBY9z_GiOPg (YouTube)

DREAM PRICE 1000 猫 雪

中古価格
¥1,498から
(2016/2/24 15:35時点)

  • ああ、拓郎の歌だなあ。と思う一曲です。(Hiro)
  • この曲はよく聴きました。シングル盤は今でも持っています。(MAHALO)

エンヤ(Enya)|ダーク・スカイ・アイランド(Dark Sky Island)
https://www.youtube.com/watch?v=0wIWg2gb3Nw (YouTube)

ダーク・スカイ・アイランド (デラックス盤)

新品価格
¥2,876から
(2016/2/24 15:37時点)

  • エンヤの研ぎ澄まされた歌声は、雪景色そのものです。(Koji)
  • エンヤはアイルランド出身ですが、北欧っぽさを感じます。「オリノコ・フロウ」を含むアルバムを毎日のように聴いていました。(Yama)

徳永英明|雪の華
https://www.youtube.com/watch?v=bFxioWyqhME (YouTube)

VOCALIST&BALLADE BEST

新品価格
¥3,021から
(2016/2/24 15:38時点)

  • 中島美嘉の代表曲「雪の華」ですが、徳永英明のカバーで聴くのも良いですね。「Vocalist」シリーズと本人のヒット曲の詰まった「VOCALIST&BALLADE BEST」がお薦めです。(Koji)

リッピントンズ(The Rippingtons)|アスペン(Aspen)
https://www.youtube.com/watch?v=BXifOSF4DLc (YouTube)

Curves Ahead

新品価格
¥3,595から
(2016/2/24 15:39時点)

  • 「スノー」→「スキー」→「スキー場」と無理やりかもしれませんが、私のお勧めはこの曲です。アスペンはアメリカ、コロラド州西部にある高級スキー・リゾートとしても知られる都市です。ジョン・デンバーが住んでいた事でも知られ、コロラド州歌でもある代表曲「ロッキー・マウンテン・ハイ」もこの地で作られました。この曲が収録された「リッピントンズ(ラス・フリーマン)」のアルバムは冬をテーマに作られ、この曲以外にも良い曲ばかりでお勧めです。(MAHALO)

ボブ・ジェームス(Bob James)|スノウバード・ファンタジー(Snowbird Fantasy)
https://www.youtube.com/watch?v=rKYdp5NLxYg (YouTube)

H+1

新品価格
¥590から
(2016/2/24 15:40時点)

  • 曲名のSnowbirdはホオジロ科の鳥の名前ですが、「冬になると南の暖かい地方へ移り住む人」と言う意味もあり、この曲もイントロはピアノソロによる冬の寒さをイメージさせますが、やがてラテンタッチとなります。寒さが苦手の私にとってはやはり暖かい所が好きです。もちろん曲もです。この曲が収録されたアルバム「H」も昨年復刻され、聴かれた方も多いのではと思います。(MAHALO)
  • 確かに最初は雪を想像しますが、やがて春の暖かさをかんじますね。(Hiro)

フォープレイ(Fourplay)|スノーバウンド(Snowbound)
https://www.youtube.com/watch?v=oPGIQjx8vds (YouTube)

スノーバウンド

新品価格
¥964から
(2016/2/24 15:41時点)

  • この曲のオリジナルは「ドナルド・フェイゲン」のセカンド・アルバム「Kamakiriad」に収録されていますが、フォープレイによるバーもお洒落なアレンジとなっています。ラリー・カールトンのギターが心地良いです。(MAHALO)
  • 癒されますね。(Hiro)

浜田省吾|悲しみは雪のように
https://www.youtube.com/watch?v=Oy7fhdAWvpk (YouTube)

The History of Shogo Hamada―Since 1975

新品価格
¥2,654から
(2016/2/24 15:41時点)

  • 「浜省」の代表曲。1992年のドラマ「愛という名のもとに」の主題歌に採用されてヒットした曲です。(Yama)
  • 私も大好きな曲です。(Hiro)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

「セプテンバー・ソング」と「フランク・シナトラ」


8月初め猛暑かと思えば、8月末にかけては、22年ぶりの冷夏と急激な気温の高低変化、体調を崩さぬ様気をつけたいと思います。
そして、9月に入りました。
9月の歌で、夏の身も心も躍動するギラギラした暑さを癒す、しっとりとしたムーディーな想いに浸るバラード曲として、思い浮かぶのは、フランク・シナトラFrank Sinatra)、の歌った「セプテンバー・ソング(September Song)」と、スウィングしてる「セプテンバー・イン・ザ・レイン(September in the Rain)」、そして、「セプテンバー・オブ・マイ・イヤーズ(September of My Years)」というアルバムなどがあります。

最初にフランク・シナトラの曲を知ったのは、「夜のストレンジャー(Strangers in the Night)」(1966年発売)だったと思います。「ビルボードホット100チャート」や「イージーリスニングチャート」で、それぞれでNo.1になりました。そして、1967年の「グラミー賞」では、「最優秀レコード賞」、「最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞」などを獲得しました。

「セプテンバー・ソング」は、クルト・ワイル作曲、マクスウェル・アンダーソン作詞のブロードウェイ・ミュージカル「ニッカーボッカー氏の休日(Knickerbocker Holiday)」の挿入歌です。そして、ウォルター・ヒューストンが歌ったレコードが、1950年の映画「旅愁(September Affair)」(1952年)に使われ、ヒットして広く歌われるようになりました。

「セプテンバー・ソング」の歌詞は、人生を12ヶ月に喩えた歌です。明るい夏が終り、日が短くなる9月になるこの時期、やはり気持ちが感傷的になります。人生も初老の秋にさしかかると、残された日々がとても大切になります・・・、残り少ない時間を大切な人と共に過したい。そんな歌です。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|セプテンバー・ソング(September Song)
https://www.youtube.com/watch?v=kjiVbaA1-sc (YouTube)

September of My Years

新品価格
¥3,795から
(2015/9/10 14:43時点)


「セプテンバー・イン・ザ・レイン」は、実際は春の季節なのに、心は9月で変わっていない、という曲です。
ハリー・ウォーレンとアル・ダビンとにより1937年に発表され、ジェームズ・メルトンが映画「二人のメロディ(Melody for Two)」で紹介し、スタンダード曲となりました。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|セプテンバー・イン・ザ・レイン(September in the Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=757LjrGaYLI (YouTube)

Sinatra’s Swingin Session

新品価格
¥1,043から
(2015/9/10 14:44時点)


もちろん、「セプテンバー・イン・ザ・レイン」も、多くのアーティストが歌っていますが、The Beatlesも歌っています。

ザ・ビートルズ(The Beatles)|セプテンバー・イン・ザ・レイン(September in the Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=2mymcpQxdbE (YouTube)

「フランク・シナトラ」は、1915年12月12日にニュージャージー生まれ、1998年5月14日にロスアンゼルスで亡くなっています。たぶん、世界中で私たちの世代では知らない人はいない、アメリカのジャズ・ポピュラー歌手です。
そして、その交流関係は、歌手や俳優仲間から政治家、マフィアまで大変幅広いものだったようです。ケネディ家とも親しく付き合った時期もあり、マフィアとの付き合いは、映画「ゴッド・ファーザー」の中に出てくる有名歌手のモデルにもなったと言われています。)
レコードは、数多くのミリオンセラーとなり、「ルイ・アームストロング」や「セリーヌ・ディオン」など有名アーティストとの競演、競作も数多くあります。

日本公演も、1985年、1989年(サミー・デイヴィスJr.、ライザ・ミネリと共に)、1991年、1994年(ナタリー・コールとともに)と計4回行っています。

そして、これから秋の夜長ピッタリの曲がある、「フランク・シナトラ」のアルバム、「ムーンライト・シナトラ」。中でも、「The Moon Was Yellow」ムーディでありながら、ストリングが入り、それとなく艶やかな感じもする、癒される曲です。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)|ムーン・ワズ・イエロー (The Moon Was Yellow)
https://www.youtube.com/watch?v=5ESNnK1pf1k (YouTube)

ムーンライト・シナトラ

中古価格
¥1,056から
(2015/9/10 14:45時点)


暑さ寒さも彼岸まで、というように、これから一年の中でも過ごしやすい時期になってきます。耳に届く音色も、夏の蝉の鳴から、心を落ち着かせる虫の音に移り、誰もが詩人になったような、情緒的な感傷に浸る季節です。
そんな夜、「スランク・シナトラ」いろいろな情景を演出してくれます。

<キャンペーン情報>タワレコ presents 毎日、女子ジャズ。


タワレコ presents 毎日、女子ジャズ。タワーレコードオンラインで、読売新聞「POPSTYLE」とタワレコがコラボレーションし、コラム「タワレコ presents 毎日、女子ジャズ。」が好評連載中です。

第1回目は「春に聴きたいジャズ」で春聴くならこれでしょをテーマに、スウェーデンの女性ヴォーカリスト、クリスティーナ・グスタフソンの「ロウ・オフ・ザ・レディ」と、フランク・シナトラのベスト盤「シナトラ・ベスト・オブ・ベスト」他を、取り上げています。





Christina Gustafsson/The Law of the Lady [PCD134]





Frank Sinatra/Sinatra : Best of the Best [97642]

第2回目は「五月病解消系ジャズ」で五月病を吹き飛ばすをテーマに、作曲家/ピアニストのヴィンス・ガラルディのトリオによる「チャーリー・ブラウン オリジナル・サウンドトラック」とジ・オーディアンズの「アイランド・ジャズ・セッションズ」他、です。





Vince Guaraldi Trio/A Boy Named Charlie Brown [MCD8430]





The Oldians/アイランド・ジャズ・セッションズ [PCD-18735]

毎月、面白いセレクションです。次回更新は、6月12日(水)です。

(編集長)