タグ別アーカイブ: EvaCassidy

マイ・フェイバリット・カバー・ミュージック2016


木守り柿

木守り柿

小春日和のうららかな季節、二十四節気の霜降を過ぎて一気に秋が深まりました。

空は深く澄み渡り、菊薫る好季節です。

東北や北関東の標高が高い観光地では、紅葉狩りの時期になりました。

紅葉情報2016
紅葉情報2016

さて、10月のお気に入り曲のテーマは「カバー」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「カバー・ミュージック」を8曲紹介します。お気に入りが見つかれば幸いです。

chay|12月の雨
https://www.youtube.com/watch?v=RDCpWDfzmjw (YouTube)

【早期購入特典あり】運命のアイラブユー<初回生産限定盤(CD+DVD)>(ジャケット写真ミニクリアファイル(A5サイズ)付き)

新品価格
¥1,944から
(2016/10/25 01:13時点)


YouTubeでは、さわりしか聴けませんが、ギタリストである鈴木茂のプロデュース、ドラムに林立夫、ベースに小原礼、キーボードに柴田俊文、コーラスに鈴木雄大、と素晴らしいメンバー。(Hiro)

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)|イマジン(Imagine)
https://www.youtube.com/watch?v=Njh32LiCXN4 (YouTube)

The Best of Eva Cassidy

新品価格
¥1,293から
(2016/10/25 01:14時点)


最初のきっかけは2014年の世界フィギアスケート選手権大会のエキシビションにおけるカロリーナ・コストナー選手の演ずる「エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)|イマジン(Imagine)」でした。若くして亡くなったエヴァ・キャシディの貴重な音源は名曲揃いです。(Koji)

ジョーン・バエズ(Joan Baez)|風に吹かれて(Blowin’ In The Wind)
https://www.youtube.com/watch?v=BWA62W9bVm4 (YouTube)

ジョーン・バエズ

新品価格
¥1,110から
(2016/10/25 01:15時点)


本人が受諾するか否かは不明ですが、今年のノーベル賞を受賞したボブ・ディランの代表曲「風に吹かれて」です。多くのカバーがありますが、やはりジョン・バエズが印象的です。(Koji)
ボブ・ディランとはまた違った感性で聴くことができますね。日本語でのワンフレーズはご愛嬌ですね。(Hiro)

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ(European Jazz Trio)|ノルウェイの森(Norwegian Wood)
https://www.youtube.com/watch?v=4i8O0yNOWmU (YouTube)

(仮)ヨーロピアン・ジャズ・トリオ25周年記念 ALL-TIME BEST- No.1s

新品価格
¥2,449から
(2016/10/25 01:16時点)


こちらは今年もノーベル文学賞を逸した村上春樹の小説タイトルにもなった「ビートルズ|ノルウェイの森」のジャズ・カバーです。ヨーロピアン・ジャズ・トリオの様々なジャズ・カバーはBGMに最適です。(Koji)

レスリー・スミス(Leslie Smith)|イッツ・サムシング(It’s Something Leslie Smith)
https://www.youtube.com/watch?v=_Czle3z_eHw (YouTube)

ハートエイク (SHM-CD生産限定紙ジャケット仕様)

中古価格
¥7,999から
(2016/10/25 01:16時点)


この曲のオリジナルは「ブレンダ・ラッセル」で「レイラ・ハサウェイ」のカバーでもお馴染みですが、「レスリー・スミス」も心地よくカバーしています。AORを代表する曲かと思います。(MAHALO)

ホセ・フェリシアーノ(José Feliciano)|ゴールデン・レディ(Golden Lady)
https://www.youtube.com/watch?v=6Vp-xklGX4g (YouTube)

アンド・ザ・フィーリングス・グッド(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥1,535から
(2016/10/25 01:17時点)


スティービー・ワンダーのカバーにハズレ無しといわれますが、ホセ・フェリシアーノによるこの曲のカバーはアレンジのノリも良く、私は気に入っています。(MAHALO)

デイヴ・メイスン(Dave Mason)|見張塔からずっと(All Along The Watchtower)
https://www.youtube.com/watch?v=erHGEagAk_g (YouTube)

デイヴ・メイスン(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥4,500から
(2016/10/25 01:18時点)


今年のノーベル賞文学賞を受賞した「ボブ・ディラン」ですが、私はデイヴ・メイスンがカバーした「見張り塔からずっと」が大好きで今でも聴いています。(MAHALO)
ジミ・ヘンドリックスのカバー版も有名ですね。(Yama)

チャラン・ポ・ランタン|恋とマシンガン
https://www.youtube.com/watch?v=S5JxhOz_jTs (YouTube)

借りもの協奏(DVD付)

新品価格
¥2,391から
(2016/10/25 01:18時点)


9月14日にリリースされたチャラン・ポ・ランタンの初のカバーアルバム「借りもの協奏」収録の「恋とマシンガン」です。フリッパーズ・ギターの名曲が、アコーディオンの音色でパリ感全開のアレンジになりました。この曲を紹介したくて、今月のテーマを「カバー」にしました。(Yama)

マイ・フェイバリット・ライブ・ミュージック


CA3H1189秋分の日の前から、すっかり秋めきました。

今年の秋は早めに到来しました。あちこちで、彼岸花を見かけます。

秋シーズンになると、音楽イベントが目白押しです。夏フェスとはまた違った雰囲気のライブが楽しみです。

そこで、9月の「お気に入り曲」のテーマは「ライブ」です。
CDやDVDに収録されている当ブログ執筆者がお勧めするライブ音楽を8曲を紹介します。

竹内まりや|駅
http://www.youtube.com/watch?v=8hyiEepnpx4 (YouTube)

Souvenir~Mariya Takeuchi Live

新品価格
¥2,270から
(2014/9/24 18:13時点)

ポール・マッカートニー(Paul Mccartney)|OUT THERE japan tour in TOKYO
http://www.youtube.com/watch?v=GQbW0eGK0Ws (YouTube)

NEW-2014ジャパン・ツアー・エディション(DVD付)

新品価格
¥3,118から
(2014/9/24 18:04時点)

  • 昨年の東京ドーム(東京都文京区)iconの「OUT THERE japan tour in TOKYO」です。とても71歳とは思えませんでした。しかも、35曲ぶっ通し。感動でした。 (Hiro)

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|Live at Tokyo Dome – February 26, 1990
http://www.youtube.com/watch?v=SzZJeaRM_D4 (YouTube)

Live at Tokyo Dome – February 26, 1990

新品価格
¥4,160から
(2014/9/24 18:14時点)

  • Start Me Up! 忘れられません。(Hiro)
  • 私はこの年の公演は行けませんでしたが、1995年は観に行きました。やはりライブで聴くと違いますね。(MAHALO)

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)|ワンダフル・ワールド(What A Wonderful World)
https://www.youtube.com/watch?v=uEBBGSgO16M (YouTube)

Live at Blues Alley

新品価格
¥1,393から
(2014/9/24 18:15時点)

  • エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(3)で紹介したように、1996年1月2日と3日に行われたワシントンDCの老舗ジャズ・クラブ「ブルース・アレイ(Bluse Alley)」のライブ音源がこそが、彼女の殆ど全ての貴重な記録だったと思います。その中で歌われたこの曲は彼女の両親のために歌ったとのことでした。(Koji)

吉田拓郎&中島みゆき|永遠の嘘をついてくれ
https://www.youtube.com/watch?v=VqTXSSmjjZg (YouTube)

Forever Young 吉田拓郎・かぐや姫 Concert in つま恋2006 [Blu-ray]

新品価格
¥11,926から
(2014/9/24 18:16時点)

  • 「つま恋2006」の言わずもがなの名場面です。各々のバージョンでも聴きましたが、二人の色々な思いも含めてこの競演は歴史的だったと思います。(Koji)
  • 私もこの共演は忘れられません。吉田拓郎曰く、完全に中島みゆきに「食われた!」と言ってるようです。白いシャツにジーパン、いいですね!そして、ひく時のコーラスの人とのハイタッチ(これは、中島みゆきが歌う時の立ち位置を容易にわかるようにコーラスの人が助けたことへのお礼のようですが。)、何か凛とした感じですね。(Hiro)
  • 後半に向かって盛り上がってゆく、このライブの臨場感が気持ちいいです。(Yama)

ジェイ・グレイドン・オールスターズ(Jay Graydon All Stars)|Stranded
http://www.youtube.com/watch?v=q6ciUgD3DjQ (YouTube)

ジェイ・グレイドン・オール・スターズ・ライヴ・イン・ジャパン 1994.1.19 エアプレイ・フォー・ザ・プラネット[限定盤] [DVD]

新品価格
¥10,499から
(2014/9/24 18:16時点)

  • 私が見たコンサートで一番印象に残っているのが1994年1月19日、中野サンプラザ(東京都中野区)iconで開催された「ジェイ・グレイドン・オール・スターズ」の公演でした。席は2階とステージからは遠く生でジェイ・グレイドンを見るよりは聴くでしたが、オール・スターズの通り、サポート・メンバーも「ビル・チャンプリン」、「スティーヴ・ポーカロ」、「ジョセフ・ウィリアムス」他と豪華そのものです。また2007年と月日が経ってこのコンサートの模様がDVDとしてリリースされたのは感激し、今でもよく見る映像です。このDVDは当初、記録用として録画されたため、アンコール最後のこの曲では観客が立ってしまうのが残念です(ギター・ソロは見れます)。(MAHALO)

イーグルス(The Eagles)|ホテル・カリフォルニア (Hotel California)
http://www.youtube.com/watch?v=MSvSsNSuVtk (YouTube)

イーグルス・ライヴ

新品価格
¥2,861から
(2014/9/24 18:17時点)

  • ウェスト・コースト・サウンド好きにはたまらない曲、そしてライブ音源だと思います。エンディングを飾る「ドン・フェルダー」、「ジョー ウォルシュ」のギター・ソロはよく組み立てられたフレーズで、これをライブでも見事に再現し、ギター好きでなくても印象に残る名演ではと思います。私はイーグルスは「ヘル・フリーゼズ・オーヴァー・ツアー」での来日公演を東京ドーム(東京都文京区)iconで見ましたが、この時はアコースティックによるアレンジとなり、やはりこの曲はこのアレンジで聴きたかったです。(MAHALO)
  • 不滅の最高傑作。ライブ音源も素晴らしいですね。(Koji)

Yuji Ohno & Lupintic Sixteen|ルパン三世のテーマ’78
https://www.youtube.com/watch?v=JvjgR4FOj3g (YouTube)

「ルパン三世のテーマ」30周年コンサート “LUPIN!LUPIN!!LUPIN!!!” [DVD]

新品価格
¥4,367から
(2014/9/24 18:19時点)

THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 「LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!!」

新品価格
¥2,752から
(2014/9/24 18:18時点)

  • 大野雄二のYujiOhno&LupinticFiveに、ホーンセクション、パーカッション、ビブラフォン、オルガン、コーラスを加えたスペシャル編成のYuji Ohno & Lupintic Sixteen。ビッグバンドならではの大迫力。圧巻のライブです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(3)~「The Other Side」


エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(2)の続き

今まで紹介したエヴァ・キャシディの曲は、フィギュアスケートのエキシビションで使われたり、彼女の名声を高めた曲と云えます。基本的には有名な曲を彼女流の表現で歌い、それまでの誰とも違う表現力で惹きつけられます。
その歌声の余韻は聴いた後も残り、そのエヴァの世界に暫く浸ることができます。
特に、フォーク調のバラード曲は、そのピュアな歌声と相まって最大の魅力だと思います。多くのフィギュアスケーターに好んで使われるように、伸びやかな声とゆったりとしたスケーティングの演技が良く調和するのではないでしょうか。

エヴァ・キャシディを知る上で1枚だけアルバムを選ぶとしたら、最初に「フィギュアスケートと音楽と(1)」で紹介した2012年リリースの20曲入りベスト盤「The Best of Eva Cassidy」がエヴァ入門用としてはお薦めですが、彼女本来の歌へのアプローチを感じ取るアルバムとして、ライブ盤の「Live at Blues Alley」が個人的にはお気に入りです。

 

The Best of Eva Cassidy

新品価格
¥1,230から
(2014/7/24 14:55時点)

Live at Blues Alley

新品価格
¥1,169から
(2014/7/24 14:56時点)

このアルバムの「Amazonレビュー」の一部を紹介しておきます。

1996年1月にジャズクラブ、ブルーズアレイで行われたこのライヴの聴衆をうらやまずにはいられない。エヴァ・キャシディのボーカルには、アレ サ・フランクリンのソウルとビリー・ホリディのくすんだメランコリーとジャニス・ジョプリンの生々しい情熱がひとつに溶けあっている。だが、その声が二度 とレコーディングされることはない。このライヴのあった年の暮れにエヴァは癌で帰らぬ人となった。
・・・・・
エヴァのリリースしたアルバムはわずか4枚しかなく、うち1枚は他の3枚のコンピレーション盤である。そんな彼女の 歌声に病みつきになったリスナーにとって本作はマストアイテムと言える。(Mark Walker, Amazon.co.uk)

1996年1月2日と3日に行われたこのライブこそ、その後の彼女の信奉者に残された貴重な音源となったことは一つの奇跡だったのではないでしょうか。初日の録音は必ずしも満足のいくものではなかったようですが、その映像と併せて生前の彼女を知る貴重な手掛りだと思います。
映像の方はホームビデオで撮影されたと思われるカメラワークですが、彼女の一つの側面を映し出していると思います。未だ、結果的に彼女の命を奪うこととなった病気には気が付いていない頃でした。

アルバムにも収録されたジャズ的アプローチやブルース調の曲の説得力にも触れてみて下さい。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | チーク・トゥ・チーク(CHEEK TO CHEEK) – Live At Blues Alley
https://www.youtube.com/watch?v=CEDZqsBZgso (YouTube)

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | ストーミー・マンディ(Stormy Monday) – Live at Blues Alley
http://www.youtube.com/watch?v=CIaHrU8Hetk (YouTube)

このアルバムの選曲等にはエヴァ本人も関わったようだが、完璧主義だったと思われる彼女には必ずしも満足がいかず、リリースもためらったようです。しかし、このアルバムのプロモーションの最中であった7月に体調の異変により精密検査の結果、余命数ヶ月の宣告を受け抗癌剤治療を受けるようになったそうです。
保険に加入していなかったエヴァの為に、友人たちが9月に開いたライブでは1曲を歌うのが精一杯だったとのことで、それが人前での最後のパフォーマンスとなりました。その後、メリーランド州にあるジョンズ・ホプキンス病院に運ばれますが、2ヶ月後に自宅で息を引き取ります。

その後のアルバムは彼女の意図とは別に第三者により手が加えられ、その収録楽曲は必ずしも本人の好みと一致してはいないと思います。
しかし、本人が発表を望まなかった録音もまた未発表音源の一つとしてアルバム化されているようですが、少しでもエヴァの残された歌声に接したいファンにとっては、それもまた一つの楽しみでもあります。

このライブ・アルバムから4年前の1992年に、ゴー・ゴー・サウンドの先駆者チャック・ブラウンCharles Louis “Chuck” Brown、1936年 – 2012年)とのデュエット・アルバム「 The Other Side」がリリースされています。当時は殆ど無名に近いエヴァ・キャシディですが、大御所と対等以上にジャズのナンバーを歌う「別の側面」を見せています。こちらも魅力的です。

チャック・ブラウン & エヴァ・キャシディ(Chuck Brown & Eva Cassidy) | フィーバー(Fever)
http://www.youtube.com/watch?v=MddipQEMbLQ (YouTUbe)

Other Side

新品価格
¥1,355から
(2014/7/24 14:54時点)

ある意味、最初にエヴァ・キャシディの魅力を引き出したチャック・ブラウンですが、一昨年にエヴァ・キャシディが運ばれた病院と同じジョンズ・ホプキンス病院で75歳の生涯を閉じています。再び、天国で久方振りにデュエットしているのではないでしょうか。

さて、彼女の未発表音源は本人の想像しない形でひとり歩きしているようですが、1998年に自主制作したLP盤が2002年にCD化されています。20代前半のエヴァがヴォーカルを担当したアルバム「Method Actor」があります。エヴァの遺族からは認められていないようですが、楽しそうに音楽をする彼女の原点があるような気がします。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | ゲッティング・アウト(Getting Out)
http://www.youtube.com/watch?v=Da_bSQb0n1U (YouTube)

Method Actor

新品価格
¥2,701から
(2014/7/24 14:58時点)

最後に、エヴァ・キャシディのパフォーマンスとなった曲で、彼女の両親に捧げた曲「What A Wonderful World」をお聴き下さい。ブルース・アレイのライブ音源に、グルジア出身でイギリスのシンガーソングライターのケイティ・メルア(Katie Melua、1984年 – )がデュエットしています。1996年の時は未だ11歳ですが、そんな彼女もまたエヴァ・キャシディの信奉者の一人かも知れません。

エヴァ・キャシディ & ケイティ・メルア(Katie Melua & Eva Cassidy) | ワンダフル・ワールド(What A Wonderful World)
https://www.youtube.com/watch?v=cFoXcO8llNI (YouTube)

What a Wonderful World

中古価格
¥599から
(2014/7/24 14:59時点)

日本においてエヴァ・キャシディのアルバムが1枚もリリースされていないのは不思議ですが、彼女の歌声は遙かな時を超えて愛され続けるのではないでしょうか。

Forever Eva!

エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(2)~「虹の彼方に」と「ソングバード」と「枯葉」


エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(1)の続き

エヴァ・キャシディが米国ワシントンDCの一人のシンガーから世界的アーティストとして評価されるキッカケとなったのは、英国BBC(英国放送協会)ラジオ2で紹介された「虹の彼方にOver the Rainbow)」でした。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | 虹の彼方にOver the Rainbow
https://www.youtube.com/watch?v=SwJTu4aqSoM (YouTube)

この曲は1939年のミュージカル映画「オズの魔法使い」でジュディ・ガーランド(Judy Garland、1922年 – 1969年)が歌った劇中歌として、彼女を大ブレークさせたことでも有名です。
当時未成年(16歳前後)の筈ですが、実は覚醒剤の使用により「ハイ」の状態で歌っていたとの説もあります。その時代、ハリウッドにおいては睡眠薬や覚醒剤はスターを休みなく働かせるための必需品でもあったようです。

ジュディ・ガーランド(Judy Garland) | 虹の彼方にOver the Rainbow
http://www.youtube.com/watch?v=1HRa4X07jdE (YouTube)

オズの魔法使 [Blu-ray]

新品価格
¥1,477から
(2014/7/9 11:36時点)

一方エヴァ・キャシディは、多くの歌手も好んでカバーしているこの曲を静かにそして切なく歌いかけています。その時の聴衆であれば誰もがその世界に引き込まれて行ったと思います。ライブで弾き語りで歌う映像が残っています。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | 虹の彼方に(Over the Rainbow) – LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=EPNu3o_Gc-8 (YouTube)

ブルース・アレイ(著作権者:Rudi Rietさん、ライセンス:CC BY-SA 2.0、http://en.wikipedia.org/wiki/Blues_Alley)クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 2.0 非移植ライセンス

ブルース・アレイ(著作権者:Rudi Rietさん、ライセンス:CC BY-SA 2.0、http://en.wikipedia.org/wiki/Blues_Alley)クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 2.0 非移植ライセンス

この映像は前回でも紹介した1996年1月2日と3日に行われたワシントンDCの老舗ジャズ・クラブ「ブルース・アレイ(Bluse Alley)」に於けるものと思います。
しかし、ライブ・アルバム「Live at Blues Alley」に収録の12曲には含まれていません。1997年の正式リリース時に既に亡くなっていたエヴァですが、生前に自身初のソロ・アルバムの選曲には係わっていた筈ですから、何らかの理由で採用しなかったようです。

Live at Blues Alley

新品価格
¥1,242から
(2014/7/9 11:52時点)

結局この「Over The Rainbow」の反響から、この曲が収録された1998年リリースのコンピレーション・アルバム「Ever Cassidy | Songbird」は、英国とアイルランドを起点として、オーストラリア、ドイツ、スウェーデン、ノルウェイ、スイスにおいて、チャートトップ10圏内のヒットを記録します。彼女の死から約5年後、アルバムリリースからも3年の歳月が経過していました。

このコンピレーション・アルバム「Songbird」では「Over The Rainbow」を除き、1997年リリースのライブ・アルバム「Live at Blues Alley」とソロ・スタジオ・アルバム「Eva by Heart」からの選曲となっていますが、当然ながらエヴァ本人の意志を伺い知ることはできません。

 

Songbird

新品価格
¥1,341から
(2014/7/9 11:54時点)

Eva By Heart

新品価格
¥1,264から
(2014/7/9 11:55時点)

このアルバム収録の曲から2曲程紹介しておきます。何れも彼女の代表曲と言っても良い名演だと信じます。

まずはアルバム・タイトル曲の「Songbird」です。この曲は英国で1967年に結成されたロック・バンド「フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)」により、1977年リリースのアルバム「噂(Rumours)」収録曲です。因みにこのアルバムはグラミー賞の最優秀アルバム賞を獲得している、彼等の代表的なアルバムです。
エヴァはこの曲も見事にカバーしていますので、原曲と聞き比べて見てください。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | ソングバード(Songbird)
http://www.youtube.com/watch?v=AFFo1pu4q7Q (YouTube)

フリートウッド・マック(FLEETWOOD MAC) | ソングバード(SONGBIRD)
http://www.youtube.com/watch?v=MpjMjLIp1Xk (YouTube)

Rumours: 35th Anniversary Edition

新品価格
¥751から
(2014/7/9 11:56時点)

もう1曲は「枯葉(Autumn Leaves)」です。原曲はシャンソンのスタンダードですが、英語の歌詞が付いた「Autumn Leaves」は有名な歌手を始めインストゥルメンタル版も多く演奏され、アメリカのスタンダード曲とも云える有名な曲です。
エヴァの表現力で、こちらも歌いあげられています。この曲もフィギュアスケートのエキシビションで演じられたら観客を魅了するのではないでしょうか。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | 枯葉(Autumn Leaves)
http://www.youtube.com/watch?v=PCeV0DfQgNw ( YouTube)

このアルバム「Songbird」に収録されている元の音源は、ライブ・アルバム「Live at Blues Alley」のものと同じようですので、次のライブ映像の時の録音だと推測します。アコースティック・ギターとピアノだけの構成が秀逸です。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | 枯葉(Autumn Leaves) – Live
http://www.youtube.com/watch?v=XSXYu-3r1S8 (YouTube)

この様にエヴァ・キャシディのアルバムは、彼女の生前の数少ない音源から、プロデューサーのクリス・ビヨンド(Chris Biondo)と彼女の二人の従妹(Barbara & Hugh)によって企画されているようです。
それはエヴァの趣向や望みとは異なるかも知れませんが、彼女の最大の理解者たちの意向なのかも知れません。

エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(3)に続く

エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(1)~「イマジン」と「フィールズ・オブ・ゴールド」


フィギュアスケートと音楽と(1)で紹介したエヴァ・キャシディEva Cassidy、1963年2月2日 – 1996年11月2日)ですが、気になるその足跡と残された楽曲を辿ってみました。

カロリーナ・コストナー選手の演目に使われた「エヴァ・キャシディ | イマジンImagine)」をお聴き下さい。
2002年に彼女の3作目のアルバムとしてリーリースされた「Ever Cassidy | Imagine」(Licenced by Blix Records Inc. from Barbara & Hugh Cassidy)のタイトル曲でした。彼女が亡くなってから既に6年近い歳月が過ぎようとしていました。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | イマジン(Imagine)
http://www.youtube.com/watch?v=DTVsp_q8mxE (YouTube)

Imagine

新品価格
¥1,042から
(2014/6/10 18:41時点)

彼女自身の弾くアコースティック・ギターに乗せて、その透明感のある歌声が響く様子はまさしく”Imagine”を広げてくれます。
一時期は彼女のボーイフレンドだったというクリス・ビヨンド(Chris Biondo)の持つ、プライベート・スタジオにおける1996年のライブ音源だと思います。それまでの未収録音源を集めたアルバムなので、その評価は分かれるようですが、彼女の一つのスタイルを示す演奏だと思います。

「イマジン」については言うまでもなく、ジョン・レノン(John Winston Ono Lennon、1940年 – 1980年)の代表曲の一つで、数多くのアーティストによってカバーされていますが、このエヴァ・キャシディのカバーもまた訴求力を持った秀作だったと思います。

オリジナルの「ジョン・レノン | イマジン」は1971年にリーリースされています。

ジョン・レノン(John Lennon) | イマジン(Imagine)
http://www.youtube.com/watch?v=dq1z1rkjw-E (YouTube)

イマジン

新品価格
¥2,145から
(2014/6/10 18:43時点)


さて一方、2002年のソルトレークシティのオリンピックのエキシビションにおいて、ミッシェル・クワン選手が泣きながら演技したと言われる「エヴァ・キャシディ | フィールズ・オブ・ゴールドFields of Gold)」を聴いてみてください。収録アルバムの異なるバージョンがあります。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | フィールズ・オブ・ゴールド(Fields of Gold)
http://www.youtube.com/watch?v=Mfb4u_BGbak (YouTube)

Songbird

新品価格
¥1,253から
(2014/6/10 18:44時点)


エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | フィールズ・オブ・ゴールド(Fields of Gold)
http://www.youtube.com/watch?v=hKtqTYSOBCg (YouTube)

Live at Blues Alley

新品価格
¥1,409から
(2014/6/10 18:45時点)

ミッシェル・クワンの演技に使われた演奏は、エヴァ・キャシディの死後に企画され1998年にリリースされたコンピレーション・アルバム「Songbird」からのものだと思います。
しかし、元々の音源はライブ・アルバム「Live at Blues Alley」に収録のものだと推測します。
アルバム「Songbird」には『Remixed by Geoff Gillette』の表記があることから、リミックスによって聴衆の拍手等を編集しているようです。
エヴァの全く関知しないであろうこのアルバムは、その後、英国を発信源として180万枚の大ヒットを記録しています。

原曲はスティングSting、本名:Gordon Matthew Thomas Sumner, CBE、1951年 -、英国ニューカッスル出身 )の名作「フィールズ・オブ・ゴールド(Fields of Gold)」ですが、本家の方も併せて聴き比べて下さい。歌詞の違いも含めて若干趣が異なります。

スティング(Sting) | フィールズ・オブ・ゴールド(Fields of Gold)
http://www.youtube.com/watch?v=PeKE2Z-9HVM (YouTube)

Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994

新品価格
¥832から
(2014/6/10 18:46時点)


そしてエヴァ・キャシディによるこの曲の3つ目のバージョンが存在するようです。グラミー賞の受賞歴も多数あるマイケル・ボルトンMichael Bolton、米国コネチカット州出身、1953年 – )とのデュエット(Duet)が実現しています。

マイケル・ボルトン&エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy & Michael Bolton) | フィールズ・オブ・ゴールド(Fields of Gold)
http://www.youtube.com/watch?v=rtbb3N6H4X0 (YouTube)

デュエッツ

新品価格
¥1,939から
(2014/6/10 18:48時点)

2011年にリリースされたアルバム「マイケル・ボルトン | デュエッツ」は日本盤も存在します。エヴァ・キャシディの参加した唯一の日本盤かも知れません。これもまた彼女の想像の範囲を超えた、亡くなってから15年後の奇跡と言って良いでしょう。
このアルバムは、他にも様々ジャンルのスターたちとの競演は聴きどころ満載になっています。

さて、エヴァ・キャシディについては、遅まきながらもう少し気になる楽曲について遡及して行きたいと思います。

エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(2)に続く

フィギュアスケートと音楽と(1)~「ゲイリー・ムーア」と「エヴァ・キャシディ」


先月末さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区)iconで行われたフィギアスケート世界選手権で、2013-2014シーズンの冬のスポーツも幕を閉じましたが、今年はソチオリンピックもあり大いに盛り上がったと思います。
特にフィギアスケートについてはオリンピックそして世界選手権と続き、多くの話題と感動を提供してくれました。
先日はこんなニュースもありました。

浅田真央、羽生結弦がギネス記録認定! (Yahoo!ニュース)

ソチオリンピックの羽生結弦(はにゅうゆずる)選手のギネス記録にもなったショートプログラムは、当ブログでも紹介したように、その使用楽曲「ゲイリー・ムーアRobert William Gary Moore、 1952年 – 2011年、北アイルランド出身)|パリの散歩道(Parisienne Walkways)」の方も話題になりました。

こちらも高得点となった昨年の全日本選手権の羽生結弦選手のショートの映像があります。

Yuzuru Hanyu 2013 All Japan Figure SP
https://www.youtube.com/watch?v=bOWqsm6DtVA(YouTube)

この時点から彼のオリンピックでの活躍が約束されていたような気がします。
因みにこのショートプログラムの振付は、元選手でトリノオリンピック銅メダリストのジェフリー・バトル(Jeffrey Buttle、1982年 -、カナダ出身)です。彼の振付師としての評価も高まったと思います。

羽生結弦人気で一躍注目を浴びた「パリの散歩道」ですが、実際に使用されたインストゥルメンタルのライブバージョーンのアルバムが4月21日発売されました。また、同曲収録のベスト盤も緊急再プレスされています。

ゲイリー・ムーア | パリの散歩道
http://www.youtube.com/watch?v=oF-zKCeLlBU (YouTube)

 

ゲイリー・ムーア・ライヴ 【羽生選手SP使用『パリの散歩道』収録/オリジナル日本盤再現紙ジャケット仕様(パリの散歩道のギター楽譜付)/K2HDマスタリング HQCD/完全限定盤】

新品価格
¥2,916から
(2014/4/25 12:17時点)

ゲイリー・ムーア・ベスト

新品価格
¥2,140から
(2014/4/25 12:18時点)

ギブソン・レスポール

ギブソン・レスポール(著作権者:Alberto Carrasco Casadoさん、ライセンス:CC BY 2.0、http://ja.wikipedia.org/wiki/ギブソン・レスポール)

ゲイリー・ムーアがこの演奏で使用していたギターは、敬愛するピーター・グリーン(Peter Green、1946年 -、ロンドン出身)から譲り受けた1959年製ギブソン・レスポール・スタンダードとのことです。

そのゲイリー・ムーアは2010年に来日公演を行っていますが、翌2011年2月6日に休暇先のスペインで急逝しています。
そして今年の命日にあたる2月6日、羽生選手がこの曲を使って演技を行ったのがソチの大舞台でした。

さて、二人の日本人選手が金メダルを獲得したISU世界フィギアスケート選手権大会2014でしたが、もう一つの楽しみとして最終日のエキシビションがありました。
競技が終わりリラックスした中で行われるこの演技にこそ、選手の持っている個性と趣向が伺える企画だと思います。
特に、ライバル選手の転倒を半ば期待しないで見れるのは心が休まります。

浅田選手と羽生選手のエキシビションの演技を目的に観たテレビ放送でしたが、見ている内にその演技に惹かれたのが銅メダルだったイタリアのカロリーナ・コストナーCarolina Kostner)選手の演ずる「イマジンImagine)」でした。

カロリーナ・コストナー 2014世界選手権 エキシビジョン
http://www.youtube.com/watch?v=Njh32LiCXN4 (YouTube)

ジョン・レノンの名曲をアメリカの女性歌手エヴァ・キャシディEva Cassidy、1963年 – 1996年)の哀愁を帯びた歌声に乗せて、スケール感ある演技でスポットライトを浴ながら繰り広げられる様子が妙に印象的でした。
特にエヴァ・キャシディの歌の魅力を辿ってみたら、同じく2002年ソルトレークシティのオリンピックのエキシビションでも使われていました。銅メダリストのミシェル・クワン(Michelle Wing Kwan関穎珊)の演技です。

ミシェル・クワン 2002オリンピック エキシビション
http://www.youtube.com/watch?v=xF4e1mtzr_Y (YouTube)

こちらも名曲「スティングSting) | フィールズ・オブ・ゴールド(Fields of Gold)」 を見事にカバーしていました。
他にも浅田真央選手が2005-2007年シーズンのエキシビションで「虹の彼方に 映画『オズの魔法使い』より」をエヴァ・キャシディのヴォーカル曲で演じています。
ヴォカール入りの楽曲使用が可能なエキシビションならではだと思いますし、振付は全て世界的振付師のローリー・ニコル(Lori Nichol)だと思います。

そんなエヴァ・キャシディの貴重なライブ映像があります。

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy) | Somewhere Over The Rainbow
https://www.youtube.com/watch?v=Ce-5OWBNGNw (YouTube)

しかし、こんな魅力的な歌声を持つエヴァですが、1996年に皮膚癌のため33歳の若さで亡くなっています。
日本ではアルバムの発売も無く輸入盤があるのみなので、ローリー・ニコルの選曲が無かったら知らなかったと思います。

その輸入盤は「Eva Cassidy | The Best of Eva Cassidy」がお薦めです。

The Best of Eva Cassidy

新品価格
¥1,264から
(2014/4/25 12:19時点)

以上の紹介曲以外にも当ブログで以前に紹介したフォークソングの名曲「Early Mornin’ Rain」のカバーも収録されています。
このアルバムの収録曲は次の通りです。

  1. You Take My Breath Away
  2. Kathy’s Song
  3. Songbird
  4. What a Wonderful World
  5. Wade in the Water
  6. Ain’t No Sunshine
  7. Time After Time
  8. Autumn Leaves
  9. I Can Only Be Me
  10. Fields of Gold
  11. It Doesn’t Matter Anymore
  12. Imagine
  13. Over the Rainbow
  14. True Colors
  15. Danny Boy
  16. People Get Ready
  17. Anniversary Song
  18. Early Morning Rain
  19. I Know You by Heart
  20. Tall Trees in Georgia

そして競技を離れてアイスショーを観に行くのも良いと思います。6月に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)iconで羽生選手も出演する「P&G presents/Fantasy on Ice 2014 in MAKUHARI 」が開催されます。

チケットぴあ
一般発売 | Fantasy on Ice 2014 in MAKUHARI | 2014/6/7(土)・2014/6/8(日) | 幕張メッセ 幕張イベントホール(千葉県)icon