タグ別アーカイブ: EricClapton

想い出の地・サンフランシスコ


先日、サンフランシスコに1年半住んでいた方と話をしたら、サンフランシスコがとても懐かしくなりました。
私が以前勤務していた会社の本社は、サンフランシスコから自動車で南に2時間位の場所にあるサンタクルーズの隣町にありました。サンフランシスコには出張で行くこともあり、いろいろ想い出が多い街です。
ホテル「ウェスティン・セントフランシス・サンフランシスコ・ユニオンスクエア」のバーでドライ・マティーニを飲むと、何か大人の洒落た男になれたような気分になる…と思い込んだりしまして。

その時、当然、口ずさむのが、アメリカ西海岸「サンフランシスコ」~「ロサンゼルス」で紹介した「想い出のサンフランシスコ」(I Left My Heart in San Francisco) です。

トニー・ベネット(Tony Bennett)|「想い出のサンフランシスコ」(I Left My Heart in San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=SC73kdOL5hk (YouTube)

I Left My Heart in San Francisco (Classic Album – Gold Edition)

新品価格
¥600から
(2018/5/18 19:56時点)

トニー・ベネットが最初に歌ったのが、1961年12月、サンフランシスコにあるフェアモント・ホテル(Fairmont San Francisco)の「ベネチアンルーム」との事です。そして、ベネットがこの曲について「この曲のおかげで私は世界市民となれた。この曲のおかげで、世界中どこに行っても働いて歌うことが可能となった。この曲のおかげで私は生きていくことができたのだ。この曲は私の人生すべてを変えてしまった」と話しています。
もちろん、多くのアーティストがカバーしています。フランク・シナトラ、ジュリー・ロンドン、ブレンダ・リー、ペギー・リー、イタリア人歌手ミーナ、など。

サンフランシスコは、市内に起伏が多く、車の運転も私のようなものには結構難しいところです。その起伏にそって色とりどりの小じんまりした家並みが、まるでお伽の国のようにファンタジックです。そして、ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフ、もちろん、路面ケーブルカー、といった観光スポットにも事欠きません。また、「卒業」、「ブリット」、「ダーティハリー」で、市内は映画ロケ地としてよく知られています。

そして、この曲も、すぐに思い出しますし、カラオケで良く歌います。

スコット・マッケンジー(Scott McKenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=bch1_Ep5M1s (YouTube)

花のサンフランシスコ(ヴォイス・オブ・スコット・マッケンジー)(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥3,800から
(2018/5/18 19:57時点)

スコット・マッケンジーが1967年にリリースした楽曲です。「モントレー・ポップ・フェスティバル」のプロモーションのためにつくられました。
この時代、米国では、ヒッピー文化(反戦を掲げた若者文化、自然と愛と平和とセックスそしてと自由)でおおわれていました。サイケ、マリファナ、そして、スローガンとして「Love and Peace」、「武器ではなく花を」と。その発祥はサンフランシスコからだと言われています。

そして、音楽も「フラワーミュージック」と言われ、原題が「San Francisco」であるこの曲は、日本では「花のサンフランシスコ」という曲名で有名でした。

ちなみに、このモントレー・ポップ・フェスティバル」には、

  • ママス&パパス
  • アソシエイション
  • エリック・バードン&ジ・アニマルズ
  • サイモン&ガーファンクル
  • バーズ
  • ジェファーソン・エアプレイン
  • オーティス・レディング
  • バッファロー・スプリングフィールド
  • ザ・フー
  • ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
  • ママス&パパス

などのメンバーが出演していました。

この頃、深夜放送が大きなブームで、「パックインミュージック」(TBSラジオ)、「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)、「セイ!ヤング」(文化放送)で、良く聴いていたたミュージシャンたちです。

サンフランシスコといえば、「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」も馴染み深い一曲です。
この曲は、1954年にジェシー・フラー(Jesse Fuller)によってレコーディングされ、 “Working On The Railroad” という6曲入りのレコードに収められていました。

ジェシー・フラー(Jesse Fuller)|サンフランシスコ・ベイ・ブルース(San Francisco Bay Blues)
https://www.youtube.com/watch?v=uBME_J0pf3o (YouTube)

San Francisco Bay Blues

新品価格
¥989から
(2018/5/18 20:02時点)

ジェシー・フラーは 12弦ギター、ハーモニカ、ハイハット、ベース、ピアノなどを一緒に弾く、「ワンマンバンド」のユニークなミュージシャンでした。多重録音の技術も無い時代だったので、一人で全ての音を一度に出していました。ハーモニカはフォークの世界へと引き継がれていますが。すごいです。

その後、ボブ・ディラン(Bob Dylan)、ピーター・ポール&マリー(PP&M)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、エリック・クラプトンEric Clapton) が歌っています。

エリック・クラプトン(Eric Clapton)|サンフランシスコ・ベイ・ブルース(San Francisco Bay Blues)
https://www.youtube.com/watch?v=1SzP3_K_7EE (YouTube)

Unplugged: Expanded & Remastered (2cd/DVD)

新品価格
¥2,004から
(2018/5/18 20:00時点)

ロック・ギターの「天才」と「神」


私が、最初に「紫のけむり(Purple Haze)」を知ったのは、高校時代に東京のJazz喫茶通いをしていた時、確か新宿ACBでグループサウンド・バンドの「モップス」が演奏していたのもを聴いたのが最初だった気がします。何か今までのグループサウンドの曲と違った強いインパクトを受けた記憶があります。
その後で、「ジミ・ヘンドリックスJimi Hendrix)」を知りました。
そのころ、ステレオにレコードをかけ、ドラムをたたく一人練習では、「紫のけむり」はハマリました。当然ステレオのボリュームを最高に上げて、それに合わせてドラムをたたくので本当に気持ちがハイになっていました。

ジミー・ヘンドリックスが「紫のけむり」をリリースしたのは、1967年でした。

ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(The Jimi Hendrix Experience)|紫のけむり(Purple Haze)
http://www.youtube.com/watch?v=jolL3-SzCaA (YouTube)

Experience Hendrix: the Best of Jimi Hendrix

新品価格
¥1,058から
(2014/11/20 15:16時点)


ジミ・ヘンドリックスの生涯は27年と短く、本格的な演奏活動はわずか4年と一瞬だったのですが、ロックギターの演奏に革新的影響をもたらした「天才」と言われています。

今日ロックギターといえば「フェンダー・ストラトキャスター」と誰もがその名前をいいます。けれど、ヘンドリックスが使用する前はこれを使うミュージシャンはほとんどおりませんでした。ストラトキャスターでヘンドリックスが演奏したトレモロマジックは驚異的なインパクトをロックギター演奏に与えました。

また、ジミ・ヘンドリックスはいろいろな名言を残しています。私の好きな言葉です。

  • ”When the power of love overcomes the love of power the world will know peace.”
    「力への愛に、愛の力が勝利した時、世界は平和を知る。」
  • ”Blues is easy to play, but hard to feel.
    「ブルースは簡単に弾ける。だが、感じるのは難しい。」
  • “Knowledge speaks, but wisdom listens.”
    「知識は語り、知恵は傾聴する。」

ジミー・ヘンドリックスは、楽譜を読めなかったと言われています。
ほんの一瞬、彗星のように輝き、そして去っていった、ロックギターの「天才」だったと思います。

ロック・ギターでは、ジミーヘンドリックスが「天才」で、方や「神」と称されるプレイヤー「エリック・クラプトンEric Clapton)」がいます。高校時代、一人ドラム練習でかけていた曲のもう一つが「クリームCream)」の「ホワイト・ルーム(White Room)」でした。

クリーム(Cream)|ホワイト・ルーム(White Room)
http://www.youtube.com/watch?v=6d6rtHjIp6k (YouTube)

クリームの素晴らしき世界

新品価格
¥1,827から
(2014/11/20 15:19時点)


クリームは、ベース、ボーカル、ハーモニカの「ジャック・ブルースJohn Symon Asher Bruce)」、ドラムの「ジンジャー・ベイカーGinger Baker)」、そして、ギター、ボーカルのエリック・クラプトン、というメンバーで、1966年から1968年の2年間、演奏活動をしました。
クリームヒット曲は「ホワイト・ルーム」のほかに、「アイ・フィール・フリー (I Feel Free)」、「サンシャイン・ラヴ (Sunshine of Your Love)」、「クロスロード(Crossroads)」、「バッジ(Badge)」などがあります。

その後、クラプトンは、ソロ活動をし、「いとしのレイラ(Layla)」をリリースします。このレコーディングには「ストラトキャスター・ブラウニー」が使われました。
また、ボブ・マーリアーのカバー曲である「アイ・ショット・ザ・シェリフ(I Shot The Sheriff)」は全米ナンバー1をのヒット曲となります。
また、亡くなった息子に捧げる曲、「ティアーズ・イン・ヘヴン」(Tears In Heaven)は1992年に全米シングルチャート第2位となりました。
余談ですが、クラプトンは自分のギターコレクションのオークションを行っていますが、彼の使用したギターで最も有名で長年愛用したブラッキー「’56年製のフェンダー・ストラトキャスター」は95万9,500ドル(1億520万円)の価格がつきました。

2001年11月の横浜アリーナでの日本公演に行きました。
ヒット曲のほとんどを演奏しましたが、「ワンダフル・トゥナイト(Wonderful Tonight)」のギターの音色とやさしい歌声が印象に残っています。
以後、カラオケでこの曲をよく歌うようになりました。

エリック・クラプトン(Eric Clapton|ワンダフル・トゥナイト(Wonderful Tonight)
http://www.youtube.com/watch?v=vUSzL2leaFM (YouTube)

Clapton Chronicles: The Best of Eric Clapton

新品価格
¥615から
(2014/11/20 15:20時点)


ロック・ギターの「天才」と「神」と出会ってかれこれ40年以上になります。二人とも破天荒な生きざまですが、彼らの奏でた曲は私の中では全く色あせず今でも聴くたびに気持ちを高揚させてくれます。

去る、10月25日、「クリーム」の元メンバーのジャック・ブルースが死去しました。71歳でした。
「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」や「ホワイト・ルーム」のリードボーカルでした。
エリック・クラプトンは、「彼は偉大なミュージシャンであり、作曲家だった。そして私にとてつもなく大きなインスピレーションを与えてくれた」と追悼の言葉をおくっています。

<ベストセラー>エリック・クラプトン


エリック・クラプトン

ドイツ・ミュンヘンのステージで演奏するクラプトン(帰属 Majvdl、ライセンス:CC BY-SA 3.0、http://ja.wikipedia.org/wiki/エリック・クラプトン)

いろいろなジャンルの「ベストセラー商品トップ10」を紹介するシリーズ。
今回は、1974年以来、通算20回目の来日ツアー中の「エリック・クラプトン」を取り上げます。

エリック・クラプトン @ 日本武道館 (アールオーロック)

ソロ名義での代表曲、60年代のクリーム時代、70年代のデレク&ザ・ドミノス時代の曲、そして、キャラックの持ち歌も交えた2時間弱のステージは、クラプトンのギター職人魂(クラフトマン・シップ)の真骨頂のようです。

エリック・クラプトン | ベストセラー商品トップ10

 

Give Me Strength: The ’74/’75 Recordings

新品価格
¥7,833から
(2014/2/26 01:44時点)

ライヴ・インバーミンガム ライヴ・アット・モントルー [DVD]

新品価格
¥3,186から
(2014/2/26 01:45時点)

Old Sock

新品価格
¥1,017から
(2014/2/26 01:46時点)

CROSSBEAT Special Edition エリック・クラプトン (シンコー・ミュージックMOOK)

新品価格
¥1,365から
(2014/2/26 01:46時点)

Complete Clapton

新品価格
¥1,424から
(2014/2/26 01:46時点)

クラプトン

新品価格
¥1,806から
(2014/2/26 01:47時点)

Wonderful Tonight – Live In Japan 2009 (DVD)

新品価格
¥3,642から
(2014/2/26 01:47時点)

増補新版 エリック・クラプトン (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

新品価格
¥1,260から
(2014/2/26 01:48時点)

Crossroads Guitar Festival 2013

新品価格
¥1,240から
(2014/2/26 01:48時点)

アンプラグド~アコ-スティック・クラプトン DELUXE 2CD DVD

新品価格
¥3,300から
(2014/2/26 01:49時点)

Amazon.co.jpとタワーレコード・オンラインのCD検索は、下のアイコンをクリックしてください。

amazon tower

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

My favorite KARAOKE song


私はカラオケを歌い始めめて、かれこれ30年以上経つと思います。
いろいろ好きな歌がそれぞれの年齢の時にありました。
それはその年々で流行っている歌では無く、どこかで耳にして、何故か歌ってみたくなった歌でした。

30歳代によく歌った歌は、「サザンオールスターズ」「平岡精二」「髙橋真梨子」「ハイ・ファイ・セット」「吉田拓郎」「加山雄三」です。
40歳代には、「プリプリ(プリンセス プリンセス)」「森高千里」「アリス」「The Beatles」「グループ・サウンズ」「松山千春」「P.F. Sloan」「浜田省吾」「テレサ・テン」「杏里」です。
そして、50才代では、「竹内まりや」「中島みゆき」「沢田研二」「大滝詠一」「柳ジョージ」「Carpenters」「Eric Clapton」です。

その中でも今までで本当に良く歌った歌のベストスリーは、次の3曲です。

  • もうひとつの土曜日
  • Wonderful Tonight(ワンダフル・トゥナイト)

浜田省吾|もうひとつの土曜日
http://www.youtube.com/watch?v=uAdB2nxg5z8 (YouTube)

The History of Shogo Hamada―Since 1975

新品価格
¥2,758から
(2013/8/19 12:04時点)

もうひとつの土曜日」は、1986年に発売されたアルバム「J.BOY」(ジェー・ボーイ)の中の一曲です。この中には、私の好きな「路地裏の少年」も入っています。
但し、私が「もうひとつの土曜日」を知ったのは、発売から10年ぐらいたった、1995年頃です。会社の同僚と行ったカラオケで、その同僚が歌っていた歌で、一変で好きになり、歌い始めました。
だから、実は浜田省吾本人の歌を聴かずにカラオケで歌っていたので、今でもところどころ本物とメロディが違ってしまっているのですが、いまだに直せないでいます。

森高千里|雨
http://www.youtube.com/watch?v=oJEGFAVcTOs (YouTube)

ザ・シングルス(通常盤)

新品価格
¥3,447から
(2013/8/19 12:22時点)

」は1990年リリースですが、私が最初に森高千里の曲で好きになったのは、1992年発売の「私がオバさんになっても」でした。おじさんである私がカラオケでこの曲を歌ったのは、お店の女の子たちの受けを狙った邪な気持ちでした。もちろん、ポップな曲調と歌詞、そして振りがとても楽しい曲でした。私は振りはできませんが、代わりにお店の女の子が踊ってくれました。
その後、「雨」と「渡良瀬橋」を聴いて、カラオケでよく歌う曲がこちらになってしまいました。「雨」は歌詞と曲が本当にぴったりの歌だと思います。カラオケで歌っていると自然に感情移入してしまいます。

Eric Clapton|Wonderful Tonight

Clapton Chronicles: The Best of Eric Clapton

新品価格
¥503から
(2013/8/19 12:27時点)

2001年の「エリック・クラプトン」(Eric Clapton) 日本公演を横浜アリーナiconで観て、「Wonderful Tonight」(ワンダフル・トゥナイト)をカラオケで良く歌うようになりました。
その他に「Layla」「Tears in Heaven」「Change the world」などたくさん良い曲があるのですが、何故かカラオケで歌うのは「Wonderful Tonight」が多いです。
エリック・クラプトンの人生は、恋愛や薬物中毒など大変激しいものと思います。だから、ギターの演奏も歌も、何か「深い」ものを感じます。
「Wonderful Tonight」の歌詞は、平凡な夫婦のちょっとした出来事を普通に歌っているのですが、その味が何とも言えない奥深さを感じさせます。

もちろん、この他に、6o年代ポップス、ロマン歌謡、演歌、ロック等、たくさんの歌を歌ってきました。
また、別の投稿で書きましたが、カラオケを生バンドやピアノ演奏で歌うというのも楽しかったです。
それから、声の質を男性→女性、女性→男性にそれぞれに変えるカラオケ装置があり、これを使い女性歌手の歌を多く歌った時もありました。

ジャズ・フェスの季節(2)「モントルー」


スイスのモントルー(Montreux)は北緯46°26′、東経6°55′にあります。ジャズ・フェスの季節(1)のモントリオールより更に北に位置し、日本との時差は7時間(サマータイムの3月31日から10月27日)で、日本の方が進んでいます。冬時間だと8時間になります。

モントルーの位置するスイス西部はこちらもフランス語地域で、フランスとの国境に近いリゾート都市です。郊外にある三日月型をしたレマン湖(仏: Lac Léman、ラク・レマン)はスイスとフランスにまたがった大きな湖です。

大きな地図で見る

このモントルー及びレマン湖周辺で毎年7月に行われるジャズ・フェスティバルは、モントリオールに次ぐ世界でも二番目の規模を誇ります。第47回目となる今年の開催期間は7月5日(金)から20日(土)となっています。

モントルー・ジャズ・フェスティバルMontreux Jazz Festival)の公式サイトはフランス語の他、ドイツ語、英語があります。尚、日本語を選んでも提携イベントの「MJFJ・イン・かわさき」の案内だけです。

Montreux Jazz Festival公式サイト(英語)

このジャズ・フェスに併せて、梅雨の無い「陽光がまぶしく降り注ぎ、アルプスが活気づくシーズン(スイス政府観光局)」、夏のスイスの旅も最高だと思います。こちらは親切な日本語の公式サイトがあります。

スイス政府観光局公式ホームページ(日本語)

このジャズ・フェスにおいて有名な事件が起きました。1971年の第5回のことでした。

フランク・ザッパ(Frank Zappa, 1940年 – 1993年、米国のミュージシャン)の熱狂的なファンによる、モントルー・カジノの放火事件です。

そして、この事件を題材にした曲「ディープ・パープル(Deep Purpleスモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke On The Water)」が生まれました。

Deep Purple|Smoke On The Water (訳詞付)
http://www.youtube.com/watch?v=nKJMpFQHM8s (YouTube)

やがてディープ・パープルの代表曲ともなったこの曲は、アルバム「マシン・ヘッド(Machine Head)」の員数合わせ*で作られたようですが、誰もが知るハードロックの名曲として多くのアーティストによってカバーされています。

このアルバム「ディープ・パープル|マシン・ヘッド」が、ワーナー・ミュージックの「ForeverYoung The Red Sale 2013」から7月24日に再発売されます。初回生産限定の廉価版ですのでお薦めです。

マシン・ヘッド

新品価格

¥1,380から

(2013/7/1 21:57時点)

この伝説となった名盤には彼等のもう一つの代表曲「ハイウェイ・スター(Highway Star)」も収録されています。

ディープ・パープルの6回目の出場となった2011年の映像があります。オーケストラをバックにした演奏です。

Deep Purple with Orchestra|Highway Star – Montreux 2011
http://www.youtube.com/watch?v=72SR0rxdZQ8 (YouTube)

この時のライブ映像を収めたブルーレイは「Deep Purple|Live at Montreux 2011」です。

Live at Montreux 2011 [Blu-ray] [Import]

新品価格

¥1,213から

(2013/7/1 22:17時点)

この様に、このジャズ・フェスの特徴は、出演者がジャズ分野だけに留まらずブルース、ロック、ワールド・ミュージック等の多岐に渡ることです。

残念なことに、このフェスの創始者クロード・ノブス氏が今年1月に亡くなれました。昨年末のスキー中の事故が原因だったそうです。ご冥福を祈ります。

さて今年のプログラムを覗いてみると、プリンス(Prince)が3回のヘッド・ライナーショーを行う他、スティング(Sting)、クラフトワーク(Kraftwerk)、デヴィッド・サンボーン(David Saborn)、ダイアナ・クラール(Diana Jean Krall)などが出演し、最後のクロージング・ナイト(21日)はマーカス・ミラー(Marcus Miller)となっています。多くの国の広いジャンルのミュージシャンを観ることができます。

先に紹介したディープ・パープルも19日に、今回で7回目の出演がある筈です。過去最多出演のマイルス・デイヴィス(Miles Davis)の8回に次ぐ記録となります。

同じ日のメイン・ステージ(Auditorium Stravinski)には、以前の記事で紹介したブライアン・メイ(Braian May)も登場します。

しかし、スイスまで出向くのに億劫な方に、モントルー・ジャズ・フェスティバルの演奏を収めたブルーレイをお薦めいたします。

まずは、「Legends: Live at Montreux 1997」です。

Legends: Live at Montreux 1997 [Blu-ray] [Import]

新品価格

¥1,206から

(2013/7/2 09:36時点)

出演者は次の通りです。

  • Eric Clapton (guitar and Vocal)
  • Steve Gadd (drums)
  • Marcus Miller (bass)
  • Joe Sample (piano)
  • David Saborn (saxophone)

Legends Live at Montreux 97|Full House
http://www.youtube.com/watch?v=7IKiJ_j5J6I (YouTube)

もう一つは「Return to Forever|Live at Montreux 2008 」です。

Live at Montreux 2008 [Blu-ray] [Import]

新品価格

¥1,250から

(2013/7/1 22:07時点)

当ブログでも度々登場しているチック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエヴァー(RTF)の復活プロジェクトです。メンバー構成は次の通りとなっています。

  • Chick Corea (keyboards,piano)
  • Stanly Clarke (bass)
  • Al Di Meola (guitar)
  • Lenny White (drums)

RETURN TO FOREVER|No Mystery
http://www.youtube.com/watch?v=akjah8gP-6I (YouTube)

RTF第2期後期(1974年~1976年)メンバーの復活となっています。

何れもブルーレイ版で紹介しましたが、通常のDVD版もあります。

LacReman

三日月型の「ラク・レマンプール」

さて、私の家から車で10分足らずの所にもレマン湖(ラク・レマン)があります。夏の7月と8月だけ開かれる人工の三日月型をしたプールです。この時期、プールサイドではビアガーデンも開催されます。

SuisuTei1

和食処「翠洲亭」看板

その近くには、元スイス大使館として使われていた和食処「翠洲亭」(すいすてい)もあります。

SuisuTei2

和食処「翠洲亭」全景

昭和53年までスイス大使館として使われていた建物です。その後、長柄「ふるさと村」に寄贈されて、レストランとして営業中です。

私の記憶では、この周辺でジャズ・フェスが行われたというのは一度も聞いたことがありません。

しかし、他の施設も含めて、緑に包まれた閑静なリゾートスポットです。この夏のリゾートライフに如何でしょうか。

生命(せいめい)の森リゾート公式サイト**

編集部注: *「員数合わせ」とは「数合わせ」のことです。

編集部注: **生命(せいめい)の森リゾートは、千葉県長生郡長柄町にある日本メディカルトレーニングセンター(旧 日本エアロビクスセンター)を中心に構成されるリゾート複合施設です。