タグ別アーカイブ: ディズニー

マイ・フェイバリット・ディズニー・ミュージック


東京ディズニーシー タワー・オブ・テラー 撮影:ヤマザキサトシ

最強寒波と南岸低気圧の影響で、1月22日(月)に4年ぶりに積雪があり、その後、記録的な寒さになった首都圏。

こんな時は、アニメーション映画でホットしましょう。

というわけで、1月の「お気に入り曲」のテーマは、「ディズニー」です。

当ブログ執筆者がお勧めするディズニー・ミュージックを6曲紹介します。

 

 

ギル・ゴールドスタイン&デビッド・サンボーン(Gil Goldstein & David Sanborn)|星に願いを(When You Wish Upon a Star)
https://www.youtube.com/watch?v=iH1JQkjVqPg (YouTube)

  • ディズニーと言えばどうしても「星に願いを」が浮かびます。Jazz Standardの香りいっぱいの演奏だと思います。(Hiro)

クレモンティーヌ(Clementine)|パリのお散歩 ~ディズニーマリー
https://www.youtube.com/watch?v=EftIAMsVKgk (YouTube)

CLEMENTINE SINGS Disney

新品価格
¥2,361から
(2018/1/31 12:02時点)

おしゃれキャット スペシャル・エディション [DVD]

新品価格
¥2,457から
(2018/1/31 12:05時点)

  • クレモンティーヌの歌声で聴くディズニーのカバーはお薦めです(Koji)

ピーボ・ブライソン/レジーナ・ベル(Regina Belle & Peabo Bryson)|ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)
https://www.youtube.com/watch?v=Ofhg3H8YO4Y (YouTube)

  • ディズニー映画には良質な音楽がセットされています。(Koji)
  • 映画「アラジン」の挿入曲です。映画は見ておらずオリジナルの歌唱は別のシンガーのようですが、ヒットとなったピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルの2人は好きなシンガーで、この曲は2人のアルバムでよく聴きました。(MAHALO)
  • この曲は1993年のアカデミー賞歌曲賞を受賞しました。作中と違う歌手による主題歌がヒットした事象は、2013年の「アナと雪の女王」でも再現しました。(Yama)

アール・クルー(Earl Klugh)|いつか王子様が(Someday my Prince Will Come
https://www.youtube.com/watch?v=zJXMq5-UWTk (YouTube)

ソロ・ギター

新品価格
¥972から
(2018/1/31 12:08時点)

  • 映画「白雪姫」の挿入曲です。アール・クルーがギター1本で弾いていますが心地よいです。(MAHALO)
  • ギターのソロ演奏が新鮮です。(Yama)

本格的なジャズアレンジはビル・エヴァンス・トリオでどうぞ。

ビル・エヴァンス・トリオ(Bill Evans Trio)|いつか王子様が(Someday My Prince Will Come)
https://www.youtube.com/watch?v=5Wd–YgSCfA (YouTube)

ポートレイト・イン・ジャズ+1

新品価格
¥1,979から
(2018/1/31 12:18時点)

  • 軽快なのりで演奏していて、ピアノ、ベースの演奏も素晴らしいですが、ドラムのブラシがとても気持ちが良いです。(Hiro)

アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド(Ariana Grande & John Legend)|美女と野獣(Beauty and the Beast)
https://www.youtube.com/watch?v=v-djJSmvurA (YouTube)

  • 2017年の大ヒット映画「美女と野獣」の主題歌。上質の音楽がアニメーション版から引き継がれ、エマ・ワトソンの可憐さが際立った作品でした。(Yama)
  • 名曲ですね。(Koji)

プロモーション用に、エマ・ワトソン歌唱の「美女と野獣」の主題歌が公開されています。

エマ・ワトソン(Emma Thompson)|美女と野獣(Beauty and the Beast) https://www.youtube.com/watch?v=GNA-iBt_UWM (YouTube)

  • ベテラン女優の歌唱力が素晴らしいです。(Hiro)

エルトン・ジョン(Elton John)|愛を感じて(Can You Feel the Love Tonight)
https://www.youtube.com/watch?v=KjgWWjkNbhU (YouTube)

  • アニメーション「ライオン・キング」の主題歌です。当時、手塚治虫「ジャングル大帝」の盗作疑惑がありモヤモヤしましたが、音楽は別腹。1994年のアカデミー賞主題歌賞を受賞しました。(Yama)
  • 良いですね。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

今年初めてのジャズライブ「BarBarBar」


先月、今年初のJazzライブを横浜・関内のジャズライブレストラン「BarBarBar」で聴きました。ミュージシャンを調べて行ったわけではありませんでした。その日は、

  • YURIE(Vo)
  • 生田さち子(P)
  • 納浩一(b)
  • 藤井学(d)

というメンバーでした。

このメンバーでYURIEのデビューアルバム「#JAM IN WONDERLAND」CD発売記念ライブことでした。
YURIE #JAM IN WONDERLAND MAKING VIDEO 2015
https://www.youtube.com/watch?v=UDsYRcs03jM (YouTube)

#JAM IN WONDERLAND

新品価格
¥2,960から
(2016/2/19 13:58時点)

記念ライブの一回目は1月に大阪「Mr.Kelly’S」で、ニ回目は11月に東京「Blies Alley Japan」で、そして、このBarBarBarが三回目とのことでした。

演奏のスタートは、「Have You Met Miss Jones」というピアノトリオでの演奏。

レイ・ブラウン・トリオ(Ray Brown Trio)|ミス・ジョーンズ会ったかい(Have You Met Miss Jones)
https://www.youtube.com/watch?v=H6OpOsgiYXw (YouTube)

Live From New York to Tokyo

新品価格
¥934から
(2016/2/19 14:01時点)


「Have You Met Miss Jones」は、「リチャード・ロジャース」作曲、「ローレンツ・ハート」作詞で、1937年に作られました。ミュージカルで使われ。「ペギー・ジョーンズ」と「フィル・バーカー」によって1937年に歌われました。その後、「フランク・シナトラ」や「エラ・フィッツジェラルド」などに歌われたJazzスタンダード曲です。その他、「ジョー・パス」、「ジョン・コルトレーン」の演奏が有名です。

曲は「一目惚れ」の歌です。もちろんとても強烈な一目惚れ。「顔を上げ彼女を見た瞬間、息は止まり、いつか死ぬことが急に怖くなり、さらには天も地も俺のために存在すると悟ったんだ。ミス・ジョーンズと出会った今となっては、あの世からお迎えが来るまで、俺はどうも彼女から離れて生きていけそうにないのさ」

そして、「YURIE」のボーカルで「Circle of Life」。

Disney Jazz Volume 1|サークル・オブ・ライフ(Circle of life)|ライオンキング
https://www.youtube.com/watch?v=i6ww0zYTSZ4 (YouTube)

Everybody Wants to Be a Cat: Disney Jazz, Vol. 1

新品価格
¥966から
(2016/2/19 14:03時点)


そして、ディズニー・メロディーが続きました。

リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt) | 星に願いを(When You Wish Upon a Star)|ピノキオ
https://www.youtube.com/watch?v=HAG4RrLsnVk (YouTube)

For Sentimental Reasons

中古価格
¥3,377から
(2016/2/19 14:04時点)

May J.|パート・オブ・ユア・ワールド(Part Of Your World)|リトル・マーメイド
https://www.youtube.com/watch?v=z3ZnN1MTJ5k (YouTube)

May J. sings Disney(2CD)

中古価格
¥1,459から
(2016/2/19 14:05時点)


何故、このようにディズニーの曲が歌われたかというのは、YURIEのブログに小さい時からディズニーが好きで、実際、東京ディズニーリゾートのパークで働いていたとの事です。ですので、デビューアルバム「#JAM IN WONDERLAND」も全てディズニーの曲のカバーとのことでした。

ピアノの「生田さち子」は、大学時代にジャズを始め、エディー・ヘンダーソン、オテロ・モリノ、日野皓正、土岐英史、峰厚介、川嶋哲郎、多田誠司、TOKU、大坂昌彦、原大力、江藤良人、井上陽介ら多くのジャズ・ミュージシャンとセッションを行っているとの事です。

春の風

新品価格
¥2,690から
(2016/2/19 14:15時点)


ベースの「納浩一」は、京都大学卒業後バークリー音楽大学に留学。’87年に同大学作曲編曲科を卒業。’96年~’08年、渡辺貞夫グループのレギュラー・ベーシスト、また、大坂昌彦、小池修、青柳誠の3人とともに作ったユニット「EQ」で活動。そして洗足学園大学のベース講師も務めています。

教則DVD「すぐ弾けるジャズ・ベース」、「ジャズベース・スタンダード」(リットーミュージック)、「ウォーキング・ベース自由自在」、「ウッド・ベースの嗜み」(アトス・インターナショナル)の4タイトルを制作しています。

すぐ弾けるジャズ・ベース [DVD]

中古価格
¥840から
(2016/2/19 14:09時点)


書籍は、ジャズスタンダード曲集「ジャズスタンダード・バイブル1・2」、「ジャズスタンダード・バイブル・フォー・ボーカル」やソロ集「ジャズスタンダード・バイブル for ADLIB」、ジャズ理論書「ジャズ・スタンダード・セオリー」をリットーミュージックより出版し、好評を博しているとのことです。

ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲 (CD付き)

中古価格
¥4,969から
(2016/2/19 14:10時点)

ドラムの「藤井学」は、14歳から友人とバンドを結成し、ドラムを始めたそうです。阿川泰子のバックバンドとして、日本テレビ「オシャレ30:30」に出演。2000年、2001年には横浜JAZZプロムナード、2003年~2005年、岡山JAZZフェスティバル、2005年、室蘭ジャズクルーズ(小林桂+小林洋カルテット)、台湾台中ジャズフェスティバル(木住野佳子トリオ)等に出演しています。
共演者は、阿川泰子、小林桂、寺井尚子、木住野佳子、アキコグレース、石井彰、山田穣、橋本一子、林栄一、原朋直、松島啓之、椎名豊、納浩一、多田誠司、小池修、中村健吾、小野塚晃、向井滋春、吉田次郎、金子晴美、アンディ・エズリン、サンディ・ブレア、カール・カーター、ウィンストン・マコー、ブライアント・マクニール、ボブ・ケンモツ、ジョシュア・ブレイクストーン、バリー・フィナティ他、数多くのミュージシャンと共演しているとの事です。

アイム・ア・ドラマー

新品価格
¥2,695から
(2016/2/19 14:18時点)


洗練された演奏で、とても良かったです。

映画「シンデレラ」とシンデレラ曲線


たまたま、待ち合わせまでの時間が空いたので映画を観ようと思いまして。
ふぅと誘われるように、映画「シンデレラ」を観ました。

シンデレラ(Cinderella)」は、2015年3月13日公開(日本公開は4月25日)のディズニー映画。原作は、シャルル・ペローの童話「シンデレラ」。

映画「シンデレラ」予告編

  • 監督 ケネス・ブラナー
  • 出演者 リリー・ジェームズ(シンデレラ)
  • ケイト・ブランシェット(トレメイン夫人・継母)
  • リチャード・マッデン(キット王子)

ストーリーはもちろん子供のころから童話などで知っているもので、「ディズニーランド」に行けば、「シンデレラ」に関しての建物、アトラクション、パレードなど数多くあり、私にとっても身近で親しんできた話です。
そして、映画、音楽、スポーツ、などいろいろな分野の人が、何かの切っ掛けで突如として表舞台に登場し、一躍成功して有名になることを「シンデレラ・ボーイ」「シンデレラ・ガール」と呼び、その幸運をたたえます。
映画などでも、「プリティ・ウーマン」のように貧乏で苦労している女性が、大金持ちの男性と結ばれるストーリーを「シンデレラ・ストーリー」と「キャッチ」をつけたりもしています。

あまりにも有名なストーリーなので、それほど期待して観た映画では無かったのですが、観終えた後は結構感動しました。
それは、たぶん、いろいろ言い尽くされていると思いますが、映画でしか表現できない「絢爛豪華」な煌びやかな服装、建物などの背景、美術的シーン、そして「スワロフスキー」のシンデレラのドレス、「ボタニカル柄の刺繍を配した」王子のジャケット、意地悪な継母の「ベルベットのドレス」、義姉たちの「花柄ドレス」など衣裳、「フィルムの構成・撮り方」、そして、何よりも主演女優「リリー・ジェームズ」の可憐な美しさ、反対に、「ケイト・ブランシェット」の冷酷無比な継母の演技、「クールな美貌」の、冷酷な視線や表情、動作・しぐさの対比など、これらが映画を観終えた後の感動を与えているように思います。

そして、「シンデレラ」がいろいろいじめられる時にとか、王子を励ます時に、発する言葉、「勇気とやさしさ(Have courage and be kind)」、この言葉がとても強く印象に残りました。
「勇気と優しさ」という言葉の、その「勇気」とは、自分らしさを大事し、自分自身を信じ、そして自信を持って堂々と人に見せていく、その凛として、自我や自分の意思を貫くといった強さを持った「シンデレラ」の姿勢が観たものの感動を呼んでいるのだとも思いました。

「灰まみれのエラ(エラはもともとの名前)=シンデレラ」と、映画の中で意地悪な継母が、暖炉のそばに寝かされて灰だらけになっている「エラ」に「灰だらけのエラ」(Cinder・Ella)と呼んだので、「あっ、シンデレラはそういう名前の由来があったんだ!とびっくりして、後で調べたら、「灰」という単語がもとにはなっているとの事ではありましたが、「灰だらけのエラ」はうまく作られた話のようでした。
実際は、「シンデレラ」一語で、英語ではCinderella、フランス語ではCendrillon(こき使われる娘、との意味もあるようです)、イタリア語ならCenerentola。もとを辿ればラテン語のcinis(灰)という単語とのことです。

リリー・ジェームズ(Lily James)|夢はひそかに(A Dream is a Wish Your Heart Makes)

シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

新品価格
¥2,857から
(2015/6/5 11:48時点)


そして、米国には物語を作る基本に、「シンデレラ曲線(ストーリーライン)」という構成の基本があるようです。

  1. 物語がはじまり
  2. 平穏な毎日から、シンデレラが家庭内でいじめられている日常(平坦、もしくはゆるやかな下降)
  3. 魔法で、一時の夢がかない、舞踏会に参加して、王子様と踊る(一瞬の盛りあがり)
  4. 王子様に恋をしたシンデレラは、もとの貧しい生活にもどり、みじめな境遇と、むくわれない想いによって、なげき悲しむ(不幸、悲しみのどん底)
  5. ガラスの靴によって、シンデレラに最高の幸せが訪れる(最高潮に盛りあがる)
  6. 王子様と結ばれてハッピーエンド(完結する)

ハリウッド映画の多くラブストリー映画がこの展開に乗っているとの事です。

映画「プリティ・ウーマン」

  1. 大金持ちの男がほんの遊びで街のプロステテュートをひろう
  2. 彼女の潜在的魅力に気つき、徐々に魅かれていく(平坦、ゆるやかな上昇)
  3. 大事な客の食事に正装させた彼女を連れていったり、オペラをみせたり、ポロをみせたり、上流階級の淑女にしていく(一瞬の盛りあがり)
  4. 元のプロステテュートの身分をばらされ、別れる決心をする(不幸、悲しみのどん底)
  5. 大金持ちの男が彼女の大切さに気ずき彼女を迎えに行く(最高の盛り上がり)
    金持ちと結ばれる(完結する)
  6. まさに、「シンデラ曲線(ストーリーライン)」です。

「プリティ・ウーマン」は1990年、リチャード・ギア(大金持ち)とジュリア・ロバーツ(プロステテュート)主演。テーマ曲は、ロイ・オービソンの「プリティ・ウーマン」です。

ロイ・オービソン(Roy Orbison)|オー・プリティ・ウーマン(Oh, Pretty Woman)
https://www.youtube.com/watch?v=TtS0MGxhKoQ (YouTube)

プリティ・ウーマン

新品価格
¥1,400から
(2015/6/5 11:50時点)

プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2015/6/5 11:51時点)

映画「卒業」

  1. 成績優秀な将来を嘱望される若者の卒業記念パーティから物語は始まる
  2. 若者は、幼馴染のガールフレンド母親に誘われ深い中になる(平坦、緩やかな下降)
  3. 幼馴染に再会、二人は互いに魅かれ合い、付き合いが始まろうとする(一瞬の盛りあがり)
  4. 不倫相手が幼馴染の母親と告白し、二人の仲は絶望的になる(不幸、悲しみのどん底)
  5. 幼馴染にずっと拒まれてきたが、幼馴染の結婚式の教会で、名前を叫び続ける(最高の盛り上がり)
  6. その愛に答えた幼馴染は、結婚式を抜け出し、若者と二人で結婚衣装のままバスに乗り込む(完結する)

「卒業」は1967年、ダスティン・ホフマン(若者)、アン・バンクロフト(母親)、キャサリン・ロス(幼馴染)が演じて、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」がテーマ曲です。

映画「卒業」ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=lcMzg_bpD7k (YouTube)

卒業-オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,102から
(2015/6/5 11:54時点)

卒業 [DVD]

新品価格
¥906から
(2015/6/5 11:53時点)

サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)|サウンド・オブ・サイレンス(The Sound of Silence)
https://www.youtube.com/watch?v=v5SztF7pPZE (YouTube)

サイモン&ガーファンクルのすべて

新品価格
¥2,110から
(2015/6/5 11:52時点)


この二つの映画は、それぞれ時間はたっているのですが、今でもストーリー、テーマ曲ともにはっきりと覚えています。
何気なく観た、この「シンデレラ」もひょっとしたら、これから忘れられない映画の一つになるのかも知れません。

<音楽ニュース>2014年音楽セールスランキング「嵐」と「AKB48」が肉薄


「嵐」が年間売り上げ1位に!「AKB48」がシングル&アルバム1位独占!(オリコンスタイル)

オリコンが12月20日、2014年のCD、音楽DVD・ブルーレイなど音楽ソフトの年間売り上げランキングを発表しました。

今年もNHK紅白歌合戦で司会を務める「嵐」が、音楽DVD・ブルーレイ部門などで1位となり、CDやDVDなど音楽ソフト全体の売上総額が138億円を記録し、アーティストトータルセールスで1位になりました。

ARASHI アラフェス’13 NATIONAL STADIUM 2013【DVD】初回プレス分

新品価格
¥5,579から
(2014/12/24 11:29時点)

ARASHI Live Tour 2013 “LOVE” [Blu-ray]

新品価格
¥4,163から
(2014/12/24 11:33時点)

「AKB48」が、シングルCD2部門では5年連続、アルバムCD部門では「次の足跡」で初の1位を獲得しました。「次の足跡」の売り上げ数は104.1万枚で、今年唯一100万枚を超えました。AKB48のアーティストトータルセールスは130億円で、2位でした。

ラブラドール・レトリバー Type-A(通常盤)(多売特典生写真なし)

新品価格
¥928から
(2014/12/24 11:35時点)

次の足跡

新品価格
¥1,599から
(2014/12/24 11:36時点)

また、今年大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」のサントラ盤が98.0万枚を売り上げ、CDアルバム部門で2位になりました。松たか子バージョンの「Let It Go~ありのままで~」を収録している唯一のCDアルバムです。

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)

新品価格
¥3,000から
(2014/12/24 11:37時点)

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,127から
(2014/12/24 11:39時点)

(編集長)

マイ・フェイバリット・コズミック・ソングス


アイソン彗星

ハッブル宇宙望遠鏡が2013年5月8日に撮影したアイソン彗星

11月~12月は、空気が澄んで、天体観測に適しています。今年の話題は「アイソン彗星」です。

アイソン彗星 (国立天文台)

アイソン彗星が太陽に最も近づく近日点通過は11月29日です。
11月下旬にマイナス等級の明るさに達することが期待されていましたが、残念ながらそこまで明るくならない様子です。でも、ぜひとも彗星の尾を観測したいものです。

11月22日~3日間は、アイソン彗星の観測に適しています。その後は、低空に移動し、地平線に沈みます。東の方向です。日の出前の東の空を眺めて見てみましょう。
なお、その後上昇するので、12/1以降は再び観測できます。

そして、アイソン彗星が観測できたら、キャンペーンサイトに報告しましょう。

11月の「お気に入り曲」のテーマは「宇宙・空」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのコズミック・ソングを9曲を紹介します。
ブルース、ポップス、グループサウンズ、ジャズ、クラシックの名曲が次々に登場します。

柳ジョージ|星空の南十字星
http://www.youtube.com/watch?v=bi6aBYhNQY4 (YouTube)

プレミアム・ベスト 柳ジョージ

新品価格
¥1,573から
(2013/11/21 14:42時点)

  • 柳ジョージの歌を何曲か、カラオケで歌いますが、この「星空のサザンクロス」もその中の一曲です。日本では見ることのできない「南十字星」、曲のはじめのドラムから気持ちがすぐに南の国に、そして曲のメロディーと柳ジョージの声がまた南国の星空を彷彿とさせてくれます。(Hiro)

マリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニア(Marilyn McCoo & Billy Davis Jr.)|星空のふたり(You Don’t Have to Be a Star)
http://www.youtube.com/watch?v=-nb9jJg_wIU (YouTube)

Soul Hits of the 70’s

新品価格
¥823から
(2013/11/21 14:45時点)

  • 邦題が「星空のふたり」ですが、歌詞は実際は星と関係ありません。「スターになんてならなくていいんだよ・・・」という歌です。だけど、曲の感じは、フィフス・ディメンションから独立した二人ですので、星空を連想してしまいます。(Hiro)
  • 私もこのブログでも紹介しましたが今聴いても良い曲です。確かギターは大好きなDavid T. Walkerだったと思います。(MAHALO)

ザ・ブロードサイド・フォー|星に祈りを
http://www.youtube.com/watch?v=aS9SHN_SAKQ (YouTube)

TAKE IVY~JAPANESE COLLEGE FOLK~

新品価格
¥2,100から
(2013/11/21 14:52時点)

  • 私はギターを弾けませんが、確か、C、Am、Dm、G7、F、Em、Fのコードで歌える曲でした。歌っていてやさしい気持ちになれる曲です。(Hiro)
  • 黒澤久雄の声が懐かしいですね。この曲と「若者たち」が彼等の名前を残した名曲でした。(Koji)

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ(European Jazz Trio)|星に願いを(When You Wish upon a Star)
http://www.youtube.com/watch?v=k9Hu9F7CiK0 (YouTube)

ベスト・オブ・スタンダード

新品価格
¥2,881から
(2013/11/21 14:53時点)

  • 元はディズニー映画の主題歌ですが、今やジャズのスタンダード曲としてこの季節にピッタリだと思います。ヨーロピアン・ジャズ・トリオ(European Jazz Trio)のアルバム「ベスト・オブ・スタンダード」(2枚組)がお薦めです。ジャズとポップスのスタンダー曲が彼等の演奏と共に、秋の夜空にロマンを誘ってくれると思います。(Koji)

本田美奈子|ジュピター~組曲「惑星」より
http://www.youtube.com/watch?v=7dBE-bGCcqM (YouTube)

本田美奈子.クラシカル・ベスト~天に響く歌~(DVD付)

新品価格
¥2,257から
(2013/11/21 14:54時点)

  • ホルストの組曲「惑星」の第4曲「ジュピター(木星)」を原曲とするヒット曲としては平原綾香バージョン(作詞:吉元由美)もありますが、本田美奈子バージョン(作詞:岩谷時子、編曲:井上鑑)をお薦めします。彼女の歌声はまさに天に響く何かを感じさせました。浅田真央のスケーティングと合わせて聴いてみて下さい。(Koji)
  • 仕舞いの本田美奈子は、歌の上手さを活かして、ミュージカル→クラシックの分野で、大変活躍しました。アイドル時代が嫌いなわけではありませんが、しっくりきたのは、クラシックでした。(Yamazaki)

惣領智子|City Lights by the Moonlight
http://www.youtube.com/watch?v=jr50Bbh73NY (YouTube)

Light Mellow~City Breeze from East~BMG Edition

中古価格
¥12,000から
(2013/11/21 14:56時点)

惣領智子|City Lights by the Moonlight

惣領智子|City Lights by the Moonlight

  • 今回のテーマで真っ先に思いついた曲です。1977年リリースとまだ学生の頃でしたが、曲、アレンジ、歌声とも都会的でお洒落な曲だなと当時はよく聴きました。
    この曲が収録された同タイトルのアルバムまたはのちにリリースのベストは今だCD化されてないようで、是非ともCD化を希望するアルバムです。(MAHALO)

レオ・セイヤー(Leo Sayer)|星影のバラード(More Than I Can Say)
http://www.youtube.com/watch?v=GnIlo91CrBw (YouTube)

Show Must Go On: Very Best of

新品価格
¥706から
(2013/11/21 14:58時点)

  • 邦題「星影のバラード」というレオ・セイヤーのこの曲はリリース時(1980年)からお気に入りの曲です。随分前の事ですがライブハウスを貸し切って忘年会を行い、この曲を演奏した事は今でも思い出です。(MAHALO)
  • 懐かしいですね!I love you more than I can say… I’ll miss you more than I can say…(Hiro)

ナット・キング・コール(Nat King Cole)|フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン(Fly Me To The Moon)
http://www.youtube.com/watch?v=h5EUcYw96us (YouTube)

ナット・キング・コール・ベスト

新品価格
¥2,000から
(2013/11/21 14:59時点)

  • 誰もが知るスタンダード曲で多くのアーティストがカバーしていますが、やはり「ナット・キング・コール」のバージョンが好きです。少し前にウィスキーのCMでも流れていましたので聴かれた方も多いかと思います。月とは言いませんが何処か暖かい所に連れて行って…です。(MAHALO)
  • 誰の「Fly Me To The Moon」を聴いても、それぞれに味のある名曲の一つだと思います。月に手が届きそうです。(Koji)

エレクトリック・ライト・オーケストラ (Electric Light Orchestra)|トワイライト(Twilight)
http://www.youtube.com/watch?v=3BQyfUOnY1I (YouTube)

ベリー・ベスト・オブ・ELO

新品価格
¥2,018から
(2013/11/21 15:00時点)

  • SF感があふれる80年代洋楽の代表曲です。シンセサイザーを使わない英国の「電灯楽団」のデビューは70年代で、初期~中期のヒット曲「ミスター・ブルースカイ(Mr. Blue Sky)」が最近「キリン一番搾り」のCMで使われ、ちょっとしたE.L.O.ブームです。動画は、プロローグ付きのライブバージョンです。(Yamazaki)
  • TVドラマ「電車男」が思い出されます。宇宙への誘いを感じさせる名曲だと思います。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)