タグ別アーカイブ: Charlie Parker

(C)ELFA ぱたくそ「ハロウィンのかぼちゃ」

マイ・フェイバリット・異国情緒・ミュージック


10月23日(火)は、二十四節気の「霜降」(そうこう)でした。つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也、「秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ」の意味です。

「トリック・オア・トリート!!」
秋らしい気候になり来週はハロウィンを迎えます。街には、ハロウィンの飾りや商品がたくさん並んでいます。
世界的な趣旨とは異なり、日本では大人も仮装を楽しむ変なイベントとして、定着してしまいました。

異なるに因み、10月のお気に入りのテーマは「異国情緒」「エキゾチシズム」です。

当ブログ執筆者がお勧めする「異国情緒」を感じる8曲を紹介します。

マイルス・デイビス&チャーリー・パーカー(Miles Davis & Charlie Parker)|チュニジアの夜(A Night in Tunisia)
https://www.youtube.com/watch?v=KxibMBV3nFo (YouTube)

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.1

新品価格
¥2,799から
(2018/10/26 04:46時点)

  • ディジーガレスピー作曲のスタンダード。チェニジアは歴史的にも紀元前カルタゴとして地中海を制覇した時代もあり、歴史の古さから、街に独特の色彩のイメージが浮かびます。(Hiro)

庄野真代|飛んでイスタンブール
https://www.youtube.com/watch?v=1peNK5-NY-k (YouTube)

飛んでイスタンブール~庄野真代 ベスト・ヒット~

中古価格
¥23,980から
(2018/10/26 04:47時点)

  • イスタンブールは、アジア、ヨーロッパが交差するところで、東ローマ帝国の首都を含めずっと東西文化の交流点。異国情緒満載。(Hiro)
  • ジタンのタバコも吸ったことはありませんが、何故か「久保田早紀|異邦人」と並びこの曲が頭に浮かびました。(Koji)
  • この「飛んでイスタンブール」が1978年4月、「魅せられて」 (ジュディ・オング)が1979年2月、「異邦人」(久保田早紀)が1979年10月の発表で、この頃は「異国情緒」の当たり時期です。(Yama)

リチャード・ボナ(Richard Bona)|風がくれたメロディー(KAZE GA KURETA MELODY)
https://www.youtube.com/watch?v=E7NMYVeV4p0 (YouTube)

レヴランス

新品価格
¥2,523から
(2018/10/26 04:47時点)

  • 西アフリカはカメルーン出身のベーシストのリチャード・ボナですが、ベースを弾きながら歌う彼の声は何故かアフリカの息吹を感じます。母国語は当然ですが、日本語でもそう思えるのが不思議です。(Koji)

ジプシー・キングス(Gipsy Kings)|インスピレイション(Inspiration)
https://www.youtube.com/watch?v=IwsKWc8AZo8 (YouTube)

究極ベスト~エッセンシャル・ジプシー・キングス

新品価格
¥2,225から
(2018/10/26 04:48時点)

  • CMやタモリ倶楽部(空耳アワー)などでもお馴染みのジプシー・キングスですが、この鬼平犯科帳のエンディングに使われたこの曲が妙にしっくりきます。(Koji)
  • 私もこの曲、昔から好きです。最近、池波正太郎が気に入っていまして、TVでも、剣客商売、雲霧仁左衛門、そして鬼平犯科帳を再放送も含めてよく観ています。鬼平のエンディングほんんといいですね。(Hiro)

Yellow Magic Orchestra (イエロー・マジック・オーケストラ)|Tong Poo(東風)
https://www.youtube.com/watch?v=AyoH2FhWlC8 (YouTube)

Yellow Magic Orchestra

新品価格
¥990から
(2018/10/26 04:49時点)

  • この曲もそうですが、YMO自体がエキゾチック満載です。(Koji)

松任谷由実|Hong Kong Night Sight
https://www.youtube.com/watch?v=JLwV7zEZDJc&t=337s (YouTube)

水の中のASIAへ

新品価格
¥1,608から
(2018/10/26 04:50時点)

  • 香港は香港島の高層ビル群など近代的な反面、一歩路地に入り露天市場などに行くと異国情緒を感じさせます。私が行ったのは、まだ啓徳(カイタック)空港の時代で随分前の事ですが、今でも旅番組などを見てもその雰囲気は変わらなく懐かしく当時を思い出します。今でもこの曲を聴くたびにそんな香港に行きたくなります。「そうだ”HongKong” 行こう」ではないですが。(MAHALO)
  • はい、香港懐かしいですね! シャングリラホテルの前で記念写真を撮ったような、、啓徳に着陸するのスリルがありましたよね。ジャンボも忘れられません。タイガーバームも。笑(Hiro)

ニルソン(Harry Nilsson)|時のたつまま(As Times Goes By)
https://www.youtube.com/watch?v=w7SVzknep8M (YouTube)

Little Touch of Schmilsson in the Night

新品価格
¥540から
(2018/10/26 04:51時点)

  • 映画「カサブランカ」のテーマ曲で、「ニルソン」がカバーしています。アフリカ、モロッコ、カサブランカ、旅番組でもこの地は異国情緒の代名詞としてよく取り上げられています。(MAHALO)
  • 確かに、昔のカルタゴから、モロッコはとても異国情緒を感じますね。白い砂と青い空と。(Hiro)

久保田早紀|異邦人
https://www.youtube.com/watch?v=AsVsN43Fzxk (YouTube)

サウダーデ

新品価格
¥1,625から
(2018/10/26 04:52時点)

  • 「エキゾチック」という言葉を覚えたのはこの曲がヒットして、毎日のように聴いた頃です。中近東方面の、強い日差しと乾いた風を感じる土地の青空を想像します。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

(C)SplitShire「コンサート会場のスマートフォン」

マイ・フェイバリット・ライブ・ミュージック2018


好天が続いた東京ですが、9月中旬には気温が各地で平年並みとなり、秋めいてきそうです。

きょうも関東以西で猛暑 この暑さいつまで(日直予報士)
きょうも関東以西で猛暑 この暑さいつまで(日直予報士)

数年前あれだけ騒がれた「ゲリラ豪雨」ですが、忘れていたころに突然見舞われ、右往左往しました。

新宿高層ビル群に稲光 27日夜8時過ぎ(日直予報士)
新宿高層ビル群に稲光 27日夜8時過ぎ(日直予報士)

8月のお気に入り曲のテーマは「ライブ」です。
今年も各地で音楽フェスが毎週開催されています。最近は音楽フェスの開催期間が長くなりましたが、やはり8月開催が盛り上がります。

当ブログ執筆者がお勧めするライブが似合う8曲を紹介します。
ライブ音楽をお楽しみください。

ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)|オール・マイ・ラヴィング(All my loving)
https://www.youtube.com/watch?v=nx97CH4aQAY (YouTube)

バック・イン・ザ・U.S. -ライヴ2002

中古価格
¥544から
(2018/8/28 18:15時点)

  • ポール・マッカートニーが東京ドームでライブをしたの、何年まえでしたでしょうか。何曲かビートルズの曲を演奏してくれました。懐かしいです。30数曲を口パク無しで歌いきったのに感動しました。(Hiro)

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|涙あふれて(As Tears Go By)
https://www.youtube.com/watch?v=3P0COo6jSlY (YouTube)

ROLLING STONES IN MONO

中古価格
¥13,000から
(2018/8/28 18:16時点)

  • すごく懐かしい曲です。マリアンヌフェイスフルも歌っていますが。東京ドームのライブに行きました。60歳を過ぎた、ミックジャーがステージのはじからはじまでアクティブに行ったり来たりしてたの、すごいなあと思って感動しました。(Hiro)

チャーリー・パーカー(Charlie Parker)|チュニジアの夜(A Night In Tunisia)
https://www.youtube.com/watch?v=pxoL0WbX-V8 (YouTube)

ジャズ・アット・マッセイ・ホール

中古価格
¥1,180から
(2018/8/28 18:17時点)

  • 1953年カナダのトロントでのライブ録音。ジャズの巨匠(その後?)たちの最初で最後の邂逅。これぞ「The Jazz」といった雰囲気が伝わります。(Koji)

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)|紫のけむり(Purple Haze)
https://www.youtube.com/watch?v=TPt8vegXAx0 (YouTube)

Live at Woodstock

中古価格
¥1,080から
(2018/8/28 18:19時点)

Jimi Hendrix Live at Woodstock [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,829から
(2018/8/28 18:25時点)

  • 伝説の1969年のウッドストック・フェスティバルにおける収録のライブ・アルバム。併せてBlu-rayも。(Koji)
  • 「ウッドストック」は、まさに社会現象でした。ジミーヘンドリックスはとりだったようです。(Hiro)
  • ジミ・ヘンドリックスは活動期間が短く、その理由も含めて早々に「伝説」化しました。(Yama)

ディープ・パープル(Deep Purple)|スモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke On The Water)
https://www.youtube.com/watch?v=ikGyZh0VbPQ (YouTube)

ライヴ・イン・ジャパン DELUXE EDITION

中古価格
¥2,150から
(2018/8/28 18:20時点)

  • 1971年ジャズ・フェスで有名なモントルーのカジノでのコンサートで起きた放火による火災を歌詞に綴った曲。ロックのライブでは定番。ディープ・パープルはライブが似合います。(Koji)
  • 確かにライブが似合うバンドです。(Yama)

イーグルス(The Eagles)|呪われた夜(One of these nights)
https://www.youtube.com/watch?v=HePMuJE3w0s (YouTube)

ホテル・カリフォルニア:40周年記念デラックス・エディション (初回生産限定盤)

中古価格
¥7,894から
(2018/8/28 18:21時点)

  • どちらかと言えば「ドゥービー・ブラザース」を好んで聴いていた私が「イーグルス」を聴く切っ掛けとなったのがこの「呪われた夜」でした。メロディーの良さはもちろんですが、間奏のギター・ソロはギター好きには堪りません。イーグルスのライブ映像は「ホテル・カリフォルニア」が知られていますが、こちらもお勧めです。先日、「ホテル・カリフォルニア:40周年記念デラックス・エディション 」を買ってしまいましたが、こちらのライブ音源Discでも聴けます。(MAHALO)

リチャード・ティー (Richard Tee)|ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド(That’s The Way Of The World)
https://www.youtube.com/watch?v=YJI-5PRHfPw (YouTube)

リアル・タイム・ライヴ・イン・コンサート1992~イン・メモリー・オブ・リチャード・ティー

中古価格
¥9,980から
(2018/8/28 18:22時点)

  • 「リチャード・ティー」は「スタッフ」としてもCD、DVDでライブを聴く、見ることが出来ますが、やはり私のお勧めはソロとしての日本公演の模様を収めたこのアルバムが大好きです。中でも、この「アース・ウィンド&ファイアー」のヒット曲のカバーは名演だと思います。(MAHALO)

東京スカパラダイスオーケストラ|ルパン三世 ’78
https://www.youtube.com/watch?v=QvpO9Q20NRk (YouTube)

The Last~Live~(AL2枚組+DVD2枚組)

新品価格
¥7,085から
(2018/8/28 18:23時点)

  • この時は現在とメンバーが違うようですが、東京スカパラダイスオーケストラは「ルパン三世」をパワフルに奏で、観客も大いに盛り上がります。(Yama)

繋がりからの「バークリー出身の日本人アーティスト」


このブログでこれまで「バーク リー出身の日本人アーティスト」は、秋吉敏子渡辺貞夫小曽根真など、紹介させていただき、また、monolog繋がりで、若手のJazzミュージシャンも紹介しています。

その中の、桜島と太陽とサクソフォン~「篤姫」の故郷を訪ねてで紹介した、中園亜美のライブに6月24日行ってきました。

Musiq is Love

新品価格
¥750から
(2014/9/12 14:50時点)

場所は、目黒駅のすぐそば「BLUES ALLEY JAPAN」というライブハウスでした。

メンバーは、(Sax)中園亜美 (Key)安部潤 (Ds)高田真 (B)田中晋吾 (G)武藤良明 でした。
スペシャル ゲストは、(G )増崎孝司 (V )横沢ローラ でした。

2015/1/23追記:当日の模様の動画があります。
Never Ending|Ami Nakazono Live “NEW HORIZONS”@Blues Alley Japan
https://www.youtube.com/watch?v=a6YvljzsXXA (YouTube)

演奏は二部制した。演奏リストは以下の通りです。

1st ステージ

  1. Never Ending
  2. Night wings
  3. Ami’s ballad
  4. September
  5. It happens everyday
  6. Maputo

 

2nd ステージ

  1. Monochrome
  2. Cm Funk
  3. Hot in Cold
  4. Comfirmation
  5. It’s magic
  6. Roll with me

アンコール

  1. Stand
  2. 25~decades~

 

Ami Nakazono Live “NEW HORIZONS”@Blues Alley Japan前編

 

開始は、1stステージ、7時30分からで、満席でした。
オリジナル、そして安部潤の曲などの中、「チャーリー・パーカー」の「コンファーメイション」を演奏しました。

こちらが原曲です。
チャーリー・パーカー(Charlie Parker), Dizzy Gillespie|コンファーメイション(Confirmation)
http://www.youtube.com/watch?v=Y75YUSbkIAA (YouTube)

Diz and the Bird

新品価格
¥1,320から
(2014/9/12 15:50時点)

演奏は、いわゆる「Smooth Jazz」というのでしょうか・・・
タッチ、ノリ、ともに良かったです!
久しぶりのライブ、とても気持ちが良くなりました!

(参考)中園亜美演奏|嘉例川駅七夕祭りと嘉例川だより
https://www.youtube.com/watch?v=xZ5J5Ddhwts (YouTube)

そして、中園亜美繋がりで、「石川もも」がいます。彼女は私の友人の娘さんで、バークリー出身のビブラフォン・マリンバ奏者です。

「石川もも」のバースディ・ライブが6月10日に大塚でありました。
バークリー以来の親友の「中園亜美」もまた観客として応援していたようです。

バークリーでは、ビブラフォン奏者として有名なゲイリー・バートン(Gary Burton)が30年以上教鞭に立っていました。「石川もも」が直接師事を受けはていないと思いますが。

ゲーリー・バートンのビブラフォンとチック・コリアのピアノの奏でる幻想の世界です。

チック・コリア(Chick Corea)とゲーリー・バートン(Gary Burton)|クリスタル・サイレンス(Crystal Silence)
https://www.youtube.com/watch?v=m4Wqhr9PWdc (YouTube)

クリスタル・サイレンス

新品価格
¥1,665から
(2014/9/12 15:02時点)

また、monologとボストンで一時同居していた、「大西ゆうき」が、現在、ニューヨークで活動中です。
彼は、Producer, Composer, Engineerで、ピアノ、キーボードを演奏します。

大西ゆうきの日本語ブログによると、今でも、monologと仕事をしています。

直接面識はなかったのですが、彼はWebマーケティング会社の同僚でした。

そして、今回、中園亜美ライブに一緒に行った友人が、サックスを習っている先生が、
佐藤恭子」です。monologとは、バークリーで同時期に学んでいて、中園亜美、石川もも、大西ゆうきよりはバークリ―で数年先輩になると思います。

ZERO

新品価格
¥2,160から
(2014/9/12 15:26時点)


佐藤恭子クインテット|Spring Triangle
https://www.youtube.com/watch?v=U6X6kJo9sNY (YouTube)

若いJazzミュージシャンがどんどん出てきます!
日本のJazzも層が厚くなってきていますね!楽しみです!