タグ別アーカイブ: chanson

リズム・カッティングのカッコ良さ(2)「デヴィッド・ウィリアムス」~「ポール・ジャクソン・Jr.」


リズム・カッティングのカッコ良さ(1)の続き

前回はモータウンに係ったセッション・ギタリストとして3人を紹介しましたが、今回紹介するギタリストもモータウンのアーティストと関わりのあるギタリストです。

デヴィッド・ウィリアムス(David Williams)

デヴィッド・ウィリアムスはバージニア州出身のギタリストです。
18歳でプロとして活動を開始しますが、途中ベトナム戦争に徴兵のため中断し、帰国後はロサンゼルスでセッションマンとして活動を再開します。
また、「ジェイムス・ジェマーソン・Jr(James Jamerson Jr.)」と「シャンソン(Chanson)」というディスコ・ユニットを結成しアルバムをリリースし、「Don’t Hold Back」がヒットとなります。
因みに、ジェイムス・ジェマーソン・Jrの父親は、映画「永遠のモータウン」で取り上げられたモータウンのセッション集団、ファンク・ブラザースの名ベーシスト「ジェームス・ジェマーソン」です。

シャンソン(Chanson) | Don’t Hold Back
https://www.youtube.com/watch?v=LSKT5_BL-FE (YouTube)

Chanson (Expanded)

新品価格
¥1,600から
(2017/12/15 21:01時点)

私が初めてデヴィッドのギターを聴いたのはこのユニットではなく、「マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)」の「オフ・ザ・ウォール(Off The Wall)」というアルバムでした。
1曲目の「今夜はドント・ストップ(Don’t Stop ‘Til You Get Enough)」、「ロック・ウィズ・ユー(Rock With You)」と続けてカッコ良いギターを弾いています。

オフ・ザ・ウォール

新品価格
¥1,533から
(2017/12/15 21:02時点)

このようなデヴィッドのインタビューがあります。
中でギターを弾きますが、メインのボーカルとともに曲を印象づけるフレーズは聴けばあの曲だとお判りかと思います。

David Williams extract from DWT MTV Most Wanted.
https://www.youtube.com/watch?v=JQBaOH7Zeug (YouTube)

何かで読んだのですが、シャンソンの曲をラジオで聴いたマイケル本人が直接デヴィッドに、「新しいアルバムを作るのでオーディションに参加しないか」と電話し、そのオーディションで採用となり完成したアルバムが「オフ・ザ・ウォール」でした。
その後も「スリラー(Thriller)」、「BAD」などにも参加、またライブ・ツアーにも参加します。
中でも、「ビリー・ジェーン」の間奏のギター・カッティングはムーンウォークとともに今でも印象に残っています。

どの曲を紹介しようかと思い、マイケルの曲は皆さんご存知かと思いますので、私の中で名演の1曲と言える「アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)」がカヴァーした、「オーティス・レディング(Otis Ray Redding Jr.)」、そして「ブルース・ブラザース(The Blues Brothers)」で知られるこの曲です。
イントロからカッコ良いギターの一言です。

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin) | お前をはなさない(I Can’t Turn You Loose)
https://www.youtube.com/watch?v=WregJESffF0 (YouTube)

アレサ(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/15 21:03時点)

残念ながら2009年に58歳という若さで亡くなってしまいました。

ナイル・ロジャース(Nile Rodgers)

ナイル・ロジャースはニューヨーク州出身のギタリストで、15歳から音楽活動を開始します。
そして1977年に音楽仲間でベースの「バーナード・エドワーズ( Bernard Edwards)」とともにファンクバンド、「シック(Chic)」を結成します。

シック(Chic Feat. Nile Rodgers) | おしゃれフリーク(Le Freak) | Live at Eden Sessions 2013
https://www.youtube.com/watch?v=HvDiD_vbwpg (YouTube)

C’Est Chic

新品価格
¥504から
(2017/12/15 21:04時点)

「Guitar Magazine」という雑誌の付録かもしれませんが、このようなインタビューがあり、「ゲット・ラッキー (Get Lucky)」、「レッツ・ダンス(Let’s Dance)」など自身が関わった代表曲を取り上げ奏法について話しています。

Nile Rodgers Special Playing Analysis
https://www.youtube.com/watch?v=uNTRpxltSFY (YouTube)

ナイル・ロジャースのギターで私のお気に入りと言えばやはりこの2曲かと思います。

ダイアナ・ロス(Diana Ross) | アップサイド・ダウン(Upside Down)
https://www.youtube.com/watch?v=GIAtE6ywgwA (YouTube)

Diana (Deluxe Edition)

新品価格
¥1,900から
(2017/12/15 21:04時点)

ダフト・パンク(Daft Punk) | ゲット・ラッキー(Get Lucky)
https://www.youtube.com/watch?v=h5EofwRzit0 (YouTube)

ランダム・アクセス・メモリーズ

新品価格
¥1,600から
(2017/12/15 21:06時点)

ポール・ジャクソン・Jr.(Paul Jackson Jr.)

最後はやはりこのギタリストです。
ポール・ジャクソン・Jr.はカリフォルニア州出身のギタリストです。
10代から数多くの地元のバンドで活動し、80年後半にソロ・アルバムをリリース、昨年リリースされたアルバムを含め8枚リリースしています。

ギター・エフェクター(ワウペダル)のプロモーション・ビデオに出演していますが、単音ミュートやカッティングなど如何にもポール・ジャクソンといった演奏です。

Paul Jackson Jr. Demo: Playing a song with Xotic Wah
https://www.youtube.com/watch?v=J1lmq3JQ-Eg (YouTube)

私もアルバムを購入して聴くなどソロとしての活動も好きですが、やはりセッション・ギタリストとしての活動に注目しています。
幅広いジャンルのアルバム、曲に参加し、「世界中で最も多く録音されたギタリストの一人」などと言われ、名前は知らなくとも皆さんがお持ちのアルバムにクレジットされ、ギターの音だけは聴かれているかもしれません。
因みに、今回ブログを書くにあたり日本のアーティストも何枚か見てみると「松任谷由実」のアルバムにクレジットされていました。
また、ナイル・ロジャースで紹介したダフト・パンクのゲット・ラッキーですが、プロモーション・ビデオに出演するなどナイル・ロジャースが目立ちますが、実はポール・ジャクソンもこの曲に参加し弾いています。
また、このアルバムの1曲目「Give Life Back to Music」はポール・ジャクソンの作曲です。

前記のように私もポール・ジャクソンの演奏を意識せず曲を聴いていたのかもしれませんが、好んで聴くようになった切っ掛けは、「ジョージ・デューク(George Duke)」の「ライト・メッセージ(Guardian Of The Light)」というアルバムでした。

ジョージ・デューク(George Duke) | オーヴァーチャー / ライト / シェイン(Overture / Light / Shane)
https://www.youtube.com/watch?v=5AN34LqEzbY (YouTube)

ライト・メッセージ(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/15 21:12時点)

このアルバムのリリース以降に日本でもライブがあり、渋谷公会堂に見に行きました。
ブームもありベースの「ルイス・ジョンソン(Louis Johnson)」がやたらと目立っていましたが、ポール・ジャクソン(若い!)もカッコ良いギターを弾いており、このライブは後に映像としてリリースされ、私も未だにVHSは手元にあります。
アメリカでは日本語字幕付きのままDVD化されたようですが、なんとYouTubeで全編見れます。

George Duke Band | Live Tokyo Japan 1983
https://www.youtube.com/watch?v=mojKHa9jtQc (YouTube)

Live Tokyo Japan 1983 [DVD] [Import]

中古価格
¥8,500から
(2017/12/15 21:14時点)

最後に、最近復刻された「笠井紀美子」のアルバムを購入しましたが、前2作がポール・ジャクソン参加でアメリカ録音、そして本作は日本で録音なのですが、ドラム、ベース、ギターのリズム隊の3名だけはアメリカから呼び、もちろんギターはポール・ジャクソンです。

笠井紀美子(Kimiko Kasai) | ギヴ・ミー・ユア・ハート・トゥナイト(Give Me Your Heart Tonight)
https://www.youtube.com/watch?v=8St2m3YCqE8(YouTube)

ニュー・パステル(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/15 21:15時点)

前回、そして今回紹介のギタリスト6人の中でも特にデビッド・T.・ウォーカーとこのポール・ジャクソン・Jr.の2人はこれからも探しては聴いていくだろうと思います。

他にも紹介したいギタリストや今回紹介のギタリストも個々に1話が書ける方々で、簡単な紹介となりましたが機会をみて紹介したいと思っています。

「シャンソン」おしゃれな音楽、「イヴ・モンタン」~「イヴェット・ジロー」


「シャンソン」について書くにはシャンソンは「パリの○○の下」に続いて2度目です。
60歳差のバンド「LIFE IS GROOVE」で紹介した「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を聴いていて、「フランスの煙草」「映画俳優」「街並み」と歌に入って行く、「あれ!ムッシュはこの曲をシャンソンとして書いた?」ように感じました。
で、あらためて、シャンソンのお洒落な匂いに誘われて、最初に世界の恋人「イヴ・モンタン」を聴きました。

イヴ・モンタンYves Montand)はイタリア出身のシャンソン歌手です。イタリアからフランスのマルセイユに移住。1944年にエディット・ピアフに見出され、歌手となって、1946年に出演した映画「夜の門」で歌った主題歌の「枯葉」が大ヒットしました。

イヴ・モンタン(Yves Montand)|枯葉(Les Feuilles Mortes)
https://www.youtube.com/watch?v=vbMDLfIjbNE (YouTube)

ベスト・ヒット

新品価格
¥1,925から
(2016/1/15 14:54時点)


「枯葉」は、スタンダード曲として、Jazzでも多くのアーティストが演奏しています。

「イヴ・モンタン」は歌手として有名であるとともに、映画俳優として多くの映画に出演しており、また、共演した女優といろいろロマンスの噂話となったりしています。「イングリッド・バーグマン(さよならをもう一度)」、「キャンディス・バーゲゲン(パリのめぐり逢い)」、「キャサリン・ロス(潮騒)」、「ロミー・シュナイダー(夕なぎ)」、カトリーヌ・ドヌーヴ(うず潮)」そして、「マリリン・モンロー(恋をしましょう)」、世界の冠たる美人女優と共演しています。
ゆえに、「世界の恋人」といわれている由縁だと思います。


シャルル・アズナヴールCharles Aznavour)は、1924年生まれ、フランス・パリ出身の歌手、ライター兼俳優です。
シャルル・アズナブールも、エディット・ピアフに認められ、本格的な歌手活動に、はいりました。

シャルル・アズナヴール(Charles Aznavour)|イザベル(Isabelle)
https://www.youtube.com/watch?v=x2PTe0bKZJ4 (YouTube)

グレイテスト・ヒッツ・フォー・ジャパン

中古価格
¥3,425から
(2016/1/15 14:56時点)

うとうとしてたけど、おきれない、
あなたの声が聞こえら、
心に愛がよみがえってきた、
自分でも気づかぬうちに、
イザベル 私の愛。

木と木の皮の間に入るように、
愛が私の体を満たす、
く,そして勢いよく。
私の心に静けさも安らぎはなくなった、
イザベル 恋しい人。

あなたといると時がすぐ経ち、
あなたがいないと時は長い、
私の愛は世界の終わりを味わい、
私は心も体もかき乱される。
イザベル 愛する人。

あなたは光の中を生き、私は暗い闇を生きる。
あなたは人生を謳歌して、私は恋にやつれる。
あなたを見つめているだけで、私は堪えていく、
もしもあなたが、私のもとにいてくれるなら、
イザベル 愛しい人。

ずっと、語りで、滔々と愛の言葉をささやき、「イザベル」と呼ぶところだけ、メロディーに乗って歌っています。こんなにも男心を掻き立てる女性への愛、真実の愛を感じる歌です。
「シャルル・アズナブール」は歌手ですが、作詞・作曲も手がけ、最初の出会い「シルヴィ・ヴァルタン」で紹介した「シルビー・バルタン」の有名な「アイドルを探せ」の作詞はアズナブールです。


イヴェット・ジローYvette Giraud)」 は、一昨年(2014年)、97歳で亡くなりました。
1946年「あじさい娘」で歌手デビューしました。1955年に初来日以来、数多く日本を訪れ、日本語を交えた曲も多く歌いました。

イヴェット・ジロー(Yvette Giraud)|アデュー(Adieu)
https://www.youtube.com/watch?v=EGEfbltyjA4 (YouTube)

イヴェット・ジロー&シャルル・アズナブール

新品価格
¥430から
(2016/1/15 14:57時点)

あなたを奪った女を、私は呪う、
でも、私は微笑むようしよう、
魅力的だし、あなたが彼女を愛しているから、
私の愛は終わり、

さようなら、愛したあなた
さようなら、すべてを捧げてくれたあなた
あなたは私を一生愛すると誓った、
でも、突然に破った、

さようなら、私は泣かないは、
素敵な年月を過ごして来たことを思い出し、

別れさせる運命は、全て引き裂くことはでき、
私たちの想い出が、私の記憶のなかに刻みつけられているかぎり、
さようなら、私は心の奥に、あなたはずっとたたずんでいる、

さようなら、私が愛したひと
さようなら、私に全てを捧げてくれたひと

別れの歌です。
「イヴェット・ジロー」 は、1994年11月3日、勲四等宝冠章を受章しました。それは「イヴェット・ジロー」が、戦後日本の困難な時期に、「シャンソン」で日本国民に勇気と希望と生きる喜びをもたらしてくれたことに対して、とのことです。

日本でも、「高英男」「芦野宏」「中原美紗緒」「越路吹雪」「美輪明宏」「岸洋子」「石井好子」といったシャンソン歌手が活躍していました。

シャンソンは「パリの○○の下」


2015年11月13日、不幸な出来事がパリでありました。犠牲者に、深く謹んで、哀悼の意を表します。

六本木で知りあった、ピアノの引き語りをやっている方が、自由が丘で、歌の勉強会を開いているとの知らせがありました。そして、今回は、「パリ」に因んだシャンソン、「パリの空の下」「巴里の屋根の下」「パリの橋の下」の3曲を練習するとの話で、ちょっと興味を持ちまして…。もちろん、ピアノの勉強会にはいけませんが、パリのイメージは何と言っても「シャンソン」、「パリの○○の下」という題に。そしてパリで思い浮かぶ景色はやっぱり、今、秋だなぁと。

「パリの空の下」(Sous le ciel de Paris)は、ユベール・ジロー(Hubert Giraud) 作曲のシャンソン。ジャン・アンドレ・ドレジャック (Jean André Dréjac) 作詞です。

同名の映画、「パリの空の下セーヌは流れる」(1951年) の主題歌として「ジュリエット・グレコ」が歌ったものです。映画はパリに住む人たちの日常、エピソードを映した映画です。この歌にはある種明るさがあります。パリにはささやかな幸せがあります、というような希望を感じさせる歌です。ジュリエット・グレコのパリに住む人たちを慈しむような歌い方が、ノスタルジックでもあります。

ジュリエット・グレコ(Juliette Greco)|パリの空の下( Sous Le Ciel De Paris)
https://www.youtube.com/watch?v=XybsC829dsM (YouTube)

ベスト・オブ・ジュリエット・グレコ

新品価格
¥2,462から
(2015/12/4 16:29時点)


「ジュリエット・グレコ」は「サン・ジェルマン・デ・プレの女神」と呼ばれています。1927年モンペリエで生まれで、文化人の活動拠点だった「サンジェルマン・デ・プレ」近くの知人宅に暮らし、23歳の時に本格的に歌手デビューをします。
彼女の公演には、「サルトル」、「ボーヴォワール」、「カミュ」などの実存主義、パリの知識人が多く足を運びました。ジャズの巨匠「マイルス・ディヴィス」と20代で恋に落ち、また、女優としても活躍しました。
今年88歳の「ジュリエット・グレコ」ですが、現在もアルバムリリースや、数々の都市での公演も続け、名実共に現役最高峰のシャンソンシンガーの一人だと思います。


「巴里の屋根の下(Sous les toits de Paris)」は、ルネ・クレール監督による、同名の初のトーキー映画の主題歌です。

映像は、パリの街並みが奇妙にゆがみ、建物がわずかに傾斜をしている。現実と非現実の微妙なバランスから生まれる美の感覚を表現。そして、「ラウール・モレッティ」作曲の主題歌も人気となりました。

詩は、若い男女が知り合い、愛し合い、そしてパリの屋根の下で愛し合い、そして、男は去って行く。悲しみに暮れる女のもとに、また男は戻ってくる。そして男は女を捨てていったことに許しを請い、また二人で暮らし始める。
日本では、「西条八十」が詩を付けました。フランス語の訳詩では無く、独自に自分のパリでの恋愛を想って書いた詩です。
「西条八十」は、「青い山脈」、「蘇州夜曲」、「誰か故郷を想わざる」、「王将」など昭和のヒット歌謡曲の作詞しています。

菅原洋一|巴里の屋根の下(Sous les toits de Paris)
https://www.youtube.com/watch?v=EwslY7ebj2M (YouTube)

ダイヤモンド・ベスト シャンソン~日本人歌手が唄うシャンソンナンバー~ ベスト

新品価格
¥24,290から
(2015/12/4 16:31時点)


こちらのアルバムの歌唱は「金子由香利」です。

一度だけ行ったパリの風情が思い浮かんできます。パリのマロニエの並木道をそぞろ歩きながらこの歌を口ずさんでみたいものです。


「パリの橋の下(Sous les ponts de Paris)」 は、「パリの空の下」、「巴里の屋根の下」と共にパリをテーマにしたシャンソンです。パリの街はセーヌ河なしには語れないと思います。世界中の他のどの都市よりもパリとセーヌ川は一体のように思います。

パリの街を縦断するように流れるセーヌ川。そしてそこにかかる数々の橋。いくつかの橋を含むセーヌ河岸は、世界遺産にも登録されています。
パリではセーヌ川をはさんで、北側Rive Droite (左岸) 、南側がRive Gauche (右岸) と呼ばれ、街並みや住人の雰囲気、文化が異なるそうです。

ダニエル・ビダル(Danièle Vidal)|パリの橋の下(Sous les ponts de Paris)
https://www.youtube.com/watch?v=_vnB5wD2Dug (YouTube)

オー・シャンゼリゼ

中古価格
¥1,525から
(2015/12/4 16:33時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

「パリの橋の下(Sous les ponts de paris)」は、作詞ジャン・ロドール(Jean Rodor)、作曲ヴァンサン・スコット(Vincent Scotto)により、1913年にジョルジェル(Georgel)が初めて歌い、1932年に、アルベール・プレジャン(Albert Préjean)が歌いました。

昼はセーヌ川の流れに従って船上で
夜のとばりが降りるころ、さまざまなルンペンたちが集う
愛をかたり
貧しい母子が眠りにつく場所
そこがセーヌ川の橋の下

「ダニエル・ビダル(Danièle Vidal)」はモロッコ生まれのフランスの女性歌手。1970年代前半に日本で活躍、日本語で歌った曲が多くあります。

やはり、シャンソンはパリですね。