タグ別アーカイブ: Chad and Jeremy

マイ・フェイバリット・レイン・ミュージック


アヤメ

アヤメ

関東は早々と6月5日(日)に梅雨入りしましたが、カラ梅雨気味です。水不足が心配です。

既に利根川水系のうち渡良瀬川では、取水制限が行われています。節水を心がけましょう。

渡良瀬川 取水制限20パーセントへ(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
渡良瀬川 取水制限20パーセントへ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
今月11日から、渡良瀬川の10%取水制限が開始されましたが、ダムを潤すほどの雨は降らず、貯水率が減り続けています。25日午前9時から渡良瀬川の取水制限は20%に強化されました。(2016-06-25 15:23:52)

さて、雨の季節を音楽で楽しみましょう。6月のお気に入り曲のテーマは「雨」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「雨」に纏わる9曲を紹介します。

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)| 雨を見たかい(Have You Ever Seen The Rain?)
https://www.youtube.com/watch?v=Gu2pVPWGYMQ (YouTube)

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS

新品価格
¥601から
(2016/6/27 15:05時点)

  • 詩の、”晴れた日差しの中の雨”、確かにあります。梅雨の雨では無いのですが。この曲、30年以上前に渋谷クロコダイルで演奏したような・・・(Hiro)

ジリオラ・チンクェッティ(Gigliola Cinquetti)|雨(La pioggia)
https://www.youtube.com/watch?v=SycwLlld7V4 (YouTube)

パーフェクト・ベスト

新品価格
¥1,657から
(2016/6/27 14:39時点)

  • 1969年リリースの曲です。梅雨の雨の日の鬱陶しい気持ちを明るくしてくれるような・・・(Hiro)
  • 1969年のサンレモ音楽祭の入賞曲。彼女の歌う日本語版もありますが、やはりイタリア語の方が懐かしさと共に響きます。「夢みる想い」とこの曲は永遠です。(Koji)

チャド&ジェレミー(Chad and Jeremy)|朝の雨(Early Mornin’ Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=h5_sGYoy4Nc (YouTube)

Distant Shores

新品価格
¥1,259から
(2016/6/27 14:40時点)

  • この曲は、ピーター・ポール&マリー他多くのミュージシャンが歌ってますが、「チャドとジェレミー」が今でも記憶に残っています、、確か、初めてkojiさんの家で聴いたような。(Hiro)
  • Early Mornin’ Rain(朝の雨)は多くのカバーの中でもチャドとジェレミー盤がお気に入りでした。確かにシングル盤を持っていました。(Koji)

カスケーズ(The Cascades)|悲しき雨音(Rhythm Of The Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=3tAm5IRzTdY (YouTube)

悲しき雨音

新品価格
¥900から
(2016/6/27 14:42時点)

  • 雷鳴と雨音のイントロで始まるこの曲はこの季節の懐かしい曲の一つです。でもカスケーズの他の曲の記憶はありません。(Koji)

小林麻美|雨音はショパンの調べ
https://www.youtube.com/watch?v=S_V-Cta-Pgw (YouTube)

GOLDEN J-POP/THE BEST 小林麻美

新品価格
¥1,609から
(2016/6/27 14:43時点)

  • 原曲はイタリアの男性歌手ガゼボのヒット曲ですが、日本での小林麻美のカバーは彼女ののアンニュイな大人の雰囲気と松任谷由実の日本語詞により、より魅力的でした。(Koji)
  • 毎年6月になると、ラジオから流れてきます。(Yama)

松下誠|September Rain
https://www.youtube.com/watch?v=Vihttmbdotg (YouTube)

FIRST LIGHT(2012年最新デジタル・リマスター)

新品価格
¥2,590から
(2016/6/27 14:45時点)

  • 「手練なギタリスト」として紹介した松下誠のファーストに収録されたこの曲、季節は9月とこの時期ではありませんが、ギタリストとしてだけでなくヴォーカリストとしても魅力的な歌声を聴かせ、アルバムの中でもお勧めの1曲です。(MAHALO)

バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand With John Mayer)|降っても晴れても(Come Rain Or Shine)
https://www.youtube.com/watch?v=50CzTye3J7U (YouTube)

Partners (Deluxe)

新品価格
¥1,230から
(2016/6/27 14:45時点)

  • アルバム「WET」で取り上げたこの曲(ラリー・カールトンの名演)ですが、2014年にリリースされたトップ・スターとのデュエット・アルバムでも再度取り上げています。今回はシンガーソングライター、ギタリストの「ジョン・メイヤー」とのデュエットですが、バーブラの歌唱力は流石ですね。もちろんジョン・メイヤーの歌とギターも心地良いです。(MAHALO)

ニール・セダカ(Neil Sedaka)|雨に微笑を(Laughter In The Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=VCusyLPrFCo (YouTube)

Laughter in the Rain: Best of

新品価格
¥1,142から
(2016/6/27 14:46時点)

  • 前回は「アール・クルー」のカバーで紹介したこの曲ですが、やはり「ニール・セダカ」のオリジナルが良いですね。私にとってEvergreenな曲と言える1曲です。(MAHALO)
  • この曲、聴き覚えはありましたが、「ニール・セダカ」の歌と言うのはしりませんでした。恋人と一緒での雨の日ですね。「雨に微笑みを」と言うセンスもいいですね。(Hiro)

秦基博|Rain(レイン)
https://www.youtube.com/watch?v=NgxTYCbr-K4 (YouTube)

言ノ葉

新品価格
¥1,018から
(2016/6/27 14:48時点)

  • 6月の新宿御苑がメイン舞台になった新海誠監督のアニメーション映画「言の葉の庭」の主題歌。元々は作詞作曲の大江千里のカバーです。雨の日の恋人達の切ない気持ちが溢れる歌詞とメロディです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・ビークル・ミュージック


紅葉がゆっくりと関東の平野部に進んでいます。
毎年この時期、明治神宮外苑のいちょう並木(いちょう祭り)に寄りますが、今年はまだ「色づき始め」。早かったです。
今週はまだ近郊の「箱根」「相模湖」「河口湖」辺りが見頃のようです。

関東・甲信地方の紅葉情報 – tenki.jp
area_3[3]
関東・甲信地方の紅葉情報

さて、11月の「お気に入り曲」のテーマは、「乗り物」です。
当ブログ執筆者がお勧めするビークル・ミュージック7曲、飛行機、宇宙船、列車の曲をを紹介します。

マントバーニ(Mantovani and His Orchestra)| 魅惑の宵(Some Enchanted Evening)
https://www.youtube.com/watch?v=uFqT3VVRaD0 (YouTube)

マントヴァーニ全集~幻想のムード・ミュージック

新品価格
¥2,097から
(2015/11/18 10:01時点)

  • 乗り物といえば、まず飛行機で、「jetstream」 。城達也のナレーションで、アメリカ、ヨーロッパの景色を音楽を聴きながら想像していました。心に残る番組でした。(Hiro)
  • 私は、最近も週1~2回、大沢たかお機長のJetstreamに搭乗しています。(Yama)

ゴダイゴ|銀河鉄道999
https://www.youtube.com/watch?v=WYZg7tZar10 (YouTube)

「銀河鉄道999」放送30周年記念作品 銀河鉄道999 ソングコレクション

新品価格
¥1,833から
(2015/11/18 10:04時点)


宇宙空間を旅する鉄道には、夢でも乗ってみたいものです。しかも、蒸気エンジンだとしたらベストです。乗り物的には宇宙戦艦「ヤマト」より「999」が好きです。(Koji)
チャド&ジェレミー(Chad and Jeremy)|朝の雨(Early Mornin’ Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=h5_sGYoy4Nc (YouTube)

遠い渚(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,750から
(2015/11/18 10:05時点)

  • 「9番滑走路のはずれ、大きな707が出発の準備」ボーイング社の最初の大型ジェット旅客機B-707ですね。ゴードン・ライトフット(Gordon Lightfoot)のオリジナルで多くのグループのカバーがありますが、最初に耳にしたチャド&ジェレミーが今でも懐かしいです。(Koji)
  • 「朝の雨」と書いて、「あしたのあめ」という邦題ににしたセンスもすきです!初めて聴いたのは、kojiさんの家でした。私もしっかり「チャド&ジェレミー」でおぼえています。(Hiro)
  • 私もこの曲は大好きです。この曲は「城田じゅんじ(ザ・ナターシャ・セブン)」の「Soft Shoes」というアルバムで聴いたのが今でも印象に残っています。(MAHALO)

ザ・ドゥービー・ブラザーズ(The Doobie Brothers)|ロング・トレイン・ランニン(Long Train Running)
https://www.youtube.com/watch?v=JrsJUsjid-Q (YouTube)

キャプテン・アンド・ミー 対象商品

新品価格
¥1,512から
(2015/11/18 10:06時点)

Doobie Brothers Live at Wolf Trap [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,467から
(2015/11/18 10:06時点)

  • 今回のテーマ「乗り物」で真っ先に思いついたのがこの曲です。アルバム「キャプテン・アンド・ミー」で聴くのも良いですが、やはりこの曲はライブのノリで聴くのが最高です。なかでも「ライヴ・アット・ウルフ・トラップ」のBlu-ray盤は画質、音とも良くお勧めで、今でもよく見ています。(MAHALO)

フィフス・ディメンション(The 5th Dimension)|ビートでジャンプ(p, Up and Away)
https://www.youtube.com/watch?v=fDRjiQlNpew (YouTube)

ヴェリー・ベスト・オブ・フィフス・ディメンション

新品価格
¥1,211から
(2015/11/18 10:07時点)

  • 飛行機で思い出すのがこの曲です。今は無き「TWA]や「PAN AM」といった航空会社のCMで使われたのが切っ掛けかもしれませんが、「PAN AM」や日本では「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」と飛行機がらみのドラマでも使われるなど飛行機といえばこの曲かと思います。久しく飛行機には乗っていませんが。(MAHALO)
  • 「パンナム」は1985年に日本路線を撤退したので、既に郷愁の域に達していますが、この曲はやはり航空業界の代表曲です。(Yama)

バリー・ホワイト&ラブ・アンリミテッド・オーケストラ(BARRY WHITE & Love Unlimited Orchestra)|愛のテーマ(Love’s Theme)
https://www.youtube.com/watch?v=8YS7sWCG_ZE (YouTube)

Rhapsody in White

新品価格
¥504から
(2015/11/18 10:08時点)

  • この曲はキャセイパシフィックのCMに使われた事もあり、旅番組のBGMでもよく耳にするなど、飛行機の定番曲かと思います。聴く度に何処かに行きたくなるのは私だけでしょうか。(MAHALO)
  • 曲のイメージはまさしく「雄大な大空への飛翔」といったところでしょうか。(Koji)

太田裕美|さらばシベリア鉄道
https://www.youtube.com/watch?v=BcHQh6qjyqQ (YouTube)

GOLDEN☆BEST/太田裕美 コンプリート・シングル・コレクション

新品価格
¥2,500から
(2015/11/18 10:10時点)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)