タグ別アーカイブ: CCM

Hawaiiに行きたい…2014「シーウィンド」


MMO_hawaitousanset2500

ハワイ島のサンセット

今年もこのタイトルを書く季節となりました。
タイトルが「行きたい」という事は…、残念ながら今年も叶わぬ夢となりました。

今年も、せめて音楽でも聴いて行った気分になれたらと思い、私の大好きなハワイのミュージシャンを紹介したいと思います。

今年のハワイ、そして音楽といえば9月に開催された「」のデビュー15周年記念ライブ「ARASHI BLAST in Hawaii」が話題となりました。
私もテレビの特番で見ましたが大盛況だったようで、嵐ファンの女の子に聞いたのですが、抽選に応募したけど外れてしまい、行く気満々だっただけにがっかりしていました。時期は違いますが日本から何人の方がハワイ行ったかと思うと羨ましい限りです。

さて、本題に戻りますが昨年はレムリアを紹介しましたが、ハワイといえばやはりこのグループ「シーウィンドSeawind)」の紹介です。

シーウィンドは1970年代のフュージョン・ブームにおいて、アメリカはもちろん日本をはじめ世界中で人気となったフュージョン/AORのグループです。

シーウィンド メンバー

  • ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson) – Vocals
  • ボブ・ウィルソン(Bob Wilson) – Drums & Primary Writer
  • バド・ニュアネス(Bud Nuanez) – Guitar
  • ケン・ワイルド(Ken Wild) – Electric & Acoustic Bass
  • ジェリー・ヘイ(Jerry Hey) – Trumpet & Flugelhorn
  • ラリー・ウィリアムス(Larry Williams) – Keyboards, Sax & Flutes
  • キム・ハッチクロフト(Kim Hutchcroft) – Saxophones & Flutes

シーウィンドといえばハワイ出身のグループというイメージなのですが、メンバーのうち紅一点のボーカルの「ポリーン・ウィルソン」がハワイ島のヒロ出身、ベースの「ケン・ワイルド」は生まれは違いますがホノルル育ちとハワイ出身は2人のみで、他のメンバーは全員アメリカ本土出身で、本土での活動後、ハワイへと活動の場を移します。

ハワイで集まったメンバーはオアフをはじめ他の島でも活動しますが、ハワイ島で歌っていたポリーン・ウィルソンと出会いその歌声に衝撃を受け、やがてポリーンを誘い活動拠点をオアフ島に移します。

オアフへ移ったメンバーは1970年の初頭にシーウィンドの前身となる「OX」を結成します。当時はメンバー全員が同じ家に一緒に住み多くの時間をリハーサルやギグなどに費やしていました。

OXは最初「トップ40」などを聴かせる会場で「タワー・オブ・パワー」、「コールド・ブラッド」、「ハービー・ハンコック」などのカバーを演奏していました。
その実力からハワイでの人気も高まり、ハワイにツアーや休暇で来ていた「ニール・ショーン」、「ジェフ·ポーカロ」、「リー·リトナー」といったミュージシャンもシーウィンドを耳にします。
のちにアルバムのプロデューサーでもあるドラマーの「ハーヴィー・メイソン」もその一人でした。

プライベートでは1975年にボブ・ウィルソンとポリーン・ウィルソンが結婚します。
またオリジナル曲も書くようになりオリジナル・グループとしての活動を目指し、ハーヴィー・メイソンの勧めもあり1976年に活動拠点をロサンゼルスへ移します。

ロサンゼルスでは名門ライブ・ハウス「ベイクド・ポテト(Baked Potato)」で毎週月曜日に開催される「マンディ・ナイト」に出演するなど本土での人気も高まります。
この出演の後押し、グループ名をOXからシーウィンドへの改名を勧めたのもハーヴィー・メイソンとの事です。

そしてハーヴィー・メイソンはレコーディングなどで付き合いのあった名プロデリューサーで「CTIレーベル」の社長「クリード・テイラー」に強く推し契約を結びます。

CTIレーベルは皆さんご存知のようにフュージョンがまだクロスオーバーと呼ばれていた頃にロスオーバー・ミュージックの名門レーベルで、CTIからはジャズ、クロスオーバーといったジャンルのアーティストにより数多くのヒット・アルバムが誕生しています。

そして1976年にリリースされたのがデビュー・アルバム「Seawind(シーウィンド)」です。
私もこのアルバム(当時はレコード)で知り、曲の良さ、ポリーン・ウィルソンの歌声、そしてホーン・セクションを取り入れたグループのリズム・アンサンブルの良さに驚きました。

このアルバムからヒット曲「ヒー・ラヴズ・ユー(He Loves You)」を紹介します。
アルバム収録曲8曲のうち6曲(1曲のみ共作)がボブ・ウィルソンの曲で、この曲の作詞、作曲もボブ・ウィルソンです。

シーウィンド(Seawind) | ヒー・ラヴズ・ユー(He Loves You)
https://www.youtube.com/watch?v=gLs4YTTLcK4 (YouTube)

SEAWIND(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥42,393から
(2014/12/25 16:09時点)


このアルバムはハーヴィー・メイソンのプロデュースですが、CTIのアルバムでクリード・テイラー以外の人がプロデュースするのは初めての作品となります。

続く1977年にCTIより、やはりハーヴィー・メイソンのプロデュースでリリースされたのが2作目となる「Windows Of Child(邦題:太陽の伝説)」です。
ファースト・アルバムがヒットし期待されたセカンド・アルバムで、全9曲のうち8曲がボーカル曲となり、よりポップでR&B傾向となった仕上がりかと思います。

シーウィンド(Seawind) | ワン・スウィート・ナイト(One Sweet Night)
https://www.youtube.com/watch?v=hb1eVHSq9e8 (YouTube)

WINDOW OF A CHILD(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥9,800から
(2014/12/25 16:10時点)


CTIからはこの2作で終わり、新たに「A&Mレコード」へ移籍となります。
A&Mに移籍し1979年にリリースとなったのが3作目となる「ライト・ザ・ライト(Light The Light)」です。

このアルバムのプロデュースはグラミー賞を獲得した「ジョージ・ベンソン」の「ブリージン」や「ナタリー・コール」の「アンフォゲッタブル」などで知られる「トミー・リピューマ」です。
トミー・リピューマがA&Mに所属していた時に傘下として自己のレーベル「ホライゾン(Hrizon)」を設立し、このアルバムもホライゾンからです。
エンジニアは名コンビの「アル・シュミット」がクレジットされています。

アルバムはトミー・リピューマらしくよりポップさを増し、ボーカル(メロディー)を聴かせる仕上がりかと思います。
前2作に比べると軽いかもしれませんが、「ホールド・オン・トゥ・ラヴ」をはじめそのサウンドはAORファンにもお馴染みかと思います。洗練された演奏もお気に入りです。

シーウィンド(Seawind) | ホールド・オン・トゥ・ラヴ(Hold On To Love)
https://www.youtube.com/watch?v=PBCG6BhDOSc (YouTube)

ライト・ザ・ライト(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥4,545から
(2014/12/25 16:11時点)


このアルバムでジェリー・ヘイが脱退となります。

そして1980年にA&Mから4作目となる「Seawind(シーウィンド)」がリリースとなります。日本ではジャケットのイメージからか「海鳥」という邦題名が付けられています。

このアルバムのプロデュースは当ブログでも紹介のジョージ・デュークです。
メンバー以外にジョージ・デュークをはじめ、彼と親交のあるパウリーニョ・ダ・コスタなど、そしてジェリー・ヘイもゲスト・ミュージシャンとして参加しています。

ジョージ・デュークらしい、ポップで洗練された曲ばかりです。

シーウィンド(Seawind) | ホワッチャ・ドゥーイン(What Cha Doin’)
https://www.youtube.com/watch?v=Nb3u9YZxKYs (YouTube)

海鳥(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,200から
(2014/12/25 21:52時点)


また、A&Mの2枚は輸入盤ですが2in1でこのようなCDもリリースされています。

Light the Light/Seawind

新品価格
¥1,480から
(2014/12/25 16:12時点)

 

この曲がヒットとなりA&Mはこの路線のアルバム制作を提案しレコーディングに入りますが、メンバーとの方向性の違いから発売とならず、やがてシーウィンドは活動を停止し解散となります。

このお蔵入りとなった曲は1995年リリースのCTI時代のベスト盤に追加曲として5曲収録されています。
当時はこの5曲を聴きたくこのアルバムを購入した方も多いかと思います。
廃盤となり私は聴けませんでしたが、先に紹介したファースト・アルバムとセカンド・アルバムの2枚に4曲がボーナス・トラックとして収録され、ようやく聴く事が出来ました。

Remember

新品価格
¥9,993から
(2014/12/25 16:12時点)

 

また、当時はレーベルが「コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(Contemporary Christian Music) (以降:CCM)」系という事もありレコードも輸入盤のみでしたが、1981年に「ボブ&ポリーン・ウィルソン」名義でリリースされた「SOMEBODY LOVES YOU」というアルバムもよく聴きました。

解散前にシーウィンドのメンバーが参加しレコーディングされた事から、これが5作目ではという情報もありましたが、あくまでもCCMとして2人の名義で作られたアルバムでした。
CCMというよりはAORの名盤だと思います。

Somebody Loves You

新品価格
¥9,200から
(2014/12/25 16:13時点)


復刻されたCDのライナーにシーウィンドの裏話的なボブ・ウィルソンのインタビューが書かれており、紹介できないのが残念ですが面白いです。

そして2009年に29年振りにオリジナル・メンバーが再集結(ジェリー・ヘイは不参加)しアルバムがリリースとなりました。
新曲とセルフ・カバーから構成された内容ですが、今も大活躍のメンバーだけに演奏など全てが良い内容かと思います。

アルバム・リリースに併せて来日公演もあったのですが、見れなかったのが残念です。

REUNION

新品価格
¥2,469から
(2014/12/25 16:14時点)


シーウィンドについては簡単な紹介となり書き足りないのですが、またの機会に紹介できればと思います。

今年もブログをご覧頂きありがとうございました。
また来年も私の大好きな音楽を紹介したいと思います。

エモーショナルなギタリスト「ダン・ハフ」(2)


ギタリスト・シリーズ(2)

ダン・ハフ(Dann Huff)は、ナッシュビル時代にセッション・ギタリストやホワイトハート(Whiteheart)で活動しました。今回はロサンゼルスを拠点にし、セッション・ギタリストとして活躍したことを紹介します。

ロサンゼルスでセッション・ギタリストとして活躍

ダン・ハフは、1982年に拠点をロサンゼルスに移します。
その後、1984年にはホワイトハートを脱退しますが、ダン・ハフの後を追うように兄のディビッド・ハフ(David Huff)などもロサンゼルスへと移り、「ジャイアント(Giant)」の母体となるバンドを結成し活動を開始します。

しかし順調とは言えず、セッション・ギタリストとしての活動が主となっていきます。
ところが優れた才能を持つだけにセッション・ギタリストとして引っ張りだこの状況となり、ますますバンドとしての活動が出来ず、活動は停止状態となってしまいます。

その活躍の場の広さについては、ダン・ハフのアルバム「Solo」のCDジャケットの内面一面に参加したアーティスト名リスト「List Of Dann’s Work」があらわします。

List Of Dann's Work

CDの発売が2000年のため、期間は1990年代も含まれますが、その多さに驚きました。
代表的なアーティストとして、
Natalie Cole / Mariah Cary / Celine Dion / Olivia Newton Jhon / Boz Scaggs / Madonna / Chaka Khan / Michael Jackson / Donna Summer / Billy Joel / Whitney Houson / Barbra Streisand
と、いった具合で、ヒット・チャートの常連も多く、幅広いジャンルで活躍したことが分かります。

私が最初にダン・ハフをセッション・ギタリストとして注目したのは「ロビー・デューク(Roby Duke)」のセカンド・アルバム「Come Let Us Reason」でした。

Come Let Us Reason

中古価格
¥5,800から
(2013/5/17 14:38時点)

このアルバムはレコードでの購入でしたが、AORを聴きまくっていた時期にショップお勧めとして壁に飾っていた一枚でした。
AORの名盤とも言えるこのアルバムは、曲、歌の良さもですが、ダン・ハフが曲を見事に引き立てており、バッキング、ソロとも非常に心地よいギターを弾いています。
私がダン・ハフのことを友人などに紹介する際は、真っ先に聴かせるアルバムと言えます。

ロビー・デュークとダン・ハフとの関係はよく知りませんが、ロビー・デュークもCCM系のシンガーソングライターです。
ただ、日本ではこのアルバムのサウンドからもAOR系としての評価のほうが高いかと思います。

このアルバムからダン・ハフのソロが引き立つ2曲を紹介します。

Roby Duke | Win Or Lose
http://www.youtube.com/watch?v=BvyZLFsqWHw  (YouTube)

Roby Duke | Fight the Fight
http://www.youtube.com/watch?v=SoB8QQPnpGA  (YouTube)

続いての紹介するのは、「グレッグ・ギドリー(Greg Guidry)」の「Over The Line」というアルバムです。

オーヴァー・ザ・ライン

新品価格
¥1,535から
(2013/5/17 14:39時点)

このアルバムもロビー・デュークと同時期にレコードで購入した1枚でした。
やはりAORの名盤と言えるアルバムで、ギタリストはダン・ハフのみの参加です。
バッキングもですが、全米17位のヒットとなった1曲目の「Goin’ Down」をはじめ、多くの曲でギターソロを聴く事ができます。

グレッグ・ギドリーは最初はソング・ライターとしてスタートしますが、やがて周囲からボーカルの才能を認められ、このアルバムでシンガーとしてのデビューとなります。

このアルバムからヒット曲「Goin’ Down」を紹介します。

Greg Guidry|Goin’ Down
http://www.youtube.com/watch?v=Fgc4spgwe-k  (YouTube)

最後にもう1曲紹介します。
ロックでの参加は「ホワイトスネイク(Whitesnake)」の全米No.1となった「Here I Go Again(Radio Mix)」です

Here I Go Again: Whitesnake Collection

新品価格
¥1,741から
(2013/5/17 14:41時点)

私はホワイトスネイクについては詳しくはないのですが、メンバーの「ジョン・サイクス」、「ソロ:エイドリアン・ヴァンデンバーグ」の2人が弾いたテイクも聴きましたが、やはりダン・ハフの弾くRadio Mixのほうが好きで、ギタリストが違うだけで雰囲気も異なり、いかにもダン・ハフといった音作りはアメリカでヒットする仕上がりではと思います。

Whitesnake | Here I Go Again (Radio Mix Version)
http://www.youtube.com/watch?v=jt4qUxGBmwk  (YouTube)

他にもフュージョン、ジャズでは「ディビッド・ベノワ」の「Freedom Midnight」や、R&B、ソウルでは「パティ・ラベル(Patti LaBelle)」の全米No.1の大ヒット曲「On My Own」など紹介したい曲も多いのですが、別の機会に触れたいと思います。
皆さんお持ちのアルバムにもダン・ハフは参加しているのかもしれません。
アルバムを聴かれる際は是非とも参加ミュージシャンを見ていただければと思います。
尚、グレッグ・ギドリーは2003年に49歳、ロビーデュークは2007年に51歳という若さで亡くなってしまいました。

ダン・ハフに話が戻りますが、1989年にセッション・ギタリストとしての活動をすべて辞めてしまいます。
ロサンゼルスのセッション・ギタリストとしてトップの座についていたにも関わらず一切の仕事を受けず、全てを念願であるバンド・デビューに向け、リハーサルや曲作りに専念します。
そして、やがて「ジャイアント(Giant)」のデビューとなります。

エモーショナルなギタリスト「ダン・ハフ」(3)へ続く

エモーショナルなギタリスト「ダン・ハフ」(1)


ギタリスト・シリーズ(2)

今回紹介するギタリストは、セッション・ギタリスト、プロデューサーとして、また自身のバンド「ジャイアント(Giant)」の結成など、多岐にわたって活躍するアメリカを代表するギタリスト、「ダン・ハフ(Dann Huff)」です。
ダン・ハフはジャンルを問わず幅広く活躍しているギタリストですが、音作りやフレージングなどのセンスの良さには定評があり、ファンの方も多いのではと思います。

ナッシュビルでのホワイトハーツ時代

ダンハフは1960年、米国テネシー州ナッシュビル生まれです。
両親が音楽家(父親はナッシュビルで有名なストリング・アレンジャー)という家庭環境もあり、8歳から独学でギターを始め、既に16才には地元でセッション・ギタリストとしての活動を開始します。
ダン・ハフがクリスチャンという事も関係しているのかもしれませんが、現代的キリスト教音楽の「コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(Contemporary Christian Music) (以降:CCM)」系のアーティストを中心に活動していました。CCMの説明はこちら
また、ダン・ハフ自身も当時のセッション・ミュージシャンとしての証とも言える初のソロ・アルバム「Solo」を、1980年にCCM系の「Home Sweet Home」という「クリス・クリスチャン(Chris Christian)」のレーベルよりリリースしています。

Solos

中古価格
¥3,990から
(2013/5/15 14:59時点)

クリス・クリスチャンはCCMを代表するシンガーソングライター、プロデューサーで、このアルバムもプロデュースしています。
アルバムは、タイトルの通り、ダン・ハフのギター・ワーク(ソロなど)を集めたアルバムです。
短いソロは1分弱ですがダン・ハフらしいフレーズが20曲収録され、ギターを弾く方にとっては教則音源としても楽しめます。
2000年にCDで復刻され日本でもリリースされましたが、既に廃盤となり、新品の入手は難しいようです。

セッション・ギタリストとしての活動は続きますが、1980年の初め、ナッシュビルのセッション・マンによって結成されたCCM系ロック・バンド「ホワイトハート(Whiteheart)」にダン・ハフもギター、ヴォーカルで参加します。
また、ダン・ハフの兄、「ディビッド・ハフ(David Huff)」もドラマーとして参加しています。

ホワイトハートはCCMの世界では賛否両論があったようですが、そのサウンドからもCCMの「TOTO」とも言われヒットし、CCM系以外にもAORやロックファンの間でも話題となりました。
ホワイトハートは1997年まで活動しますが、ダン・ハフはファースト・アルバム「White Heart」、セカンド・アルバム「Vital Signs」の2枚(在籍時のライブCDを含めると3枚)で脱退してしまいます。

ファースト・アルバムは日本でもCDでリリースされ聴かれた方も多いかと思いますが、やはり廃盤となっています。
セカンド・アルバムは輸入盤になりますが再発されています。
iTunesをご利用の方は、2枚ともダウンロード購入ができます。

 

White Heart

中古価格
¥4,790から
(2013/5/15 14:56時点)

Vital Signs

新品価格
¥5,996から
(2013/5/15 14:56時点)

やはり聴きたく海外のサイトを探したところ、この2枚を1枚のCDにまとめたCDを見つけ購入しました。

Whiteheart | White Heart & Vital Signs

CDの容量の関係から数曲未収録の曲がありますが、このCDはお勧めです。
では、ファースト・アルバム「Whaite Heart」より「You’re The One」と「Black is White」、セカンド・アルバム「Vital Signs」より「Carried Away (Safe on the Wings of the Lord)」の3曲を紹介します。
曲の良さもですが、何といってもギター・ソロがさすがダン・ハフだと思います。

Whiteheart | You’re The One
http://www.youtube.com/watch?v=nwf5rCKHH9c  (YouTube)

Whiteheart | Black is White
http://www.youtube.com/watch?v=gfDHS2ijV6A  (YouTube)

Whiteheart | Carried Away (Safe on the Wings of the Lord)
http://www.youtube.com/watch?v=o-dpXZoo-ho  (YouTube)

ダン・ハフはホワイトハートを1984年に脱退しますが、ファースト・アルバムがリリースされた1982年の暮れには活動拠点をロサンゼルスに移します。
何かで読んだのですが、ホワイトハートでのポジションや他のメンバーとの関係は決して良いとは言えなかったようで、ロサンゼルスに移ってから脱退までのホワイトハートでの活動は情報も無く詳細はわかりません。
ナッシュビルというカントリー・ミュージックが盛んな音楽環境からも、次に紹介します「ジャイアント」のようなロック・ミュージックをやりたいダン・ハフにとって、ロサンゼルスは、やりたい事の出来る場所として魅力だったのかと思います。

エモーショナルなギタリスト「ダン・ハフ」(2)へ続く