タグ別アーカイブ: BillEvans

終わりの始まり


終わりの始まり」という言葉を、私が知ったのは、作家、塩野七生の古代ローマ全史を描いた歴史文学作品の「ローマ人の物語」の2002年に発刊された、11(XI)巻のタイトルでした。
ローマ帝国の五賢帝の最後の皇帝、哲人皇帝マルクス・アウレリウスの治世以降(紀元2世紀末以降)のローマ帝国の内乱に始まり、徐々に帝国の滅亡へ向かうという、まさに「終わりの始まり」という言葉そのものの時代を描いたものでした。

私は、この「終わりの始まり」という言葉がとても印象に強く残っていて、この世のもの全てに「終わり」はあり、その終わりには、必ず終わりに向かう「始まり」があるのではといつも考えます。
そして、今、自分たちの年齢、状況を考えた時、会社の定年退職なり、60歳の還暦なり、まさに私たちの今が、この言葉の指す「人生」の「終わりの始まり」なのではと思う時があります。

そして、「終わりの始まり」で想う曲は、Jazzでは「枯葉」です。

ビル・エヴァンス・トリオ(Bill Evans Trio)|枯葉(Autumn Leaves)
https://www.youtube.com/watch?v=nheqSZPIcNE (YouTube)

Portrait in Jazz

新品価格
¥715から
(2015/5/1 17:49時点)

  • ビル・エヴァンス(p)
  • スコット・ラファロ(b)
  • ポール・モチアン(d)

特に、ビル・エヴァンス・トリオが1959年にリリースした「ポートレイト・イン・ジャズ(Portrait in Jazz)」の
中の「枯葉」が「終わりの始まり」と一体で浮かんできます。
軽快なビル・エヴァンスのピアノ。 明るさ華やかさ、また、穏やかで静かないタッチ、そして、時に強い「生命力」を感じさせたり、「癒し」の中にいざなわれたりします。
「緑」の木の葉が「紅葉」となって、やがて「落葉」となる。そして「枯葉」となって朽ちる。まさに「終わりの始まり」を感じます。

演歌では、吉幾三の「父子じゃないか…」を聴き、歌うと、この歌に必ず感情移入してしまい、そこでやはり「終わりの始まり」を感じます。

吉幾三|父子じゃないか…
https://www.youtube.com/watch?v=uMg0jQrm6CM (YouTube)

全曲集~父子じゃないか・・・

新品価格
¥2,240から
(2015/5/1 17:51時点)


息子の弱音や愚痴を聞いてあげられ、娘の彼氏への不安や夢も聞ける年齢、自分の経験や、自立した息子、娘への客観性をもった愛情を抱ける時期が、まさに、人生の「終わりの始まり」ではないかと思います。

そして、竹内まりやの「人生の扉」も、「終わりの始まり」です。

大地真央&黒木瞳|人生の扉
https://www.youtube.com/watch?v=jvtxmlIZhf0 (YouTebe)

Denim (通常盤)

新品価格
¥2,558から
(2015/5/1 17:53時点)


竹内まりや作詞作曲のこの曲は本当に名曲だと思います。人生の「終わりの始まり」を具体的な言葉であらわすと、まさにこの歌詞になるのではと思います。

ひとつひとつ人生の扉をあけては感じるその重さ
デニムの青が褪せてゆくほど味わい増すように

年を重ねる意義は、この言葉の表現にしっかりと意味が込められているように思います。

大地真央黒木瞳宝塚歌劇団きっての「月組コンビ」として輝いていた美しすぎる名コンビが歌う、「人生の扉」は、「終わりの始まり」が、絶対に「終わりの終わり」では無く、まさに「始まり」なんだと、今後の生き方に大きな力を与えてくれます。

<キャンペーン情報>「ジャズの100枚。」


10月8日にユニバーサルが、ジャズレコード100周年カウントダウン企画「ジャズの100枚。」の、発売を開始しました。

ラインナップは、ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビイ」、ソニー・ロリンズの「サキソフォン・コロッサス」、キャノンボール・アダレイの「サムシン・エルス」、オスカー・ピーターソンの「プリーズ・リクエスト」、ジョン・コルトレーンの「バラード」など。

レーベルの枠を超えた、ジャズレコード100年の歴史を代表する名盤シリーズで、名盤を1枚1000円(税別)で手に入れるチャンスです。

YouTubeで全100タイトルのダイジェストを聞くことができます。

「ジャズの100枚。」全100タイトルプレイリスト

こちらは、史上初「クール・ストラッティン」のミュージックビデオ。お薦めです。

史上初「クール・ストラッティン」MV

「ジャズの100枚。」の100タイトルから、各アルバムの代表曲30曲を収録したジャズ初心者に最適な「入門編」と、有名ナンバー27曲を選りすぐった2枚組の「プレミアム・ベスト」と2種類のオムニバスアルバムも発売されました。

ジャズの100枚。入門編

新品価格
¥1,080から
(2014/10/8 17:07時点)

ジャズの100枚。プレミアム・ベスト

新品価格
¥2,592から
(2014/10/8 17:08時点)

もちろん、全100タイトルは、Amazon.co.jp、TOWER RECORDS ONLINEのいずれでも、取り扱い中です。

20141008_amazon
【ジャズの100枚】 あなたも、きっと好きになる(Amazon.co.jp)


20141008_tower
〈ジャズの100枚〉世界的快挙!名盤100作品が1,000円(税抜)!先着特典はメモパッド
(TOWER RECORDS ONLINE)


(編集長)

野毛のJazz喫茶「ちぐさ」を訪れて


ひょんなことから、知人に横浜・桜木町駅近くにある野毛町の飲食店を紹介していただき、その後も、何回か行く機会がありました。
私たちにとって横浜の繁華街といえば、JR線の西側のイメージが強いですが、最近はJR線の東側の「横浜ランドマークタワー」や「みなとみらい」の方が、人気があるようです。

そのように野毛の街をぶらぶらしていたら、Jazz喫茶ちぐさ」の看板に出会いました。

「ちぐさ」は、Jazz喫茶として本当に古く、おそらく日本で最初のJazz喫茶で、多くのJazzミュージシャンが訪れた店と聞いたり、また何かで読んだりしていました。
そんな「ちぐさ」に、先日、初めて入ってみました。
本当に20代の頃に通い詰めた、昔、懐かしいJazz喫茶の雰囲気そのもの店でした。
一時期、閉店していましたが、2年前から、「ちぐさ」のファンの方々でNPO法人化を経て営業再開し、運営されていると知りました。

ぼくの昭和ジャズ喫茶

新品価格
¥1,512から
(2014/9/18 15:57時点)


ジャム「A列車で行こう」
http://www.youtube.com/watch?v=RW3N6FdweWg (YouTube)

メンバー:

  • 秋吉敏子
  • 日野皓正
  • 原信夫
  • 谷啓
  • 安田伸

「ちぐさ」でのジャム風景です。店主の吉田衛さんと並んで石橋エータローも映っています。20年以上前の映像と思われます。

先週の9月13日~14日、野毛本通りで、ジャズで盆踊り 2014 in 野毛のイベントが催されていました。
「A列車で行こう」の曲に合わせて盆踊りを踊ったようです。

ちぐさの想い出
http://www.youtube.com/watch?v=5pqGWaU4ikE (YouTube)

このビデオで語っている方が、私が「ちぐさ」に行った時も、飲み物注文、レコード・リクエスト、そしてレコードをかけていました。すごく「ちぐさ」の雰囲気にピッタリの方でした。長く「ちぐさ」に通った風格を感じます。そして、お勧めの一曲が、「ビル・エヴァンスBill Evans)」の「ワルツ・フォー・デビーWalts for Debby)」でした。

ビル・エヴァンス(Bill Evans)|ワルツ・フォー・デビー(Walts for Debby)
http://www.youtube.com/watch?v=dH3GSrCmzC8 (YouTube)

Waltz for Debby

新品価格
¥844から
(2014/9/18 15:29時点)

  • ビル・エヴァンス(Bill Evans) – Piano
  • スコット・ラファロ(Scott LaFaro) – Bass
  • ポール・モチアン(Paul Motian) – Drum

ワルツ・フォー・デビイは、ビル・エヴァンスが、1961年にNYグリニッジ・ビレッジのヴィレッジ・ヴァンガードで行ったライブを収録したアルバムです。演奏の11日後、共演したベーシストのスコット・ラファロが交通事故で亡くなられました。曲の始まりからの優しい旋律が、すごく透き通った透明感と繊細さを感じさせます。心が癒される曲です。

マイルス・デイヴィスMiles Davis)との共演では、「カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)」を発表しました。エヴァンスの弾くピアノは、それまでのJazzとは違った音楽を生み出しました。「モード奏法」が生まれ、マイルスはエバンスのピアノを「輝く水のようだ」と評しました。

マイルス・デイヴィス(Miles Davis)|カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)
http://www.youtube.com/watch?v=HMPL_ACKmHk (YouTube)

Kind of Blue

新品価格
¥620から
(2014/9/18 15:41時点)

新しいジャズ、それまでのバップのスタイルを一新し、新しい演奏「モード奏法」と呼ばれる音楽理念を導入しました。
新時代のジャズとして、60年代のジャズシーンの主流になりました。どれだけ、Jazz喫茶でこのアルバムを聴いたかわからないほどです。そして、今でも年間40万枚以上売れてるということです。)

菊地成孔|モード奏法の説明
http://www.youtube.com/watch?v=RDM0wvrevVI (YouTube)

Jazz喫茶には、20代の想い出が結構詰まっています。全く忘れているJazzの名盤やプレーヤーが、ふっと思い出されます。
また、ぶらりと立ち寄っていきたいと思います。

70年代のJazz喫茶「中央線」


ザ・タイガースザ・スパイダースの回でも書いたとおり、当時、ロカビリーやグループ・サウンズのライブステージがあった音楽喫茶も「Jazz喫茶」と呼ばれており、1960年後半によく通っていました。一方、1970年代の初めからは、ジャズ専門店が台頭し、音響の良い高価なオーディオ装置でジャズのレコードを流したり、ジャズのライブ演奏を行う店が「Jazz喫茶」と呼ばれるようになり、新宿や都内のいたるところにもたくさんあって、そちらもよく通っていました。

私が一番よく行ったの店は、吉祥寺のジャズ喫茶「Funky」*でした。

地下、1階、2階と席があったと思います。煙草の煙と激しい音響の中で、一切しゃべることもなく、ただ、黙ってJazzを聴く。マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、オーネット・コールマン、オスカー・ピーターソン、セロニアス・モンク、ビル・エヴァンス、ウエス・モンゴメリー、等いろいろ聞いていた想い出があります。

吉祥寺には、他にもジャズ専門の「MEG」と「OUTBACK」がありました。

ロック・ソウル系だと 「ホワイトハウス」と 「ビーバップ」、フォークだと「ぐゎらん堂」など、多くの音楽喫茶があり、音楽喫茶文化圏の中心的な町でもありました。

よく聴いたプレーヤーの一人が「オスカー・ピーターソン」です。

ジャズピアノの神様のような方で、日本のジャズプレーヤーの多くが憧れたピアニストです。

オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson)|身も心も(Body and Soul)

http://www.youtube.com/watch?v=Vf0LOc49fX0 (YouTube)

Body & Soul

新品価格

¥1,555から

(2014/2/7 16:11時点)

この曲名と同じ「Body&Soul」というジャズライブハウスが、南青山にあります。

新宿のジャズ喫茶を紹介した時、小曽根真出演で紹介したお店の名前で使われて います。

高円寺阿佐ヶ谷に、高校・大学の同級生がたくさん住んでいましたので、1970年頃はこの界隈のジャズ専門店の「徒夢」「毘沙門」「サン・ジェルマン」によく行きました。

また、今でも営業しているライブハウス「JIROKICHI」も懐かしいお店です。

ジャズ喫茶でいろいろな曲を聞きましたが、「Waltz For Debby」はジャズ喫茶で流れる典型的な曲の感じです。

ビル・エヴァンス」は白人ピアニストとしてはめずらしく、巨匠マイルス・デイヴィスのグループのメンバーになっています。

ビル・エヴァンス(Bill Evans) | ワルツ・フォー・デビイ(Waltz for Debby)
http://www.youtube.com/watch?v=dH3GSrCmzC8 (YouTube)

Waltz for Debby

新品価格
¥650から
(2014/2/9 00:18時点)

ビルの演奏には、いかにもピアノという感じの、静かな炎のようなものがあった。-マイルス・デイヴィス

そして中野には、「GREEN DOLPHIN」「Jazzオーディオ」「CRESCENT」等のジャズ喫茶がありました。

中野でよく聴いた曲は「Kelly Blue」です。

ウィントン・ケリーは、マイルス・デイヴィス・クインテッットに、ビル・エヴァンスの後に参加しています。

ウィントン・ケリー(Wynton Kelly)|ケリー・ブルー(Kelly Blue)
http://www.youtube.com/watch?v=GNyxizbrwN8 (YouTube)

ケリー・ブルー+2

新品価格

¥1,950から

(2014/2/7 15:57時点)

学生運動が下火になり、若い力の発散が、何か不完全燃焼の状態で、鬱屈した虚脱状況を認識させてくれてる場所がジャズ喫茶でした。

コーヒーとたばこの煙にかこまれて、虚無的に時間をやり過ごす・・・。

「Jazz」が退廃的な音楽と言われていた時期だったかもしれません。

*編集部注:Funkyは移転し、現在はジャズバーとして営業しています。

マイ・フェイバリット・オータム・ソング


kinmokusei

金木犀(キンモクセイ)の花

10月になっても真夏日に見舞われるとは思いませんでした。しかし、それでも秋は廻って来ます。

でも、最近の秋は意地悪になった気がします。
初デートの「初秋」でその気にさせといて、「中秋」になると焦らして、本当に来るのかやきもきさせます。でも、それもまた「秋」らしい気がします。

さて、夏と秋が入り混じる「初秋」と「中秋」がやっと終わり、落ち着きのある「晩秋」が訪れました。

10月の「お気に入り曲」のテーマは「秋」です。

当ブログ執筆者4人のお勧めのオータム・ソングを8曲を紹介します。
ポップス、歌謡曲、AOR、ニュー・エイジの名曲が次々に登場します。名曲ジャズの聞き比べもお楽しみください。

ビル・エバンス(Bill Evans)|枯葉(Autumn Leaves)
http://www.youtube.com/watch?v=nheqSZPIcNE (YouTube)

 

ポートレート・イン・ジャズ

新品価格
¥3,500から
(2013/10/15 14:11時点)

※10月30日発売の「プラチナSHM」シリーズ

Portrait in Jazz

新品価格
¥596から
(2013/10/15 14:11時点)

  • 定番中の定番曲「枯葉」ですが、名盤「ビル・エバンス(Bill Evans)|ポートレート・イン・ジャズ(Portrait in Jazz)」収録の「枯葉(Autumn Leaves)」お薦めします。ピアノ・トリオの軽快な演奏はいつ聴いてもその醍醐味が伝わってきます。10月30日に「プラチナSHM」シリーズで限定版が発売されますので愛蔵用に如何でしょうか。もちろん廉価なImport版でも充分です。何れもステレオとモノラルの2takeが収録されています。(Koji)

ケニー・バレル(Kenny Burrell Quintet)|枯葉(Autumn Leaves)
http://www.youtube.com/watch?v=fzpLxmMzvAM (YouTube)

 

枯葉

中古価格
¥989から
(2013/10/15 14:18時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。
  • 「枯葉」は多くのミュージシャンが演奏してますが、40数年前、大学の学際で、この曲を演奏して、その時のメンバーが、ギター、ピアノ、ベース、ドラムという構成で、ギターがケニー・バレルのコピーをした記憶がありまして。ギターの「枯葉」は秋の夜長にしっくりきます。(Hiro)

アルバート・ハモンド(Albert Hammond)|落ち葉のコンチェルト(For the Peace of All Mankind)
http://www.youtube.com/watch?v=ogzIseEpPNo (YouTube)

Greatest Hits

新品価格
¥567から
(2013/10/15 14:21時点)

  • 歌詞の中には「秋」も「落ち葉」も出てきません。邦題の作者に完全にだまされたのでしょうか?何故か秋の佇まいを感じてしまいます。原題は「For the Peace of All Mankind(全人類の平和のために)」なんて意識したことはありませんでした。「マイ・フェバリット・レイン・ソングス」で紹介した、同じアルバート・ハモンドの「カリフォルニアの青い空」と同様に邦題の魔力に感服です。何れの曲も同じアルバムに収録されています。(Koji)
  • 秋の曲といえばやはりこの曲ですね。歌詞とは関係ありませんが「Love Love Love」です。(MAHALO)

山口百恵|秋桜(コスモス)
http://www.youtube.com/watch?v=bsWiV59nIek (YouTube)

山口百恵 スーハ゜ー・ヒットコレクション Vol.2 DQCL-5004

新品価格
¥1,750から
(2013/10/15 14:22時点)

  • 作詞作曲はさだまさしですが、山口百恵が歌うとより秋の日の日本の風景が浮かびます。このアルバムに収録の「いい日旅立ち」とセットで聴くと旅情を誘われます。(Koji)
  • 秋の情緒を感じるダントツの「秋歌」です。彼女が18歳でこの歌を歌いこなしたことに驚きです。セルフカバーのさだまさしバージョンも、また別の情緒を感じます。(Yamazaki)

デビッド・ロバーツ(David Roberts)|ボーイズ・オブ・オータム(Boys Of Autumn)
http://www.youtube.com/watch?v=TJKfIRt295U (YouTube)

オール・ドレスト・アップ

中古価格
¥2,770から
(2013/10/15 14:24時点)

  • AORの名盤でもあるデビッド・ロバーツのアルバム「オール・ドレスト・アップ」の収録曲です。「若者たちの恋の夏は季節とともに移り変わり、また夏は巡ってくる…」と夏から秋がテーマですが。ちなみに間奏のギターソロはスティーヴ・ルカサーです。(MAHALO)

ジョージ・ウィンストン(George Winston)|あこがれ/愛(Longing/Love)

AUTUMN: WINDHAM HILL 20TH ANNIVERSARY EDITION

新品価格
¥996から
(2013/10/15 14:26時点)

  • 80年代に流行ったニュー・エイジ・ブーム。その先駆けとなったジョージ・ウィンストンが、晩秋の森の中の情景をピアノ・ソロで表現します。おそらくウインダム・ヒルレーベルの中で、世界で一番有名な曲。(Yamazaki)
  • 私の年代ですと、箱根で紅葉を見ながら聴くのにピッタリかと思います。(MAHALO)

ギルバート・オサリバン(Gilbert O’Sullivan)|アローン・アゲイン ナチュラリー(Alone Again (Naturally))
http://www.youtube.com/watch?v=dQhApraUzmQ (YouTube)

ベスト・オブ・ギルバート・オサリバン

新品価格
¥1,764から
(2013/10/15 14:26時点)

  • 歌詞は宗教的な達観の雰囲気がありますが、曲調はきわめて「秋」らしく、涼しくなると聞きたくなる1曲です。これまで、色々な映画やTV番組のテーマ曲や挿入歌で使用されたが、どちらかというと雰囲気を楽しむ曲だと理解しています。(Yamazaki)
  • 黄昏時に聴くとより深い「秋」を感じます。秋には何故か哀愁ただよう曲が似合うのか不思議です。(Koji)
  • 私も大好きな曲で候補にあげていました。やはり四季でいえば秋ですかね。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)