タグ別アーカイブ: America

マイ・フェイバリット・ドライブ・ミュージック2018


(C)土田凌/ぱくたそ「海沿いドライブ」関東は観測史上最も早く梅雨が明け好天が続いています。

その一方、西日本では災害続き。
「大阪北部地震」「平成30年7月豪雨」で被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。被災地の一日も早い復興をお祈り申しあげます。

さて、梅雨が明ければドライブシーズンが到来。
7月のお気に入り曲のテーマは「ドライブ」です。

当ブログ執筆者がお勧めするドライブにおすすめな8曲とアルバムを紹介します。
真夏のドライブをお楽しみください。

平山美紀|真夏の出来事
https://www.youtube.com/watch?v=1_B2sotxBi8 (YouTube)

筒美京平 ウルトラベストトラックス

新品価格
¥1,570から
(2018/7/26 22:30時点)

  • 曲調と声が印象的で、湘南の夏の夜のドライブがパッとイメージされてしまいます。(Hiro)

荒井由実|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=suki5GuRhMo (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

新品価格
¥2,703から
(2018/7/26 22:32時点)

  • ”フリーウェイ”という言葉と、新宿に向かうと近づく高層ビル群が、いかにもアメリカの都市へと向かう”フリーウェイ”の景色と重なってしまいます。(Hiro)
  • 定番ですね。(MAHALO)
  • 新宿から調布方面にドライブ時にタイミングよくラジオからこの曲が流れたらラッキーです。(Yama)

America(アメリカ)|Ventura Highway(ヴェンチュラ・ハイウェイ)|Here & Now
https://www.youtube.com/watch?v=Ps2CMcyditQ (YouTube)

Here & Now

新品価格
¥787から
(2018/7/26 22:33時点)

  • アルバム「America|Here & Now」は2007年リリースの2枚組アルバムです。当時の新曲のDisc1と過去のヒット曲のライブ収録のDisc2共に、アコギと透明感のあるハーモニーはドライブのBGMに最適です。特にヒット曲「Ventura Highway」は秀逸です。(Koji)

山下達郎|RIDE ON TIME(ライド・オン・タイム)|COME ALONG 2
https://www.youtube.com/watch?v=xOAPa2b3p2s&feature=youtu.be&t=15m47s(YouTube)

COME ALONG2

新品価格
¥1,818から
(2018/7/26 22:34時点)

  • 夏のドライブには「山下達郎」がお薦めですが、人気DJが参加したンピレーション・アルバム「COME ALONG」シリーズは最適です。「RIDE ON TIME」で入道雲が目に入れば最高です。(Koji)
  • 発表当時は、カセットテープのみの販売でした。(Yama)

Nils(ニルス)|Pacific Coast Highway(パシフィック・コースト・ハイウェイ)
https://www.youtube.com/watch?v=rmreiMTiemg (YouTube)

Pacific Coast Highway

新品価格
¥1,598から
(2018/7/26 22:36時点)

  • 以前も紹介しましたが、曲のタイトルからもこれからの季節、海岸線のドライブにピッタリかと思います。アメリカ西海岸ですかね。(MAHALO)

Gregg Karukas(グレッグ・カルーカス)|Rio Drive(リオ・ドライブ)
https://www.youtube.com/watch?v=_8b47FQeGnM (YouTube)

Soul Secrets

新品価格
¥1,786から
(2018/7/26 22:37時点)

  • 「グレッグ・カルーカス」私のお気に入りのキーボディストの一人です。リオ・ドライブと如何にも夏向きのタイトルなのですが、考えたら南半球はこれから冬なんですよね。ちなみに、間奏のギター・ソロは「リカルド・シルヴェイラ(Ricardo Silveila)」です。(MAHALO)すごくリズミカルで、陽気で優しく。ドライブしてる感じになります。(Hiro)

今井美樹|DRIVEに連れてって
https://www.youtube.com/watch?v=0VZPPGDkj9A (YouTube)

IMAI MIKI TOUR 1999“未来” [DVD]

中古価格
¥3,608から
(2018/7/26 22:38時点)

  • タイトルのとおりドライブ・ソングですね。紹介のライブ映像とは違いますが、DVDとしてもリリースされた「未来」というタイトルのライブはギター好きには堪りません。今は亡き「松原正樹」、そしてこの映像にも出演の「今剛」の名演ライブと言えます。(MAHALO)

土岐麻子|イージュー”ライダー|CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~
https://www.youtube.com/watch?v=1ggSHajydRs (YouTube)

CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~ (MINI ALBUM)

新品価格
¥2,000から
(2018/7/26 22:39時点)

  • 土岐麻子の2012のカバーアルバム「CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~」も、お気に入りのドライブアルバムです。1曲目の「イージュー”ライダー」から、のオリジナルは、ご存知の通り、奥田民生/1996年です。奥田民生バージョンは https://www.youtube.com/watch?v=Mg7rtAWKdok です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・アニマル・ミュージック


去年のソメイヨシノ

去年のソメイヨシノ

先週末の3月19日(土)の福岡と名古屋を皮切りに、今年の桜前線がスタートしました。

関東でも、東京都心、八王子、前橋、横浜、小田原で、ソメイヨシノの開花が報告されました。すでに開花した地域の見ごろは、3月29日(火)~4月3日(日)です。

なお、3月25日(金)~3月28日(月)は、強い寒気が南下して「花冷え」になります。
桜の生長が足踏みして、今年は長く桜を愛でることができるかもしれません。

さて、3月のお気に入り曲のテーマは、「動物」です。
当ブログ執筆者がお勧めするタイトル名やアーチスト名に「動物」を含む曲を紹介します。

トーケンズ(The Tokens)|ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)
https://www.youtube.com/watch?v=_LBmUwi6mEo (YouTube)

Lion Sleeps Tonight

新品価格
¥1,228から
(2016/3/24 00:23時点)

  • 動物の歌でまず思い出すのはこの曲です。初めに聞いたのは、Kingston Trioだったかも。(Hiro)
    正直トーケンズの他の曲は知らないのですが、「動物」というと真っ先にこの歌を思い出します。(Koji)

エルトン・ジョン(Elton John)|クロコダイル・ロック(Crocodile Rock)
https://www.youtube.com/watch?v=Y2Ta0qCG8No (YouTube)

クロコダイル・ロック~ベスト・ヒッツ1970~1975

新品価格
¥1,980から
(2016/3/24 00:25時点)

  • 明るく乗りのよい曲調で、すぐ口ずさんでしまします。いまだにクロコダイルロックとは??で、どんなロックかわかりません。(Hiro)
  • クロコダイルとアリゲイターの違いは良くわからないのですが、「アリゲイター・ブーガルー」というのも記憶にある曲でした。(Koji)

アメリカ(America)|名前のない馬(A Horse With No Name)
https://www.youtube.com/watch?v=U-8QGcio0-w (YouTube)

名前のない馬

新品価格
¥1,585から
(2016/3/24 00:25時点)

  • アコースティック・サウンドに乗せた爽やかなハーモニー印象的でした。今でも色褪せません。(Koji)
  • アコースティック・サウンドに癒されます。(Yama)

ジミー・スミス(Jimmy Smith)|ザ・キャット(The Cat)
https://www.youtube.com/watch?v=PaKLB71QE4k (YouTube)

ザ・キャット

新品価格
¥990から
(2016/3/24 00:26時点)

  • オルガン(ハモンドB3)の名手ジミー・スミスの代表曲の一つ。ホーンとの絶妙なコラボも聴きどころのお薦めの名盤。(Koji)
  • ハモンド良いですね。(MAHALO)
  • このポップでファンキーな曲調が大好きです。(Yama)

サバイバー(Survivor)|アイ・オブ・ザ・タイガー(Eye Of The Tiger)
https://www.youtube.com/watch?v=btPJPFnesV4 (YouTube)

アイ・オブ・ザ・タイガー

新品価格
¥1,566から
(2016/3/24 00:27時点)

  • シルヴェスター・スタローン監督・主演の映画「ロッキー3」のテーマ・ソングとして使われ、全米No.1となったサバイバーの大ヒット曲です。印象に残るイントロで始まるこの曲は今でも格闘技番組などのBGMでよく使われています。(MAHALO)
  • 当時、音楽評論家の渋谷陽一がこのバンドとこの曲をラジオ番組で毒づいていたのを覚えています。私自身は、悪い印象はなかったのでショックでした。(Yama)

デイヴ・グルーシン(Dave Grusin)|子象の行進(Baby Elephant Walk)
https://www.youtube.com/watch?v=4v61EyyAces (YouTube)

酒とバラの日々~ヘンリ-・マンシ-ニに捧ぐ(Two For The Road)

新品価格
¥2,365から
(2016/3/24 00:27時点)

  • ヘンリー・マンシーニが映画「ハタリ!(1961年)」のサウンド・トラックとして書かれた曲の1曲です。印象に残るメロディー・ラインですが、デイヴ・グルーシンが自身のヘンリー・マンシーニ作品集で親しいミュージシャンらと演奏しています。(MAHALO)

アイザック・ヘイズ(Isaac Hayes)|黒いジャガーのテーマ(Theme From Shaft)
https://www.youtube.com/watch?v=nFvRvSxsW-I (YouTube)

Shaft: Music From The Soundtrack (1971 Film)

新品価格
¥893から
(2016/3/24 00:28時点)

  • ニューヨークの黒人私立探偵「シャフト」の活躍を描いた同名映画のサウンド・トラックの中の1曲です。映画の邦題は「黒いジャガー」と付けられました。アイザック・ヘイズが作曲したこの曲は、イントロから流れる「ワウ・ワウ」ギターのカッコ良さですが、ギターは「バーケイズ」の「ヴァーノン・バーチ」です。(MAHALO)
  • はい、この曲思い出しました。「ワウ・ワウ」いいですね。(Hiro)
  • 軽快な曲調はジャガーのイメージに良く合います。(Koji)

ザ・モンキーズ(The Monkees)|デイドリーム(Daydream Believer)
https://www.youtube.com/watch?v=nU615FaODCg (YouTube)

Greatest Hits

新品価格
¥961から
(2016/3/24 00:29時点)

  • 説明が要らない有名な曲です。当時の邦題は「デイドリーム・ビリーバー」ではなく、「デイドリーム」でした。今さらですが、グループ名Monkeyの綴りを1文字”y”を”e”に変えています。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・ドライブ・ミュージック


5月28日(水)に、早くも東京で真夏日を観測しました。
ゴールデンウィークを過ぎたら、突然、夏が始まりました。
今年は、春が短く、夏が長いようです。

5月の「お気に入り曲」のテーマは、「ドライブ」です。

当ブログ執筆者がお勧めするドライブ・ミュージック9曲とドライブ・アルバムを紹介します。
初夏のドライブのお供にどうぞ。

ハイファイセット|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=Wc-ou0d1dE4 (YouTube)

GOLDEN☆BEST/ハイ・ファイ・セット 荒井由実・松任谷由実・杉真理作品集

新品価格
¥2,290から
(2015/5/28 18:19時点)

  • この曲を聴きながら、夜、八王子方面から新宿に向かって車を運転して来ると、西新宿の高層ビルが視界に入ってきて、そして、その中を通り抜けて、代々木、赤坂見附へと通り抜けていく、、このシーンが30数年前の、やはり夜、ロスアンゼルスのサンタモニカからダウンタウンに向かってサンタモニカフリーウェイを走っていた時のドライビングシーンといつも重なります。この曲は、このドライビングシーンにピッタリの曲なのです。(Hiro)
  • タイトルがフィクションなので、多少の理想も含まれている歌詞ですが、東京~八王子がリゾート線のように感じます。(Yama)

ZARD|揺れる想い
https://www.youtube.com/watch?v=FJq4zK1aS2I (YouTube)

ZARD What a beautiful memory 2007 [DVD]

新品価格
¥3,340から
(2015/5/28 18:21時点)

  • 初夏のドライビングを、この曲を聴きながら楽しむと、本当に新緑の蒼さが、山道、田圃道、どこでも目に沁みてきます。緑が生き生きとせまってくる感じがします。(Hiro)

CASIOPEA vs T-SQUARE|Truth ~ Asayake
https://www.youtube.com/watch?v=CVrcjN2PTi8 (YouTube)

CASIOPEA VS THE SQUARE THE LIVE!! [Blu-ray]

新品価格
¥6,372から
(2015/5/28 18:24時点)

CASIOPEA VS THE SQUARE LIVE

新品価格
¥2,457から
(2015/5/28 18:24時点)

  • 日本のFusion2大バンドの競演による各々の代表曲です。2003年のライブのようすですが、CDやDVDもありますが、Blu-Rayで楽しむのも良いかも知れません。(Koji)
  • 凄く贅沢で豪華な対決です。(Yama)

ジャン&ディーン(Jan & Dean)|パサデナのおばあちゃん(Little Old Lady From Pasadena)
https://www.youtube.com/watch?v=ZmZPbzPOEL8 (YouTube)

パサディナのお婆ちゃん

新品価格
¥675から
(2015/5/28 18:25時点)

  • 1964年、オリンピックの年のヒット曲でした。そのタイトルと共に軽快なメロディは今でも耳の奥に残っています。(Koji)
    パサデナ、懐かしいです。ロスアンゼルス ダウンタウンから、車で30分ぐらいでしょうか。そこから、リトル東京のアルバイト先に通ってくる、おねえさん(おばさんではなく)いました。(Hiro)

アメリカ(America) |ヴェンチュラ・ハイウェイ(Ventura Highway)
https://www.youtube.com/watch?v=wc34k_tZ2VU (YouTube)

Here & Now

新品価格
¥1,189から
(2015/5/28 18:26時点)

  • 1972年当時はカセットテープに録音して良く聴いていました。2007年リリースのアルバム「Here & Now」がお薦めです。35年の月日が経過してもAmericaサウンド健在です。(Koji)
  • 私もこの曲はよく聴きました。メロディーもですが特にイントロのギターが印象に残ります。「Janet Jackson」も「Someone To Call My Lover」という曲でこのイントロをサンプリングしていました。(MAHALO)

ニルス(Nils)|パシフィック・コースト・ハイウェイ(Pacific coast Highway)
https://www.youtube.com/watch?v=rmreiMTiemg (YouTube)

Pacific Coast Highway

新品価格
¥1,349から
(2015/5/28 18:27時点)

  • ニルスはドイツ、ミュンヘン出身で現在はロサンゼルスで活躍するギタリストです。タイトルからもドライブ・ミュージックにお勧めです。ロサンゼルスは無理にしてもこの曲を聴きながら海岸をドライブしてみたいものです。(MAHALO)
  • 気持ちが良いメロディです。(Yama)

ジム・アドキンス(Jim Adkins)|シティ・ストリート(City Streets)
https://www.youtube.com/watch?v=xOOuwjHOA34 (YouTube)

City Streets

新品価格
¥1,114から
(2015/5/28 18:27時点)

  • 最近お気に入りのギタリストです。この曲が収録されたアルバムのジャケットからも、夜のニューヨークをドライブするのに良いかと思います。と言ってもニューヨークに行った事は一度もないのですが。(MAHALO)
  • 夜、都会を車で走り抜ける爽快さを感じますね。もちろん、都会的洒落たセンスで大都会、ニューヨークをドライブイング、いいですね。車はベンツのオープンでしょうか。(Hiro)

クレイジーケンバンド|GT
https://www.youtube.com/watch?v=Yinrv654lYQ (YouTube)

グランツーリズモ

新品価格
¥7,800から
(2015/5/28 18:28時点)

  • クレイジーケンバンドは、元クールスの横山剣が率いる男気あふれるソウル・ミュージック・バンドです。2002年に陽の目を見たアルバム「グランツーリズモ」のオープニング曲がこの「GT」です。車の運転中にこの曲を聴くと、普段より、少しだけスピードが速くなります。(Yama)

大滝詠一|1969年のドラッグ・レース
https://www.youtube.com/watch?v=6tye60cgY6k (YouTube)

EACH TIME 30th Anniversary Edition

新品価格
¥1,895から
(2015/5/28 18:28時点)

  • 私の夏の定番のドライブアルバムは、「大滝詠一」の1984年のアルバム「EACH TIME」です。収録曲すべてが代表曲ですが、ドライブ中のお気に入りは車つながりで「1969年のドラッグ・レース」です。動画は、映画「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」から、現在は「ピンポン THE ANIMATION」などで活躍している湯浅政明氏が作画したドライブシーンをお楽しみください。(Yama)
  • アルバム「EACH TIME」はドライブの必携盤ですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

America vs NSP、そして何故か岩崎宏美


Mt_Fuji富士山の世界文化遺産への登録が間近のようです(フジヤマNAVI)。

約40年程前、当時学生時代を過ごしたアパートの部屋からは、この富士山を見ることができました。
徹夜での麻雀を終えて、朝もやが晴れた後に出現する富士山の眺望は格別なものがありました。特に、麻雀の成績が良かった朝は至福の瞬間(ひととき)でした。

そして、眠気覚ましに飲む淹れたてのドリップ・コーヒーと共に、良く聴いていた記憶があるのがこんな曲でした。

アメリカ(America)名前のない馬(A Horse With No Name)
http://www.youtube.com/watch?v=KLla_valwc0 (YouTube)

名前のない馬[紙ジャケットCD]

新品価格
¥1,975から
(2013/6/4 15:38時点)

アメリカ(America)は、ジェリー・ベックリー(Gerry Beckley)、デューイ・バネル(Dewey Bunnell)、ダン・ピーク(Dan Peek)のロンドンのアメリカンスクールに通う3人によって結成され、1971年にデビューしています。
全員アメリカ生まれですが、ロンドンに駐留していたアメリカの軍人を父に持つ3人組です。

彼らのアルバム「アメリカ(America)|名前のない馬(原題:America)」を、私の友人が買ったLPレコードからカセット・テープにダビングして聴いていたと思います。何しろ貧乏学生にとって当時2,000円前後したLPレコードは高嶺の花でした。
アパートの近くの定食屋では100円~120円で1食が賄えました。150円も出せばオプション付きの豪華な晩餐でした。しかし、麻雀で負けた時はインスタントラーメンの日々でしたが。

そんな貧乏学生が漸くの思いで揃えたオーディオ・システムは、記憶を辿れば次の構成だったと思います。

  • SANSUIのFM/AMレシーバー(SAX350-D)
  • SONYのステレオ・カセットデッキ(TC-2050SD)
  • CEC(中央電子)のベルト・ドライブのレコードプレーヤー(BD320)
  • FOSTER(現ブランド名:FOSTEX)の小型スピーカー(型式不明)

当然ながら一度に揃えることはできず、帰省から戻る都度、秋葉原に途中下車をして買い増して行ったと思います。スピーカーは1本づつ揃えたため、左右で若干色が違っていました。
尚、記憶の確認には、中古オーディオ専門店「ショップアフロオーディオ」のサイト、「オーディオの足跡」を参考にさせて貰いました。

そんなオーディオ・システムで良く聴いたアメリカですが、当ブログのマイフェバリット・ソングス・シリーズで「お気に入り曲」として紹介した、サイモン&ガーファンクル(S&G)の「スカボロフェア」や、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)の「ティーチ・ユア・チルドレン」と云ったフォーク・ロック系のグループが好みだった私にとって自然な流れだと思います。

朝の爽やかな時間に合う素朴なサウンドが魅力のアメリカですが、そのアルバムがミリオンセラーとなり、1973年のグラミーー賞の最優秀新人賞を受賞しています。その後、オリジナル・メンバーの一人ダン・ピークは1977年に脱退し、2011年に亡くなっています。
そして40年の時が流れ、残りの二人を中心に今もアメリカは健在です。

久々の新曲(Disc1)と過去のヒット曲のライブ(Disc2)の2007年リリースの2枚組CD「America|Here & Now」がお薦めです。

Here & Now

新品価格
¥873から
(2013/6/4 15:40時点)

また、2005年のシカゴ・ライブを収めたDVD、「America|Live in Chicago [Blu-ray] 」も併せて如何でしょうか?

Live in Chicago [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥950から
(2013/6/4 15:41時点)

年輪を重ねたアメリカの映像があります。

AMERICAVentura Highway
http://www.youtube.com/watch?v=PYWBtzOI94Y (YouTube)

40年前の私の住んでいた部屋の隣から、夕方近くなるとこんな歌が良く聞こえてきました。

NSP夕暮れ時はさびしそう
http://www.youtube.com/watch?v=o89JAbD0anQ (YouTube)

隣の部屋の住人がギターに併せて歌っていました。幾分調子のずれたその歌は富士山の夕景に似つかわしくなく、憂鬱な気持ちを運んできてくれました。その歌の主(ぬし)とは殆ど会話をした記憶は残っていません。
その歌のバンド名や曲名は後で知りましたが、彼の歌声が耳に残っていて、結局好きになることはありませんでした。
そんな一関高専出身の三人組の、私にとって不幸なバンドとなったNSP(N.S.P)ですが、リーダーの天野滋(あまのしげる)が2005年に52歳で亡くなっています。今は中村貴之だけががソロ活動を続けているようです。
40周年記念のアルバム「NSPデビュー40周年メモリアル・ドリームライブ~70年代をもう一度~」が6月26日に発売されます。





NSP/NSPデビュー40周年メモリアル・ドリームライブ~70年代をもう一度~ [PCCA-03853]

更にその隣には麻雀仲間の同級生が住んでいました。
彼の高級オーディオ・システムはアンプとチューナーは別々で、プレーヤーはダイレクトドライブでした。しかも、何と言ってもステレオ・テープデッキはソニーのオープンリールの本格派だったと思います。
そんな彼の部屋の壁には山口百恵に代わって、岩崎宏美の等身大のポスターが貼られた記憶があります。「スター誕生!」で最優秀賞となり、デビューする頃だった気がします。

岩崎宏美二重唱(デュエット)
https://www.youtube.com/watch?v=Cz667RpCTlQ (YouTube)

<COLEZO!>岩崎 宏美

新品価格
¥1,586から
(2013/6/4 15:46時点)

私個人としては、「聖母(マドンナ)たちのララバイ」で漸く彼女の良さがわかるようになりました。
ビクター・カタログ・シリーズ<COLEZO!>のベスト盤CDもありますが、最近リニューアルされたHD高品質音楽配信e-onkyo musicのハイレゾ(CDの音源より高解像度=ハイレゾリューション)音源の配信もお薦めです。

<COLEZO!>岩崎宏美
【K2HD】VICTOR STUDIO HD-Sound.

CD(44.1kHz/16bit)に対してこの音源(96kHz/24bit)で約3.3倍の情報量とのことです。ハイレゾの詳しい説明はこちらです。但し、再生環境についても確認を忘れないで下さい。

USB-DAC(USB Digital-to-Analog Converter)と無料再生ソフトの入手で簡単に入れるPCオーディオの世界ですが、今も昔も高級品は青天井の世界ですので、充分気を付けて下さい。

そんな朝の音楽に、最近売りだしたセブン・イレブンの100円のドリップ・コーヒーも一緒にお薦めいたします。

(編集部注:ダイレクトドライブとは、低速モーターをターンテーブルに直結して駆動させる方式。トルクが強く、始動から一定の回転速度になるまでの時間が短く、回転が安定している。)