タグ別アーカイブ: 60’s

60年代の女性ボーカルグループ「シュレルズ」「パリス・シスターズ」「シフォンズ」


先日、友人と居酒屋で飲んでいましたら、「The Shirells」の「Will You Still Love Me Tomorrow」がかかり、あらためて「’60」はいいなあ、と思いました。特に、女性ボーカルグループ。

このブログでもたびたび紹介していますが、最初は「シュレルズ」(The Shirells)を紹介します。

シュレルズ(The Shirells)|ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(Will You Love Me Tomorrow)
https://www.youtube.com/watch?v=3irmBv8h4Tw (YouTube)

THE BEST OF SHIRELLES

新品価格
¥1,179から
(2018/11/30 11:39時点)

春風に誘われて~先週は渋谷のライブハウスでオールディーズでも紹介しました。

シュレルズ」は、1960年代初め活躍した女性4名の人気ボーカルグループです。メンバーは、シャーリー・オーウェンズ(Shirley Owens)、ドリス・コリー(Doris Coley )、アディー・ミッキー・ハリス(Addie Micki Harris)、ビバリー・リー(Beverley Lee)です。

最初のシングルは、「アイ・メット・ヒム・オン・ア・サンデー」(I Met Him on a Sunday)。そして、最初のヒット曲は、「トゥナイツ・ザ・ナイト」(Tonight’s the night)です。

シュレルズ(The Shirells)|トゥナイツ・ザ・ナイト(Tonight’s the night)
https://www.youtube.com/watch?v=n0-W7Uiic5o (YouTube)

Tonight’s The Night / Sing To Trumpets And Strings

新品価格
¥1,199から
(2018/11/30 11:40時点)

少女の初めての体験への心の内を歌った、若さの溢れた、いかにも、60年代初めのヒット曲という感じです。

そして、「ベイビー・イッツ・ユー」(Baby it’s you)も。

シュレルズ(The Shirells)|ベイビー・イッツ・ユー(Baby it’s you)
https://www.youtube.com/watch?v=8clnxViHdp8 (YouTube)

バート・バカラック、バーニー・ウィリアムスの共作とは知りませんでした。私は、この曲はビートルズ(The Beatles)の曲とずっと思っていました。

パリス・シスターズ」は、癒しの「パリス・シスターズ」ザ・パンチ・パンチ・パンチのお姉さん「モコ・ビーバー・オリーブ」でも紹介しています。

メンバーは、アルベス(Albeth)、シュレル(Sherrell)、プリシラ(Priscila)の三姉妹です。

パリス・シスターズ(The Paris Sisters)|わすれたいのに(I LOVE HOW YOU LOVE ME)
https://www.youtube.com/watch?v=1vyEIz7FDSE (YouTube)

コンプリート・フィル・スペクター・セッションズ

新品価格
¥12,800から
(2018/11/30 11:41時点)

その他のヒット曲は、「ヒー・ノウズ・アイ・ラヴ・ヒム・トゥー・マッチ」(He Knows I Love Him Too Much)と「オール・スルー・ザ・ナイト 」(All Through The Night)に、ドリーム・ラヴァー(Dream Lover)があります。

パリス・シスターズ(The Paris Sisters)|ドリーム・ラヴァー(Dream Lover)
https://www.youtube.com/watch?v=Sc6ONyYpbT0 (YouTube)

オールウェイズ・ヘヴンリー パリス・シスターズ・アンソロジー

新品価格
¥5,034から
(2018/11/30 11:41時点)

シフォンズ」は、1960年代活躍した、ジュディ・クレイグ(Judy Craig)、パトリシア・ベネット(Patricia Bennett)、バーバラ・リー(Barbara Lee)のシルヴィア・ピーターソン(Sylvia Peterson)の四人組コーラスグループ。「シュレルズ」のコーラススタイルの影響を受けているグループです。

シフォンズ(The Chiffons)|ワン・ファイン・デイ(One Fine Day)
https://www.youtube.com/watch?v=KvyOqKhKWQ4 (YouTube)

One Fine Day-26 Hits

新品価格
¥730から
(2018/11/30 11:43時点)

ジェリー・ゴフィンとキャロル・キングが作詞作曲した「ワン・ファイン・デイ」がヒット。

シフォンズ(The Chiffons)|ヒーズ・ソー・ファイン(He’ s So Fine)
https://www.youtube.com/watch?v=rinz9Avvq6A (YouTube)

Sweet Talkin Girls: The Best of

新品価格
¥1,333から
(2018/11/30 11:45時点)

この「ヒーズ・ソー・ファイン」は、ビートルズ、ジョージ・ハリスンの「マイ・スイート・ロード」(My Sweet Road)との類似性が指摘され、「シフォンズ」側は著作権侵害を主張して訴えを起こしました。判決はハリスンが意識しないままに盗用したものと認定されました。

1960年代ヒット曲はまだまだ、数多く記憶に残っています。

「六本木ケントス」でBack to the Oldies !


久しぶりに、六本木ケントスに行ってきました。今回も、演奏バンドは「フレイムス」、女性ボーカルは「ユキエ」でした。

本ブログで、「50’s 60’sのKENTO’Sは、OLDIES BUT GOODIES」にて「ケントス」を紹介させていただきました。
やはり、50年代、60年代の曲は聴くたびに若かったころのいろいろな情景を思い出させてくれます。

女性は「ポニーテール」に「フレアスカート」、男性は「リーゼント」、これで「ツイスト」を踊れば、本当に懐かしい世界に「Back to the Olday’s !」です。

サム・クック(Sam Cooke)|ツイストで踊りあかそう(Twistin’ the Night Away)
https://www.youtube.com/watch?v=jSoPeZMHMf4 (YouTube)

ツイストで踊りあかそう

新品価格
¥1,473から
(2016/2/12 14:36時点)

サム・クックは、ゴスペル・グループのボーカルからソロ歌手としてデビュー。数々のヒット曲出しています。「Twistin’ the Night Away」は、1962年に発売されました。作詞・作曲もクック自身で、Billboard Hot 100では9位にランクされました。

チャビー・チェッカー(Chubby Checker)| レッツ・ツイスト・アゲイン(Let’s Twist Again)
https://www.youtube.com/watch?v=KxQZQ86jJHg (YouTube)

Best of 1959-1963

新品価格
¥732から
(2016/2/12 14:37時点)


「Let’s Twist Again」は、チャビー・チェッカーが1961年にリリース、大ヒットとなりました。Billboard Hot 100では8位にランクされました。
また、1962年のグラミー賞も受賞しています。

ツイストは、両腕を左右に振り、腰をねじるダンスです。
チャビー・チェッカーの「ツイスト(The Twist)」は多くの若者に瞬く間に広まり、1960年の大ヒット曲となりました。ビルボード・ホット100の第1位に、そして62年に再び第1位になりました。

チャック・ベリー(Chuck Berry)|ジョニー・B・グッド(Johnny B. Goode)
https://www.youtube.com/watch?v=ZFo8-JqzSCM (YouTube)

ジョニー・B.グッド~チャック・ベリー・ベスト・セレクション

新品価格
¥1,644から
(2016/2/12 14:38時点)


「ジョニー・B.グッド」は、チャック・ベリーにより1958年に発売されました。
そして、ザ・ビートルズ、ザ・ビーチ・ボーイズ、エルヴィス・プレスリー、エアロスミス、ジミ・ヘンドリックス、等々世界の多くの一流アーティストによりカバーされています。

また、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年)でタイムスリップした主人公のマーティ・マクフライが、ダンスパーティでこの「ジョニー・B・グッド」を演奏するシーンがあり、そして、この曲を、チャック・ベリーに「素晴らしい曲」と伝えるシーンもありユニークな「曲」の扱いになっていました。

バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX [Blu-ray]

新品価格
¥5,040から
(2016/2/12 14:39時点)


矢沢永吉とジョニー大倉がいた、ロックバンド「キャロル」もファーストアルバム「ルイジアンナ」にこの曲を収録したり、ライブで演奏して日本でも有名になりました。

ルイジアンナ

新品価格
¥1,873から
(2016/2/12 14:40時点)


「ツイスト」は60年代流行しましたが、1965年頃からは「モンキーダンス」、そして「ゴーゴー」へとダンスの流行が移って行きました。

50’s & 60’sのKENTO’Sは、OLDIES BUT GOODIES


ザ・ヒットパレードでは、1960年代の洋楽ポップスが数多く歌われていましたが、今でもその50’s & 60’sをライブで聴かせてくれているお店が、「KENTO’S」です。
KENTO’Sという名前のお店は、全国の主要都市にたくさんありますが、私は「六本木KENTO’S」に今でも通っています。
最初に行ってから、もう、25年以上になると思います。

「KENTO’S六本木店からのメッセージ」
本店の六本木店は創業当時のコンセプトを貫き、エルヴィス・プレスリー、コニー・フランシス、ポール・アンカ、ニール・セダカに代表される、1950~60年代のアメリカンポップス、ロックンロールを毎夜お届け、”OLDIES BUT GOODIES(古き良き音楽)”をテーマにし他店とは魅力を異にしたエキサイティングな夜を提供しております。

まさに、「ザ・ヒットパレード」の世界です。

私の好きな50’s & 60’sの曲を紹介します。

ジョニー・ティロットソン(Johnny Tillotson) | ポエトリー・イン・モーション(Poetry In Motion)
http://www.youtube.com/watch?v=OgHqrblncao (YouTube)

ジョニー・ティロットソンズ・ベスト 12(K2HD/紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,160から
(2013/2/18 12:12時点)


チャビー・チェッカー(Chubby Checker)|レッツ・ツイスト・アゲイン (Let’s twist again)
http://www.youtube.com/watch?v=aWaJ0s0-E1o (YouTube)

Best of 1959-1963

新品価格
¥554から
(2013/2/18 12:16時点)


KENTO’Sの成り立ちは、次の通りです。

1976年 – 六本木俳優座のそばにあったレストラン(跡地は現在別のオールディーズ系ライブレストラン「シルビー」となっている)で、黒澤明の息子「黒澤久雄」、「近田春夫」、ヴィレッジシンガーズのドラマー「林ゆたか」らが集まり、オールディーズを自分たちが演奏するパーティを開いた。その店のオーナー安本が、ツイストを熱狂的に踊る客を見て、「林ゆたか」にプロデュースを頼んで作った店。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(2012年10月18日 14:17 UTC)

今、六本木KENTO’Sはリーゼントが似合う「フレイムス」というバンドが、ほぼ毎日演奏しているのですが、たまに、「スリービックリーズ」という女性ボーカル3人のグループが出演しています(スリービックリーズの紹介記事はこちら)。

スリービックリーズ | モータウンメドレイ
http://www.youtube.com/watch?v=sN7B_ZDQVKA (YouTube)

恋のモーレツラッパ吹き(音符記号)

新品価格
¥6,000から
(2013/2/18 12:20時点)


この中の、チェリーこと「小川里永子さん」は、俳優や声優等をやりながら、赤坂の「BONTON」というステージのあるクラブで歌っていました。現在は、閉店しましたが、たまに行く機会がありましたのでもう15年以上前から彼女の歌声を聴いていました。

50’s & 60’sは、私が音楽に親しむ原点となりました。聴いたほとんどの歌は、欧米のポップスの日本語訳を日本の歌手の人たちが歌っていました。若者が青春を謳歌する歌がほとんどだったと思います。
「ポニーテール」「リーゼント」「ツイスト」などが流行り、青春予備軍(私たちは小学校高学年)は、このころの歌で、ちょっと背伸びをして大人の雰囲気を味わっていました。

六本木ケントス物語

中古価格
¥119から
(2013/2/18 12:17時点)