タグ別アーカイブ: 高校教師

<おくやみ>伝説のシンガー・ソングライター、森田童子さん死去、「高校教師」の主題歌がヒット


カーリーヘアにサングラス、殆どその素顔を見せることのなかった、伝説のシンガー・ソングライターの森田 童子(もりた どうじ、本名非公開、1953年1月15日 – 2018年4月24日)さんが4月に亡くなっていたとのニュースがありました。4月24日に心不全のため自宅で死去されていたとのことです。65歳でした。

シンガー・ソングライター 森田童子が逝去 – TOWER RECORDS ONLINE

シンガー・ソングライター 森田童子が逝去 - TOWER RECORDS ONLINE

当ブログにも何度か登場していますが、1993年野島伸司の脚本でテレビドラマ「高校教師」の主題歌に1976年発売のシングル「ぼくたちの失敗」が使われ、大ヒットとなりました。この曲のYouTube映像で彼女の貴重な動く姿を見ることができます。

【Music Video】森田童子「ぼくたちの失敗」
https://www.youtube.com/watch?v=iER-NZ7GoM8 (YouTube)

そして、話題となった「高校教師」の謎の残るエンディング映像もあります。

ドラマ「高校教師」エンディング
https://www.youtube.com/watch?v=9CJ4pxNuNRI (YouTube)

高校教師 DVD BOX

新品価格
¥16,106から
(2018/6/16 03:25時点)


一部ではカリスマ的な人気のあった彼女ですが、その情報は決して多くありません。そんな彼女を知る情報源として、コアなファンによると思われる「森田童子研究所」というサイトがあります。興味のある方は覗いてみて下さい。

最近、メディアを賑わせている「日大アメフト事件」ですが、そのニュースに伴って50年前の「日大闘争」が話題になることがあります。デビュー前の森田童子の高校時代の頃だったと思います。正確な情報は不明ですが、彼女の曲にはそういった時代背景が色濃く影響しているように感じます。尚、高校は中退したらしいそうです。

みんな夢でありました
https://www.youtube.com/watch?v=uiXDF4jcZXM (YouTube)

森田童子は1983年に引退しており主婦として暮らしていたとのことです。そして、彼女のアルバムは長く廃盤でしたが、2016年に初CD化を含む全9タイトルがSHM-CD&リマスターで再発売されています。

心より哀悼の意を表します。

GOOD BYE グッドバイ

新品価格
¥2,257から
(2018/6/16 03:41時点)

マザー・スカイ

中古価格
¥3,409から
(2018/6/16 03:43時点)

A BOY ボーイ

中古価格
¥4,280から
(2018/6/16 03:46時点)

東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤

中古価格
¥4,480から
(2018/6/16 03:46時点)

ラスト・ワルツ

中古価格
¥4,580から
(2018/6/16 03:49時点)

友への手紙 森田童子自選集

中古価格
¥3,280から
(2018/6/16 03:50時点)

狼少年 wolf boy

中古価格
¥2,410から
(2018/6/16 03:51時点)

ぼくたちの失敗 森田童子ベストコレクション

新品価格
¥2,463から
(2018/6/16 03:52時点)

夜想曲

新品価格
¥2,257から
(2018/6/16 08:37時点)

「サヨナラ」ダケガ人生ダ


唐の詩人、于武陵(う ぶりょう、810年 – ?)の作品に、唐詩選に収められた『勧酒(かんしゅ)』と題する五言絶句があります。

  『勸酒』   酒(さけ)を勧(すす)む
勸君金屈巵  君(きみ)に勧(すす)む 金屈卮(きんくつし)
滿酌不須辭  満酌(まんしゃく) 辞(じ)するを須(もち)いず
花發多風雨  花(はな)発(ひら)いて 風雨(ふうう)多(おお)し
人生足別離  人生(じんせい) 別離(べつり)足(た)る

出典:WEB漢文大系

この漢詩を小説家の井伏鱒二(いぶせますじ、1898年 – 1993年)は次のように訳しました。

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

出典:井伏鱒二『厄除け詩集』

厄除け詩集 (講談社文芸文庫)

新品価格
¥987から(2013/3/22 11:19時点)


桜の開花予想も早まり、例年より大分早い桜の訪れになるようです。卒業や転勤の多いこの頃、何故かこの言葉が気になります。
「サヨナラ」ダケガ人生ダ...

前にも書いた1969の頃に、「時には母のない子のように」でデビューしたカルメン・マキ(本名は非公表、1951年 -)の歌った曲に、「さよならだけが人生ならば」もありました。

カルメン・マキさよならだけが人生ならば
http://www.youtube.com/watch?v=gbHq2Yg2ZMc (YouTube)

真夜中詩集 - ろうそくの消えるまで –

新品価格
¥2,980から
(2013/3/22 11:31時点)


この曲の作詞も「時には母のない子のように」と同じく、演劇実験室「天井桟敷」を主宰し、メディアの寵児的存在であった寺山修司(1935年 – 1983年)でした。
詩人や劇作家としてだけではなくマルチなタレントぶりで、「僕の職業は寺山修司」と言っていたそうです。競馬にも造詣が深く馬主でもありました。

その寺山修司の主催する「天井桟敷」の舞台を見て、感銘し入団したのがカルメン・マキ(当時の通称は伊藤牧)です。
初舞台となった「天井桟敷」の公演『書を捨てよ、街へ出よう』がきっかけで歌手デビューします。寺山修司監修アーティスト「カルメン・マキ(17歳)」の誕生です。

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

新品価格
¥540から
(2013/3/22 11:27時点)


デビュー・アルバムとなった「カルメン・マキ|真夜中詩集 - ろうそくの消えるまで -」に「さよならだけが人生ならば」は入っています。
井伏鱒二の訳詞にある言葉に触発されて生まれたと思われる、寺山修司作詞のこの曲を、その歌詞と合わせて味わってみて下さい。
そして、そのアンサーソングとも云われる曲、「だいせんじがけだらなよさ」と続けて聴くと、より印象的です。同じアルバムの収録曲です。

カルメン・マキだいせんじがけだらなよさ
http://www.youtube.com/watch?v=6Ja5P0I_GY8 (YouTube)

彼女は「時に母のない子のように」のヒットのご褒美で貰ったレコードプレーヤーで聴いたジャニス・ジョプリン(以前の記事)の影響を受け1970年にロックに転向します。
その後、出産や育児による一時的な休止期間がありましたが音楽活動を続けています。
最近ではジャズ・ミュージシャンとの活動も多く、昨年の横濱ジャズプロムナードでは、ジャズの街「横浜」でHiroさん紹介のドルフィーに出演していました。
首都圏だけでなく関西方面のツアーもあるようです。

一般発売 / カルメン・マキ|2013/4/5(金)|ウィンターランド(兵庫県)icon チケットぴあ

井伏鱒二の弟子であった太宰治(だざいおさむ、本名:津島修治、1909年 – 1948年)は、未完の遺作となった『グッド・バイ』における「作者の言葉」で次のように綴っています。

唐詩選の五言絶句の中に、人生足別離の一句があり、私の或る先輩はこれを「サヨナラ」ダケガ人生ダ、と訳した。まことに、相逢った時のよろこびは、つかのまに消えるものだけれども、別離の傷心は深く、私たちは常に惜別の情の中に生きているといっても過言ではあるまい。

出典:太宰治『グッド・バイ』

グッド・バイ (新潮文庫)

新品価格
¥546から
(2013/3/22 11:33時点)


この太宰の小説の題名と同じタイトルのアルバム「グッド・バイ」でデビューしたのが、今で云うシンガーソングライターの森田童子(もりたどうじ、本名不詳、1952年 -)でした。
学園闘争が未だ盛んだった1969の頃に高校生活(中退)を送り、友人の死をきっかけに歌い始めたそうです。
シングルとしてデビュー曲となった「さよなら ぼくの ともだち」が、最後に収まっています。1975年のリリースです。

森田童子さよなら ぼくの ともだち
https://www.youtube.com/watch?v=_KVuJT3Z3z8 (YouTube)

当時のフォーク系のシンガーに多かったように、彼女もメディアへの露出は殆どありませんでした。独特のカーリーヘアとサングラス姿だけが印象に残っています。
そんな彼女の作品を広く世間に紹介することになったのは、1993年にTBS系列で放送されたテレビドラマ「高校教師」でした。

脚本家の野島伸司(のじましんじ、1963年 -)が高校生の時に、たまたま行ったライブハウスで歌う彼女を知り、強く印象にあったようです。そのドラマの主題歌が「ぼくたちの失敗」です。

高校教師 DVD BOX

新品価格
¥16,468から
(2013/3/22 11:35時点)


森田童子ぼくたちの失敗
https://www.youtube.com/watch?v=iER-NZ7GoM8 (YouTube)

ぼくたちの失敗 森田童子/ベスト・コレクション

中古価格
¥1,549から
(2013/3/22 11:37時点)


「ぼくたちの失敗~森田童子/ベストコレクション~」には何れの曲も含まれています。
このアルバムのギターは、アコースティックでは草分けの石川鷹彦(いしかわたかひこ、1943年)が担当しています。
「六文銭」の初期メンバーで、カルメン・マキと同じ「さよならだけが人生ならば」を出した1968年は未だ所属していました。

混沌とした1969の頃に卒業や別れを経験し、何の抵抗感もなく浪人生活に入った者にとって、それも「ぼくたちの失敗」のひとつだったかも知れません。

我が家の庭先の早咲きの桜は既に満開です。Sakura01