タグ別アーカイブ: 金坂征広

活躍するバークリー出身の若手ミュージシャンたち(1)


新星続々 ジャズ界活況」と云った記事(読売新聞2018年7月28日付 「週刊エンタメ」)で特集されていたように、ジャズ界を中心に若手ミュージシャンの台頭が注目されているようです。特に、その記事によると、

1940年代後半から50年代にかけての、進駐軍ジャズの時代、70年代のフュージョン・ブームの時代と、日本ジャズ界は黄金期を築いたが、その後、若者のジャズは離れが進み、90年代以降、新陳代謝がなかなか進まず、停滞傾向が続いていた。そんな中、2003年デビューのピアニスト、上原ひろみが世界的な活躍を展開、この状況に風穴を開けていた。そして、ここにきての新たな流れ。
ジャズ評論家の児山紀芳は「新鋭が続々と飛躍した1960~1970年代の活況に似ている」…

まずはその記事にも登場している1991年生まれで、千葉県流山市出身の「曽根麻央(そねまお)」です。彼の公式ウェブサイトによると、18歳でバークリー音楽大学より全額奨学金を得て渡米し、2016年には同大学の修士(Master)課程の第1期生として首席(summa cum laude)で卒業した若き俊英です。その彼がこの4月に異例の2枚組セルフ・プロデュース・メジャー・デビュー・アルバム「曽根麻央(Mao Sone) | インフィニット・クリーチャー(Infinite Creature)」を発表しています。

曽根麻央 (MAO SONÈ)|インフィニット・クリーチャー( INFINITE CREATURE)
https://www.youtube.com/watch?v=W_5c_PggLKk (YouTube)

Infinite Creature

新品価格
¥3,140から
(2018/10/12 11:50時点)

このアルバムのディスク1がアコーステック、ディスク2がエレクトリックの構成になっています。各々のメンバーは次の通りです。

[DISC 1-Acoustic]
・Mao Soné – trumpet, piano, percussions, voice
・Yuji Ito(伊藤勇司) – acoustic bass
・Misaki Nakamichi (中道みさき)– drums
-guest musicians-
・Tact Yamada(山田拓斗) – violin , mandolin
・Masateru Nishikata(西方正輝) – cello

[DISC 2-Electric]
・Mao Soné – trumpet, flugelhorn, piano, synthesizers, percussions, voice
・May Inoue (井上銘)– guitar
・Ren Yamamoto (山本連)– electric bass
・Hiro Kimura (木村紘)– drums

アコースティックのトリオによるライブ映像があります。

Mao Soné Trio | Grateful [名古屋スターアイズにて]
https://www.youtube.com/watch?v=JpWmYjy_1sU (YouTube)

以前、当ブログ記事(横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(1)(2))で紹介した「中道みさき」の成長した姿があります。当時高校生であった彼女は、その後一旦は和歌山大学に入学したようですが、一年後にこちらもバークリー音楽大学の全額奨学金を受け2013年に単身渡米、飛び級にて3年間で優秀な成績を修め卒業とのことです。
テリ・リン・キャリントン(Terri Lyne Carrington)仕込みのドラムを確かめて下さい。こちらも以前の記事(JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(2))に登場したテリ・リン・キャリントンがバークリーで教えていました。

そして一方のエレクトリック・カルテットの映像はこちらです。

Mao Soné Quartet |SkyFloor : Brightness Of The Lives [曽根麻央]
https://www.youtube.com/watch?v=BXPVu2yRW-U (YouTube)

このカルテットにも、過去の記事(60年代の高校生とジャズ「坂道のアポロン」)に登場した「井上銘」がギターで参加しています。彼は昨年3作目となるリーダーアルバム「井上銘 | STEREO CHAMP(ステレオチャンプ)」をリリースしています。

MAY INOUE | STEREO CHAMP : BLUE NOTE TOKYO 2018 trailer
https://www.youtube.com/watch?v=XuZLIvIXBqU (YouTube)

STEREO CHAMP / ステレオチャンプ

新品価格
¥2,701から
(2018/10/12 11:52時点)

更に、読売新聞の記事に登場したミュージシャンにBIGYUKIビッグユキ平野雅之[ひらの・まさゆき])がいます。ニューヨークで活動中の彼に密着したドキュメンタリー番組が3月に放映されました。

ニューヨーク この街で生きる BIGYUKI (NHK BS1『明日世界が終わるとしても』)
https://www.youtube.com/watch?v=Vb_GUdGKDgI (YouTube)

ニューヨークでは多くの有名ミュージシャンのサイドマンとして活躍する他、自らの名義BIGYUKIとしては2016年6月に「グリーク・ファイアー(Greek Fire)」、2017年11月に「リーチング・フォー・ケイローン(Reaching For Chiron)」をリリースしています。

グリーク・ファイアー

新品価格
¥1,958から
(2018/10/12 11:54時点)

リーチング・フォー・ケイローン

新品価格
¥2,225から
(2018/10/12 11:54時点)

そんな彼の紹介記事があります。

【〈越境〉するプレイヤーたち】第5回:BIGYUKI (music review site “MiKiKi”)

この記事のインタビューの中で「BIGYUKI」の名前の由来について次のように語っています。

「バークリー音大に金坂征広(かねさかゆきひろ)ってヤツがいたんですよ。あいつのあだ名がYUKIで、俺も雅之だからYUKIと呼ばれていて。それで最初は、俺が金髪だったから〈キンユキ〉と呼ばれていたんですけど、そのうち金坂のほうもわかりづらいという話になって、あいつは俺より背が低かったからチビユキになって、〈じゃ、お前はデカユキだ〉と。それでいまでも、俺はデカユキ=BIGYUKIなんです」

このブログでも度々登場している金坂征広monolog こと Yuki Kaneska )との区別が BIGYUKI の名前に繋がったようです。

尚、人気お笑いコンビ「野生爆弾」の「くっきー」が制作した新曲「BIGYUKI | 2060 Chiron」のミュージック・ビデオが公開されています。

BIGYUKI | 2060 Chiron
https://www.youtube.com/watch?v=e2MshM0reYQ (YouTube)

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(6)


JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(5)の続き

インストルメンタル曲である「パット・メセニー|James」に粟田麻利子(あわだまりこ)自身が作詞し、ボーカル曲とした「James(ジェームス)」を含む、彼女のデビュー・アルバムは「粟田麻利子MARGUERITE」です。
彼女のアルバム・トレーラーで確認してみて下さい。

AWADA Mariko Debut Album “Marguerite”

MARGUERITE

新品価格
¥2,030から
(2013/4/2 13:39時点)


このアルバムは昨年の1月18日にT&Kエンタテイメント(販売元:日本コロムビア)からメジャーリリースされました。
そして、翌19日に奇跡の出会いが実現しました。
「James」の楽曲使用許諾は予めパット・メセニーから得ていた訳ですが、直接本人に会ってリリース直後のこのアルバムを手渡すことができたそうです。その時の感動の様子が彼女の公式ブログにあります。
丁度パット・メセニーが名古屋ブルー・ノート(名古屋市中区)で3日間の来日公演中のことでした。
ライブ前で繊細な神経の持ち主とのパット・メセニーが、直接会ってくれた上で、「絶対聴くからね」と快く受け取ってくれたそうです。
そこには、彼女のCDリリースツアーに向けて帰国中だった金坂征広(かねさかゆきひろ、1981年 -、千葉県茂原市出身)も同席できたそうです。当ブログでも度々紹介している”monolog“ことYuki  Kanesaka(以前の記事)で、このアルバムのプロデューサー等も務めています。

アルバム・タイトルの「Marguerite(マルグリット)」は、春に咲き誇る花の一つマーガレットのことで、今の季節に相応しい曲で彩られています。
そんな季節感満載の曲目とその作者のリストです。

  1. Morning Mist (作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  2. You Are The One (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  3. Tell Me The Truth (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  4. 春風の子守唄 (作詞、作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  5. Spring Field (作曲、編曲:粟田麻利子)
  6. Tell Me A Bedtime Story (作詞、作曲: Herbie Hancock、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  7. Alive (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  8. James (作詞:粟田麻利子、作曲:Pat Metheny)
  9. Butterfly (作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)

ご覧のように、2曲を除き粟田麻利子オリジナル楽曲となっています。ジャズ・ボーカルの新人のデビュー・アルバムとしては異例のことかも知れません。
輝ける「Jazzシンガー・ソングライター」誕生の瞬間でもあります。

そのアルバム参加メンバーは、全て彼女旧知の信頼できるバークリー卒業生によって固められています。

  • ボーカル:粟田麻利子(1~9全部)
  • ピアノ&エレピ(Rhodes):Alan Benzie(Piano: 1~9全部、Rhodes: 3,8)
  • ピアノ&エレピ(Rhodes)&口笛:金坂征広 (Piano: 1、Rhodes: 3,5,9、口笛:4)
  • ギター:桜井竜矢(2,3,5,8)
  • ベース:山田吉輝(1~9全部)
  • ドラム:則武諒(2,3,4,5,6,7,8)
  • ドラム:小川慶太(1)
  • パーカッション:小川慶太(1,9)
  • フリューゲルホルン:Tiziano Bianchi(1)
  • フルート:栗谷かずよ(1)

尚、レコーディングはエスペランサ・スポルディングのメジャーデビュー・アルバム「Esperanza」(前の(4)で紹介) と同じ、ボストン郊外にあるWellspring sound (Acton, MA, USA)も使われています。

このデビュー・アルバムのリリースライブは名古屋と東京で行われましたが、東京ではハプニングもありました。
レコーディング主要メンバーで出演を予定していた東京池袋のApple Jumpの時です。
ピアノのAlan Benzie(アラン・ベンジー)とドラムの則武諒(のりたけりょう)が体調不良で参加不能となりました。
急遽、粟田麻利子(Vo)、金坂征広(Piano)、山田吉輝(やまだよしき、Bass)のトリオで無事乗り切りました。しかも、音楽の楽しさが伝わってくるライブでした。
その時のライブ映像があります。

時には昔の話を粟田麻利子@Apple Jump

スタジオ・ジブリ制作の長編アニメの名作「紅の豚(くれないのぶた)」のエンディング・テーマ「加藤登紀子時には昔の話を」をスウィート・ボイスで聴かせてくれます。

紅の豚 [DVD]

新品価格
¥3,472から
(2013/4/2 13:37時点)


主人公ポルコの幼馴染ジーナの声も担当した加藤登紀子の名曲です。

紅の豚

新品価格
¥2,155から
(2013/4/2 13:38時点)


その彼女の第2弾のアルバム「My Lovely Way」は2ヶ月後の3月21日に続けてリリースされました。
こちらはジャズ・スタンダード曲を中心とした、ギターの桜井竜矢(さくらいたつや)とのデュオによるアルバムです。「時には昔の話を」をギターとデュオで聴くことができます。

AWADA Mariko 2nd Album “My Lovely Way”

My Lovely Way

新品価格
¥2,150から
(2013/4/2 13:39時点)


大阪大学卒業後、会社員生活を経てバークリーを優秀な成績で卒業した期待のボーカリストです。彼女の師キム・ナザリアン(NYボイセズ)曰く、「デキル女」に注目してみて下さい。
詳細な情報や試聴等は、彼女の公式ホームページをご覧願います。

AWADAMariko_HP粟田麻利子公式ホームページ

そして、我が家の庭先で一斉に咲き出した春の花々ですが、マーガレットもその仲間です。

Marguerit

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(7)へ続く

3.11に寄せて、ボストンから日本へ「Pray for Japan」


3.11東日本大震災から早2年が経過します。2011年3月11日14時26分に発生した日本周辺におきた観測史上最大の地震でした。大きな揺れが長く、そして何回か続いた不気味な感覚は始めての経験でした。
但し、それはその後の大津波、そして原発事故と続く、日本を襲った一連の悪夢への序章に過ぎなかったかも知れません。
改めて、早期の復興と被災者の心の回復を祈ります。

3.11のニュースが世界中を駆け巡り、日本から遠く離れたボストンでも様々な支援活動が始まりました。義援金の募金を始め様々な形で日本への支援活動が行われました。

支援活動に携わる留学生やボストン在住の日本人の中には、実家や知人の安否に不安のある人も含まれていたと思います。
その中で、ミュージシャンや留学生等による音楽を通した活動の一端を、知り得た範囲で紹介します。

地震と津波の発生から間もない3月17日にアップロードされたYouTube動画には、楽曲のダウンロード収益による義援金を募るメッセージが添えられていました。

Itunes link: http://itunes.apple.com/us/album/love…
“Love One Another” by Michael Africk & Mai Kurakai
100% of download profits of this single will go directly to the Red Cross Japan 2011 Earthquake Relief effort. Single available Friday March 18, 2011. Please share this video and help..thank you!

Michael Africk and Mai KurakiLOVE ONE ANOTHER (Song For Japan)

マイケル・アフリIMG_1668ック(Michael Africk、1975年 -、ボストン出身)は、倉木麻衣への楽曲提供や共演歴のあるボストン在住のアーティストです。所属するニューベリー・ストリートの「Cybersound」は、このブログで紹介済みの Yuki “monolog” Kanesaka の活動拠点でもあります。
倉木麻衣は、このスタジオで何度かレコーディングを行なっているようで、ミーティングルームには彼女の写真パネルが置かれています。

バークリー卒業後ボストンに留まりプロデューサーとして活動している、Atsushi “A2C” Tanimura(A2C Productions: Boston, MA)は多くのアーティストや学生の協力を得て日本支援の曲を完成させます。ボストンの各地で1463人に上る人々の歌のメッセージは、遙か日本まで届けられました。

Thousand of Love (Ver 1468)

新品価格
¥150から
(2013/3/11 11:24時点)


B2J Thousand of Love

Music Discography Credits:
Executive Producer:Atsushi “A2C” Tanimura
Co-Producer:Zawwynn Tan
Composition and Arrangement:Yuki Kanesaka
Strings Arrangement:Yuki Ohnishi
Lead Vocals:Ayumi Ueda, Lincy Leon, Mike Joliat + Rap,Hiro Matsubara, Loura Yokozawa
・・・・・
Recorded, Mixed at A2C Productions: Boston, MA
U-Key Productions: Boston, MA
CD cover concept/all artworks:Daiki Sakai
Photographer:Yahongo Li
・・・・・

同じくボストンで活動するプロデューサーの土屋荘太は、バークリーの学生や職員を中心に世界10カ国、総勢100名のプロジェクト「Sing for Japan」によるチャリティ・アルバムを1年掛かりでリリースしました。
Sing For Japan Vol.1 is here!

Vol. 1-Sing for Japan

新品価格
¥1,837から
(2013/3/11 11:26時点)

「Sing for Japan」は、HD高品質音楽配信e-onkyo musicの楽曲配信もあります。

 Sing for Japan Vol.1


バークリーの学生であったYUSAは、友人等と鎮魂の歌を完成させ卒業しました。

灯火 / Tomoshibi

新品価格
¥300から
(2013/3/11 11:32時点)


灯火/TOMOSHIBI

ボストン在住のバイオリニスト古田織衣(Orie Furuta)は、主催するECMU(Experimental Chamber Music Union/実験的室内楽組合)の復興支援コンサートを、故郷の大分県(中津市と別府市)で開催し、収益の一部を義援金としました。
因みに、彼女の実家は大分県中津市寺町にあり、中津藩の大名であった小笠原家の菩提寺でもある名刹です。中津は福沢諭吉の実家があったことでも有名です。
Orie Furuta/Yuki KanesakaIndependency
http://www.youtube.com/watch?v=JIywTIUwwVo (YouTube)

以上の活動の詳細については、YouTubeの説明等を参照願います。

ボストンから日本へ『Pray for Japan…