松原正樹」タグアーカイブ

シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち 「松木恒秀」~「松原正樹」


少し前ですが2冊の雑誌を購入しました。
1冊は「Guitar magazine 4月号」で、「シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」として以下のギタリストを特集しています。

松原正樹 / 松木恒秀 / 鈴木茂 / 村松邦男 / 山下達郎

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号 (綴じ込みスコア付) [雑誌]

中古価格
¥2,257から
(2019/4/19 10:54時点)

以前も「恋する歌謡曲。」という特集が組まれ、「歌謡スターとギタリストたちの物語」や「ギタリストが選ぶ“ギターがカッコいい”歌謡曲名選」など歌謡曲のバックでプレイするセッション・ギタリストの特集が組まれました。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 4月号 (CD付) [雑誌]

中古価格
¥2,690から
(2019/4/19 10:56時点)

何れもセッション・ギタリストにスポットを当てたものですが、このような特集はマニアックかもしれませんが評判も良く、今でも新品、中古ともプレミア価格と高価で売られています。

今号もセッション・ギタリストが好きな私には良い内容でした。

先に紹介した5人のギタリストで私が気に入っている曲を紹介します。

松木恒秀

日本の「エリック・ゲイル」などとも言われた名プレイヤーで、ジャズ・プレイヤーとしても知られていますが、私は「鈴木宏昌」率いる「コルゲン・バンド」や、「ザ・プレイヤーズ」への参加が印象に残っています。

またセッション・プレイヤーとして多くのアーティストの楽曲に参加し、アルバムとしては「山下達郎」の六本木PIT INNでのライブ・アルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」は今もよく聴く1枚です。

IT’S A POPPIN’ TIME (イッツ・ア・ポッピン・タイム)

中古価格
¥1,670から
(2019/4/19 10:57時点)

松木恒秀のセッション・プレイヤーとしてお薦めの曲がこの曲です。

大橋純子 | ペイパー・ムーン
https://www.youtube.com/watch?v=jpi2AVEY350 (YouTube)

PAPER MOON

中古価格
¥897から
(2019/4/19 10:58時点)

2012年にライブ中に倒れ活動休止するも復帰し活動しますが、惜しくも2017年6月に亡くなられました。

鈴木茂

「はっぴいえんど」、「ティン・パン・アレー」、そしてソロとしての活躍など、紹介の必要もない 名プレイヤーです。
昨年の紅白歌合戦でもユーミンのバックでプレイしていました。

ソロ活動としてはこの曲でしょう。

鈴木茂 | 砂の女
https://www.youtube.com/watch?v=RWuae3_kJkA (YouTube)

BAND WAGON [UHQCD]

中古価格
¥4,063から
(2019/4/19 10:59時点)

そしてセッション・プレイヤーとして印象に残っている曲がこちらとなります。
歌のバックでのカッティングもですが、間奏のソロなど、ギターを始めた頃の私はどうしたらあのようなフレーズが思いつくのか驚きでした。

荒井由実 | 卒業写真
https://www.youtube.com/watch?v=lJYhj9653OE (YouTube)

COBALT HOUR

中古価格
¥1,405から
(2019/4/19 11:00時点)

村松邦男・山下達郎

この2人と言えば「Sugar Babe(シュガー・ベイブ)」でしょう。
「SONGS」というアルバム1枚のみで解散してしまいましたが、このアルバムと言えばこの曲でしょう。
村松邦男のイントロからのギターは当時は驚きで、昔、忘年会で演奏したのですがコピーできず、グダグダな演奏だった記憶があります。

Sugar Babe(シュガー・ベイブ) | Downtown(ダウンタウン) | LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=bWAR2gZW1gc (YouTube)

SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-

中古価格
¥1,650から
(2019/4/19 11:02時点)

また、アルバム1曲目の「Show」ですが、後にこの曲を聴き思わずニヤッとしてしまいました。

Peter Gallway | Harmony Grits
https://www.youtube.com/watch?v=azfBMMbLK_g (YouTube)

そして「山下達郎」のギター・カッティングと言えばこの曲でしょう。
愛器であるテレキャスターでのプレイでも、「カッティングは1弦から6弦全てを使う」との事です。

山下達郎 | Sparkle
https://www.youtube.com/watch?v=gQ9pmFMc5oM (YouTube)

FOR YOU (フォー・ユー)

中古価格
¥1,498から
(2019/4/19 11:04時点)

松原正樹

そして今回特集のギタリストで私にとってはやはり「松原正樹」です。

2016年に61歳で亡くなってしまいましたが、今でも自身のアルバムやセッションで参加したアルバムを聴いています。

YouTubeに松原さんが参加した曲をライブでメドレーにして弾いています。
カッティングもですが、印象に残るソロを聴かせる内容となっています。

皆さん知っている曲ばかりではと思います。

松原正樹 | 松原正樹WORKSメドレー
https://m.youtube.com/watch?v=nY0UnQbEyV8 (YouTube)


松原正樹 35th Anniversary Live at STB139/21 NOV 2013

中古価格
¥5,943から
(2019/4/19 11:08時点)

松原正樹 35th Anniversary Live at STB139 / 21 NOV 2013 [DVD]

新品価格
¥4,932から
(2019/4/19 11:09時点)

ライブのMCではセッションで参加した曲は「2万曲まではやってないと思うが…」、「飲み屋で流れるBGMを耳にし、あれっ、このギター俺かな…?」、そしてこのメドレーについては演奏後に「この歳になって自分のフレーズをコピーするとは…」と言っています。

松原さんは何回か会いましたが、一度は仕事で銀座の音響ハウスというスタジオに行った際、仕事を終え他のスタジオを見ると「東芝EMI」と書かれており覗いてみるとユーミンのレコーディング中で、コンソール・ルームにはユーミンがおり、そしてスタジオを見ると松原さんがプレイしていました。
その時のアルバムが「昨晩お会いしましょう」でした。

最後にセッション・プレイヤーとしての松原正樹のお気に入り曲は何かと聞かれると、真っ先に思いつくのがこの曲かと思います。

松原みき | 真夜中のドア STAY WITH ME | シングル盤バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=h1L_fLJX7Gk (YouTube)

プラチナムベスト 松原みき(UHQCD)

中古価格
¥1,384から
(2019/4/19 11:10時点)

当時はレコードでしたが、シングル盤は「松原みき」がイントロから歌ったりとLPのテイクより評価が高く、今でも中古盤が高価で取引されています(紹介のベスト盤はシングル・バージョンが収録されています)。
曲中のカッティングもですが、エンディングのギター・ソロは名演かと思います。

もう1冊は次回紹介します。

ヒット曲を作った影のヒーロー 「レッキング・クルー」



今年2月の事ですが、私と同じくセッション(スタジオ)・ミュージシャン好きな友人よりこのような映画があるとのメールを頂きました。

レッキング・クルー~伝説のミュージシャンたち~
レッキング・クルー~伝説のミュージシャンたち~
レッキング・クルー~伝説のミュージシャンたち~ 名曲たちに秘められた驚愕の事実 全てを支えた、唯一無二の音楽集団

出演者など内容につきましては公式サイトで詳細をご覧頂けます。

残念ながら私は上映館や上映日程などにより見る事が出来なかったのですが、ようやくこの10月にDVD(Blue-Ray)が販売となり、即購入してようやく見る事が出来ました。

予告編がありますのでご覧ください。

The Wrecking Crew Official Trailer 1 (2015) – Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=hhl-3EOYTkc (YouTube)

これからご覧になる方も多いかと思い内容については詳しくは書きませんが、多くのミュージシャンが当時を語り、なかでも主要メンバーであるドラムの「ハル・ブレインHal Blaine)」、ベースの「キャロル・ケイCarol Kaye)」、サックスの「プラス・ジョンソンPlas Johnson)」、そして、この映画の監督「デニー・テデスコ(Denny Tedesco)」の父親でこの映画の中心人物といえるギタリストの「トミー・テデスコTommy Tedesco)」などが約20年ぶりに集まっての当時の話は面白いです。

短いですが、このような雰囲気です。

The Wrecking Crew – Making of Good Vibrations
https://www.youtube.com/watch?v=9UqNvMOdhGU (YouTube)

特に、当時の流行りの音楽制作が東海岸(ニューヨーク)から西海岸(ロサンゼルス)へと移っていくとともに、多くのミュージシャンが西海岸に集まっていく話や、彼らが登場するまでのミュージシャン(「紺のジャケットに青いネクタイ姿で雑談もタバコも禁止だった…」との事)から、如何にしてレッキング・クルーが誕生したのかなどが語られています。
先輩たちは、「音楽業界を壊す気だ」と彼らを批判したなどと語り、これがレッキング・クルー(壊し屋)という名の由来のようです。

また、「成功しなければミュージシャンを諦め保険の仕事をしていた」や、「朝から深夜まで働きづめで、といって仕事は断れない、断れば仕事を探している奴がすぐ後ろで控えている」など、当時の苦労も語られています。

その他にもレッキング・クルーと関わりの深い「ビーチボーイズブライアン・ウィルソン」、「ザ・モンキーズ」、「フィル・スペクター」の制作現場について語られ、雑誌などでレッキング・クルーの存在については見聞きはしていたものの、実際にミュージシャンの立場から当時の状況を聞くのも面白かったです。

レッキング・クルーの存在が世間に知られた切っ掛けの一つが「ザ。モンキーズ」で、以前にBS TBSの「SONG TO SOUL」という番組でザ・モンキーズの曲が取り上げられ、メンバーによるレコーディング秘話が語られていましたが、この映画からのようです。

The Wrecking Crew: Monkees
https://www.youtube.com/watch?v=XvQJ6Dq3v1Q (YouTube)

と、映画館で上映された本編は102分の内容ですが、今回発売されたDVDにはボーナス特典として、以下の項目に分けてインタビューが390分も収録されているのには驚きでした。

  • 曲 / SONGS
  • テーマ / THEMES
  • ミュージシャン・ジョーク / MUSICIAN JOKES
  • ギター / GUITAR
  • エンジニア / ENGINEERS
  • アーティスト / ARTISTS
  • ベース / BASS
  • ドラム/パーカッション / DRUMS/PERCUSSION
  • ピアノ / PIANO
  • プロデューサー/編曲家 PRODUCERS/ARRANGERS
  • 管楽器 / HORNS
  • ソング・クレジット / SONG CREDITS

項目によっては20近くのインタビューが収録されており、流石に一気に見る事は出来ず分けて見ましたが、こちらも面白かったです。
なお、英語力の無さかミュージシャン・ジョークだけは笑えませんでしたが、最後のソング・クレジットは曲ごとに参加ミュージシャンがクレジットされエンドロールのように流れ、曲を思い浮かべながら見ると参考になります。

映画館で本編を見て良かったと思われる方には興味を持たれる内容ではと思います。

レッキング・クルー ~伝説のミュージシャンたち~ [Blu-ray]

新品価格
¥4,010から
(2016/12/2 16:08時点)

レッキング・クルー ~伝説のミュージシャンたち~ [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/12/2 16:09時点)

さてレッキング・クルーが参加した曲の紹介をどれにしようかと考えましたが、このようなメドレーが投稿されており聴かれてみてはと思います。
どれもご存知の曲ばかりかと思います(曲名はYouTube内に記載)。

Various Artist: with music by… The Wrecking Crew 参加曲のメドレー
https://www.youtube.com/watch?v=reXFlrgdj2I (YouTube)

私は持っていませんがこのようなCDもリリースされています。
数多くのヒット曲が4枚のCDに収録されていますが、全てではないにしても、これらの曲がアルバムに収録された中の1曲と思うと、レッキング・クルーの活動としてはほんの一部かと思います。

Wrecking Crew / Various

新品価格
¥7,000から
(2016/12/2 16:15時点)


このような曲が好きな方、懐かしい方には是非ともこの映画を見ていただければと思います。

今回はアメリカのセッション(スタジオ)・ミュージシャンについて書きましたが、最後に今年2月の事でしたが、日本が誇る最高のセッション・ギタリスト「松原正樹」さんが亡くなられてしまいました。
まもなく今年も終わろうとしていますが、私にとっては今年最大の出来事となってしまいました。

昨年開催された「パラシュート(Parachute)」のライブCD、そしてレコードからの愛聴盤であるビクターからの2枚も復刻となり今も聴いています。これからもです。

PARACHUTE / パラシュート CD & LP 『NEVER LANDING』 DIGEST
https://www.youtube.com/watch?v=3ONloWg0NV4 (YouTube)

『NEVER LANDING』PARACHUTE / 2枚組CD(豪華デジパック仕様)

新品価格
¥7,344から
(2016/12/2 16:16時点)

流宇夢サンド

新品価格
¥2,444から
(2016/12/2 16:17時点)

テイク・ア・ソング

新品価格
¥2,444から
(2016/12/2 16:17時点)

松原正樹さん、良い音楽をありがとうございました。


生で見れなかったのが残念です「PARACHUTE 35th Anniversary LIVE ~栄養有ツアー2014」パラシュート



2014年8月の事でしたが、現在も大活躍の日本を代表するファースト・コール・ミュージシャン*によるスーパー・セッション・グループ「パラシュートPARACHUTE)」のライブハウス・ツアーが名古屋、大阪、東京で開催されました。

私も東京公演に行きたかったのですがチケットも早くにソールドアウトとなり見る事ができませんでしたが、この4月29日に東京公演の模様がDVD+CDとしてリリースされました。

当日会場に行かれた方はMCでもライブの模様を録画していると言っていますのでご存じだったかもしれませんが、私は今年になってDVDのリリースを知り早速予約し、ようやく手元に届きました。

PARACHUTE 35th Anniversary LIVE ~栄養有ツアー2014[96kHz/24bit音源ダウンロード・カード封入] Fusion [DVD]

新品価格
¥9,650から
(2015/5/12 16:59時点)


パラシュート(PARACHUTE) メンバー

  • 林立夫(Tatsuo Hayashi) / Drums
  • 斉藤ノヴ(NobuSaito) / Percussion
  • マイク・ダン(Mike Dan) / Bass, Vocal, Chorus
  • 松原正樹(Masaki Matsubara) / Guitar
  • 今剛(Tsuyoshi Kon) / Guitar. Steel Guitar, Chorus
  • 安藤芳彦(Yoshihiko Ando) / Keyboards, Vocal, Chorus
  • 井上鑑(Akira Inoue) / Keyboards, Vocal, Chorus

結成当初は井上鑑を除く6人とキーボードに「Flyng Mimi Band」が懐かしい「小林泉美」が参加していましたが、1stアルバムで脱退となり、2ndアルバムにゲスト・ミュージシャンとして参加した井上鑑が正式にメンバーとなり以降はこの7名での活動となります。

メンバーは当ブログでもサンバ?ボサノヴァ!?~ブラジルの休日でティン・パン・アレーのメンバーとして林立夫を紹介、また、ファースト・コール・ミュージシャンが集まると「井山大今」でも今剛と井上鑑を紹介しましたが、他のメンバーもセッション・ミュージシャン、プロデューサーとして活動も幅広く、大滝詠一、井上陽水、寺尾聰など当ブログの他の記事でも名前は登場しなくともその演奏を耳されている事と思います。
パラシュートならびにメンバーの名前は知らなくても皆さんがお聴きのアルバムにメンバーの名前がクレジットされている事と思います。

なかでもギターの松原正樹は自身のライブDVD、CDで「松原WORKSのメドレー」としてセッションで参加した曲を20分近く披露しており、この曲のギターも彼だったのかと初めて知りました。

松原正樹 35th Anniversary Liveのダイジェストをご覧ください。
途中(2:00過ぎ)、少しだけですが演奏を見る事ができます。

松原正樹 | 35th Anniversary Live | ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=8F1UIfw2SF8  (YouTube)

松原正樹 35th Anniversary Live at STB139 / 21 NOV 2013 [DVD]

新品価格
¥4,705から
(2015/5/12 16:56時点)

松原正樹 35th Anniversary Live at STB139/21 NOV 2013

新品価格
¥3,694から
(2015/5/12 16:56時点)

パラシュートは4枚(ベストを除く)のアルバムを残し解散というよりは本業であるセッション・ミュージシャンとしての活動のためか活動を休止してしまいますが、2003年に今は閉鎖された「よみうりランドEAST」で開催された「CROSSOVER JAPAN ’03」で21年ぶりにライブを行ないました。当然ですが皆さん若いです。
このライブも行けませんでしたが、DVDとしてリリースされ、ダイジェストがBSフジでも放送されました。

パラシュート(Parachute) | Hercules (CROSSOVER JAPAN ’03)
https://www.youtube.com/watch?v=PQq9PImUDsk (YouTube)

CROSSOVER JAPAN ’03 [DVD]

中古価格
¥8,890から
(2015/5/12 17:04時点)


このライブの後はメンバーは個々の活動となりますが、テレビの音楽番組などでもよく見かけました。
特に松原正樹は前期のようにCD、DVDをコンスタントにリリースし、ギタリスト好きの私は購入しては今でもよく聴いて(見て)います。
もちろん今剛もですが、CD、そして教則DVDも購入してしまいました。

その後、2012年12月に東京国際フォーラムで開催されたCROSSOVER JAPANの延長となる「LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT」で9年ぶりのライブを行い、そして2014年に今回のライブとなります。

今回リリースされたDVDはツアーの最後の最後となるBillboard Live TOKYOの2ndステージの模様です。

DVDのダイジェストがありますので紹介します。

パラシュート(PARACHUTE) | PARACHUTE 35th Anniversary LIVE 栄養有ツアー2014 | ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=zkIlBQhVarQ (YouTube)

PARACHUTE 35th Anniversary LIVE セット・リスト

  1. HERCULES
  2. BANANA MOON
  3. TABOO ’80
  4. AUTUMN NIGHTS
  5. MIURA WIND
  6. JASMINE
  7. IF YOU’RE LOOKING FOR LOVE
  8. AMIGO
  9. SWITCH-BLADE HERO
  10. THE DEALER
    <アンコール>
  11. AGATHA
  12. ARESA KORESA
    <アンコール、エンド・タイトル>
  13. HERCULES (fade-out)

早速届いたDVDを見ましたが、何より音が良いです。
音楽ライブのDVDは色々と見ていますが、それらと比べてもミキシングが良く、楽器のバランスはもちろん、個々の楽器もクリアに聴く事ができます。
一応、我が家は7.1chのシステムを組んで大画面で見る事ができるのですが、音源がリニアPCM ステレオのみというのが残念ですが、それでも会場の雰囲気を味わいながら見る事ができました。

また、カメラ・アングルも良く、ギターのフレットの動きなども楽しめますが、やはり大画面で見るとDVDの画質というのが残念です。
内容が良いだけにBlu-rayでもリリースされると良かったのですが。
と書いて、急遽Blu-ray盤のリリースは困りますが。

収録時間は1時間40分程度で殆どカットも無く12曲を演奏しますが、同梱の演奏曲だけを編集したCDが60分程度ですので、ファンとしてはもっと曲を聴きたいと思いました。
DVDを見てもアンコールの2曲が終わり会場側の終了のMCが流れるのですがアンコールが止まず、再度登場し会場のリクエストでHERCULESを演奏します。
この曲とともにエンド・タイトルとなりフェード・アウトしてしまいますが、2回目のアンコールがこの1曲だけだったのかはわかりません。

ただし、曲以外にも斉藤ノヴのMCを中心にメンバーの喋りなども結構楽しめるかと思います。

また、オープニングで楽屋だと思いますがメンバーの会話があり、DVDのサブ・タイトルである「~栄養有ツアー2014」について、なぜ栄養有となったのかがわかります。
ここでは書きませんが、「パラシュートはフュージョン・バンドなの?」、「AOR?…」といった会話から始まります。

今回のDVDのリリースに併せてライブで演奏された全12曲をマイク・ダンの直筆によるマスターコード譜&メロ譜もリリースされています。
私も見てはみたいのですが何せ楽譜が読めないもので…。

PARACHUTE 35th Anniversary 2014 LIVE complete score (RMC‐1201)

新品価格
¥3,240から
(2015/5/12 17:03時点)


最後に、好評だったようで今年も9月に同ツアーの開催が決まったようです。

大ホールで見るのも良いですが、やはりこの規模の会場でメンバーとお客が一体感となって楽しめるというのが最高です。                                                          今年こそは行きたい、そして生で見たいのですが。

名古屋 9月3日 Blue Note NAGOYA
大阪 9月4日 Billboard LIVE Nagoya
東京 9月6日 Billboard LIVE Tokyo

チケットぴあ
2015/6/11(木) 10:00より発売 | 一般発売 / パラシュート | 2015/9/6(日) | ビルボードライブ東京(東京都港区)
icon

各会場とも1stステージ、2ndステージと2回開催されます。

* 編集部注:「ファースト・コール・ミュージシャン」は、最初に声がかかるミュージシャンのことです。