松任谷正隆」タグアーカイブ

マイ・フェイバリット・サマー・ラブ・ミュージック


ヒマワリ畑は満開

ヒマワリ畑は満開

大型で強い台風11号の置き土産は「梅雨明け」でした。

関東は、「海の日」から、高温がつついています。
水分を多く補給するなど、熱中症にご注意ください。

夏の風物詩、近所のヒマワリ畑は、満開です。

7月の「お気に入り曲」のテーマは、「夏のラブ・ミュージック」です。
当ブログ執筆者がお勧めする夏音楽9曲を紹介します。

ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)|サーファー・ガール(Surfer Girl)
https://www.youtube.com/watch?v=HGjky5U64LM (YouTube)

サーファー・ガール

中古価格
¥421から
(2015/7/21 18:11時点)


The BeatlesやThe RollingStonesと同じように、The Beach Boysは大好きでした。 特に、夏の歌は、グループ名そのもの、The Beach Boysの歌がカルフォルニアの夏の海岸に誘います。特に、「Surfer Girl」はメロディが甘く、やさしく、恋の歌として素晴らしいです。1963年にリリースされました。(Hiro)

フランシス・レイ(Francis Lai)|さらば夏の日(Du Soleil Plein Les Yeux)
https://www.youtube.com/watch?v=36nlorMCLcw (YouTube)

<COLEZO!TWIN>フランシス・レイ作品集

新品価格
¥2,182から
(2015/7/21 18:12時点)


地中海の美しい海と青春物語。全く別次元ですが、フランシス・レイの音楽が夢の世界へ誘います。(Koji)

松任谷正隆|LOVERS PRADISE
https://www.youtube.com/watch?v=8OC4GdFQVnA (YouTube)

SEASIDE LOVERS

新品価格
¥1,618から
(2015/7/21 18:13時点)


アルバム「SEASIDE LOVERS」は夏の日の午後のひと時を演出する必聴盤です。(Koji)

class|夏の日の1993
https://www.youtube.com/watch?v=I6cwUzDk2Rg (YouTube)

プレミアム・ベスト class

新品価格
¥1,382から
(2015/7/21 18:14時点)


正直、classの他の曲などは知りませんが、何故かこの曲だけが印象的でした。(Koji)
私も、この1曲しか知りませんが好きです。(Yama)

アウディ・キムラ(Audy Kimura)|Mellow Kind of Love
https://www.youtube.com/watch?v=OA2JwjFrqr0 (YouTube)

ルッキング・フォー・グッド・ライフ

新品価格
¥2,462から
(2015/7/21 18:15時点)


「Hawaiiに行きたい」でも紹介した私のお気に入り曲です。この曲を聴くだけでもハワイに行った気分は私だけでしょうか?。(MAHALO)

デオダート(Deodato)|ラヴ・アイランド(Love Island)
https://www.youtube.com/watch?v=2Jv6pw9pttU (YouTube)

ラヴ・アイランド

新品価格
¥964から
(2015/7/21 18:14時点)


これからの季節、このような場所でこの曲を聴きながら2人でゆっくりしたいものですね。といってもこの歳となっては夢また夢の話しですが。因みに間奏のギター・ソロは「ジョージ・ベンソン」です。(MAHALO)
「ジョージ・ベンソン」のソロ、いいですね!確かに、夏の海辺を二人でまったりしてる風景ですね。(Hiro)

サンタナ feat.ミシェル・ブランチ(Santana Feat. Michelle Branch)|ザ・ゲーム・オブ・ラヴ(The Game Of Love)
https://www.youtube.com/watch?v=HKLnmMacEB4 (YouTube)

Shaman

新品価格
¥649から
(2015/7/21 18:16時点)


ミッシェル・ブランチはデビューの頃から好きなシンガーでしたが、サンタナのこの曲でフューチャーされたのには驚きました。ミッシェル・ブランチの歌声はサンタナの曲にピッタリですね。夏がテーマではないかもしれませんが、そこはサンタナ、このギター・サウンド、そしてフレーズは夏に聴くのに最高かと思います。(MAHALO)

前川清|ひまわり
https://www.youtube.com/watch?v=9jv-v17b3JE (YouTube)

全曲集~ひまわり~

新品価格
¥2,606から
(2015/7/21 18:17時点)


同郷の福山雅治が前川清に提供したオリジナル曲です。夏のシーンを回顧する儚さがしみじみと伝わります。後に福山自身もセルフカバーしていますが、前川清の声質が、この歌詞にマッチします。(Yama)

大滝詠一|君は天然色
https://www.youtube.com/watch?v=dH9yLGoIxBw (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,294から
(2015/7/21 18:17時点)


今年も、戸田恵梨香主演のサントリー金麦<糖質75%オフ>のCMソングにも使用される大滝詠一の代表曲。この曲を聴くと、アルバム「A LONG VACATION」ジャケットのイラストが、すぐに思い浮かびます。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

中古ショップで見つけたお宝「松任谷由美」と「ティン・パン・アレー」


先日友人とも話したのですが、最近の若い人は、聴きたい曲をダウンロードして聴くのが当たり前のようです。この事は毎年のように言われているCDの売り上げ状況からもわかります。
友人もですが、私のようなレコード、CD世代にとって、やはり音楽は「レコード」、そして現在では「CD」の形として所有し聴きたいものです。

私はこのブログで復刻CDを紹介する機会も多いのですが、ここ最近はCD復刻をよく目にします。
購入層が限られるのか「初回限定盤」などと出荷枚数が少ないのも多いですが、我々の世代にとっては嬉しい限りです。
また、CD価格も国内盤、輸入盤とも昔に比べ安くなりました。特に輸入盤はBOXセットや2in1などの企画物は嬉しいです。しかし、コレクター・アイテムを目的として、つまらない特典を付けて高価というのは困りものです。

このように「何かCDがないか」と毎日のようにインターネットを覗く私ですが、たまに近くの中古ショップやリサイクルショップなどのリアルショップを覗く事もあります。
といっても近所には数件しかなく、どの店も内容や枚数はいつ行っても同じといった状況です。

中古ショップに行かれた方はお判りかと思いますが、アーティスト名は挙げませんが、50円から300円程度のコーナーに同じCDが何枚も並んでいるのを目にしたことがありませんか?
CD全盛の頃は何れも2~3千円で売られていたかと思いますが、中古で並ぶ数だけ当時は購入されていたかのと思うと時代の隔たりを感じます。

さて、今回紹介2枚のCDですが、松任谷由美の「YUMING VISUALIVE DA・DI・DA」とティン・パン・アレーの2枚組ベスト盤「ヒストリー(HISTORY)」です。

松任谷由美とティン・パン・アレー

左より「松任谷由美 | YUMING VISUALIVE DA・DI・DA」、「ティン・パン・アレー | ヒストリー(HISTORY)」

最初の1枚は松任谷由美の初のライブ盤として1986年にリリースされた「YUMING VISUALIVE DA・DI・DA」です。

YUMING VISUALIVE DA・DI・DA  収録曲

  1. もう愛は始まらない
  2. 破れた恋の繕(なお)し方教えます
  3. 魔法のくすり
  4. 私なしでも
  5. BABYLON
  6. 水の影
  7. SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE~不思議な体
  8. REINCARNATION
  9. キャサリン
  10. DOWNTOWN BOY
  11. 真珠のピアス
  12. わき役でいいから
  13. DANG DANG
  14. 14番目の月

このアルバムはCDとカセットのみ計15万枚の完全限定盤として発売されました。
出荷枚数からも現在でもショップ、オークションとも中古品が高価で取引されているようですが、たまたま入ったリサイクルショップで800円で売られていました。
ただCDのみでパンフレットなどはありませんがケースなど状態も良く、即購入しました。
前々から聴きたいと思っていたのですが高価で諦めていたところ、まさか近所のリサイクルショップにこの価格で売っているとは驚きでした。

ユーミンのコンサートを生で見たのはアルバム「ダイアモンドダストが消えぬまに」のリリース後に行われた日本武道館での公演のみで、あとは何枚かリリースされたライブ映像です。何れも「VHSテープ」と「レーザーディスク」での購入とかなり前の事です。

何れもキーボードの「武部 聡志」をはじめ、ユーミンのコンサートではお馴染みのミュージシャンがバックを固め、演奏はもちろんですがショーとしての舞台演出が豪華で、如何にもユーミンだなというステージに感激しました。
今回はCDですので映像はありませんが、音を聴くだけでも映像が思い浮かぶような仕上がりかと思います。

また生でユーミンのコンサートを見てみたくなる1枚でした。

松任谷由実 | REINCARNATION (YUMING VISUALIVE DA・DI・DA Live)
http://www.youtube.com/watch?v=iXacwC4uHBw  (YouTube)

Yuming Visualive DA ・DI ・DA

中古価格
¥15,500から
(2014/1/3 16:43時点)


もう1枚はティン・パン・アレーが1983年にリリースした2枚組のベスト盤「ヒストリー(HISTORY)」です。
このアルバムはティン・パン・アレーとしてリリースした2枚のアルバムとメンバーのソロ・アルバムから選曲された内容となっています。

ティン・パン・アレー ヒストリー(HISTORY) 収録曲

Disc 1

  1. CARAMEL RAG
  2. 砂の女
  3. ポケットいっぱいの秘密
  4. 8分音符の詩
  5. Chow Chow Dog
  6. スノー・エキスプレス
  7. 北京DACK
  8. ソバカスのある少女
  9. Roochoo Gumbo
  10. ろっかばいまいべいびい
  11. 絹街道

Disc 2

  1. CHOPPERS BOOGIE
  2. レイニー・ステイション
  3. グレート・アメリカン・ファンキーガール
  4. 月にてらされて
  5. Exotica Lullaby
  6. CHOO CHOO GATTA GOT’ 75
  7. LADY PINK PANTHER
  8. Hong Kong Night Sight
  9. 三時の子守唄
  10. 微熱少年
  11. BALLADE OF AYA

 

ティン・パン・アレーはこのブログでは何回も登場し改めて紹介は必要ないかと思います。
私もサンバ?ボサノヴァ!?~ブラジルの休日で前田憲男との共演アルバム「ソウル・サンバ / ホリディ・イン・ブラジル」で紹介しました。復刻されたこのCDは早速購入し今でも愛聴盤の1枚です。

このアルバム「ヒストリー」はレコードを購入しよく聴いたアルバムでしたが、さすがに月日とともにノイズも酷く、聴けない事はないのですがやはりCDで聴きたいアルバムの1枚でした。
2度ほどCD化されたようですが購入する機会を逃してしまい、こちらもユーミン同様に中古でも高価と手が出せなかったのです。
ところが、なんと近所の中古ショップでレンタル落ち、ライナー等無しでしたが500円で売られているのを見つけ、こちらも即購入しました。ライナーはレコードに添付されたものがあり必要もなく、なによりこの価格で購入でき聴ける事に大満足です。

収録曲の殆どは今でもアルバムが販売されていますので聴く事はできますが、廃盤となっているアルバムの曲も含まれ、メンバーのソロ活動も含め当時のティン・パン・アレーのサウンドを聴くにはベストな1枚かと思います。

このアルバムより何曲か紹介します。

鈴木茂、作詞作曲の「ソバカスのある少女」はティン・パン・アレーのファースト・アルバム「CARAMEL MAMA (キャラメルママ)」の収録曲です。ゲスト・ボーカルに南佳孝が参加し、鈴木茂とのデュエットが話題となり、自身のアルバムでも歌っています。

ティン・パン・アレー(鈴木茂、南佳孝) | ソバカスのある少女
http://www.youtube.com/watch?v=vWUu9vSPFmk  (YouTube)

林立夫、作詞、作曲の「CHOPPERS BOOGIE (チョッパーズ・ブギ)」も「CARAMEL MAMA (キャラメルママ)」の収録曲です。
このアルバムを初めて聴いたのは高校生の時でしたが、チョッパー(スラップ)なるベース奏法を初めて知った曲でもあります。
ベースはゲストとして参加の後藤次利、ギターも鈴木茂ではなくJ ザルスキー、そして高中正義です。

ティン・パン・アレー | CHOPPERS BOOGIE (チョッパーズ・ブギ)
http://www.youtube.com/watch?v=WImKv4NeYwI  (YouTube)

作詞、松任谷由美、作曲、松任谷正隆の「Hong Kong Night Sight」は松任谷正隆のソロアルバム「夜の旅人」の収録曲です。
このアルバムもレコードは持っていますが、CDは買いそびれ既に廃盤となっており、聴きたかった曲です。
この曲はのちに松任谷由美のアルバム「水の中のアジアへ」でも歌われています。

ティン・パン・アレー(松任谷正隆) | Hong Kong Night Sight
http://www.youtube.com/watch?v=xL-owejNsOY  (YouTube)

ヒストリー

新品価格
¥9,700から
(2014/1/3 16:44時点)

欲しかったアルバムが近所のお店で購入できるとは思ってもいませんでした。
お近くに中古ショップがありましたら一度覗いてはと思います。
探していたアルバムが見つかるかもしれません。

歴史的名盤復刻!「CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES」


企画盤の名作「CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES」が復刻します。この4枚のアルバムは多くの皆さんが再発売を待ち望んでいたのではと思います。

CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES

左から「Pacific」「NEW YORK」「THE AEGEAN SEA」「SEASIDE LOVERS」

この4枚のアルバムは最初にリリースされたのが1978年~1983年とまだレコードの時代でした。
レコード会社も、まだ「ソニー・ミュージックエンタテインメント (Sony Music Entertainment:略称SME)」ではなく、「CBS・ソニーレコード」と呼ばれていた時代です。
日本を代表するトップ・ミュージシャンによる「南国」や「ニューヨーク」などをテーマとして企画されたインストメンタル・アルバムです。
当時は「高中正義」「松原正樹」などのギタリストや、グループとしては「プリズム(PRISM)」「ザ・スクェア(THE SQUARE)」など、日本人アーティストによるフュージョンも広まり、多くのアルバムがリリースされはじめました。
また、今回紹介のアルバムのように「ギター・ワークショップ(GUITAR WORKSHOP)」というトップ・ギタリストによるアルバムも、この頃盛んに発売されました。ギター好きの私としては色々と購入しては聴いていた思い出があります。

今回の再発売を知ったのは偶然です。
いつものようにインターネットでCDを見ていたのですが、「鈴木茂」で検索すると彼が参加したアルバム「NEW YORK」を見つけました。
このアルバムはCD化されましたが既に廃盤となり、新譜、中古ともプレミア価格で販売されているのは知ってはいました。しかし、よく見ると「近日発売 予約可。 この商品は2013/7/24に発売予定です。」と書かれていました。もしやと調べてみると、なんと4枚とも同日の発売という事を知りました。
オークションでもたまに見かけるアルバムです。しかし、高価で手が出ないと諦めていた方も多いかと思います。待望の再発売となりました。
私は何れのアルバムも、レコードとCDの両方で持ってはいますが、「2013年リマスター」との事で購入してしまいそうです。

  •  Pacific (1978年)

PACIFIC

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:18時点)

このアルバムは「パシフィック」というタイトルのとおり、太平洋ではないですが「南の楽園」をテーマに、「細野晴臣」「山下達郎」「鈴木茂」の3人によって作られたアルバムです。
アルバム最後の細野晴臣の曲「コズミック・サーフィン」は当時としては珍しいシンセサイザーを多様した編曲です。これがのちに「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」としてこのサウンドを聴くとなります。
また、ジャケット写真は表、裏ともいかにも楽園といった写真が使われています。この写真のカメラマンは、「浅井慎平」です。

まだCDの無い時代でした。
このブログを書くためレコードを探してみると、通常盤のLPレコードとは別に同じタイトルのLPレコードが見つかりました。これは、45回転盤で通常版より2曲少ない構成なのです。
レコード(アナログ)をいかに良い音質で聴かせるかといった時代が懐かしく、結局私のように2枚も買ってしまう時代でもありました。
のちに「CD選書」のシリーズでCDも購入したので、全部で3枚、所有しています。
今でもよく聴く1枚です。

鈴木茂 | パッション・フラワー
http://www.youtube.com/watch?v=Jv9-K1eZEd4  (YouTube)

収録曲

  1. 最後の楽園     (作曲、編曲:細野晴臣)
  2. コーラル・リーフ     (作曲、編曲:鈴木茂)
  3. ノスタルジア・オブ・アイランド     (作曲、編曲:山下達郎)
    PART I バード・ウインド
    PART II ウォーキング・オン・ザ・ビーチ
  4. スラック・キー・ルンバ     (作曲、編曲:細野晴臣)
  5. パッション・フラワー     (作曲、編曲:鈴木茂)
  6. ノアノア     (作曲、編曲:鈴木茂)
  7. キスカ     (作曲、編曲:山下達郎)
  8. コズミック・サーフィン     (作曲、編曲:細野晴臣)
  • NEW YORK (1978年)

NEW YORK

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:21時点)

このアルバムも最初の購入はレコードでしたが、当時(今でも)日本を代表するフュージョン、そしてセッション・ギタリストが8名(曲目リスト参照)が「ニューヨーク」をテーマに作られたアルバムです。
私もですが、ギターを弾く方にとっては「ギター・ワークショップ」シリーズとともに必聴盤とも言えるアルバムだと思います。
8人の個性が出ており、4曲目の松木恒秀の「ヒム・トゥ・スタッフ」などは、タイトルの通り、日本の「エリック・ゲイル(Eric Gale)」、そして「コーネル・デュプリー(Cornell DuPree)」だなと言える「スタッフ(Stuff)」サウンドを聴かせてくれます。

秋山一将 | セントラル・パーク
http://www.youtube.com/watch?v=BjGt3F6TpTg  (YouTube)

収録曲

  1. ケネディー・エアポート     (作曲、編曲:鈴木茂)
  2. ハード・タイムス     (作曲:ボズ・スキャッグス、編曲:坂本龍一、松原正樹)
  3. ニューヨーク・サブウェイ     (作詞:ケーシー・ランキン、作曲、編曲:水谷公生)
  4. ヒム・トゥ・スタッフ     (作曲、編曲:松木恒秀)
  5. セントラル・パーク     (作曲、編曲:秋山一将)
  6. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ     (作曲:ガイ・ウッド、編曲:大村憲司)
  7. マンハッタン・サンライズ     (作曲、編曲:矢島賢)
  8. ニューヨーク・ウーマン・セレネード     (作詞、作曲、編曲:竹田和夫)
  • THE AEGEAN SEA (1979年)

エーゲ海

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:22時点)

このアルバムは「松任谷正隆」「細野晴臣」「石川鷹彦」の3人により、タイトル「THE AEGEAN SEA」のとおり「エーゲ海」をテーマに作られたアルバムです。
1曲目の「魅せられて」は、このりアルバムのリリースと同じ1979年の「ジュディ・オング」の大ヒット曲ですが、同じCBSソニーレコード、そして同じエーゲ海がテーマという事もあり企画されたかと思います。
ただし曲目リストにあるとおり、1曲目の「エージアン・ファンタジー」のイントロのように使われ30秒弱で次の「アイランド・ガール」となります。

石川 鷹彦 | デイ・ブレイク
http://www.youtube.com/watch?v=6tDIPgkcD0Q  (YouTube)

収録曲

  1. エージアン・ファンタジー
    (1) 魅せられて     (作曲:筒美京平、編曲:松任谷正隆)
    (2) アイランド・ガール     (作曲、編曲:松任谷正隆)
  2. アトランティス     (作曲、編曲:石川鷹彦)
  3. レゲ・エーゲ・ウーマン     (作曲、編曲:細野晴臣)
  4. ミコノスの花嫁     (作曲、編曲:細野晴臣)
  5. イマージュ     (作曲、編曲:松任谷正隆)
  6. 波間の薔薇     (作曲、編曲:松任谷正隆)
  7. デイ・ブレイク     (作曲、編曲:石川鷹彦)
  8. アフロディーテの嘆き     (作曲、編曲:石川鷹彦)
  • SEASIDE LOVERS (1983年)

SEASIDE LOVERS

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:24時点)

このアルバムはサブ・タイトル「MEMORIES IN BEACH HOUSE」とあるように南国の「ビーチ・ハウス」をテーマに「井上鑑」「松任谷正隆」「佐藤博」の3人によって作られたアルバムです。
ビーチ・ハウスがテーマといっても部屋や木陰で癒されるイメージというより、やはり1枚目に紹介した「Pacific」と同様に「南国」や「海」を感じさせるアップテンポの曲もあり、こちらも夏のBGMとして聴くのにお勧めかと思います。

松任谷正隆 | LOVERS PRADISE
http://www.youtube.com/watch?v=8OC4GdFQVnA (YouTube)

収録曲

  1. ラバーズ・パラダイス     (作詞:新里リリカ、作曲、編曲:松任谷正隆)
  2. メルティング・ブルー     (作詞:デニース・スウィナートン、井上鑑、作曲、編曲:井上鑑)
  3. サン・ベイシング     (作曲、編曲:佐藤博)
  4. サンセット・アフタヌーン     (作曲、編曲:井上鑑)
  5. X’S アンド O’S     (作詞:ダイアン・シルバーソーン、作曲、編曲:佐藤博)
  6. ウインド・ウェイブ・アンド・ワイングラス     (作曲、編曲:井上鑑)
  7. ココナッツ・アイランド     (作詞:新里レオナ、作曲、編曲:松任谷正隆)
  8. イブニング・シャドウズ     (作曲、編曲:佐藤博)
  9. ブルー・メモリーズ     (作曲、編曲:松任谷正隆)

今回は4枚のアルバムを紹介しましたが、これらのアルバムは当時「CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES」として他に、「ISLAND MUSIC」と「OFF SHORE」というタイトルで2枚のアルバムもリリースされました。
ただ、アルバムの収録曲はこの4枚から構成されていますのでこの4枚のみ復刻して再発売になったのかと思います。