タグ別アーカイブ: 松下誠

マイ・フェイバリット・お祭り・ミュージック


浅草雷門5月になると、東京は「お祭り」シーズンに突入します。

江戸三大祭りの「神田祭」が5月14日(月)~5月15日(火)(今年は陰祭で神輿宮入はなし)、浅草の三社祭が5月18日(金)~5月20日(日)に開催されました。

さらに、伝統的なお祭りだけでなく、5月19日(土)~5月20日(日)には、東京大学本郷キャンパスで「五月祭」が開催されました。

また、代々木公園や日比谷公園では「フェス」を冠する国際イベントが毎週開催されます。

だから、5月のお気に入り曲のテーマは「お祭り」です。日本のお祭りに限らず、当ブログ執筆者がお勧めするお祭り音楽を8曲紹介します。

チック・コリア(Chick Corea)|ラ・フィエスタ(La Fiesta)
https://www.youtube.com/watch?v=h4IsYVnatFY (YouTube)

Return to Forever

新品価格
¥1,577から
(2018/5/23 01:36時点)

  • 「お祭り」、というとこの曲です。スペインの祭りの情景が8分の6拍子の軽快なリズムでくっきりと浮かびます。(Hiro)

吉田拓郎|祭りのあと
https://www.youtube.com/watch?v=n8OUm1rtS8A (YouTube)

ベスト

新品価格
¥3,703から
(2018/5/23 01:41時点)

  • 子供の時から必ず、「祭り」の後は、物悲しくなりました。それは、生きる中、楽しさ、幸せを感じる時、裏側に必ず、相反する不安を感じる事に似ています。(Hiro)
  • 「お祭り」は終わった後が。。。(Koji)

アニャンゴ(Anyango)|HORIZON
https://www.youtube.com/watch?v=UrJ83MR86yU (YouTube)

HORIZON

新品価格
¥2,333から
(2018/5/23 01:42時点)

  • アニャンゴ(Anyango、本名:向山恵理子)は、ケニヤの伝統楽器「ニャティティ」の世界初の女性演奏家ですが、同国で最も著名な日本人でしょう。その演奏と歌はアフリカの大地の息吹きを感じます。(Koji)

クイーン(Queen)|ボーン・トゥー・ラブ・ユー(I was born to love you)
https://www.youtube.com/watch?v=cIr1lRA-YGk (YouTube)

ジュエルズ

新品価格
¥2,125から
(2018/5/23 01:43時点)

  • キムタク主演のドラマ「プライド」のテーマソングです。クイーンの曲はスポーツの祭典に似合いますね。「We Will Rock You」と併せて如何でしょうか。(Koji)
  • この曲は大好きな曲の一つです。(Hiro)
  • 盛り上がる(燃え上がる)フレーズが満載の一曲です。(Yama)

松下誠|Carnaval
https://www.youtube.com/watch?v=Iu8PM_y2oJI (YouTube)

Pressures And Pleasures

新品価格
¥2,990から
(2018/5/23 01:43時点)

  • 当ブログで紹介しましたギタリスト「松下誠」のセカンドに収録のこの曲、ライナーには「もし都会に純粋な祭りがあったら、というアイデアを具現化したもの」などと紹介されていますが、ギター、歌とも最高です。(MAHALO)

パウリーニョ・ダ・コスタ(Paulinho Da Costa)|カーニヴァル・オブ・カラーズ(Carnival Of Colors)
https://www.youtube.com/watch?v=GR9lWEHKN4I (YouTube)

~breeze presents AOR collection~ハッピー・ピープル

中古価格
¥7,000から
(2018/5/23 01:44時点)

  • 当ブログでも紹介しましたパーカッショニスト「パウリーニョ・ダ・コスタ」のセカンドに収録のこの曲、トロピカルなサウンドはこれからの季節にピッタリかと思います。(MAHALO)

ジョー・サンプル(Joe Sample)|燃えるカーニヴァル(Burnin’ Up The Carnival)
https://www.youtube.com/watch?v=LIgj6GpitQA (YouTube)

ヴォイセズ・イン・ザ・レイン

新品価格
¥9,958から
(2018/5/23 01:44時点)

  • 当ブログでも紹介しましたジョー・サンプルの代表曲ですが、タイトルのとおり、このサウンドはこれからの季節にピッタリかと思います。ボーカルは「ジェシー・ジェームス」と「フローラ・プリム」です。(MAHALO)
  • 確かに熱く燃え上がるカーニバルのリズムが気持ちを高揚させますね。(Hiro)

中森明菜|ミ・アモーレ
https://www.youtube.com/watch?v=Gi5MfPF2cQA (YouTube)

Recollection~中森明菜スーパー・ベスト~

新品価格
¥2,469から
(2018/5/23 01:45時点)

  • 作曲:松岡直也の真骨頂、ラテンサウンドとタンゴのリズム。旅情あふれる康珍化の作詞で第27回日本レコード大賞を受賞しました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・レイン・ミュージック


アヤメ

アヤメ

関東は早々と6月5日(日)に梅雨入りしましたが、カラ梅雨気味です。水不足が心配です。

既に利根川水系のうち渡良瀬川では、取水制限が行われています。節水を心がけましょう。

渡良瀬川 取水制限20パーセントへ(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
渡良瀬川 取水制限20パーセントへ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
今月11日から、渡良瀬川の10%取水制限が開始されましたが、ダムを潤すほどの雨は降らず、貯水率が減り続けています。25日午前9時から渡良瀬川の取水制限は20%に強化されました。(2016-06-25 15:23:52)

さて、雨の季節を音楽で楽しみましょう。6月のお気に入り曲のテーマは「雨」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「雨」に纏わる9曲を紹介します。

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)| 雨を見たかい(Have You Ever Seen The Rain?)
https://www.youtube.com/watch?v=Gu2pVPWGYMQ (YouTube)

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS

新品価格
¥601から
(2016/6/27 15:05時点)

  • 詩の、”晴れた日差しの中の雨”、確かにあります。梅雨の雨では無いのですが。この曲、30年以上前に渋谷クロコダイルで演奏したような・・・(Hiro)

ジリオラ・チンクェッティ(Gigliola Cinquetti)|雨(La pioggia)
https://www.youtube.com/watch?v=SycwLlld7V4 (YouTube)

パーフェクト・ベスト

新品価格
¥1,657から
(2016/6/27 14:39時点)

  • 1969年リリースの曲です。梅雨の雨の日の鬱陶しい気持ちを明るくしてくれるような・・・(Hiro)
  • 1969年のサンレモ音楽祭の入賞曲。彼女の歌う日本語版もありますが、やはりイタリア語の方が懐かしさと共に響きます。「夢みる想い」とこの曲は永遠です。(Koji)

チャド&ジェレミー(Chad and Jeremy)|朝の雨(Early Mornin’ Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=h5_sGYoy4Nc (YouTube)

Distant Shores

新品価格
¥1,259から
(2016/6/27 14:40時点)

  • この曲は、ピーター・ポール&マリー他多くのミュージシャンが歌ってますが、「チャドとジェレミー」が今でも記憶に残っています、、確か、初めてkojiさんの家で聴いたような。(Hiro)
  • Early Mornin’ Rain(朝の雨)は多くのカバーの中でもチャドとジェレミー盤がお気に入りでした。確かにシングル盤を持っていました。(Koji)

カスケーズ(The Cascades)|悲しき雨音(Rhythm Of The Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=3tAm5IRzTdY (YouTube)

悲しき雨音

新品価格
¥900から
(2016/6/27 14:42時点)

  • 雷鳴と雨音のイントロで始まるこの曲はこの季節の懐かしい曲の一つです。でもカスケーズの他の曲の記憶はありません。(Koji)

小林麻美|雨音はショパンの調べ
https://www.youtube.com/watch?v=S_V-Cta-Pgw (YouTube)

GOLDEN J-POP/THE BEST 小林麻美

新品価格
¥1,609から
(2016/6/27 14:43時点)

  • 原曲はイタリアの男性歌手ガゼボのヒット曲ですが、日本での小林麻美のカバーは彼女ののアンニュイな大人の雰囲気と松任谷由実の日本語詞により、より魅力的でした。(Koji)
  • 毎年6月になると、ラジオから流れてきます。(Yama)

松下誠|September Rain
https://www.youtube.com/watch?v=Vihttmbdotg (YouTube)

FIRST LIGHT(2012年最新デジタル・リマスター)

新品価格
¥2,590から
(2016/6/27 14:45時点)

  • 「手練なギタリスト」として紹介した松下誠のファーストに収録されたこの曲、季節は9月とこの時期ではありませんが、ギタリストとしてだけでなくヴォーカリストとしても魅力的な歌声を聴かせ、アルバムの中でもお勧めの1曲です。(MAHALO)

バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand With John Mayer)|降っても晴れても(Come Rain Or Shine)
https://www.youtube.com/watch?v=50CzTye3J7U (YouTube)

Partners (Deluxe)

新品価格
¥1,230から
(2016/6/27 14:45時点)

  • アルバム「WET」で取り上げたこの曲(ラリー・カールトンの名演)ですが、2014年にリリースされたトップ・スターとのデュエット・アルバムでも再度取り上げています。今回はシンガーソングライター、ギタリストの「ジョン・メイヤー」とのデュエットですが、バーブラの歌唱力は流石ですね。もちろんジョン・メイヤーの歌とギターも心地良いです。(MAHALO)

ニール・セダカ(Neil Sedaka)|雨に微笑を(Laughter In The Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=VCusyLPrFCo (YouTube)

Laughter in the Rain: Best of

新品価格
¥1,142から
(2016/6/27 14:46時点)

  • 前回は「アール・クルー」のカバーで紹介したこの曲ですが、やはり「ニール・セダカ」のオリジナルが良いですね。私にとってEvergreenな曲と言える1曲です。(MAHALO)
  • この曲、聴き覚えはありましたが、「ニール・セダカ」の歌と言うのはしりませんでした。恋人と一緒での雨の日ですね。「雨に微笑みを」と言うセンスもいいですね。(Hiro)

秦基博|Rain(レイン)
https://www.youtube.com/watch?v=NgxTYCbr-K4 (YouTube)

言ノ葉

新品価格
¥1,018から
(2016/6/27 14:48時点)

  • 6月の新宿御苑がメイン舞台になった新海誠監督のアニメーション映画「言の葉の庭」の主題歌。元々は作詞作曲の大江千里のカバーです。雨の日の恋人達の切ない気持ちが溢れる歌詞とメロディです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

タワーレコード限定で復刻した「TA SO GA RE」


手練(しゅれん)なギタリスト「松下誠を最初に知ったきっかけは、「山根麻衣」のアルバム「TA SO GA RE(たそがれ)」でした。

このアルバムは、松下誠の初のサウンド・プロデュース作品として1980年にリリースされた山根麻衣のアルバムです。
山根麻衣のハスキーな歌声はもちろんですが、都会的な曲、そしていかにも松下誠だなといったアレンジの良さで、邦楽におけるAORの名盤かと思います。当時はレコードでしたが、かなり聴いた1枚でした。
また、このアルバムは松下誠の「FIRST LIGHT」とともにAORの名盤として友人に勧めた記憶があり、今でもこのアルバムの話題になることがあります。

前にも書いたのですが、私はレコードからCDへの切り替えが遅かったのか、このアルバムも1985年に1度CD化されたことを後に知ります。
以降は再発売されることなく、オークションなども見ましたが出品もなく、レコードをCDにコピーして、ノイズを我慢しながら聴いていました。
友人とも再発売されないかなと話していたのです。すると、タワーレコードからのメールの新譜情報にてTower To The Peopleというタワーレコード限定レーベルで、2013年7月3日に発売される事を知り、即予約してしてしまいました。

内容も2013年デジタル・リマスタリングとの事で山根麻衣ファンはもちろんですが、松下誠ファンにとっても待望の再発売ではと思います。

TA SO GA RE (たそがれ)

【曲目】

  1. たそがれ       (作詞:森下優、作曲:中村きんたろう、編曲:松下誠)
  2. ハート・フォー・セール       (作詞/作曲:山根麻衣、編曲:松下誠)
  3. Get Away       (作詞:山根麻衣、作曲:芳野藤丸、編曲:松下誠)
  4. インタールード よれよれ・ボーイ       (作詞/作曲:松宮恭子、編曲:松下誠)
  5. シティ・ドライブ       (作詞:康珍化、作曲:芳野藤丸、編曲:松下誠)
  6. ウェイヴ       (作詞/作曲:山根麻衣、編曲:松下誠)
  7. フーリン・マイセルフ       (作詞:小林和子、作曲:エリック・カルメン、編曲:青木望)
  8. 光と風と波と       (作詞:山根麻衣、作曲:安部恭弘、編曲:松下誠)

※レコードでは1-4がA面、5-8がB面となります。

【パーソネル】

  • Vocal: 山根麻衣
  • Drums: 宮崎全弘、多田牧男、広瀬徳志、市原康
  • Keyboard: 向谷実、信田かずお、上柴はじめ、今泉敏郎
  • Bass: 多田文信、高橋ゲタ夫
  • Guitar: 松下誠
  • As-Guitar: 鳴海寛
  • Percussion: ペッカー、石井コータロー
  • Strings: 加藤ジョー・グループ、小林グループ
  • Chorus: 山根麻衣、松下誠、多田文信、川村栄二、Maria Planas、山根栄子、Flag Shiozawa
  • Horn: 山田セクション
  • Fluger Horn: 中沢健次
  • Blues Harp: 八木のぶお





山根麻衣/たそがれ<タワーレコード限定> [TEH-12]

山根麻衣(2001年に麻似に改名)は、レコードにも「Produced by Cocky Pop YAMAHA」と書かれているように「ヤマハ・コッキーポップ」系で、以降もアルバム・リリースやスタジオワークとして活動されています。
私はこのアルバムしか聴いていませんので、彼女の経歴などは、こちらをご覧ください。

このアルバムよりレコードではA面1曲目の松下誠のギターソロのカッコ良い「たそがれ」、B面1曲目の明るくポップな「シティ・ドライブ」、そして「ウェイヴ」の3曲を紹介します。
詩、曲、ヴォーカルとも良い曲ですが、何れも松下誠のセンスの良いアレンジが魅力です。

山根麻衣 | たそがれ
http://www.youtube.com/watch?v=S2BG4vS60YI  (YouTube)

山根麻衣 | シティ・ドライブ
http://www.youtube.com/watch?v=crcuiscfJBg  (YouTube)

山根麻衣 | ウェイヴ
http://www.youtube.com/watch?v=BwcgXhHdM_s  (YouTube)

最後に、タワーレコードのTower to the peopleTower To The People」というレーベルは、タワーレコード・オンラインか店舗での購入と限定されてしまいますが、洋楽、邦楽を問わず、諦めていたアルバムが復刻するので驚いています。

私は既に何枚か購入しましたが、他にも購入したいアルバムも多く、参考にされてはと思います。

探していた1枚が見つかるかもしれません。

手練(しゅれん)なギタリスト「松下誠」


ギタリスト・シリーズ(1)

私が趣味でギターを弾くからだと思いますが、ギタリストのソロ・アルバムは別としても、バンド(グループ)の曲を聴く時はどのパートよりもギターが真っ先に耳に入ってしまいます。
ボーカリストの曲ですら、歌声よりのギター・ソロ、ソロが無くても微かに聴こえるバックのギターの音色が真っ先に耳に入り、どうしてもギター寄りの聴きかたとなる事が多いです。

私のブログでの曲紹介にも、「間奏のギターが良い」「間奏のギターは誰々」が多く、曲の良さはもちろんですが、ギターが曲を引き立てている、そんな曲にどうしても魅かれてしまうようです。

楽器を演奏する方であれば、同じ聴きかたをされている方も多いのではと思います。

私は色々なジャンルのギタリストを聴きますが、以前に紹介した「ジェイ・グレイドン」を筆頭に、国内外を問わずレコーディングやコンサートで活躍するセッション・ギタリストが好きです。

ソロ・アルバムがリリースされていればもちろんのこと、私の場合はソロ・アルバム以外にも、お気に入りのセッション・ギタリストが「プロデュースやミュージシャンとして関わっている」という情報だけでアルバムを購入してしまう事も結構あります。

今回の紹介は、昨年9月にソロ・アルバムがCDで復刻し、また、この4月には多くの方が待ち望んだ「AB’S」がCDで復刻となります、ギタリストは松下誠芳野藤丸です。

松下誠を最初に知ったのはサウンド・プロデュースとして参加した「山根麻衣」のアルバム「TA SO GA RE(たそがれ)」でした。
このアルバムは、テイチクからリリースされました。
当時テイチクは、渋谷エピキュラスで収録した公開ライブによる、所属アーティストを紹介するテレビ番組を放送していました。
そこで、山根麻衣のバックとして参加していた松下誠のギターを生で聴く事が出来、サウンド、テクニックとも凄く、一気にファンとなってしまいました。

プロフィールを知ったとき、彼が最初にギターを手にしたのは18才とは信じられませんでした。
のちに結成する「AB’S」の芳野藤丸は、ギターを手にしたのは大学のサークルが最初だったというのも驚きです。

ヤマハ・ネム音楽院(現・ヤマハ音楽院)出身という事もあり人並み以上の練習をしたのでしょうが、それを見せないのが魅力であり、私がセッション・ギタリストが好きな理由かもしれません。

松下誠のソロ・アルバムは「TA SO GA RE」のリリースから少し経った1981年に、RVCからファースト・アルバム[FIRST LIGHT」がリリースされました。
セッション・ギタリストのアルバムはフュージョン系が多いのですが、1曲を除きボーカル曲で、ジャケットのイメージを想像させる雰囲気がたまりません。日本のAORシティー・ポップを代表する1枚だと思います。
版権の問題から今回の復刻を含め3回リリースされましたが、最初にリリースされたレコードのこのジャケット写真使用されないのが残念です。

First Lightのジャケット写真

First Light(LPレコード)のジャケット写真

その後、プロデューサーと伴にレーベルを移り、MOONレコードからセカンドアルバムとサードアルバムがリリースされました。
プログレッシブ・ロックが好き」と本人も言っているように、ファーストとは雰囲気が違いプログレ色が強くなったように思います。
ギター・ソロなど、松下誠のギターを聴きたいのであれば、この2枚がお勧めかと思います。

松下誠のソロ・アルバム

  • 1981年 FIRST LIGHT (ファースト・ライト)





松下誠/ファースト・ライト<タワーレコード限定> [WQCQ-412]

  • 1982年 PRESSURES PLEASURES (ザ・プレッシャーズ・アンド・ザ・プレジャーズ)





松下誠/ザ・プレッシャーズ・アンド・ザ・プレジャーズ<タワーレコード限定> [WQCQ-413]

  • 1983年 QUIET SKIES (クワイエット・スカイズ)





松下誠/クワイエット・スカイズ<タワーレコード限定> [WQCQ-414]

また、この3枚より先に復刻された「ミルキーウェイ」のアルバム「SUMMERTIME LOVE SONG」もAORアルバムとしてお勧めです。





ミルキー・ウェイ/サマータイム・ラブ・ソング<タワーレコード限定> [NKCD-6609]

「ミルキーウェイ」はネム音楽院時代の師弟関係である「信田かずお(Key)」とのユニットで、アルバムのタイトルの通り、夏向きのAOR、ボサノヴァなどのカバー曲中心のアルバムです。
この2人のアレンジが良く、レコードでは聴いていましたが、ファンとしてCDの初復刻は嬉しい限りです。

松下誠はテレビでも「徳永英明」などのバックで見かけたりしますが、ファンとしてはソロ・アルバムの制作を期待します。

では私の大好きな「FIRST LIGHT」より「FIRST LIGHT」と「ONE HOT LOVE」の2曲と、「SUMMERTIME LOVE SONG」より「夏の日の恋(Theme From “A Summer Place”」を紹介します。

松下誠 | FIRST LIGHT
http://www.youtube.com/watch?v=4ESWmrPmJA8&index=1&list=PLmykL3sH9YVyM0N7vuov18viIn7Fga1VA  (YouTube)

松下誠 | ONE HOT LOVE
http://www.youtube.com/watch?v=e7f6-ZmgdrM&list=PLmykL3sH9YVyM0N7vuov18viIn7Fga1VA&index=4   (YouTube)

ミルキーウェイ | 夏の日の恋 (Theme From “A Summer Place”)
http://www.youtube.com/watch?v=RUbitJERo_k (YouTube)

今回は松下誠を紹介しましたが、これからも「ギタリスト・シリーズ」として、私の大好きなギタリストを紹介していきたいと思います。