杏里」タグアーカイブ

マイ・フェイバリット・休日・ミュージック


4月27日から、史上初の10連休になった今年のゴールデンウイーク。皆様は、何をして過ごすのでしょうか。

例年に増して、連休前の時期に、ネットフリックスやフールのような定額制動画配信サービスのテレビCMをたくさん見ました。
確かに混んでいる観光地を訪れるよりも、自宅で映画やドラマ三昧を満喫というのも、いいかもしれません。

私も、撮り溜めたドラマのビデオで、昔懐かしい「カウチポテト族」(死語?)に徹するつもりです。

GWの天気 晴天続かず 行楽日和は少ない?(日直予報士 2019年04月26日) – 日本気象協会 tenki.jp
GWの天気 晴天続かず 行楽日和は少ない?(日直予報士 2019年04月26日) - 日本気象協会 tenki.jp

4月のテーマは、「休日」です。
当ブログ執筆者がお勧めする、様々な休日ミュージック8曲を紹介します。

ビー・ジーズ(Bee Gees)|ホリデイ(Holiday)
https://www.youtube.com/watch?v=XqsfaN8fKxc (YouTube)

アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ-デラックス・エディション

新品価格
¥8,630から
(2019/4/26 19:28時点)

  • ザ・タイガースやオックスといったグループサウンズがこの曲を歌っていたのが記憶に残っています。物憂い感じがいいです。(Hiro)
  • ビー・ジーズのベスト盤を聴きながら「ホリデイ」を過ごすのも良いでしょう。是非「マサチューセッツ」にも想いを飛ばしてみて下さい。(Koji)

クリフ・リチャード(Cliff Richard)|サマー・ホリデイ(Summer Holiday)
https://www.youtube.com/watch?v=-DxqdIA75sc (YouTube)

Summer Holiday

新品価格
¥922から
(2019/4/26 19:32時点)

  • 少し気が早く、夏休みに行ってしまいました。太陽が眩しく輝くところ、そして、海が青いところ、これが「ホリデー」を過ごす定番ですね。(Hiro)
  • いかにもアメリカンな休日の匂いがしますね。(Koji)

はっぴいえんど|風をあつめて
https://www.youtube.com/watch?v=PfFEPtJE0D4 (YouTube)

風街ろまん 完全限定生産 [Analog]

新品価格
¥3,962から
(2019/4/26 19:33時点)

風街ろまん

新品価格
¥2,314から
(2019/4/26 19:33時点)

  • 「Weekend」は「はっぴいえんど」過ごすのがお薦めです。アナログLPレコード「風街ろまん」で昔の記憶が蘇ります。CD盤でもまったりできます。(Koji)

大瀧詠一|君は天然色
https://www.youtube.com/watch?v=lMzAd4DBNWI (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,331から
(2019/4/26 19:34時点)

  • 長期休暇はアルバム「大瀧詠一|A LONG VACATION 30th Edition 」でお過ごし下さい。黙って耳を傾けるのもカラオケで練習するのも過ごし方は自由です。(Koji)
  • 毎年5月が近づくと聞きたくなるのが大滝詠一のアルバム「A LONG VACATION」。(Yama)

Jay Soto|Sunday Smile
https://www.youtube.com/watch?v=fQmhBV-0Iwc (YouTube)

Mesmerized

新品価格
¥972から
(2019/4/26 19:35時点)

  • タイトルのとおり、この曲を聴くと笑顔で日曜日を過ごせるのではと思います。(MAHALO)

松任谷由実|Holiday in Acapulco
https://www.youtube.com/watch?v=mGW0gGKe97I (YouTube)

ALARM a la mode(アラーム・アラ・モード)/松任谷由実

新品価格
¥2,314から
(2019/4/26 19:36時点)

  • 旅行雑誌などを読んで作詞したというこの曲。アカプルコでバカンスといった気分になります。行ってみたいな….多分無理でしょうが。ちなみにエンディングのギター・ソロは「松原正樹」で曲を印象付けます。(MAHALO)
  • はじめて聴く曲です。いいですね。アカプルコ行った事ありませんが豪華な避暑地が浮かんできます。(Hiro)

ザ・ハイロウズ|日曜日よりの使者
https://www.youtube.com/watch?v=1dOBFXVQlko (YouTube)

  • まるでホンダ・バイクのプロモーションのようなビデオですが、タイトルに「UNOFFICIAL」を含む有名な勝手ビデオで、550万回以上視聴されています。カントリーソング「永遠の絆」(Will the Circle Be Unbroken?)が原曲です。(Yama)

杏里|最後のサーフホリデー
https://www.youtube.com/watch?v=8ajHfP4kuMw (YouTube)

  • 「CAT’S EYE」の大ヒットで知られる杏里ですが、和モノ・シティ・ポップスの名手としての代表曲がこれだと勝手に思っています。(Yama)
  • はじめて聴きました。いいですね。何か懐かしさを感じます。(Hiro)
  • ロサンゼルスでレコーディングされたこの曲、イントロからのギター・カッティングがカッコ良いです。ちなみにギターは「ポール・ジャクソン Jr.(Paul JacksonJr.)」です。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

シーサイド・カラーを感じる「杏里」


1980年から1992年まで、勤務していたIT企業のオフィスが港区南青山にあり、そのビルの9階に「フォーライフ・レコード株式会社」がありました。

フォーライフ・レコードは、フォーク歌手の吉田拓郎、井上陽水、小室等、泉谷しげる、の4人が設立したレコード会社として注目されていました。
そして、所属していたアーティストに「杏里」がいました。1~2回オフィスのあったビルのエレベータでその杏里を見かけました。モデルもしていましたので、スタイルも良く素敵な女性でした。

杏里といえば、デビュー曲でもあり、ヒット曲でもある、「オリビアを聴きながら」(1978年リリース)がまず頭に浮かびます。

杏里|オリビアを聴きながら
https://www.youtube.com/watch?v=TgRQP9C1M4s (YouTube)

ANRI the BEST

新品価格
¥1,852から
(2015/3/27 19:33時点)


この曲はカラオケで随分歌いました。女性の歌ですが、何故か男性も良く歌います。男性歌手もカバーしています。

  • 河村隆一(evergreen 〜あなたの忘れ物〜)
  • つるの剛士(つるのうた)
  • 稲垣潤一(男と女3)
  • 徳永英明(VOCALIST)

などなど。

杏里の曲は、何か「初夏」「海風」「眩しい日差し」「シーサイド・カラー」を感じる曲が多いです。その中で、

  • コットン気分(1981年)
  • エスプレッソで眠れない(1982年)
  • 思いきりアメリカン(1982年)
  • CAT’S EYE(1983年)
  • 気ままにREFLECTION(1984年)

など、好きな曲は、やはり杏里の初期のころの曲が好きです。
そして、やはり初期の曲で「悲しみがとまらない(1983年)」もカラオケでよく歌いました。

杏里|悲しみが止まらない
https://www.youtube.com/watch?v=8TelxLk3iKo (YouTube)

Timely!!(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,168から
(2015/3/27 19:27時点)


ちなみに、このYouTube映像は、杏里のアルバムを数多くプロデュースした角松敏生がギターを弾いています。角松は、この「悲しみが止まらない」をヒットさせるべく、当時の歌謡ポップス界において、ヒットメーカーである作詞家、康珍化と作曲家、林哲司に曲を依頼し、角松自身はプロデューサーに徹して作った曲との事です。そして見事にヒットし、現在では「悲しみが止まらない」は、スタンダードソングとしても親しまれている曲になりました。

2009年に、デビュー30周年を迎えた杏里は「メモリアル・イヤー記念シングル」として、「悲しみが止まらない」を返す曲として、「もう悲しくない」というテーマで自ら作詞作曲した「もう悲しくない~No More Loneliness」というアンサー・ソングをリリースしました。

もう悲しくない

新品価格
¥150から
(2015/3/27 19:38時点)


そして、杏里としては、ちょっと雰囲気の違う、「砂浜」も大好きです。

杏里|砂浜
http://www.dailymotion.com/video/x3kbyr_%E6%9D%8F%E9%87%8C-%E7%A0%82%E6%B5%9C_music (DailyMotion)

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

新品価格
¥1,850から
(2015/3/27 19:27時点)


杏里の曲ではめずらしいバラードの曲です。そして、歌詞も印象に残る詩です。
いろいろな事を悩んだり、考えたりすることが、少しずつ億劫になり、惰性に流れ始めるころ、この歌は純な気持ちを呼び起こし、心に沁みる歌でした。

杏里は、もちろん、現在も元気に活躍しており、今年3月は、名古屋ブルーノートにて、3/13(金)& 3/14(土)2daysライブを行っています。

そして、7月には、東京と神奈川にてライブ予定との事です。

チケットぴあ一般発売 | 杏里 | 2015/7/25(土)・2015/7/26(日) | ルネこだいら(小平市民文化会館)大ホール(東京都小平市) | 神奈川県民ホール大ホール(神奈川県横浜市中区)icon