安井かずみ」タグアーカイブ

高度経済成長期のアイコン「安井かずみ」


先日、友人と飲んでいましたら、たまたま「六本木野獣会」の話になりました。
もちろん、このような会があったことを知ったいましたが、それは、 私が東京で暮らすようになってからです。メンバーは、すぎやまこういち、田辺靖雄、峰岸徹、中尾彬、大原麗子、小川知子、井上順、ムッシュかまやつ、福澤幸雄などでした。

さらに話題は「キャンティ」に及び、そのキャンティの常連客は、安井かずみ、加賀まりこ、コシノジュンコ、かまやつひろし、三笠宮殿下、島津久永、島津貴子御夫妻でした。そして最年少の常連客だったのは荒井由実(松任谷由実)でした。

ふと見ると隣の席では、フランク・シナトラやマーロン・ブランドなんかが食事してる。僕ら若憎は震えながら挨拶し、いろんなことを教わった。それはあたかも、真夜中の学校のようだった。

かまやつひろし、『キャンティ物語』推薦文

夜な夜なこのようなところで深夜まで集まって、だべってることが、若者である「時」を、「おしゃれ」で、「粋がって」、いかにも若さを全面に出して生きていたようで何かとても羨ましく、もし、人生が逆回転してくれるのであれば、20代にもどり、是非一度でも、その頃の「キャンティ」に行ってみたいと思っています。

中でも、「安井かずみ」はとても華やいでみえます。
安井かずみといえば作詞家としてすぐに思い出します。
ただ、子供の頃よく聴いていた、洋楽の日本語訳を安井かずみが手がけていたとは知りませんでした。

安井かずみが手掛けたのは、ヘイ・ポーラ、悲しき雨音、レモンのキッス、GIブルース、サマー・ホリデー、カラーに口紅、悲しき足音、アイドルを探せ、オー・シャンゼリゼ、雪が降る、マイ・ウェイ、ドナドナ、などなど。

「ザ・ピーナッツ」 が歌った「レモンのキッス」は忘れられません。 (訳詞:みナみカズみ、編曲:宮川泰)

ザ・ピーナッツ|レモンのキッス
https://www.youtube.com/watch?v=wz73-52vG-Y (YouTube)

レモンのキッス (MEG-CD)

新品価格
¥1,132から
(2019/11/14 01:46時点)

多くの歌手がカバーしていますが、やはり、1962年発売、みナみカズみ(安井かずみ)訳の ザ・ピーナッツ が一番記憶に残っています。

安井かずみは、新興楽譜出版社の草野昌一社長(ペンネーム、漣健児)に、20代前半で見出されて、はじめ「みナみカズみ」  のペンネームで洋楽ポップスの訳詞を書いていました。

そして、作詞するようになり、伊東ゆかりに書いた「小指の思い出」が大ヒットしました。そして、次に平尾昌晃作曲で、小柳ルミ子のデビュー曲となる「私の城下町」で洋楽ポップス系から、本格的に歌謡曲の作詞家となりました。
平尾昌晃は、安井かずみが「日本的な、伝統的なものも書いてみたい」と言ったことで、小柳ルミ子のデビュー曲の企画で安井かずみを作詞家として起用し、「私の城下町」の大ヒットを生むことができました。
平尾は「安井かずみの詞は曲をつけやすいんですよ。個性的だし、リズムがいいんです。」と言っています。

小柳ルミ子| 私の城下町
https://www.youtube.com/watch?v=UaKe0TwITlc (YouTube)

ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクション

新品価格
¥2,700から
(2019/11/14 01:48時点)

小柳ルミ子は、この「私の城下町」で、「第2回 日本歌謡大賞」の放送音楽新人賞、や「第13回日本レコード大賞」の最優秀新人賞など、数々の新人賞を受賞しています。また、大晦日には『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場、華々しいデビュー年をかざりました。

作詞家はメロディーやリズムに乗って聴く人が一緒に口ずさみたくなるフレーズを編み出します。

日本最古の歌集「万葉集」で、「柿本人麻呂」「額田王」などは、ある抑揚をつけて、漢字の深い意味合いを歌と詠んだと言われています。
さしずめ、安井かずみは、現代の万葉詩人であったかも知れません。
生涯残した歌が4000曲とのことですので。

安井かずみの数ある傑作の中でも、沢田研二の「危険な二人」は印象深いです。

沢田研二|危険な二人
https://www.youtube.com/watch?v=1s2BvG_NY9k (YouTube)

ロイヤル・ストレート・フラッシュ

新品価格
¥1,942から
(2019/11/14 01:49時点)

数多くのビッグヒットを生み出し、その生涯を「おしゃれな生活」でつらぬいた安井かずみはの曲、彼女の書いた詞の数々はこれからもずっと色あせずに生き続けていくのだと思います。

安井かずみは、1960年代から、社交場「キャンティ」に出入りし、六本木を「ロータス・エラン」で疾駆し、まさに日本が上昇気流に乗る、「高度経済成長期のアイコン」だったのではと思います。