タグ別アーカイブ: 土岐麻子

マイ・フェイバリット・ドライブ・ミュージック2018


(C)土田凌/ぱくたそ「海沿いドライブ」関東は観測史上最も早く梅雨が明け好天が続いています。

その一方、西日本では災害続き。
「大阪北部地震」「平成30年7月豪雨」で被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。被災地の一日も早い復興をお祈り申しあげます。

さて、梅雨が明ければドライブシーズンが到来。
7月のお気に入り曲のテーマは「ドライブ」です。

当ブログ執筆者がお勧めするドライブにおすすめな8曲とアルバムを紹介します。
真夏のドライブをお楽しみください。

平山美紀|真夏の出来事
https://www.youtube.com/watch?v=1_B2sotxBi8 (YouTube)

筒美京平 ウルトラベストトラックス

新品価格
¥1,570から
(2018/7/26 22:30時点)

  • 曲調と声が印象的で、湘南の夏の夜のドライブがパッとイメージされてしまいます。(Hiro)

荒井由実|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=suki5GuRhMo (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

新品価格
¥2,703から
(2018/7/26 22:32時点)

  • ”フリーウェイ”という言葉と、新宿に向かうと近づく高層ビル群が、いかにもアメリカの都市へと向かう”フリーウェイ”の景色と重なってしまいます。(Hiro)
  • 定番ですね。(MAHALO)
  • 新宿から調布方面にドライブ時にタイミングよくラジオからこの曲が流れたらラッキーです。(Yama)

America(アメリカ)|Ventura Highway(ヴェンチュラ・ハイウェイ)|Here & Now
https://www.youtube.com/watch?v=Ps2CMcyditQ (YouTube)

Here & Now

新品価格
¥787から
(2018/7/26 22:33時点)

  • アルバム「America|Here & Now」は2007年リリースの2枚組アルバムです。当時の新曲のDisc1と過去のヒット曲のライブ収録のDisc2共に、アコギと透明感のあるハーモニーはドライブのBGMに最適です。特にヒット曲「Ventura Highway」は秀逸です。(Koji)

山下達郎|RIDE ON TIME(ライド・オン・タイム)|COME ALONG 2
https://www.youtube.com/watch?v=xOAPa2b3p2s&feature=youtu.be&t=15m47s(YouTube)

COME ALONG2

新品価格
¥1,818から
(2018/7/26 22:34時点)

  • 夏のドライブには「山下達郎」がお薦めですが、人気DJが参加したンピレーション・アルバム「COME ALONG」シリーズは最適です。「RIDE ON TIME」で入道雲が目に入れば最高です。(Koji)
  • 発表当時は、カセットテープのみの販売でした。(Yama)

Nils(ニルス)|Pacific Coast Highway(パシフィック・コースト・ハイウェイ)
https://www.youtube.com/watch?v=rmreiMTiemg (YouTube)

Pacific Coast Highway

新品価格
¥1,598から
(2018/7/26 22:36時点)

  • 以前も紹介しましたが、曲のタイトルからもこれからの季節、海岸線のドライブにピッタリかと思います。アメリカ西海岸ですかね。(MAHALO)

Gregg Karukas(グレッグ・カルーカス)|Rio Drive(リオ・ドライブ)
https://www.youtube.com/watch?v=_8b47FQeGnM (YouTube)

Soul Secrets

新品価格
¥1,786から
(2018/7/26 22:37時点)

  • 「グレッグ・カルーカス」私のお気に入りのキーボディストの一人です。リオ・ドライブと如何にも夏向きのタイトルなのですが、考えたら南半球はこれから冬なんですよね。ちなみに、間奏のギター・ソロは「リカルド・シルヴェイラ(Ricardo Silveila)」です。(MAHALO)すごくリズミカルで、陽気で優しく。ドライブしてる感じになります。(Hiro)

今井美樹|DRIVEに連れてって
https://www.youtube.com/watch?v=0VZPPGDkj9A (YouTube)

IMAI MIKI TOUR 1999“未来” [DVD]

中古価格
¥3,608から
(2018/7/26 22:38時点)

  • タイトルのとおりドライブ・ソングですね。紹介のライブ映像とは違いますが、DVDとしてもリリースされた「未来」というタイトルのライブはギター好きには堪りません。今は亡き「松原正樹」、そしてこの映像にも出演の「今剛」の名演ライブと言えます。(MAHALO)

土岐麻子|イージュー”ライダー|CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~
https://www.youtube.com/watch?v=1ggSHajydRs (YouTube)

CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~ (MINI ALBUM)

新品価格
¥2,000から
(2018/7/26 22:39時点)

  • 土岐麻子の2012のカバーアルバム「CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~」も、お気に入りのドライブアルバムです。1曲目の「イージュー”ライダー」から、のオリジナルは、ご存知の通り、奥田民生/1996年です。奥田民生バージョンは https://www.youtube.com/watch?v=Mg7rtAWKdok です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・カバー・ミュージック


キンモクセイ珍しい2週続けての台風上陸があり、その台風19号が去ったら、急に秋が深まりました。

都心ではまだキンモクセイを見かけることがありますが、山ではもう紅葉の季節が始まっているようです。

10月の「お気に入り曲」のテーマは「カバー」です。
当ブログ執筆者がお勧めするカバー音楽を8曲を紹介します。
ボーカル曲、インスツルメンツの名曲が集まりました。

ピーター・ポール&マリー(Peter, Paul & Mary)|風に吹かれて(Blowin’ in the Wind)
http://www.youtube.com/watch?v=UrIgYx5Fyf8 (YouTube)

ピーター、ポール&マリー PPM スーパーベスト 風に吹かれて 素敵なロックン・ロール レモン・トゥリー スチューボール 朝の雨 500マイルも離れて ロック天国 悲しみのジェット・プレーン パフ フォー・ラヴィン・ミー くよくよするな 天使のハンマー デイ・イズ・ダン WQCP-667

新品価格
¥1,100から
(2014/10/21 15:41時点)

  • 「風に吹かれて」は、ボブ・ディランが1963年にリリースした曲。ピーター・ポール&マリーがカバーして大ヒットしました。私もこの曲はピーター・ポール&マリーの曲としての方が印象に残っています。「どれほど~と問いかけ、答えは~風に吹かれて~」とメッセージ性の強い曲ですが、ピーター・ポール&マリーの独特のしなやかなメロディーラインで、仄々とするような曲調になっています。(Hiro)

monolog|Remind Me (feat. Patrice Rushen)
https://www.youtube.com/watch?v=KQRK1MSQDw8 (YouTube)

17 Living Souls

新品価格
¥2,002から
(2014/10/21 15:43時点)

  • 当ブログでも推薦のmonolog(モノログ)ですが、パトリース・ラッシェン自ら参加した彼女の代表曲「Remaind Me」です。パトリースの代表曲の謂わばセルフカバーでもあります。ギター(monolog)とエレクトリックピアノ(パトリース)の掛け合いも彼等のお茶飲み友達としての会話のようです。(Koji)

徳永英明|時代
https://www.youtube.com/watch?v=tKvAv4_FIY4 (YouTube)

VOCALIST (通常盤)

新品価格
¥2,100から
(2014/10/21 15:44時点)

  • 徳永英明の「VOCALIST」シリーズは数々の名曲を彼の独特の歌唱で堪能できる名盤だと思います。原曲の良さ再認識します。(Koji)
  • 「時代」いいですね。徳永のカバーもいいですが、確かに中島みゆきのオリジナルもいいですね。(Hiro)

L.A. Workshop with New Yorker|ノルウェイの森(Norwegian Wood)
https://www.youtube.com/watch?v=l_ViPkd-JkE (YouTube)

ノルウェイの森II

新品価格
¥4,060から
(2014/10/21 15:49時点)

    • 参加ミュージシャンがスティーブ・ルカサー、リー・リトナー、エリック・ゲイル、ロン・カーター、ジョー・サンプル等々。ビートルズのカバーアルバム「ノルウェイの森II」です。今年も残念ながらノーベル賞を逸した村上春樹作品をイメージしたオマージュ作品です。ビートルズの作品を凄腕のミュージシャンの演奏で堪能できます。(Koji)
  • 当時、「L.A.何とか…」といったユニット名でロサンゼルスのトップ・ミュージシャンを起用した企画物のアルバムが多くリリースされ、私もミュージシャン目当てで購入しよく聴きました。このアルバムもその一枚で、もう一枚の「ノルウェーの森」でもこの曲をアレンジを変えて演奏していますが、リー・リトナーのギターをはじめ、この「II」のほうがお気に入りです。アルバムとしても「II]はお勧めです。(MAHALO)

ジョージ・ベンソン(George Benson)|私の主張(Affirmation)
http://www.youtube.com/watch?v=GeJjEPGwZ_0 (YouTube)

ブリージン

新品価格
¥1,660から
(2014/10/21 15:53時点)

  • この曲はオリジナルのホセ・フェリシアーノでもよく聴きましたが、ジョージ・ベンソンのアレンジによるカバーはセンスも良く当時は驚きでした。この曲が収録されたアルバム「ブリージン(Breezin)」は大ヒットしどの曲も良い曲ばかりですが、中でもこの曲が1番かと思います。(MAHALO)

コールド・ブラッド(Cold Blood)|サンシャイン・オブ・マイ・ライフ(You are the sunshine of my life)
http://www.youtube.com/watch?v=drc0eu0BB1I (YouTube)

スリラー!(紙ジャケット仕様)(BOM24091)

新品価格
¥2,333から
(2014/10/21 15:57時点)

  • スティービー・ワンダーのカバーにハズレ無しとよく言われますが、中でもコールド・ブラッドによるこの曲のカバーは最高かと思います。間奏のエレピ、フルートなどによるソロもセンスが良く心地よいです。(MAHALO)
  • 軽快で、ソフトな曲調、凄く爽やかな気持ちになります。まさにアメリカ西海岸、サンフランシスコの景観が浮かびます。(Hiro)
  • スティービー・ワンダーと異なるアプローチで聴かせてくれます。このアルバムもまたコールド・ブラッドの傑作ですね。(Koji)
  • 軽快なリズムと力強いボーカル、このアレンジは大変気に入りました。(Yama)

安藤裕子|ぼくらが旅に出る理由
https://www.youtube.com/watch?v=23achdSE-QI (YouTube)

chronicle.(DVD付)

新品価格
¥2,000から
(2014/10/21 15:57時点)

  • 80年代の渋谷系音楽は、多くのアーティストがカバーしています。動画はブラスセッションでアレンジしたライブバージョンですが、アルバムに収録した「ぼくらが旅に出る理由」は、少しスローなボサノヴァ風のアレンジです。(Yama)

土岐麻子|シーズン・イン・ザ・サン
https://www.youtube.com/watch?v=XEUmQyaTQ50 (YouTube)

CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~ (MINI ALBUM)

新品価格
¥2,060から
(2014/10/21 15:58時点)

  • 土岐麻子の2012のカバーアルバム「CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~」から、チューブのシーズン・イン・ザ・サンです。動画で3分39秒のドライブを楽しんでください。(Yama)
  • 当ブログで紹介しました「Gift ~あなたはマドンナ~」からのファンでですが、土岐麻子さんの歌声は心地良いですね。この曲もですが、特にアップ・テンポの曲が私のお気に入りです。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

Gift 〜あなたはマドンナ〜


今回ご紹介するのは2年ほど前の冬にテレビCMで使われた「土岐麻子 | Gift 〜あなたはマドンナ〜」です。

「もう古いよ」と思われるかも知れませんが、何せ聴く音楽が80年代で洋楽、邦楽とも止まっています。テレビ、ラジオ、買い物中といたるところでいろいろな曲を耳にしますが、後からテレビでやっと曲名を知る状況です。特に邦楽は「方向音痴」ならぬ、「邦楽音痴」ですのでご了承ください。

初めて聴いたとき、80年代ポップス(邦楽)の感じが堪らなく気にいりました。
すかさずインターネットで調べましたが、最初はスポンサーサイトで曲の情報を調べ、次にショッピングサイトでCDのリリース情報を調べ、やっと「土岐麻子」さんのこの曲だとわかりました。その時点で、シングルCDを予約しました。

購入したシングルCDを聴きながら歌詞を見ると、作詞(共作)、作曲が「エポ(Epo)」さんでした。
「エポ」さんと言えばデビュー曲がシュガー・ベイブ(Sugar Babe:山下達郎、大貫妙子らが結成したグループ)の「Songs」に収録され、ヒットした「Down Town」のカヴァーでした。
このアルバムや曲を思い浮かべ、「やはりそうだよな!」と思い、私の聴く音楽はこの時代から抜け出ていないんだなと実感しました。
でも、AKB48の「Everyday、カチューシャ」はお気に入りで、CDを買ってしまいました。良い曲だと思います。

さて、この曲の感想ですが、前述した通り懐かしさが漂うメロディーラインが気に入りました。
私はインストゥルメンタルを好んで聴くため、曲選びは「詞選好」より「曲選好」ですが、テレビCMで何度も耳にしたせいか「あなたって不思議だわ あなたっていくつなの?…」の歌詞も気に入っています。

たまたま朝のバラエティ番組で土岐さんが紹介され、有名な企業のCMソング数多く歌っている(中にはCMにも出演した)事を知り、土岐さんは知らなくても、その歌声はよく耳にしていた事をしりました。
そしてその時、お父さんがジャズ・サックス・プレイヤーの「土岐英史(Hidehumi Toki)」さんだということを知りました。

土岐英史さんと言えば「Hiro」さんが紹介した大徳俊幸さんのとのライブ活動など幅広く活動されています。私はライブでの演奏よりもスタジオ・ミュージシャンとしての活動が印象も強く、「Koji」さんが紹介した「月9とボストン~ロンバケより~(1)」での「山下達郎 | Ride On Time」のサックス・ソロも土岐さんです。
また、六本木PIT INNでのライブを収録したアルバム「山下達郎 | It’s A Poppin’ Time」にも参加しています。このアルバムは、山下達郎の名盤の1枚だと思います。

また、私の好きなフュージョン分野だと、ギターの「山岸潤史」さんらと結成した「チキンシャック(Chickenshack)」でも活躍しました。曲はもちろんですが、アレンジも都会的なサウンドでセンスも良く、レコード、CDでよく聴きました。

話が土岐麻子さんからかなりそれてしまいましたが、「Gift 〜あなたはマドンナ〜」は今でもよく聴き、そのほかのアルバムも聴いてみようと思っています。

では、土岐麻子さんのこの曲「Gift 〜あなたはマドンナ〜」とユニクロのCMソングとして本人も出演した「How Beautiful」、そして大好きなチキンシャックのアルバム「Chickenshack VI | Loretta」をご紹介します。

土岐麻子 | Gift 〜あなたはマドンナ〜

Gift ~あなたはマドンナ~

新品価格
¥431から
(2013/1/3 12:58時点)


土岐麻子 | How Beautiful
http://www.youtube.com/watch?v=3sUuLvtgEIY (YouTube)

TOKI ASAKO “LIGHT!” ~CM & COVER SONGS~

新品価格
¥1,892から
(2013/1/3 13:00時点)


Chickenshack | Loretta
http://www.youtube.com/watch?v=_wr_CuEzHQM&list=PLFABE76B8670A7184 (YouTube)

MAHALO_CKVI_PIC

CHICKEN SHACKVI

中古価格
¥400から
(2013/1/3 13:01時点)