タグ別アーカイブ: 井上銘

活躍するバークリー出身の若手ミュージシャンたち(1)


新星続々 ジャズ界活況」と云った記事(読売新聞2018年7月28日付 「週刊エンタメ」)で特集されていたように、ジャズ界を中心に若手ミュージシャンの台頭が注目されているようです。特に、その記事によると、

1940年代後半から50年代にかけての、進駐軍ジャズの時代、70年代のフュージョン・ブームの時代と、日本ジャズ界は黄金期を築いたが、その後、若者のジャズは離れが進み、90年代以降、新陳代謝がなかなか進まず、停滞傾向が続いていた。そんな中、2003年デビューのピアニスト、上原ひろみが世界的な活躍を展開、この状況に風穴を開けていた。そして、ここにきての新たな流れ。
ジャズ評論家の児山紀芳は「新鋭が続々と飛躍した1960~1970年代の活況に似ている」…

まずはその記事にも登場している1991年生まれで、千葉県流山市出身の「曽根麻央(そねまお)」です。彼の公式ウェブサイトによると、18歳でバークリー音楽大学より全額奨学金を得て渡米し、2016年には同大学の修士(Master)課程の第1期生として首席(summa cum laude)で卒業した若き俊英です。その彼がこの4月に異例の2枚組セルフ・プロデュース・メジャー・デビュー・アルバム「曽根麻央(Mao Sone) | インフィニット・クリーチャー(Infinite Creature)」を発表しています。

曽根麻央 (MAO SONÈ)|インフィニット・クリーチャー( INFINITE CREATURE)
https://www.youtube.com/watch?v=W_5c_PggLKk (YouTube)

Infinite Creature

新品価格
¥3,140から
(2018/10/12 11:50時点)

このアルバムのディスク1がアコーステック、ディスク2がエレクトリックの構成になっています。各々のメンバーは次の通りです。

[DISC 1-Acoustic]
・Mao Soné – trumpet, piano, percussions, voice
・Yuji Ito(伊藤勇司) – acoustic bass
・Misaki Nakamichi (中道みさき)– drums
-guest musicians-
・Tact Yamada(山田拓斗) – violin , mandolin
・Masateru Nishikata(西方正輝) – cello

[DISC 2-Electric]
・Mao Soné – trumpet, flugelhorn, piano, synthesizers, percussions, voice
・May Inoue (井上銘)– guitar
・Ren Yamamoto (山本連)– electric bass
・Hiro Kimura (木村紘)– drums

アコースティックのトリオによるライブ映像があります。

Mao Soné Trio | Grateful [名古屋スターアイズにて]
https://www.youtube.com/watch?v=JpWmYjy_1sU (YouTube)

以前、当ブログ記事(横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(1)(2))で紹介した「中道みさき」の成長した姿があります。当時高校生であった彼女は、その後一旦は和歌山大学に入学したようですが、一年後にこちらもバークリー音楽大学の全額奨学金を受け2013年に単身渡米、飛び級にて3年間で優秀な成績を修め卒業とのことです。
テリ・リン・キャリントン(Terri Lyne Carrington)仕込みのドラムを確かめて下さい。こちらも以前の記事(JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(2))に登場したテリ・リン・キャリントンがバークリーで教えていました。

そして一方のエレクトリック・カルテットの映像はこちらです。

Mao Soné Quartet |SkyFloor : Brightness Of The Lives [曽根麻央]
https://www.youtube.com/watch?v=BXPVu2yRW-U (YouTube)

このカルテットにも、過去の記事(60年代の高校生とジャズ「坂道のアポロン」)に登場した「井上銘」がギターで参加しています。彼は昨年3作目となるリーダーアルバム「井上銘 | STEREO CHAMP(ステレオチャンプ)」をリリースしています。

MAY INOUE | STEREO CHAMP : BLUE NOTE TOKYO 2018 trailer
https://www.youtube.com/watch?v=XuZLIvIXBqU (YouTube)

STEREO CHAMP / ステレオチャンプ

新品価格
¥2,701から
(2018/10/12 11:52時点)

更に、読売新聞の記事に登場したミュージシャンにBIGYUKIビッグユキ平野雅之[ひらの・まさゆき])がいます。ニューヨークで活動中の彼に密着したドキュメンタリー番組が3月に放映されました。

ニューヨーク この街で生きる BIGYUKI (NHK BS1『明日世界が終わるとしても』)
https://www.youtube.com/watch?v=Vb_GUdGKDgI (YouTube)

ニューヨークでは多くの有名ミュージシャンのサイドマンとして活躍する他、自らの名義BIGYUKIとしては2016年6月に「グリーク・ファイアー(Greek Fire)」、2017年11月に「リーチング・フォー・ケイローン(Reaching For Chiron)」をリリースしています。

グリーク・ファイアー

新品価格
¥1,958から
(2018/10/12 11:54時点)

リーチング・フォー・ケイローン

新品価格
¥2,225から
(2018/10/12 11:54時点)

そんな彼の紹介記事があります。

【〈越境〉するプレイヤーたち】第5回:BIGYUKI (music review site “MiKiKi”)

この記事のインタビューの中で「BIGYUKI」の名前の由来について次のように語っています。

「バークリー音大に金坂征広(かねさかゆきひろ)ってヤツがいたんですよ。あいつのあだ名がYUKIで、俺も雅之だからYUKIと呼ばれていて。それで最初は、俺が金髪だったから〈キンユキ〉と呼ばれていたんですけど、そのうち金坂のほうもわかりづらいという話になって、あいつは俺より背が低かったからチビユキになって、〈じゃ、お前はデカユキだ〉と。それでいまでも、俺はデカユキ=BIGYUKIなんです」

このブログでも度々登場している金坂征広monolog こと Yuki Kaneska )との区別が BIGYUKI の名前に繋がったようです。

尚、人気お笑いコンビ「野生爆弾」の「くっきー」が制作した新曲「BIGYUKI | 2060 Chiron」のミュージック・ビデオが公開されています。

BIGYUKI | 2060 Chiron
https://www.youtube.com/watch?v=e2MshM0reYQ (YouTube)

Jazzライブのはしご「BarBarBar」~「APPLE」


横浜関内で初めて、Jazzライブの「はしご」をしました。仕事関係で長年付き合っていただいている方と、まずはJazzライブレストラン「BarBarBar」に行きました。

「BarBarBar」は1984年(昭和59年)9月に開店とのことなので、31年になる。開店間もないころから行っていたように思います。

私たちが聴いたのは、「鈴木良雄スペシャルトリオ」、メンバーは、

  • 鈴木良雄(bs)
  • 山本 剛(pf)
  • 村上 寛(ds)

懐かしいベテランのミュージシャンの方々でした。
演奏した曲を覚えていませんが、確か、

  • Mona Lisa
  • Smoke Gets in Your Eyes
  • Bye Bye Blackbird

等が演奏曲の中にあったと思います。

キース・ジャレット・トリオ(Keith Jarrett Trio)|バイ・バイ・ブラックバード(Bye Bye Blackbird)
https://www.youtube.com/watch?v=Ki7zLTmckng (YouTube)

バイ・バイ・ブラックバード

新品価格
¥1,811から
(2015/11/20 16:01時点)


ベースの「鈴木良雄」は、6年前(2009年10月)にベーシストデビュー40周年を記念して、ケイ・赤城、秋吉敏子、小曽根真、イサオササキ、野力奏一、山本剛という6人のピアニストとのDUOのCD「My Dear Pianists」をリリースしています。

鈴木良雄 w/山本剛|キスは風にのって
https://www.youtube.com/watch?v=_SDqDqqfU8c (YouTube)

マイ・ディア・ピアニスト -チンさんと6人のピアニスト-

新品価格
¥2,571から
(2015/11/20 15:59時点)


山本剛(p)との「キスは風にのって」はバラードで素敵な曲です。

ドラムの「村上寛」は、本田竹広(p)トリオで演奏活動を始め、その後、菊地雅章(p)、そして、渡辺貞夫カルテットに参加もしています。
今回あらためて感じたのですが、シニアのミュージシャンの音は、柔らかく、しなやかで、暖かい感じがします。私だけの感じ方かもしれませんが。すごく、ゆったりした気持ちにさせてくれます。

で、その後、何故か「サックス」が聴きたくなりました、といことで、関内でもう一件、Jazzライブハウスのはしご、Jazzライブバー「APPLE」へ行きました。

この日は、

  • 海野あゆみ(as)
  • 井上 銘(g)
  • 山本 連(b)

のメンバーが出演。
そして、ゲストは、和田 明(vo)のみなさん、新進気鋭の若手。

「井上銘」は本ブログ60年代の高校生とジャズ「坂道のアポロン」にて紹介しています。

井上銘|ファースト・トレイン
https://www.youtube.com/watch?v=VDFtiZut1N8 (YouTube)

ファースト・トレイン

新品価格
¥1,728から
(2015/11/20 15:56時点)


KUMAMOTO SaturdayWaitingBarTDK
第31回天才ギタリスト井上銘さんの「デビューが早いと結構大変」のお話
https://www.youtube.com/watch?v=-WlIylVQ21A (YouTube)

ベースの「山本連」は、2012年、バークリー音楽大学 Professional Music科編入、2015年卒業。
本当に新進気鋭です。

サックスの「海野あゆみ」は、洗足学園音楽大学卒業後、土岐英史氏に師事。 嵐、FiVE[ジャニーズJr.]、 田原俊彦、SILVA、小柳ゆき、稲垣潤一、福原美穂、AI、西野カナ・、など多くのミュージシャンと共演してます。

こちらも、ライブの演奏曲を覚えていないのですが…。
演奏曲の中に、「サニー」、「いつか王子様が」があったと思います。

ゲストの「和田明」が、「スニーカー似合わない」を歌いました。

Peepz|スニーカー似合わない
https://www.youtube.com/watch?v=2L5Ov8x_P6E (YouTube)

曽根麻央カルテット|Brightness of the Lives
https://www.youtube.com/watch?v=HUN0j667mYc (YouTube)

井上銘と山本連が共演しています。

こちらは、演奏が「クール」ですが、若さあふれる、何かとんがった感じがしますした。
この人たち、若くても相当のテクニックがあると思いますが、今後、さらにベテランになった時、どのような「音」を聴かせてくれるか
楽しみです。

なお、「BarBarBar」と「APPLE」の両店が、2015年6月27日(土)放送の「出没!アド街ック天国」の「横浜 関内」編で、老舗のジャズバーとして、紹介されました。

60年代の高校生とジャズ「坂道のアポロン」


Himawari2ヒマワリのルーツはギリシャ神話の太陽神アポロンにまつわるものがあります。そのアポロンは音楽の神として有名です。

マンガ「坂道のアポロン」は小玉ユキ(こだまゆき、長崎県出身)の原作で、女性向け月刊漫画雑誌「月刊フラワーズ」に2007年11月から2012年3月まで連載されていました。そのあらすじは次の通りです。

1966年初夏、船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県の佐世保市にある佐世保東高校に転校してきた男子高校生・西見薫
転校初日、バンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。
更に、薫は千太郎の幼馴染・迎律子に、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香にと、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。

出典:ウィキペディア

坂道のアポロン コミック 1-9巻 セット (フラワーコミックス)

新品価格
¥3,780から
(2013/7/29 14:15時点)

坂道のアポロンは、1960年代後半の高校生活、そして当時のジャズを描いています。60年代のジャズについては当ブログでも、タモリのJazz観たけしとジャズ、60年代の新宿など何度か扱っています。
しかし、作者の推定年令(生年非公開)からは当時を経験した訳では無く、どちらかと云えば彼女の親の時代に近いと思います。

史上初の「少女ジャズマンガ!」であるこの作品に登場した楽曲で構成される「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」があります。

坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,547から
(2013/7/29 14:23時点)

収録曲は次の通りです。

  1. モーニン
  2. ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ
  3. いつか王子様が
  4. チュニジアの夜 (モノーラル録音)
  5. バット・ノット・フォー・ミー (モノーラル録音)
  6. アス・スリー
  7. ラヴ・フォー・セール
  8. イージー・トゥ・ラヴ
  9. マイ・フェイヴァリット・シングス
  10. バグス・グルーヴ (モノーラル録音)
  11. ブルー・トレイン
  12. マイ・ファニー・ヴァレンタイン

モダン・ジャズの入門用のオムニバスとしてもお薦めだと思います。このマンガを読む時のBGMとして聴けば、よりその世界に浸る事ができるかも知れません。

そしてこのマンガを原作としたTVアニメが、フジテレビ系列で2012年4月から6月に放送されました。その感動シーンをご覧下さい。

坂道のアポロン 文化祭シーン My Favorite Things〜SOME DAY MY PRINCE WILL COME〜Moanin’
http://www.youtube.com/watch?v=Pf9X0oaH1v4 (YouTube)

番組を見逃した方は、北米正規版のBD-BOX「Kids on the Slope Complete [Blu-ray]」がお薦めです。第1話から第12話までの全話が収録されており、音声は英語と日本語が切り替え可能で、特典映像も付いています。

Kids on the Slope Complete [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥4,116から
(2013/7/29 14:25時点)

物語の最後は高校卒業から8年後のシーンで幕を閉じます。
東京で医学部を卒業し医師となった薫。偶然出逢った同級生の結婚式の写真で見付けた神父姿の千太郎。長崎の坂の上にある教会を訪ねて行って、離ればなれであった二人の再会と感動のジャム・セッションです。

坂道のアポロン 最終回 Moanin’
http://www.youtube.com/watch?v=SCSHyUaZYGM (YouTube)

このTVアニメで薫と千太郎のピアノ(最後のシーンはオルガン)とドラムを担当したのは、若手ジャズ・ミュージシャンの二人です。1986年生まれの松永貴志(まつながたかし、兵庫県出身)と1992年生まれの石若駿(いしわかしゅん、札幌市出身)です。

松永貴志は2003年に17歳でアルバム「TAKSHI」でメジャーデビューし、TV等の出演も多い若きジャズ・ピアニストです。

TAKASHI

新品価格
¥2,409から
(2013/7/29 14:27時点)

一方の石若駿は現役の東京藝術大学(打楽器科)の学生であり、ドラマーとして東京周辺でのライブ出演も行なっています。

彼らの熱演を聴くことのできるTVアニメ版の「アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」があります。

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,636から
(2013/7/29 14:29時点)

Sumida-Jazz_2012

すみだストリートジャズ メイン会場の錦糸公園から見たスカイツリー(2012年)

そして彼らの生演奏に触れる機会ですが、石若駿の方は8月17日(土)と18日(日)に開催される「第4回すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル」に出演します。
若干15歳で「バークリー賞(グループ・キャンプ)」を受賞し、2009年夏のセミナー(5week)にも参加している俊英を確かめてみて下さい。

  • 17日 椎名豊Trio(トリフォニーホール小ホール/19:20-20:00)
  • 18日 Akihiro Yoshimoto Quartet(Cafe Typhoo/14:00-14:40)

このジャズ・フェスは毎年夏に開かれるお薦めのイベントです。スカイツリー周辺の全て無料のライブ会場をハシゴして、プロやアマの生音に触れるのも良いと思います。
メイン会場ではビールや焼きソバなどの飲食ブースもありお祭り気分に浸れます。

もう一人の松永貴志は10月に第一生命ホール(東京)でトリオでの演奏会があります。

チケットぴあ 一般発売 / 松永貴志ピアノ・トリオ | 2013/10/2(水) |
第一生命ホール(東京都)
icon

私の高校生の頃は「坂道のアポロン」と同じ時代でしたが、ジャズに触れる機会は多くはありませんでした。
今の若い世代ではごく当たり前にジャズも身近な存在だと思います。中学生や高校生で頭角を現すプレーヤーも珍しくありません。

雑誌「JaZZ JAPAN Vol.23(JUL.2012)」に「坂道のアポロン」特集記事がありました。その中に「ジャズ青春群像:2012年のアポロン」と称する3人の対談が載っています。

JAZZ JAPAN Vol.23

新品価格
¥1,000から
(2013/7/29 14:33時点)

当時23歳でサックスの纐纈歩美(こうけつあゆみ、1988年 -、岐阜県出身)、19歳で同じサックスの中島あきは(なかしまあきは、1992年 -、和歌山県出身)、21歳でギターの井上銘(いのうえめい、1991年 -、神奈川県出身)によるものです。
第4回サマージャズレヴォリューションのステージを終えてのものでした。このイベントは日本音楽家協会(略称:日音協)の破産により今年はありませんが、日本ポピュラー音楽協会主催の同様のイベント「サマージャズ」が8月24日(土)に日比谷公会堂(東京)で開かれます。こちらもお薦めします。中島あきはが出演しています。

チケットぴあ一般発売 / 第45回 サマージャズ | 2013/8/24(土) |
日比谷公会堂(東京都)
icon

尚、この対談より後になりますが、中島あきはと井上銘の二人はバークリー音楽大学に留学しています。現役バークリー生の二人は秋学期が始まる9月までは日本での演奏活動を行なっているようです。
中島あきはについては横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(1)及び(2)で紹介していますので、ここでは井上銘の1stアルバムの曲からその完成度の高い演奏をお聴き下さい。

FIRST TRAIN / MAY INOUE
http://www.youtube.com/watch?v=VDFtiZut1N8 (YouTube)

ファースト・トレイン

新品価格
¥1,807から
(2013/7/29 14:34時点)