ヴァン・ヘイレン」タグアーカイブ

<ベストセラー>ロック


いろいろなジャンルの「ベストセラー商品トップ10」を紹介するシリーズ。
2回目は、Amazon.co.jpの「ロック」編です。

3月6日時点で、MAHALOさんお勧めの、ヴァン・ヘイレン(VAn Halen) | Studio Albums 1978-84がランクインしています。お勧めです。

Amazon.co.jp | ロック | ベストセラー商品トップ10

このランキングは1時間ごとに更新されます。
一部のRSSリーダーでは、ご覧いただけません。

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

お買い得な「箱入り」CD:Van Halen – Studio Albums 1978-84


以前に「お買い得な「箱入り」CD」のタイトルで、シカゴ(Chicago)ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)のCD-BOXを紹介しましたが、何と2月末に「ヴァン・ヘイレン(Van Halen)」の「Studio Albums 1978-84 」がCD 6枚入りでリリースされました。

Studio Albums 1978-84

新品価格
¥1,955から
(2013/3/4 10:25時点)


先の2セットを知ってから、同じようなCD-BOXがリリースされないかとインターネットで探していたのですが、何枚かある中、「まさかヴァン・ヘイレンが出すとは!」と驚き、早速予約し購入しました。
こちらもCD 6枚組で2千円を切る価格設定で、聴くのが目的の私には助かります。

ヴァン・ヘイレンのアルバムは、レコードとCDで何枚か持ってはいますが、殆どベスト盤や後期のアルバムです。
昨年11月の来日公演の予定があり(ヴァン・ヘイレンの病気により今年6月に延期された)、その影響かもしれませんが、初期のアルバムが聴きたいなと思っていたところにこのアルバムのリリースです。
手元にCDが届き早速聴きましたが、懐かしさもありますが、やはり全アルバムとも良く、大満足です。

ヴァン・ヘイレンと言えば、「エドワード(エディ)・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen)」のギター・テクニックの凄さですが、やはりボーカルの「デイヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)」もこのバンドの要です。メンバー・チェンジが何回かありましたが、デイヴィッドの復帰はファンにとっては待ち望んでいたのでは思います。

私もヴァン・ヘイレンのライブは、1989年に東京ドームへ見に行きましたが、この時はのボーカルはデイヴィッドでなく、「サミー・ヘイガー(Sammy Hagar)」でした。
もちろん目当てはエディのギターでしたので十分に楽しんだ記憶があります。
昨年も来日する予定でしたが病気で延期となり、チケットを購入していた弟はがっかりしていました。
現在のメンバーは、ギター、ドラムはエディ、アレックスのヴァン・ヘイレン兄弟、ヴォ-カルは復帰したデイヴィッド、そしてベースは2006年よりバンドに参加のエディの息子「ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン(Wolfgang Van Halen)」です。
ウルフギャングという名前はギターにも使われ、販売していましたので知ってはいたのですが、まさか父親と活動するとは思っていませんでした。

EVH /WOLFGANG SPECIAL




やはりCDを聴くと会場で聴きたくなりますが、残念ながら延期となった今年も行ず、私はこのアルバムを聴いて我慢です。
それでも充分に満足できるCDかと思います。

今回発売されたBOX CDの内容は以下通りです。

Van Halen – Studio Albums 1978-84

  • Van Halen (炎の導火線) (1978)
  • Van Halen II (伝説の爆撃機) (1979)
  • Women and Children First (暗黒の掟) (1980)
  • Fair Warning (戒厳令) (1981
  • Diver Down (ダイヴァー・ダウン) (1982)
  • 1984 (1984) (1984)

どれも良いアルバムですが、私のお気に入りは1stアルバム「Van Halen (炎の導火線) 」と「1984」です。

では、このCDより曲の紹介です。
スタジオ録音で曲の紹介も考えましたが、やはりライブの良さをご覧いただければと思います。

1曲目はヴァン・ヘイレンを初めて聴いた曲で、1stアルバム「Van Halen」より「キンクス(Kinks)」のカバー曲「You Really Got Me」です。

Van Halen | You Really Got Me
http://www.youtube.com/watch?v=9V6VBKsO-Fk (YouTube)

2曲目はアルバム「1984」より「Panama」です。
このアルバムには大ヒット曲「Jump」が収録されていますが、私はこの曲が1番です。
私を含め、今年のライブに行くことのできない方へ、2012年のライブ映像です。
1曲目の映像と比べると歳をとってしまいましたが、良い曲は何時聴いても良いです。

Van Halen | Panama

3曲目はタップリと、アルバム「1984」より「I’ll Wait」と「Hot For Teacher」、アルバム「Van Halen II」より「Woman In Love…」の3曲メドレーです。
こちらも2012年のライブ映像です。

Van Halen | I’ll Wait + Hot For Teacher + Women In Love…
http://www.youtube.com/watch?v=jG-nntlGsIQ (YouTube)

他にも紹介したい曲があります。
例えばエディがセッション・マンとして参加した「マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)」の「ビート・イット(Beat It)」などです。
この曲のギター・ソロは有名で、何時聴いても良いです。

この「箱入り」CDシリーズは、今後どのようなアーティストが登場するのか楽しみです。