タグ別アーカイブ: ピアニスト

素顔のままで~「ビリー・ジョエル」


ビリー・ジョエルBilly Joel)」といえば、即、思い出す曲が「素顔のままで(Just the Way You Are)」です。何と言ってもカラオケで歌う洋楽のナンバー3に入ります。
難しい曲ですが、歌っていてとても気持ちが良い曲です。
もちろん、上手では無くても聴いてくれる人の気持ちをも和ませる曲です。

ビリー・ジョエル(Billy Joel)|素顔のままで(Just The Way You Are)
http://www.youtube.com/watch?v=HaA3YZ6QdJU (YouTube)

The Stranger

新品価格
¥530から
(2014/5/29 12:19時点)

1977年リリースされた、歌詞とメロディーが一体となっているラブソングです。
演奏しているメンバーも、ピアノは「リチャード・ティー」、間奏のサックス・ソロはジャズ・ミュージシャンの「フィル・ウッズ」、ストリングス・オーケストレーションを「パトリック・ウィリアムズ」が担当しています。

ビルボード誌シングル・チャートで3位、アダルト・コンテンポラリー・チャートで1位。グラミー賞最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の2部門を受賞しています。

カバーでなく、同名異曲をブルーノ・マースBruno Mars)が歌っています。

ブルーノ・マース(Bruno Mars)|ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー(Just The Way You Are)
http://www.youtube.com/watch?v=LjhCEhWiKXk (YouTube)

Doo-Wops & Hooligans

新品価格
¥970から
(2014/5/29 12:36時点)

ビリー・ジョエルの曲は奥さんに対して「ありのままのあなたを愛してます」とこの歌をささげています。ブルーノ・マーズの歌の詞も全く同じような愛の歌です。ただしDVD映像の中の彼女はリアルの彼女ではなく、ペルー(リマ)生まれの女優の「ナタリー・ケリー(NathalieKelley)」との事です。

「ピアノ・マン」は、哀愁漂う曲です。 ピアノとハーモニカで3拍子ではじまり、歌詞は、ビリー・ジョエルがロサンゼルスやサンフランシスコでピアノの弾き語りをして生活していたころの実体験の歌です。

ビリー・ジョエル(Billy Joel)|ピアノマン(Piano Man)
http://www.youtube.com/watch?v=8sFlBJ1Jk3w (YouTube)

Piano Man Legacy Edition (2cd)

新品価格
¥1,077から
(2014/5/29 12:31時点)

動画は、2009年の東京ドーム公演の模様です。曲の障りで「上を向いて歩こう」を奏でます。

歌詞に、「土曜日の夜9時にやって来る常連たち。ジントニックを飲む老人、映画スターを夢見る若者、小説家、海軍士官、ビジネスマン等々。政治学を学ぶ同僚のウェイトレスだっている・・・。」とあります。「バー」の様子を語り、情感豊かに歌う、独特な奥深い彩りがあります。夢をもったものたちが集まる世界観、眼の前にまるでおしゃれな「バー」が実際に広がっているかのような情景が浮かんできます。

「オネスティ」は、1978年のアルバム「ニューヨーク52番街」で発表した曲で、1979年にシングルリリースされました。

ビリー・ジョエル(Billy Joel)|オネスティ(Honesty)
http://www.youtube.com/watch?v=rWu0N0qPeME (YouTube)

ニューヨーク52番街

新品価格
¥1,580から
(2014/5/29 12:37時点)

こちらの動画は、2006年の東京ドーム公演の模様です。

ビリー・ジョエルの曲は、メロディもさることながら、愛の歌ではあるのですが、「詩」の「内容」の深さと、共鳴する「表現」が数多くあります。この「オネスティ」も哲学的な感じもしますが、より単純に「誠実」(Honesty)という言葉の意味を歌いながら、ついかみしめ考えてしまう一曲です。

ビリー・ジョエルが、アメリカのNBC TVの深夜のトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」(The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)に1ヶ月前に出演。司会のジミー・ファロンと「ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)」を即興で歌っています。

Billy Joel and Jimmy Fallon Form 2-Man Doo-Wop Group
http://www.youtube.com/watch?v=cU-eAzNp5Hw (YouTube)

<おくやみ>松岡直也さんが死去「マジョルカ」「九月の風」「ミ・アモーレ」


作曲家の松岡直也氏が死去 「ミ・アモーレ」など作曲(47NEWS)

ピアニストで作曲家の松岡直也(まつおか・なおや)さんが4月29日、川崎市内の病院で亡くなりました。76歳でした。

日本のラテン・フュージョンの音楽の第一人者として、ジャズから歌謡曲まで幅広い分野で活躍しました。バンド「松岡直也&ウィシング」による「マジョルカ」「九月の風」が有名です。また、中森明菜さんの歌う「ミ・アモーレ」の作・編曲を手がけ、1985年の日本レコード大賞を受賞しました。
昨年、音楽活動61周年を迎えました。

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

 

MAJORCA

中古価格
¥3,480から
(2014/5/4 17:55時点)

九月の風~通り過ぎた夏~

新品価格
¥2,675から
(2014/5/4 17:53時点)

中森明菜シングルス27 ′82-91

新品価格
¥3,976から
(2014/5/4 17:59時点)

東京JAZZと女性ピアニスト~ジャズ細うで繁盛記(1)


今年で第12回目を迎えた東京JAZZですが、9月7日(土)~8日(日)に、2日間昼夜4公演が開催されました。
2002年の第1回と翌年の第2回が味の素スタジアムicon(東京都調布市)、2004年の第3回とその翌年の第4回が東京ビッグサイトicon(東京都江東区)となり、2006年の第5回以降は現在の東京国際フォーラムicon(東京都千代田区)で開催されています。

TokyoJazz2004

東京JAZZ2004(東京ビッグサイト)

第4回の東京ビッグサイトになって初めて足を運びました。確か日曜昼のセッションだったと思います。
いつもは国際見本市などで訪れるイベントホールの特設ステージですが、ステージとの距離感も近く、5グループの演奏を堪能しました。
このブログで前にも紹介した上原ひろみTOTOB787ドリームライナーと夢のTOTO(1)(2)の記事)のステージは、今でも鮮明に蘇ってきます。

その2004年が最初の登場だった上原ひろみですが、その後2006年、2008年、2009年、2011年と5回出演しています。複数のステージを務めた年もあり、東京JAZZ最多出演アーティストではないでしょうか?

そして今年の生出演はありませんでしたが、東京国際フォーラムの地上広場で最新ライブDVD「MOVEライブ・イン東京(昨年12月の東京国際フォラム公演を収録)」の上映があったようです。このDVDは一般発売の無い上原ひろみオフィシャルサイトだけの限定商品だそうで、未だ発売前で現在予約受付中とのことです。

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト – 「MOVE」ライヴ・クリップ

ムーヴ(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,228から
(2013/9/13 00:32時点)

TokyoJazz2005

東京JAZZ2005(東京ビッグサイト)

翌年の2005年には上原ひろみと同じバークリー音楽大学出身の山中千尋(やまなかちひろ、生年非公表、群馬県桐生市出身)が初登場しました。
日曜昼の部「Club “Jazzin”」がテーマの公演でした。バークリーの副学長を引退し演奏に専念しだしたゲイリー・バートン(Gary Burton、ジャズと不易流行(1)(2)の記事)やマーカス・ミラー(Marcus Miller、1959年 -、NY出身)なども出演しました。
私自身も前年に続き充分堪能した公演でした。マーカス・ミラーなどは大幅な時間延長で観客を楽しませてくれた記憶が残っています。ステージと客席の距離感も近く感じました。

Blue_Lounge_031205

パーラメント”Blue Lounge”の会場入口(2003年12月5日)

私が山中千尋のライブを最初に観たのは2003年12月で、フィリップモリス社主催の「パーラメント(PARLIAMENT)”Blue Lounge”」というイベントのことでした。
マイルドセブン(現在のメビウス)のバーコードを貼って応募し当選した幸運でした。
200組400名を貸し切りの綱町三井倶楽部(東京都港区)に招待して、豪華な食事や幾つかのスペースでライブも楽しめるイベントの一コマでした。
更に、トラック何台かで雪を運び込み、都心の庭園に施した雪化粧のライトアップや花のアレンジメントなど、假屋崎省吾の手による空間演出は幻想的でもありました。写真が撮れなかったのが残念です。
愛煙家冥利に尽きるイベントでしたが、最近ではあり得ない企画の様に思います。

その山中千尋ですが、バークリーに進む前に卒業した桐朋音楽大学でクラシックを学んでいます。彼女の原点とも云えるクラシック曲を素材にしたアルバム「モルト・カンタービレ」を8月にリリースしています。
新たな「山中千尋ワールド」を確かめてみて下さい。

山中 千尋|トルコ行進曲
http://www.youtube.com/watch?v=yvh3j8riFRk (YouTube)

モルト・カンタービレ(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,580から
(2013/9/13 00:34時点)

この最新アルバム発売記念の全国ホールツアーが予定されています。
東京は9月19日(木)町田市民ホールicon(東京都町田市)、9月20日(金)紀尾井ホールicon(東京都千代田区)、9月23日(月、祝日)渋谷区文化総合センター大和田さくらホールicon(東京都渋谷区)となっています。

山中千尋 ニューヨーク・トリオ 全国ホールツアー2013 告知

チケットぴあ一般発売 | 山中千尋 ニューヨーク・トリオ | 2013/9/19(木) | 町田市民ホール(東京都)icon
一般発売 | 山中千尋 ニューヨーク・トリオ | 2013/9/20(金) ・ 2013/9/23(月・祝) | 紀尾井ホール(東京都) / 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(東京都)icon

上原ひろみや山中千尋よりも前の1989年にバークリーを卒業し、一世を風靡した女性ジャズ・ピアニストに大西順子(おおにしじゅんこ、1967年 -、京都府出身)がいます。
2000年に一旦活動を休止しますが、その後復帰し2009年の東京JAZZに初登場しています。
しかし、昨年惜しまれながら、再びプロ演奏家としての活動から引退しました。
彼女の衝撃のデビュー作となったのは1993年の「ワウ(WOW)」です。ジャズとしては異例の5万枚のセールスがあったそうです。

Junko Onishi|The Jungular
http://www.youtube.com/watch?v=YZ4LfHNPWBs (YouTube)

WOW

新品価格
¥1,799から
(2013/9/13 00:39時点)

その彼女が、ボストン交響楽団(The Boston Symphony Orchestra)の音楽監督を長年(1973年 – 2002年)務めた小澤征爾(おざわせいじ、1935年 -、満州国生まれ)と の共演を果たしたとのニュースがありました。当ブログでも話題(シタールとノルウェイの森(2)の記事)にした、ジャズに造詣の深い作家の村上春樹が仲介したとの事です。

小澤征爾さん、ジャズ指揮=大西順子さんと共演 (時事ドットコム)

 

小澤征爾さんと、音楽について話をする

新品価格
¥1,680から
(2013/9/13 00:41時点)

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック

新品価格
¥2,647から
(2013/9/13 00:42時点)

上原ひろみ、山中千尋、大西順子の三人はダイナミックで高度な演奏技術が特徴的ですが、何れもバークリーを首席で卒業した後にニューヨークに活動拠点を移し活躍しています。まさに世界を舞台にした「ジャズ細うで繁盛記」*といった形容が相応しいと思います。

さて今年の東京JAZZですが、かつてメディアで天才少女と称された若干21歳のジャズ・ピアニスト桑原あい(くわばらあい、1991年 -)が初登場しました。

東京JAZZと女性ピアニスト~ジャズ細うで繁盛記(2)へ続く

*編集部注:「細うで繁盛記」は、花登筺「銭の花」が原作のテレビドラマのタイトル。1970年1月~1971年4月に放送された。

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(2)


「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(1)の続き

純情きらり」の主人公の有森桜子(配役:宮崎あおい)は、恋人達彦(配役:福士誠治)が出征した後は「八丁味噌」の蔵元「山長」で女将修行を続けます。
暫くして、達彦の勧めもあり音楽の夢の実現に向けて再度上京し、作曲や編曲の勉強もします。
しかし、周囲の環境はそれを許す状況ではありませんでした。ピアノ(洋琴)の弦(JIS G 3502 ピアノ線材)も戦争のために供出させられる時代になりました。

そんな頃、ラジオ番組のために桜子が単独で編曲した唯一の曲は唱歌「故郷(ふるさと)」でした。他にも文部省唱歌は「埴生の宿(はにゅうのやど)」がピアノ演奏シーンで印象的に使われていました。

しかし、このドラマのサントラ盤は「NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック」がありますが、これらの曲は含まれていません。

NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,403から
(2013/9/4 12:26時点)

こちらは大島ミチル(作曲家、1961年 -、長崎県出身)のオリジナル楽曲を長谷川陽子(チェロ奏者、1970年 -、東京都出身)のチェロ演奏主体に構成されています。従って、ドラマに登場した誰でも聞いたことのある懐かしい曲は含まれていません。

そんな重要な役割を担った楽曲には、先に紹介したジャズのスタンダード曲、クラシックのピアノ曲、文部省唱歌といった曲もありました。
以前の記事で紹介した「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」(関連記事)や「あまちゃん」の登場楽曲を集めた「春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS」のような企画は無かったようなので、自分でお好みを探してみるのも良いでしょう。

 

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ビクター編

新品価格
¥1,725から
(2013/9/4 12:29時点)

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ソニーミュージック編

新品価格
¥1,960から
(2013/9/4 12:30時点)

個人的な好みになりますが、「HEART OF THE COUNTRY+3-深町純・心の抒情歌集」がお薦めです。ドラマに登場した「埴生の宿」や「故郷」といった曲が含まれています。

HEART OF THE COUNTRY 3-深町純・心の抒情歌集

新品価格
¥2,250から
(2013/9/4 12:32時点)

作曲家、編曲家、キーボード、シンセサイザー奏者として有名な深町純(ふ かまちじゅん、1946年 – 2010年、東京都出身)がピアニストとして残したアルバムです。

深町純は、終戦の翌年に生まれ、桜子の合格の頃から約25年後に東京藝大の作曲科に進んでいま す。在学中から音楽活動を行っていますが、卒業の直前(10日前)に退学したそうです。
どちらかというとフュージョン系アーティストの印象が強いと思いますが、ピアニストや教育家としての功績も見逃せません。
生前のピアニストとしての即興演奏の様子が残っています。

深町純 Improvisation 「踊る子ども」
http://www.youtube.com/watch?v=YUTL6rIWOHs (YouTube)

主人公桜子にジャズへの興味、或いは編曲の才能を見出す役回りでジャズ・サックス奏者が登場します。戦後、進駐軍向けのバンドに桜子も誘います。
因みに、戦時中は「金属製曲がり尺八」と呼ぶことになったサクソフォンですが、このサックス奏者(秋山)役への指導は、バークリー出身の西村貴行(にしむらたかゆき、1979年 -、神奈川県出身)が務めています。

しかし、達彦と結婚した桜子は八丁味噌の蔵元「山長」の跡継ぎを出産する道を選択しますが、既に深刻な病に侵されていました。
結末は再々放送で今一度確かめて下さい。

結局、ジャズ・ピアニストの夢は叶わなかった主人公の桜子でしたが、その夢を叶え、未だ現役を続けているのが、以前にHiroさんが紹介した秋吉敏子(穐吉敏子、Toshiko Akiyoshi、1929年 -、旧満州の遼陽出身)です。桜子より約8年後の生まれで、終戦の時は15歳でした。

Toshiko Akiyoshi Piano Trio
http://www.youtube.com/watch?v=sutvim58cIQ (YouTube)

1953年に来日したオスカー・ピーターソンの勧めでレコード「トシコ(Toshiko)」を録音していますが、そのアルバムが「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」の一つとして10月に再発売されます。

 

トシコズ・ピアノ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,300から
(2013/9/4 12:35時点)


※「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」は2013年10月9日発売で、予約受付中です。未だジャケット写真は未登録です。右は、2002年版です。

トシコズ・ピアノ(紙)

中古価格
¥1,680から
(2013/9/4 12:40時点)

そして11月には「秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル」によるコンサートが東京・中野のなかのZERO 大ホールiconであります。80歳を過ぎても益々元気なようです。

チケットぴあ一般発売 | 秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル | 2013/11/2(土) | なかのzero 大ホール(東京都)
icon

もう一人、63歳にしてジャズ・ピアニストの夢を叶えた、桜子より約10年後の生まれで、元東北大学教授の世界的物理学者であった廣池英子(ひろいけえいこ、1931年 -、東京都出身)を紹介させてもらいます。

今年81歳にして3枚目のアルバム「ザ・グレイト・カタストロフィ」をリリースしています。彼女の量子力学をベースにしたジャズピアノを確かめてみるのも良いでしょう。

ザ・グレイト・カタストロフィ

新品価格
¥2,800から
(2013/9/4 12:44時点)


さて「純情きらり」の主要な舞台であった愛知県の岡崎ですが、喫茶「マルセイユ」が健在であるか否かは別にして、ジャズには縁の深い街でもあります。
ジャズ愛好家として名高い「Dr.Jazz」こと内田修(うちだおさむ、1929年 -、岡崎市出身)もまた岡崎を拠点として日本のジャズ界に貢献をしています。多くのジャズ・ミュージシャンとの交流や支援は有名な話です(内田ジャズコレクションのホームページ)。
仮に「純情きらり」の桜子が実在しジャズ・ピアニストを目指していたなら、いち早く支援していたかも知れません。

ドクターJazz―内田修物語

中古価格
¥498から
(2013/9/4 12:46時点)

その内田修が「ジャズの街岡崎」名誉顧問を務め、「純情きらり」の放送をキッカケに2006年にスタートした「岡崎ジャズ・ストリート」ですが、第8回目となる今年は11月2日(土)と3日(日)に開催されます。

チケットぴあ一般発売 前売券 | 岡崎ジャズストリート2013 | 2013/11/2(土) ~ 2013/11/3(日・祝) | 岡崎城二の丸能楽堂/Libraホール/他(愛知県)

尚、当ブログでも紹介した粟田麻利子則武諒関連の記事)といったバークリー出身のミュージシャンもそれぞれ出演予定です。

  • 粟田麻利子・・・11月3日(日)日本生命(6F)「加藤大智カルテット & 粟田麻利子」
  • 則武諒・・・・・・・11月3日(日)岡崎信用金庫(資料館)「渡辺ショータトリオ & 阪井楊子」

その岡崎に「純情きらり」の舞台となった街並みとジャズライブを楽しみに訪れては如何でしょうか。帰りのおみやげにはやはり「八丁味噌」でしょう。
ドラマ冒頭の「味噌樽に落ちるシーン」の撮影場所であり、蔵元「山長」のモデルでもある359年の歴史を持つ「カクキュー八丁味噌」がお薦めです。工場見学もできるそうです。

 

カクキュー 三河産大豆100%使用 八丁味噌 無添加 天然醸造 400g

新品価格
¥625から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 有機赤出し味噌カップ 300g

新品価格
¥630から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 復刻版八丁味噌(三河産大豆使用) 400g

新品価格
¥800から
(2013/9/4 12:48時点)

Shukaku_130827

刈入れの済んだ田圃

今年で68回目となった終戦記念日でしたが、異常な暑さだけが印象的でした。漸く秋の気配も僅かに感じるようになり、水不足対策が大変であった米作りの方は収穫の時期を迎えました。

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(1)


Hoshizora_130815

8月15日の夜明け前の空

今年の終戦記念日8月15日、その未明の空は晴れ渡っていました。ペルセウス座流星群を期待しましたが、はっきりとした流星には出会うことはできませんでした。
その未明の空、はるか東方の朝日の方角に向かう飛行機らしき光跡が写っていました。

大人気のNHK朝の連続テレビ小説(通称、朝ドラ)「あまちゃん」(関連の<キャンペーン情報>の記事)ですが、いよいよ大詰めを迎え物語の結末が気になります。少しでも早く見たい方には、NHK総合(地上波放送)より30分早く、7時30分から始まるNHK BSプレミアムでの視聴をお薦め致します。

そして、その前の7時15分からは以前の朝ドラの再放送番組もあります。
現在は、2006年上半期(4月から9月)に放送されていた「純情きらり」が再々放送されています。
NHK放送開始80周年記念番組でもある「純情きらり」のあらすじは次のような内容です。

昭和初期、7歳になる有森桜子は、4歳のときに母親・マサを病気で亡くしてからというもの、父親・源一郎に男手ひとつで育てられていた。
10年後、16歳になった桜子は、周囲の反対を押し切り東京音楽学校(現在の東京藝術大学)への進学を希望する。そんな矢先、父・源一郎が事故により命を落としてしまう。
姉・笛子は進学に反対するが、父が遺してくれたピアノを極めようと没頭する。 翌年、桜子は幼なじみの松井達彦とともに、東京音楽学校を受験するが不合格に終わってしまう。
その後、桜子は岡崎に帰ろうとするが、東京音楽学校の教授・西園寺公麿に励まされ、来年もう一度受験することを決意する。
さまざまな紆余曲折を経て、戦地から帰還した達彦と結婚する。その後結核を煩いながらも輝一を出産する。輝一に感染しないようにと決して会おうとはしない桜子に、山長や有森家の人々は輝一の姿を動画に収め、桜子の意識が朦朧とする中、病室の白壁に映して見せたのだった。
ジャズピアニストを夢見ながら、戦争に揺れる昭和の激動時代を駆け抜けるヒロイン・桜子の波乱万丈の人生を描いていく。

出典:Wikipedia

 このドラマの原案は、小説家太宰治(関連の記事:「サヨナラ」ダケガ人生ダ)の次女である津島佑子(つしまゆうこ、1947年 -)の大作「火の山-山猿記」であり、この物語の有森家5代の歴史から、ヒロインの有森桜子(ありもりさくらこ、配役:宮崎あおい)の人生を中心にドラマ化されています。
尚、太宰治がモデルだと思われる画家の杉冬吾(すぎとうご、配役:西島秀俊)も重要な登場人物の一人です。

 

純情きらり 完全版 DVD-BOX 1

新品価格
¥12,969から
(2013/8/26 14:01時点)

純情きらり 完全版 DVD-BOX 2

新品価格
¥11,904から
(2013/8/26 14:00時点)

純情きらり 完全版 DVD-BOX 3

新品価格
¥16,811から
(2013/8/26 13:55時点)

この朝ドラは次のようなシーンから始まりました。

連続テレビ小説 純情きらり
http://www.youtube.com/watch?v=_H4CTwa1EXY (YouTube)

その昭和初期から第二次世界大戦に突入し、激動の時代の中で翻弄される 主人公が描かれて行きます。
やがて、ピアノ好きの女の子は音楽学校を目指す訳ですが、それは父親の好んだ音楽の影響だったかも知れません。当時としては珍しいジャズにも興味を持つようになります。
ドラマに登場したジャズの曲は確かこんな曲でした。

まずは戦前のダンスホールでバンドが演奏していた曲はこれです。

St. Louis Blues (1933 version) |Louis Armstrong
http://www.youtube.com/watch?v=JZEmJ_XEAoQ (YouTube)

そして戦後の未来に向けた学校のシーンで、代用教員になっていた桜子がピアノで弾いたのは次の曲です。

On the Sunny Side Of The Street|Louis Armstrong and the All Stars 1947
http://www.youtube.com/watch?v=eodWD5leie8 (YouTube)

「セントルイス・ブルース」は大正ロマンから昭和モダンの時代における音楽として、当時の社会に溶け込んでいるように感じますし、「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」は戦後復興の象徴的な曲調です。
個人的には「セントルイス・ブルース」といえば、「いやんばかーん・・・♪」と口に出てしまいますが。

THE COMPLETE TOWN HALL CONCERT 1947

新品価格
¥1,137から
(2013/8/26 14:02時点)

戦前におけるジャズの隆盛も束の間、戦争が激しさを増して行く中で、敵性語や敵性音楽が禁止されるに事になります。
「レコード」は「音盤(おんばん)」に、「ピアノ」は「洋琴(ようきん)」に、そして「サクソフォン」に至っては「金属製曲がり尺八(きんぞくせいまがりしゃくはち)」と言い換えられました。
「ジャズ」についてはその存在自体が否定された訳ですから、言い換える必要も無かったでしょう。

主人公の桜子ですが、一年目の受験では東京音楽学校の受験に失敗しますが、翌年には見事合格します。しかし、実家の状況等により音楽の道を一旦断念し故郷の岡崎に戻ります。
その岡崎では喫茶店(店名「マルセイユ」は「丸勢勇」と改名)で女給をしながら実家を助け、やがて恋人の松井達彦(配役:福士誠治)の出征を機に婚約し、その実家である八丁味噌の蔵元「山長」の女将修行も経験します。

達彦の出征直前には内輪のピアノ演奏会が開かれました。そこで桜子と達彦が連弾で披露したのが、「リスト(Franz Liszt、1811年 – 1886年)|愛の夢(独:Liebesträume)」でした。

こちらの曲は、主人公桜子よりも約10年後に生まれたフジコ・ヘミング(本名:イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング、1932年 -、ベルリン生まれ)の演奏で聴いみて下さい。

フジコ・ヘミング|リスト 愛の夢第3番
http://www.youtube.com/watch?v=ytZzeWm47IU (YouTube)

フジ子・ヘミングの奇蹟~リスト&ショパン名演集~

新品価格
¥2,450から
(2013/8/26 14:03時点)

このアルバム「フジ子・ヘミングの奇蹟~リスト&ショパン名演集~」では「リスト|愛の夢」を2通りのテイクで聞き比べができます。また、以前の記事「たけしとジャズ、60年代の新宿」で紹介した村上春樹の小説に登場する「リスト|巡礼の年」も収録されています。

フジコ・ヘミングは父親がスウェーデン人(母親は日本人ピアニストの大月投網子(とあこ))であったことからスウェーデン国籍の筈ですが、ある時期無国籍の扱いを受けています。
ベルリン生まれの彼女は5歳で日本に移住し、戦前戦後の混乱の中で少女時代を過ごします。終戦は13歳で迎えています。

彼女もまた東京音楽学校(卒業の時は東京藝術大学)に進みます。
在学中から数々の賞を受賞しますが、留学の際のパスポート申請で無国籍であることが判明します。
難民扱いでドイツ留学を果たす訳ですが、波瀾万丈の彼女の人生は、ドラマやドキュメンタリーを通してご存知のことと思います。

 

フジコ~あるピアニストの軌跡~ [DVD]

新品価格
¥5,548から
(2013/8/26 14:08時点)

フジ子・ヘミングの軌跡 [DVD]

新品価格
¥3,243から
(2013/8/26 14:25時点)

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(2)に続く

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(5)


JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(4)の続き

多少話は横道に逸れますが、もう少しキース・ジャレットの話題にお付き合い下さい。
「キース・ジャレットのCDを買ったら、志村けんの声が入ってた。。返品したい。。」と、ネット上で話題になった動画です。

Keith Jarrett TrioRider (excerpt)
http://www.youtube.com/watch?v=6BBWNaytGNs (YouTube)

(4)で紹介したDVD「スタンダーズI+II」における「Ⅰ(1985年)」にある映像だと思います。
日本のチンピラ風○○○に似た風貌、中腰でなよなよ動く姿、そして志村けんに似たあの変な声ですから、好き嫌いはあるとは思います。
しかし、本人は次のように語っています。

ぼくは演奏中に変な声を出すことで有名だけど、これは純粋に集中し、打ち込んでいるからなんだ。音楽がぼくを通してあふれ出てくる。

出典:キース・ジャレットの芸術:ケルンコンサート

前に紹介した1986年の「Georgia on My Mind」の映像でもその様子が確認できるように、これも含めてキースの個性と云えるのでしょう。

そのキースも17歳で高校を卒業後バークリーに進んでいます。しかし、そこでのエピソードは「ボストンで自己のバンドを結成し、ジャズ・ピアニストとしての活動を始めた。」とある程度です。
彼にとってのバークリーとは、音楽活動の起点として存在していたに過ぎないかも知れません。
「バークリーで最も優秀な生徒は、忙しくて学校では見かけず、卒業もせずに、いつのまにか有名になっている。」と云われる生徒の一人だったのでしょう。
以前、風が強く吹いているで紹介した「ジョー・ザヴィヌル」の在籍期間よりは多かったと思いますが、真面目に学んだとも思えませんし、教壇に立つことも無かったと思います。
キースについてはジャズの分野に留まらず、ジャンルを越えた音楽表現を身上とし、演奏する楽器も多岐に渡ります。
しかし、今年で55回を数えるグラミー賞には縁が無かったようです。それを阻んできたのは、ある意味、この賞の「権威」であったかも知れません。

さて、今年のグラミー賞の話題を続けます。
次なるジャズ分野3番目のウィナーはジャズ・ギタリストのパット・メセニー(Pat Metheny、1954年 -、ミズリー州出身)です。彼の新生カルテットによる新たななプロジェクト「Pat Metheny Unity Band|Unity Band 」で受賞しました。

33. BEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUM
WINNER:Unity Band
Pat Metheny Unity Band
Label: Nonesuch

Unity Band

新品価格
¥1,119から
(2013/3/26 16:46時点)


そのユニティ・バンド(Unity Band)のプレビューがあります。サックスがフューチャーされ、4年半振りとなるバンドとしてのアルバムです。メンバーはクリス・ポッター(ts)、ベン・ウィリアムス(b)、アントニオ・サンチェス(ds)と豪華な顔ぶれです。

Pat Metheny Unity Band Preview
http://www.youtube.com/watch?v=_iE0kZQxnFw&list=UUpGyfPjwhD2JnF1ev69RkVA&index=3 (YouTube)

このパット・メセニー・ユニティ・バンドによる東京公演が5月21日(火)から26日(日)の6日間、ブルー・ノート東京(東京都港区)で開催されます。

チケットぴあ一般発売 / パット・メセニー・ユニティ・バンド | 2013/5/21(火) ~ 2013/5/26(日) | ブルーノート東京icon

パット・メセニーもグラミー賞ジャズ分野の常連です。
昨年の第54回グラミー賞はソロによる「What’s It All About」で「Best New Age Album」を受賞しています。1983年の初受賞から今年で延べ20回目の受賞(個人及びグループ)になります。

What’s It All About

新品価格
¥966から
(2013/3/26 16:48時点)


そのパット・メセニーの輝かしい経歴のスタートは、18歳の時にゲイリー・バートンのグループへの加入を志願したことに始まります。
既にバークリーで教鞭を執っていたバートンは、独学でギターを習得していた彼の実力を認め、その推薦により講師を務めました。若干18歳の時です。

前出のエスペランサがバークリーで学びだした頃、音楽キャリアに行き詰まり政治学の道に方向転換しようとしていた時、音楽における可能性の追求に踏み止まれたのはパット・メセニーの言葉でした。
「彼女は自分の中にある感情やヴィジョン、エネルギーを表現する類まれなる才能がある。」と後押ししてくれたと当時を語るエスペランサのインタビュー記事があります。

そのパット・メセニーが最初のグラミー賞を獲得したアルバムは「Pat Metheny Group | Offramp」です。このアルバムの中の1曲に、彼のオリジナルで歌手のジェームス・テーラーに捧げられた「James」という曲があります。
モントリオール・ジャズ・フェスティバル(2005年)でのライブ映像がありますので聴いてみて下さい。

Pat Metheny GroupJames (Live at Montreal)
http://www.youtube.com/watch?v=2HkELUJ_G-o (YouTube)

Offramp

新品価格
¥1,039から
(2013/3/26 16:48時点)


この曲に歌詞を付け自らのレパートリーに加え、昨年アルバム・デビューした日本人ジャズ・シンガーがいます。岐阜県可児市出身の粟田麻利子(あわだまりこ)です。

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(6)へ続く