ザ・フォーク・クルセダーズ」タグアーカイブ

マイ・フェイバリット・フラワー・ミュージック2019


5月の花と言えば「カーネーション」。「カーネーション」は5月の第2日曜日の母の日に贈る花の代名詞。

また「バラ」もこの時期、全国の植物園で、咲き誇ります。

この他にも、「藤」「ハナミズキ」「ツツジ」「菖蒲」「ポピー」などもさかんで、5月は多彩な花の季節です。

風薫る五月。生花を愛でましょう。

趣味の園芸 – NHK
趣味の園芸 - NHK

5月のテーマは、「花」です。
当ブログ執筆者がお勧めする、様々な花ミュージック7曲を紹介します。

スコット・マッケンジー(Scott Mckenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=WaPy1JBlxcI (YouTube)

The Voice of Scott Mckenzie

新品価格
¥936から
(2019/5/30 10:08時点)

  • 反戦を掲げて歌われた”フラワーミュージック”。サイケな服装、長髪、若い世代が世の中に”世代の意見”を強烈に主張した時代だった様に思います。(Hiro)

市川染五郎|野バラ咲く路
https://www.youtube.com/watch?v=UUjC7pAzHuk (YouTube)

フォーク歌年鑑’67

新品価格
¥2,142から
(2019/5/30 10:09時点)

野バラ咲く路

新品価格
¥250から
(2019/5/30 10:12時点)

市川染五郎

野バラ咲く路

新品価格
¥250から
(2019/5/30 10:13時点)

松たか子

  • 現在の松本白鸚(2代目)が六代目染五郎時代の1967年に自ら作詞・作曲・歌唱してレコードを出した曲で、何故か耳に残っています。MP3で本人と娘の松たか子で聴けます。(Koji)

ザ・フォーク・クルセダーズ|戦争は知らない
https://www.youtube.com/watch?v=mG4y9pK3Lbk (YouTube)

ザ・フォーク・クルセダーズ ゴールデン☆ベスト

新品価格
¥1,476から
(2019/5/30 10:14時点)

  • 寺山修司作詞の名曲でした。(Koji)
  • 今、あらためて、この歌の重さをかみしめて聴きました。戦後70数年たって、一般的には日本の最高学府を卒業し、間違いなく国のエリート役人で、そして国の政治を司る議員という、本当にこの国の将来を託す人材が、、すごく悲しいですね。(Hiro)

エモーションズ (The Emotions)|フラワーズ(Flowers)
https://www.youtube.com/watch?v=yGUf44-6byo (YouTube)

フラワーズ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,570から
(2019/5/30 10:15時点)

  • 「ベスト・オブ・マイ・ラブ」のヒットでお馴染みの「エモーションズ」ですが、この曲も大好きです。ギター好きの私は「アル・マッケイ」のギターが印象に残っています。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|フラワーズ・フォー・レナ(Flowers For Lena)
https://www.youtube.com/watch?v=zESXiMtnw6Q (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥4,334から
(2019/5/30 10:16時点)

  • ファーストに収録のこの曲ですが、六本木ピット・インで行われたライヴでも演奏され、アルバムとしてリリースされています。やはり、土岐英史(sax)、山岸潤史(g)のプレイは最高で心地よいです。(MAHALO)
  • はじめて聴きました。いいですね、メロディーも癒やされる演奏も。サックスはやはり、土岐節ですね!(Hiro)
  • いつどこで聞いたのか思い出せないのですが、絶対聞いたことがある曲だと思います。不思議な気持ちです。(Yama)

宇多田ヒカル|花束を君に
https://www.youtube.com/watch?v=yCZFof7Y0tQ (YouTube)

  • この曲が収録のアルバムでは個人的には「道」が好きなのですが、皆さんはやはりこの曲ですね。今でも「First Love」をレコードで聴いている私です。(MAHALO)
  • 出産後の復帰作で、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌でした。(Yama)
  • 「とと姉ちゃん」の記憶が蘇ります。(Koji)

ORANGE RANGE(オレンジレンジ)|花
https://www.youtube.com/watch?v=SCOPc46Y29I (YouTube)

  • シーズンを問わず、よくラジオで聞きます。映画「いま、会いにゆきます」の主題歌でした。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

近くて遠い隣の国々


私たちの国、日本はアジアの東の一番端にあり、歴史において、中国、台湾、韓国、北朝鮮の国々と隣同士の国として政治、文化など千数百年に渡って、切っても切れない長い歴史的関係をもっています。
今、近いお隣の国ゆえにいろいろな課題、問題も抱えています。
ここ数週間、北朝鮮の政治的振る舞いに大きな緊張感が高まっています。

1965年に結成されたバンド「ザ・フォーク・クルセダーズ」は、1967年~1968年にかけて「帰って来たヨッパライ」が大ヒットし、その後、1968年10月に解散という1年間という短い期間だけ音楽活動をしたグループです。
北山修加藤和彦はしだのりひこの3人の方々はそれぞれ音楽的にも作詞、作曲でもその才能を発揮され、多くのヒット曲を創りました。

今、彼らの「イミジン河」という曲を思い出します。
「イムジン河」は、1957年7月発表された、北朝鮮の「高宗漢 」作曲、「朴世永」作詞の曲です。
それを、ザ・フォーク・クルセダーズが1968年にリリースしました。ただ、リリース時、諸般のいろいろな状況、事情などから、発売の自粛となり、その後長年公には歌われなくなってしまいました。

そして時代の変化に呼応し、2002年に加藤和彦、北山修、そしてTHE ALFEEの坂崎幸之助の3人で、ザ・フォーク・クルセダーズを再結成し、一度だけコンサートを開き、そして「イムジン河」を再リリースしました。

ザ・フォーク・クルセイダーズ|イムジン河
http://www.youtube.com/watch?v=1-eJDL3zLCQ (YouTube)

若い加藤和彦のように

新品価格
¥2,659から
(2013/4/17 12:33時点)


北緯38度線を境界線として、親米反共の韓国、社会主義国の北朝鮮の2つの国に分かれ、1950年6月から38度線で朝鮮戦争が始まります。
そして、今にいたるまで、両国は平和条約を締結していません。

この「イムジン河」を全編で流した映画に「パッチギ!」(2005年1月公開)があります。
監督は井筒和幸、主演は塩谷瞬(松山康介)と沢尻エリカ(リ・キョンジャ)、音楽監督を加藤和彦が担当しています。
2006年の日本映画の「賞」をほぼ総なめにして、井筒監督、新人女優沢尻エリカを一躍有名にした映画でした。

パッチギ!予告編
https://www.youtube.com/watch?v=SpPcpDNmue4 (YouTube)

パッチギ! (特別価格版) [DVD]

新品価格
¥1,594から
(2013/4/17 12:35時点)


「あの素晴らしい愛をもう一度」のフルコーラスは、こちらです。

ザ・フォーク・クルセイダーズ|あの素晴らしい愛をもう一度
https://www.youtube.com/watch?v=g2mF3xN2Fts (YouTube)

さて、韓国といえば2003年4月から始まった「冬のソナタ」から、韓流ブームが始まりました。
私もそのブームに「どっぷり」浸かって、ほとんどの韓国TVドラマは観てしまいました。「宮廷女官チャングムの誓い」「朱蒙」「IRIS-アイリス-」「九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜」などなど。これらには、大変泣かされました。やっと最近その呪縛から解放されつつあります。

韓国TVドラマの中でも特に泣かされたのは、「雪の女王」でした。

 

雪の女王 DVD-BOX1

新品価格
¥12,969から
(2013/4/17 12:36時点)

雪の女王 DVD-BOX2

新品価格
¥12,969から
(2013/4/17 12:39時点)

アンデルセンの童話「雪の女王」を心の支えとする、お金持ちだが病弱な小学生の女の子と、貧乏だが天才の頭脳を持つ高校生の男の子がひょんなきっかけで出会い、それは少女の初恋となりました。
成長して、またまた思いもかけない出会いをする二人が、反目しあい、魅かれあい、運命に翻弄されながら、お互いが好きになったり別れたりを繰り返して行き、相思相愛となるけど、最後に女性が亡くなってしまうという儚くも切ないドラマです。
主演の男優(ヒョンビン)、女優(ソン・ユリ)も素晴らしいのですが、主演二人に、それぞれに想いを寄せる役の男女、母親役、父親役、男優の友人役などの脇役が、時には敵役になったり、友情や熱い思い入れて支えたりして、非常に素晴らしい演技を見せてくれています。

雪の女王 主題歌
http://www.youtube.com/watch?v=Wi12San-lag (YouTube)

私は十代の時、武者小路実篤の「愛と死」を読み感動し、ニ十代の時、米国映画「ある愛の歌」を観て感動しましたが、五十代で「雪の女王」に感動しました。
本当にこのドラマは涙腺が緩んでしまいます。