タグ別アーカイブ: アリス

アコースティック・ギタリスト「石川鷹彦」


石川鷹彦は昔から活躍していて、ギタリストとして多くのグループに参加していました。1968年、小室等に誘われて「六文銭」を結成。その後、「吉田拓郎」「かぐや姫」「風」「イルカ」「アリス」などのミュージシャン、グループのギタリストとして、1970年代のフォーク、ニューミュージックシーンにおいて、欠かせないミュージシャンの一人だと思います。

1994年の吉田拓郎が「NHK紅白歌合戦」に初めて、かつ、確かこの1回限り出場し、「外は白い雪の夜」を歌いました。彼のバックに、錚々たるメンバー「日野照正」「日野元彦」「大西順子」「渡辺香津美」「金沢英明」「吉田健」「宮川泰」がおり、そこに石川鷹彦もいました。

吉田拓郎|外は白い雪の夜|第45回NHK紅白歌合戦(1994)
https://www.youtube.com/watch?v=BllXF4HwPOk(YouTube)

70年代フォークを代表する一曲に、「22才の別れ」があります。
多くの人が、この曲のイントロは聞いたことがあると思います。大変印象的なフレーズです。
これは、「ナッシュビルチューニング」といわれています。「ナッシュビルチューニング」は、12弦ギターの細い弦だけを集めたもので、3、4、5、6弦に細いゲージの弦(1~4弦用など)を張り、1オクターブ高くチューニングすると12弦ギターに似たサウンドを得ることができるとの事です。

南こうせつ、伊勢正三 、石川鷹彦、松山千春|22歳の別れ
https://www.youtube.com/watch?v=D5fVOhVzBOs(YouTube)

三階建の詩

新品価格
¥2,166から
(2018/9/21 19:49時点)

別れのせつなさが、イントロのギターの音色で伝わってきます。
伊勢正三のフォークデュオ「風」のデビューシングルですが、「かぐや姫」も歌っています。。
伊勢正三の作詞・作曲で、石川鷹彦の編曲です。

アリス|夢去りし街角
https://www.youtube.com/watch?v=CdlQtVZzh9Y(YouTube)

アリス ベスト CD2枚組 2CD-408

新品価格
¥1,680から
(2018/9/21 19:50時点)

作詞:谷村新司、作曲:堀内孝雄、編曲:石川鷹彦、アリスの曲です。
「夢去りし街角」は、すごく哀愁を帯びたメロディーラインが大好きです。
アコースティックギターとハーモニカが、曲を印象強い物にしています。

吉田拓郎、石川鷹彦|「元気です。」のレコーディング・エピソード
https://www.youtube.com/watch?v=cAcb9Y1zpLk(YouTube)

1972年7月リリースの吉田拓郎「元気です。」というアルバムでは、石川鷹彦はギター他で、ほぼ全曲にかわっています。

石川孝彦の他にも、フォーク、ニューミュージックの蒼々たるメンバーが参加しています。

ギター、E.ギター、オルガン、ピアノ、フラット・マンドリン、ドブロ、E.ベース:石川鷹彦
ピアノ、オルガン、バンジョー、フラット・マンドリン:松任谷正隆
ドラムス:林立夫
E.ベース:後藤次利・小原礼・井口よしのり
E.ベース、パーカッション、コーラス:内山修
バンジョー、コーラス: 常富喜雄
12弦ギター、コーラス: 田口清
E.ギター:田辺和博
コーラス: 陣山俊一・前田仁
ギター、ハーモニカ、E.ベース、パーカッション、ヴォーカル:吉田拓郎

吉田拓郎|旅の宿
https://www.youtube.com/watch?v=Zr3rI0KcfsA(YouTube)

元気です。

新品価格
¥1,958から
(2018/9/21 19:51時点)

その後、さだまさしのバックメンバーとしての活動したり、NHK紅白歌合戦などの音楽番組、多くのミュージシャンのコンサートのバックメンバーとして出演しています。

アコースティックギターの他にも、フラットマンドリン、バンジョー、ブズーキ、エレキギター、リゾネーターギター、シンセサイザーもこなすマルチプレイヤーです。

編曲もアリス、伊勢正三、かぐや姫、風、さだまさし、ダ・カーポ、中島みゆき、長渕剛、松山千春、森田童子、森山直太朗、吉田拓郎、等多くのミュージシャンの曲を手がけています。

まさに、一時代を築いたミュージシャンです。

ロサンゼルスにある「アリスのレストラン」


谷村新司堀内孝雄矢沢透のフォークバンド「アリス」の歌を好きになったのは、約30年前、アメリカのロサンゼルスに住んでいた時でした。
まず、「アリス」というバンド名が気になりました。理由は、そのころロサンゼルスのウエストウッド(Westwood)という所に、「アリスのレストラン」(Alice’s Restaurant)という名のレストランがあり、たまに友人と行っていました。うろ覚えですが、メニューはオーガニックの系のアメリカン料理だったような気がします。
そして、そのころアーロ・ガスリーArlo Guthrie)が1967年にリリースした「アリスのレストラン」(Alice’s Restaurant)という曲と、同名の映画(主演:アーロ・ガスリー)がヒットしていました。

ちょっと余談ですが、この映画にも出ている、フォークソングで有名な「ウディ・ガスリー(Woody Guthrie)」はこのアーロ・ガスリーの父親です。1940年リリースの「我が祖国」(This land is your land)はフォークのライブでは必ずと言ってよいほど、聴衆と一緒にこの歌がうたわれました。とても有名な曲です。

ですので、「アリスのレストラン」のアリスから、フォークバンド「アリス」の曲を聴くようになり、そして、「いい曲だなあ!」と好きになっていきました。

アーロ・ガスリー(Arlo Guthrie)|アリスのレストラン(Alice’s Restaurant)
http://www.youtube.com/watch?v=m57gzA2JCcM (YouTube)

アリスのレストラン’97

新品価格
¥8,982から
(2013/8/30 11:45時点)

Alice’s Restaurant [DVD] [Import]

新品価格
¥636から
(2013/8/30 11:48時点)

実は、後になって知ったのですが、谷村新司曰く、このロサンゼルスにあった「アリスのレストラン」という店の名前から「アリス」というバンド名をつけたとの事でした。
谷村新司は、このアリスのレストランのメニューを黙ってもらってきたほど、気に入ったとの事です。

「アリス」の曲の中で、よく聴いたのは「遠くで汽笛を聞きながら」でした。

アリス|遠くで汽笛を聞きながら
http://www.youtube.com/watch?v=C7Md24egSug (YouTube)

遠くで汽笛を聞きながら (MEG-CD)

新品価格
¥1,000から
(2013/8/30 11:50時点)

「何もいいことがなかったこの街で」という歌詞は、東京で学生から社会人になって、いろいろな付き合いがあり、もちろん、好きになって、そして別れた女性もいましたが、遠くで汽笛が聞こえるような情緒的なところは無かったので、東京という都市を「何もいいことがなかったこの街で」とまでは云えません。
でも、この歌は、歌っていると胸に「ジーン」とした熱いものが湧き上がってきます・・・。
それは歌詞もさることながら、曲調からも強く感じます。何か日本とか日本人ということをすごく愛しく感じます。

実はこの曲も、kojiさんが書いていた「カノン進行」の曲でした!
やはり、「カノン進行」は、日本人にはまる音階なのかもしれませんね。

そして、よくカラオケで歌う曲は1979年リリースの「夢去りし街角」です。

アリス|夢去りし街角
http://www.youtube.com/watch?v=qmWzFDRPJKY (YouTube)

アリス ベストI EJS-6160

新品価格
¥1,240から
(2013/8/30 11:52時点)

歌詞からは、演歌の「何かもの悲しい別れ歌」の感じの曲なのですが、この歌を歌うとまた全く違った感じ、特に最後は「一種晴れ晴れとした感じ」をもってしまいます。
たぶん、「さだめにたちむかう勇気をみつける」という言葉に理由があるのかもしれません。不思議な曲です。

アリスの曲は、メロディーと歌詞とそして声、ハーモニーとやはり「心が癒される」曲が多く、歌っていてほんのりとやさしい気分になってしまいます。

ALICE XI (通常盤)

新品価格
¥3,198から
(2013/8/30 12:05時点)

アリスボックス (初回生産限定盤)(DVD付)

新品価格
¥14,931から
(2013/8/30 12:06時点)