癒しのジャズは、フュージョンからスムースジャズへ


最近の癒される曲というと、「スムースジャズSmooth Jazz)」というジャンルになるのではと思います。

「スムーズジャズ(Smooth Jazz)」について、「Wikipedia」によると、

スムーズジャズまたはスムースジャズ (smooth jazz) とは、1980年代にアメリカのラジオ局が使い始めたジャズのスタイルの一つで、フュージョン、ポップ・ジャズの流れから派生したスタイルである

特に聞き心地が良いことから、テレビやラジオのBGMとして使用されることも多い。このことから、イージーリスニングの発展系でもあるともいえる

インストゥルメンタル・ミュージック部門においては、ギネス記録を持っているサックス・プレイヤーの「ケニー・G」が代表として挙げられる

ということで、まずは、ケニー・G(Kenny G)の代表曲、「Forever In Love」です。

ケニー・G(Kenny G)|フォーエヴァー・イン・ラヴ (Forever In Love)
https://www.youtube.com/watch?v=OOO4ROO_sPM (YouTube)

Forever in Love: the Best of Kenny G

新品価格
¥443から
(2015/3/20 12:32時点)


この頃、癒される曲を好んで聞く傾向があって、外が寒いので、何か暖かい温もりを感じる曲を、かなぁ、と思っています。 で、先日、横浜関内の友人と良く行くお店に入ったら、「ケニー・G」がかかっていまして、やっぱり、この季節、「スムーズジャズ」がいいなと、あらためて思いました。
「Forever In Love」は、1994年のグラミー賞インストゥルメンタル部門の最優秀作曲賞を受賞しています。

そして、「ケニー・G」とならんで最近思い出したように聴くのが、アッカー・ビルクAcker Bilk)。イギリス生まれのクラリネット奏者です。
1961年にリリースした「Stranger on the Shore(渚の見知らぬ人):白い渚のブルース」は、高校生の時、田舎町の「喫茶店」に行き始めて、そこでよく耳にした曲でした。
1962年の全米、全英のヒットチャートで第1位を獲得して、ミリオンセラーとなった曲です。
そして、中学生のころ、エレキが流行り始め、エレキ、ベース、ドラムで、まずは「ベンチャーズ」。「十番街の殺人」、「ダイヤモンドヘッド」などをコピーして、その為に聴いたのが、1964年発売の「べンチャーズ」のアルバム「Walk Don’t Run」。このアルバムの中にしっかり、「白い渚のブルース」がありました。

アッカー・ビルク(Acker Bilk)|白い渚のブルース(Stranger On The Shore)
https://www.youtube.com/watch?v=7jzx664u5DA (YouTube)

白い渚のブルース~クラリネット・ムード・ベスト・セレクション

中古価格
¥3,000から
(2015/3/20 12:33時点)

それから、ジャズを聴く様になり、ジャズ喫茶の吉祥寺「Funky」、そしてライブの「宿 PIT INN」で、渡辺貞夫の演奏を聴いて、そして観ました。また、1972年から1989年までFM東京(東京FM)放送されていた音楽ラジオ番組「ブラバス・サウンド・トリップ 渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ」です。ジャズ・フュージョンを、いろいろなミュージシャンとの演奏で聴かせてくれたり、コンサート、スタジオ・ライブセッション、新譜の情報などなど、とても楽しいラジオ番組でした。
番組タイトル、テーマ曲の 「My Dear Life」。この曲も癒しの一曲では。

渡辺貞夫|マイ・ディア・ライフ
https://www.youtube.com/watch?v=l6TXyJN5xAg (YouTube)

マイ・ディア・ライフ~音楽生活50周年記念ベスト

新品価格
¥3,489から
(2015/3/20 12:35時点)


渡辺貞夫のライブといえば、忘れられない想い出のライブがあります。それは、1975年11月23日に行われた、「ソニー・ロリンズ・オールナイト・イン・アカサカ」(ロイヤル赤坂)です。
もちろん、どんな演奏を聴いたのか記憶は定かではありませんが、夜、10時ぐらいから3時ぐらいまでやっていたような、そして、ロリンズ演奏で、とても単純なフレーズの繰り返しの曲が印象に残っています。
渡辺貞夫はゲスト出演でしたが、オールナイトということもあり、結構長い時間演奏を聞かせてくれた記憶があります。

メインは、ソニー・ロリンズ・クインテットですが、オールナイトで、出演バンドは、

  • ソニー・ロリンズ・クインテット
  • 渡辺貞夫カルテット+増尾好秋(g)
  • 本田竹曠トリオ
  • 峰厚介カルテット
  • 山本剛トリオ+安田南

でした。

そして、ギターの増尾好秋は、「新宿 PIT IN」で、渡辺貞夫と一緒に演奏していたのをよく聴きに行っていました。ただ、このときは、米国で「ソニーロリンズ」のメンバーとして演奏していましたので、渡辺貞夫+増尾好秋は、久しぶりの共演だったと思います。聴いていた私は何か懐かしい気持ちで、渡辺貞夫+増尾好秋の演奏聴いていたように思います。

渡辺貞夫トリオ|スモーキン・エリア|2000年の渡辺貞夫+増尾好秋
https://www.youtube.com/watch?v=EsTYECGe4Y4 (YouTube)

関連記事