ブルージーなジャズ・ギター「ケニー・バレル」


学生のころ、大学の軽音楽クラブに入り、初めてジャズのグループを組んで学園祭で演奏等しました。
その時のメンバーは、ギター、ベース、ピアノ、そして私のドラムという構成でした。
このメンバーのリーダー(ギター)が、大好きだったプレーヤーが、ケニー・バレルKenny Burrell)でした。

私の知ってるジャズギター奏者といえば、ウエスモンゴメリー(Wes Montgomery)ぐらいで、ケニー・バレルは全く知りませんでした。
でも、そのころは、いろいろケニー・バレルのレコードを聴かされた記憶があります。もう何十年もずっと忘れていたのですが、寒い日が続く中、部屋を暖かくして、何かジャズギターの曲を聴きたいなぁ、と思った時、「ケニー・バレル」がふっと浮かびました。

1958年リリースの「BLUE LIGHTS VOL.1」の中の「Autumn in New York」は、とても耽美(たんび)的で落ち着いた感じの曲です。

ケニー・バレル・トリオ(Kenny Burrell Trio)|ニューヨークの秋(Autumn in New York)
https://www.youtube.com/watch?v=r1E31yVClW4 (YouTube)

ブルー・ライツ Vol.1

中古価格
¥4,661から
(2015/1/29 17:50時点)

ケニー・バレルはミシガン州デトロイトに1931年に生まれました。1955年からニューヨークで演奏活動を初めました。そして1956年より、いろいろ作品をレコーディングし、1958年にこの「BLUE LIGHTS VOL.1」をリリースしました。メンバーは、次の通りです。

  • LOUIS SMITH (TP)
  • JUNIOR COOK (TS)
  • TINA BROOKS (TS)
  • KENNY BURRELL (G)
  • DUKE JORDAN (P)
  • BOBBY TIMMONS (P)
  • SAM JONES (B)
  • ART BLAKEY (DS)

1963年リリースの「Midnight Blue」。 ケニー・バレルは、ブルージーで洗練されたジャズ・ギター奏者として評価されています。育ったところがデトロイトで、ブルースが一日中流れており、子供のころから身近にブルースがあって、自然と身体に沁み込んでいると語っています。

ケニー・バレル(Kenny Burrell)|ミッドナイト・ブルー (Midnight Blue)
https://www.youtube.com/watch?v=eNWDwOsQqlw (YouTube)

ミッドナイト・ブルー

新品価格
¥953から
(2015/1/29 17:51時点)


メンバーは、次の通りです。

  • STANLEY TURRENTINE (TS)
  • KENNY BURRELL (G)
  • MAJOR HOLLEY JR. (B)
  • BILL ENGLISH (DS)
  • RAY BARRETTO (CONG)

そして、落ち着いたジャズギター・スィング・ブルースの一曲として有名な曲がこれです。

ケニー・バレル・トリオ(Kenny Burrell Trio)|イン・ヤ・メロウ・トーン(In a mellow tone)
https://www.youtube.com/watch?v=ybfh7Kc8zLg (YouTube)

In a Mellow Tone: Smooth Swing of Kenny Burrell

新品価格
¥808から
(2015/1/29 17:52時点)


メンバーは、次の通りです。

  • KENNY BURRELL (G)
  • LARRY GALES (B)
  • KENNY CLARKE (D)

ケニー・バレルのギターは、ブルージー・ギター奏者の代表と言われています。メリハリがあり繊細な演奏が特徴です。
ブルージーですが、全てブルース色ということでなく、都会的で洗練された洒落た感じの演奏でもあります。
ケニー・バレルは「演奏する曲を”どのように感じるか”と言う事がすべてで、演奏はフィーリング。常に感じるままにギターを弾いている。演奏は、心と感情のコンビネーションだ」と言っています。
そして、偉大な音楽のアーティストは、3分から5分の間に多くの事を表現することができます。80歳を過ぎても活躍し続け、「Tendarly」というソロアルバム(2010年録音)は、「枯れ葉」などのスタンダード曲を味あい深く演奏しています。

TENDERLY-SOLO GUITAR CONCERT

新品価格
¥1,454から
(2015/1/29 17:55時点)


60年以上前、初めて ディジー・ガレスピー(Dizzy Gillespie)とレコーディングしてから60年以上たっていますが、ケニー・バレルにとって音楽は未だに神秘的であり、私たちの心に語りかけてくるもので、決して、これで全て分かった!ということがない奥深いもので、その神秘の部分に少しでも触れることができたらすごく幸せだ!と言っています。
いいですね!まさにジャズですね。

関連記事