サーフ・ミュージックといえば「ザ・ビーチ・ボーイズ」


サーフ・ミュージックとは、ジャック・ジョンソン(Jack Johnson)のアコースティックギターのスローなゆったりとした音楽や、 健康や環境テーマのロハスな音楽をいいます。

ザ・ビーチ・ボーイズThe Beach Boys)が1988年にヒットさせた、「ココモ」(Kokomo)も、「サーフ・ミュージック」として有名な曲です。トム・クルーズ主演の映画「カクテル」の主題歌です。
この「ココモ」は、ザ・ビーチ・ボーイズのメンバー、「マイク・ラヴ」(Mike Love)、プロデューサーの「テリー・メルチャー」(Terry Melcher)、元ママス&パパスの「ジョン・フィリップス」(John Phillips)、1967年にそのジョン・フィリップスが書いた「花のサンフランシスコ」(San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair))が大ヒットした「スコット・マッケンジー」(Scott McKenzie)の4人が共作した曲です。
タイトルの「ココモ」とは、ジャマイカのリゾート地のことです。南国テイストと「ザ・ビーチ・ボーイズ」の独特のサウンドで癒される曲です。

ザ・ビーチボーイズ(The Beach Boys)|ココモ(Kokomo)
http://www.youtube.com/watch?v=KNZVzIfJlY4 (YouTube)

Cocktail (1988 Film)

新品価格
¥465から
(2014/4/24 15:29時点)

カクテル [DVD]

新品価格
¥886から
(2014/4/24 15:27時点)

この「ココモ」は、ザ・ビーチ・ボーイズにとって、1966年の大ヒット曲「グッドバイブレーション」以来、久々のヒット曲でした。

ザ・ビーチ・ボーイズは、1961年に結成されました。
私が最初にビーチボーイスで好きになった曲は、1963年発売の「サーファー・ガール」(Surfer Girl)です。
サーファー・ガールはザ・ビーチボーイズのリーダー「ブライアン・ウィルソン」(Brian Wilson)がプロデュースした最初のアルバムです。

ザ・ビーチボーイズ(The Beach Boys)|サーファー・ガール(Surfer Girl)
http://www.youtube.com/watch?v=HGjky5U64LM (YouTube)

Surfer Girl / Shut Down 2

新品価格
¥650から
(2014/4/24 15:35時点)

「サーファー・ガール」は、アメリカ西海岸の燦々と降り注ぐ陽光、その陽光の下で若い男女が「サーフィン」に興じて、海と一体となっている、その若さ一杯の「パノラマ」を独特の「音楽」として表していると思います。1960年初期の音楽シーンに大きなインパクトを与えました。
1960年に入り、イギリスでは「ビートルズ」が登場し、そして、アメリカではこのロックン・ロールを新しい「インスト+グルーヴィ」な感じのロックへと進化させたザ・ビーチボーイズが登場しました。

このほかにも、ヒット曲は、「スループ・ジョン・B」「サーフィン・USA」「ファン・ファン・ファン」「グッド・バイブレーション」「ユー・アー・ソー・ビューティフル」など数多くあります。

ちょっと話はそれますが、「ジャンとディーン」というグループの曲「パサディアナのおばーちゃん」(1964年発売)は、ザ・ビーチ・ボーイズの曲ではないか、と思うくらい感じが似ており、この「ジャンとディーン」とザ・ビーチ・ボーイズの間には、面白いエピソードがあります。
「ジャンとディーン」がブライアン・ウィルソン邸を訪れた時、ブライアンはリトル・リチャードの「Sweet Little Sixteen」を弾いていました。ただ、「歌詞」はオリジナルとは全く異なるものでした。
それが気に入った「ジャンとディーン」はブライアンに、「是非その歌を唄わせて欲しい」と頼みました。しかし、ブライアンには「これはザ・ビーチ・ボーイズが唄う曲だ」と断られてしまいます。
その歌こそ、ザ・ビーチ・ボーイズの代表曲「サーフィン・USA」でした。

1966年発表のアルバム「ペット・サウンズ」の中に、恋する二人の本当にロマンティックな「恋する人と結婚し、共に暮らせたら素敵じゃないか」と言う歌詞の甘い曲があります。

ザ・ビーチボーイズ(The Beach Boys)|素敵じゃないか(Wouldn’t It Be Nice)
http://www.youtube.com/watch?v=vdc0-xt1IfY (YouTube)

素敵じゃないか

新品価格
¥880から
(2014/4/24 15:37時点)

陽だまりの彼女 DVD スタンダード・エディション

新品価格
¥3,036から
(2014/4/24 15:40時点)

この「素敵じゃないか」は、越谷オサムの原作で、松本潤と上野樹里の主演で映画化された「陽だまりの彼女」のテーマソングになっていました。

ザ・ビーチボーイズの曲は、年を重ねながら、その都度ふと聴くと、その独特のハーモニー、サウンドに何とも言えない「若さ」を感じさせる癒しがあります。また、これからも聴き続けていくと思います。

関連記事

    関連する記事は見つかりませんでした。