聞き心地がよいギタリスト「ポール・ブラウン」


ギタリスト・シリーズ (3)

スムーズジャズ(smooth jazz)というジャンルは見聞きはしていたのですが、未だフュージョンとの違いがわからず、ネットや雑誌などで調べたり、さらにフュージョン好きの友人達にも聞くのですがその違いについては「今だ解らず」といった状況です。

ウィキペディアには「1980年代アメリカのラジオ局が使い始めたフュージョンのスタイルの一つで、フュージョン、ポップ・ジャズの流れから派生したスタイルであるフュージョンにR&Bのテイストを混ぜたものが多い。フュージョンに比べ、アドリブパートが少なく、またワン・コードで演奏されることが多い。」と定義されています。しかし、掲載アーティストを見てみると、「あれっ、あのアーティストもこのアーティストもフュージョンとして聴いていたのでは」という方も多く、私はフュージョンの一つと捉えています。

今回紹介するギタリストはそのスムーズジャズを代表するギタリスト「ポール・ブラウン」(Paul Brown)です。
と書いたものの私も名前しか知らず、本格的に聴き始めたのは昨年末の事でした。
たまたま見つけたギタリストのCDが切っ掛けとなりスムーズジャズと呼ばれるジャンルに魅かれました。しかし、インターネットで探していくと初めて聞く名前の方が殆どのため、早速CDを何枚か購入して聴いたみました。
ちなみに購入したアーティストは、以下の5人です。

  • ローン・ローレンス (Rohn Lawrence) (最初に聴いたギタリストです)
  • ノーマン・ブラウン (Norman Brown)
  • ポール・ブラウン (Paul Brown)
  • ロニー・スミス (Ronny Smith)
  • ドゥワイト・シルズ (Dwight Sills)

詳しい方からは「このギタリストはスムーズジャズではない」と言われるかもしれませんが、何れも私好みのギタリストです。
他にも気になるギタリストは多いのですが、私が聴いた中ではやはりポール・ブラウンが一番でした。

ポール・ブラウンの経歴については私も聴き始めて浅いため詳しくはありません。エンジニア、ミキサー、そしてプロデューサーとして、グラミー賞の「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞するなど、ギタリストというよりも制作サイドとして活躍し成功します。
プロデューサーとしては「ラリー・カールトン」「ジョージ・ベンソン」「パティ・オースチン」をはじめ多くのアーティストをプロデュースしています。また私は聴いていませんが、「松本孝弘」のアルバム「Strings Of My Soul」にもミックスとして参加しています。

ギタリストとしてのデビューは2004年と遅く、5枚のアルバムをリリースしています。
ギタリストが自らのアルバムをプロデュースしヒットとなり、のちに他のアーティストのプロデュースといったケースはよく聞きます。しかし、ポール・ブラウンはまったくの逆で、ギタリストとしてのデビューが後になりました。ただし、アルバムを聴いていただければ、彼が本当にギターが好きでギタリストとして活動したいんだなと感じます。

ポール・ブラウンの感想としては、コード・スケールの中で弾いていく人なので、生粋のジャズ・ギタリストの匂いはなく、強いて言えば、「ポップス系のスタジオ・ミュージシャンが、大好きなインストゥルメンタルを弾いてしまいました」という風に感じました。
そのため、ソロフレーズの中にもチョーキングがチョコチョコ出て来ます。それも、かなりしっかりしています。「ジャズギターにチョーキングはご法度?」などと書かれているのを目にしますが、ジャズ・ギタリストでしたら、もっと安直なチョーキングになってしまうのでは…そんな感じです。

またソロの組み立てが非常に良く、もう少し聴きたいところでテーマに戻るなどは私のようにギターをメインとして聴く者だけでなく、普通のリスナーの事をよくわかっていると思います。
先に私が聴いたギタリストを挙げましたが、やはりテクニックを聴かせようとソロを弾きまくる方もいました。
ここがポール・ブラウンの良さで、プロデューサーとしての経験からも自分の曲の構成がよく分かって弾いているのではと思います。

そしてポール・ブラウンの1番の強みは、メロディ、フレーズのセンス(日本人に好まれるのでは)の良さと全体の構成をリスナーの視線で見ることが出来ることだと思います。

スムーズジャズは演奏テクニックをひけらかすよりも、曲重視ではないかと思います。

アルバム・リスト

  • Up Front (2004年)

Up Front

中古価格
¥2,341から
(2013/7/22 11:58時点)


Paul Brown | Moment By Moment
http://www.youtube.com/watch?v=smHsvbYd3J0  (YouTybe)

  • The City (2005年)

City

中古価格
¥3,423から
(2013/7/22 12:03時点)


Paul Brown | Hello Again
http://www.youtube.com/watch?v=lFDBeA3gIP8  (YouTube)

  • White Sand (2007年)

White Sand

新品価格
¥609から
(2013/7/22 12:06時点)

  • Love You Found Me (2010年)

Love You Found Me

新品価格
¥1,244から
(2013/7/22 12:07時点)

  • The Funky Joint (2012年)

Funky Joint

新品価格
¥1,160から
(2013/7/22 12:08時点)


Paul Brown | The Funky Joint
http://www.youtube.com/watch?v=BzuZFc-1VS4  (YouTube)

Paul Brown | Mountreux
http://www.youtube.com/watch?v=0l7OKlLW1dE  (YouTube)

まだまだスムーズジャズは聴き始めたばかりの私ですが、まだ聴いていないギタリストも多く、入り込んでしまいそうです。

関連記事