「Ever Green」な曲を私も


「Hiro」さんのEver Green」な曲を拝見しました。音楽による心の安らぎについては私も同じ気持ちです。

私も音楽を聴き始めてから今日まで、良い時も悪い時もあり、色々な経験をし、多くの思い出があります。これまで、音楽を聴いてどれだけ安らげたか、助けられたか知れません。

「音楽」と書くように、音を楽しむ、音が楽しさを与えてくれる、それが音楽の良さだと思っています。これからも色々な事があるとは思いますが、心の安らぎとしても音楽を聞き続け、楽しんで行きたいと思います。

さて、このブログを書き始めて、私にとって「Ever Green」な曲は何だろうと思った時、真っ先に思い出したのがこの曲です。
ニール・セダカ(Neil Sedaka) | 雨に微笑みを(Laughter In The Rain)
http://www.youtube.com/watch?v=VCusyLPrFCo  (YouTube)

 

Laughter in the Rain

新品価格
¥594から
(2012/12/23 18:22時点)


なぜこの曲だったのか、私が大好きなフュージョンでもなくロックでもなく、ましてやニール・セダカが活躍したオールディーズと呼ばれる時代の曲は殆ど聴かない私ですが、真っ先に思い出したのがこの曲でした。

この曲は1974年に全米ヒット・チャートNo.1を獲得した大ヒット曲です。
一般的にオールディーズ呼ばれる時代から、新しい時代の音楽を迎え、一時的にニール・セダカの人気が低迷しましたが、この曲により再度復活しました。

この曲の思い出は、私が長年勤めていた会社の本社への出張の時に遡ります。
本社はアメリカのサン・フランシスコから1時間程、西下する所にありました。
何回か行きましたが、一番最初の出張の時、それまで、左ハンドルと右車線の運転経験はHawaiiで何度かあるものの、本土での運転は初めてす。
地図を頼りに初めて走る道、ハイウェイだというのに曲がりくねった山越えの道、ましてや空港に到着したのが夜でした。本当に無事に着けるのかと、不安と緊張だらけでしたが、その時に掛けたラジオから流れた曲がこの曲でした。この曲は知っていましたが、この曲が流れてきてからの運転は不安など一気に吹っ飛び、運転も楽しくなり、無事に目的地に着く事が出来ました。
些細な話しではありますが、今でもよく思い出してはこの曲を聞きます。音楽による心の安らぎを痛感した1曲でした。

思い出の曲をもう1曲、ご紹介します。
Music Magic | One Man Lady
http://www.youtube.com/watch?v=K5ByDB0TPh4 (YouTube)

One Man Lady

新品価格
¥6,800から
(2012/12/23 18:23時点)


MAHALO_MM_PICMusic MagicはHawaiiで活動したフュージョン、AOR系のグループです。やはりHawaii出身のシーウィンド(Seawind)とともに良く聞いています。
このグループは既に解散してしまいましたが、2枚のアルバムをリリースし、この曲は2ndアルバム「One Man Lady」に収録され、日本盤も発売されました。
日本盤はジャケットは変更され、曲順もこの曲が1曲目に入れ替えられて、アルバムのメイン曲として扱われました。
また、このグループ名の由来は、「Hiro」さんが「Ever Green」な曲で紹介した「チック・コリア」が結成した「リターン・トゥ・フォーエヴァー」が、1977年にリリースした「Musicmagic」というアルバム名だそうです。 色々と、音楽って結びつくものですね。

フュージョン、AOR系とジャンルが狭く「Ever Green」な曲なの?と思われるかもしれませんが、初めて聴く方にもお勧めの曲です。

この曲の思い出ですが、私はこのバンド名を掲げたお店を仕事にしていました。
仕事と言っても私の好きな曲を聴いて楽しんで頂く場所であり、半ば自己満足の仕事でしたが、これをきっかけに新しい友人とたくさんの交流ができ、今でもその付き合いを大切にしています。
しばしば、どうして「Music Magic」なの?と聞かれる事がありましたが、「このグループ名が由来です」と答えては、よく聴いて頂きました。

「Ever Green」な曲は、私が聴いてきた曲にも勧めしたい曲が多くあります。
これからも、アーティストの紹介、そして曲の紹介を、このブログにて紹介してまいります。

関連記事