America vs NSP、そして何故か岩崎宏美


Mt_Fuji富士山の世界文化遺産への登録が間近のようです(フジヤマNAVI)。

約40年程前、当時学生時代を過ごしたアパートの部屋からは、この富士山を見ることができました。
徹夜での麻雀を終えて、朝もやが晴れた後に出現する富士山の眺望は格別なものがありました。特に、麻雀の成績が良かった朝は至福の瞬間(ひととき)でした。

そして、眠気覚ましに飲む淹れたてのドリップ・コーヒーと共に、良く聴いていた記憶があるのがこんな曲でした。

アメリカ(America)名前のない馬(A Horse With No Name)
http://www.youtube.com/watch?v=KLla_valwc0 (YouTube)

名前のない馬[紙ジャケットCD]

新品価格
¥1,975から
(2013/6/4 15:38時点)

アメリカ(America)は、ジェリー・ベックリー(Gerry Beckley)、デューイ・バネル(Dewey Bunnell)、ダン・ピーク(Dan Peek)のロンドンのアメリカンスクールに通う3人によって結成され、1971年にデビューしています。
全員アメリカ生まれですが、ロンドンに駐留していたアメリカの軍人を父に持つ3人組です。

彼らのアルバム「アメリカ(America)|名前のない馬(原題:America)」を、私の友人が買ったLPレコードからカセット・テープにダビングして聴いていたと思います。何しろ貧乏学生にとって当時2,000円前後したLPレコードは高嶺の花でした。
アパートの近くの定食屋では100円~120円で1食が賄えました。150円も出せばオプション付きの豪華な晩餐でした。しかし、麻雀で負けた時はインスタントラーメンの日々でしたが。

そんな貧乏学生が漸くの思いで揃えたオーディオ・システムは、記憶を辿れば次の構成だったと思います。

  • SANSUIのFM/AMレシーバー(SAX350-D)
  • SONYのステレオ・カセットデッキ(TC-2050SD)
  • CEC(中央電子)のベルト・ドライブのレコードプレーヤー(BD320)
  • FOSTER(現ブランド名:FOSTEX)の小型スピーカー(型式不明)

当然ながら一度に揃えることはできず、帰省から戻る都度、秋葉原に途中下車をして買い増して行ったと思います。スピーカーは1本づつ揃えたため、左右で若干色が違っていました。
尚、記憶の確認には、中古オーディオ専門店「ショップアフロオーディオ」のサイト、「オーディオの足跡」を参考にさせて貰いました。

そんなオーディオ・システムで良く聴いたアメリカですが、当ブログのマイフェバリット・ソングス・シリーズで「お気に入り曲」として紹介した、サイモン&ガーファンクル(S&G)の「スカボロフェア」や、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)の「ティーチ・ユア・チルドレン」と云ったフォーク・ロック系のグループが好みだった私にとって自然な流れだと思います。

朝の爽やかな時間に合う素朴なサウンドが魅力のアメリカですが、そのアルバムがミリオンセラーとなり、1973年のグラミーー賞の最優秀新人賞を受賞しています。その後、オリジナル・メンバーの一人ダン・ピークは1977年に脱退し、2011年に亡くなっています。
そして40年の時が流れ、残りの二人を中心に今もアメリカは健在です。

久々の新曲(Disc1)と過去のヒット曲のライブ(Disc2)の2007年リリースの2枚組CD「America|Here & Now」がお薦めです。

Here & Now

新品価格
¥873から
(2013/6/4 15:40時点)

また、2005年のシカゴ・ライブを収めたDVD、「America|Live in Chicago [Blu-ray] 」も併せて如何でしょうか?

Live in Chicago [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥950から
(2013/6/4 15:41時点)

年輪を重ねたアメリカの映像があります。

AMERICAVentura Highway
http://www.youtube.com/watch?v=PYWBtzOI94Y (YouTube)

40年前の私の住んでいた部屋の隣から、夕方近くなるとこんな歌が良く聞こえてきました。

NSP夕暮れ時はさびしそう
http://www.youtube.com/watch?v=o89JAbD0anQ (YouTube)

隣の部屋の住人がギターに併せて歌っていました。幾分調子のずれたその歌は富士山の夕景に似つかわしくなく、憂鬱な気持ちを運んできてくれました。その歌の主(ぬし)とは殆ど会話をした記憶は残っていません。
その歌のバンド名や曲名は後で知りましたが、彼の歌声が耳に残っていて、結局好きになることはありませんでした。
そんな一関高専出身の三人組の、私にとって不幸なバンドとなったNSP(N.S.P)ですが、リーダーの天野滋(あまのしげる)が2005年に52歳で亡くなっています。今は中村貴之だけががソロ活動を続けているようです。
40周年記念のアルバム「NSPデビュー40周年メモリアル・ドリームライブ~70年代をもう一度~」が6月26日に発売されます。





NSP/NSPデビュー40周年メモリアル・ドリームライブ~70年代をもう一度~ [PCCA-03853]

更にその隣には麻雀仲間の同級生が住んでいました。
彼の高級オーディオ・システムはアンプとチューナーは別々で、プレーヤーはダイレクトドライブでした。しかも、何と言ってもステレオ・テープデッキはソニーのオープンリールの本格派だったと思います。
そんな彼の部屋の壁には山口百恵に代わって、岩崎宏美の等身大のポスターが貼られた記憶があります。「スター誕生!」で最優秀賞となり、デビューする頃だった気がします。

岩崎宏美二重唱(デュエット)
https://www.youtube.com/watch?v=Cz667RpCTlQ (YouTube)

<COLEZO!>岩崎 宏美

新品価格
¥1,586から
(2013/6/4 15:46時点)

私個人としては、「聖母(マドンナ)たちのララバイ」で漸く彼女の良さがわかるようになりました。
ビクター・カタログ・シリーズ<COLEZO!>のベスト盤CDもありますが、最近リニューアルされたHD高品質音楽配信e-onkyo musicのハイレゾ(CDの音源より高解像度=ハイレゾリューション)音源の配信もお薦めです。

<COLEZO!>岩崎宏美
【K2HD】VICTOR STUDIO HD-Sound.

CD(44.1kHz/16bit)に対してこの音源(96kHz/24bit)で約3.3倍の情報量とのことです。ハイレゾの詳しい説明はこちらです。但し、再生環境についても確認を忘れないで下さい。

USB-DAC(USB Digital-to-Analog Converter)と無料再生ソフトの入手で簡単に入れるPCオーディオの世界ですが、今も昔も高級品は青天井の世界ですので、充分気を付けて下さい。

そんな朝の音楽に、最近売りだしたセブン・イレブンの100円のドリップ・コーヒーも一緒にお薦めいたします。

(編集部注:ダイレクトドライブとは、低速モーターをターンテーブルに直結して駆動させる方式。トルクが強く、始動から一定の回転速度になるまでの時間が短く、回転が安定している。)

関連記事