親日家の天才ジャズドラマー「エルビン・ジョーンズ」


学生時代のことですが、ジャズドラムに興味を持ち、軽音楽クラブに入り、ジャズドラムをかじった時期があり、ジャズ喫茶によく通い、いろいろなジャズレコードを聴きました。
その頃、とても印象的だったのが「エルヴィン・ジョーンズ」(Elvin Jones)のドラミングでした。

今では、ドラムもロック、フュージョン、ラテンなどを融合したようないろいろなたたき方があると思います。しかし、その頃、初心者の私は、4ビート(フォービート)のオーソドックスなたたき方しかできず、エルヴィン・ジョーンズのドラムに、ショックを受けました。
極端にいうと、何か絶え間なくどこかをたたいているように最初は感じました。もちろん、そんな感覚は、大間違いでした。

John Coltrane | My Favorite Things 1965
http://www.youtube.com/watch?v=lvT0YI3Ogag (YouTube)
John Coltrane – Soprano sax
McCoy Tyner – Piano
Jimmy Garrison – Bass
Elvin Jones – Drums

マイ・フェイヴァリット・シングス

中古価格
¥842から
(2013/5/31 19:20時点)

エルヴィン・ジョーンズは、1960年から、サックスのジョン・コルトレーン(John Coltrane)、ベーシストのジミー・ギャリソン(Jimmy Garrison)、ピアニストのマッコイ・タイナー(McCoy Tyner)と共に黄金のカルテットを形成したといわれています。
複雑なリズムを難なく叩くテクニックと、重量感溢れるパワー。それだけでなく、バラードや静かな曲での繊細さをも持ち合わせている、屈指の天才ドラマーです。

Wayne Shorter | JuJu Full Album
http://www.youtube.com/watch?v=fm1VZWnVyuM (YouTube)
Wayne Shorter – tenor saxophone
McCoy Tyner – piano
Reggie Workman – bass
Elvin Jones – drums

ベスト・オブ・ウェイン・ショーター(ブルーノート・イヤーズ19)

新品価格
¥1,685から
(2013/5/31 19:21時点)

1960年代には、ブルーノート・レーベルを中心にウェイン・ショーター(Wayne Shorter)、グラント・グリーン(Grant Green)、ラリー・ヤング(Larry Young)らのレコーディングに参加し、歴史的名盤を数多く残しています。

ELVIN JONES | ANTI CALPSO
http://www.youtube.com/watch?v=wlJdCiNMKDU (YouTube)
1985年12月21日 新宿厚生年金会館「新宿ピットイン20周年コンサート」
エルビン・ジョーンズ(Ds)、渡辺貞夫(ASax)、武田和命(TSax)、向井滋春(Tb)、渡辺香津美(G)、辛島文雄(Pf)、井野信義(Bs)

エルビン・ジョーンズ・ジャズ・マシーン・ライヴ・アット・ピット・イン

中古価格
¥4,995から
(2013/5/31 19:39時点)

親日家で奥さんは日本人のケイコ・ジョーンズです。辛島文雄、向井滋春、川崎燎など多くの日本人プレイヤーを、自分のバンド「ジャズ・マシーン」のメンバーとして迎え入れていました。
また、毎年年始に新宿ピットインで公演を行いました。

残念ながら、天才ジャズドラマー、エルヴィン・ジョーンズは、2004年5月18日に、74才で亡くなりました。

関連記事

親日家の天才ジャズドラマー「エルビン・ジョーンズ」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: もう一人の天才ドラマー「バディ・リッチ」 | 東京 | TokyoとBostonをつなぐ音楽ブログ

コメントは停止中です。