JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(6)


JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(5)の続き

インストルメンタル曲である「パット・メセニー|James」に粟田麻利子(あわだまりこ)自身が作詞し、ボーカル曲とした「James(ジェームス)」を含む、彼女のデビュー・アルバムは「粟田麻利子MARGUERITE」です。
彼女のアルバム・トレーラーで確認してみて下さい。

AWADA Mariko Debut Album “Marguerite”

MARGUERITE

新品価格
¥2,030から
(2013/4/2 13:39時点)


このアルバムは昨年の1月18日にT&Kエンタテイメント(販売元:日本コロムビア)からメジャーリリースされました。
そして、翌19日に奇跡の出会いが実現しました。
「James」の楽曲使用許諾は予めパット・メセニーから得ていた訳ですが、直接本人に会ってリリース直後のこのアルバムを手渡すことができたそうです。その時の感動の様子が彼女の公式ブログにあります。
丁度パット・メセニーが名古屋ブルー・ノート(名古屋市中区)で3日間の来日公演中のことでした。
ライブ前で繊細な神経の持ち主とのパット・メセニーが、直接会ってくれた上で、「絶対聴くからね」と快く受け取ってくれたそうです。
そこには、彼女のCDリリースツアーに向けて帰国中だった金坂征広(かねさかゆきひろ、1981年 -、千葉県茂原市出身)も同席できたそうです。当ブログでも度々紹介している”monolog“ことYuki  Kanesaka(以前の記事)で、このアルバムのプロデューサー等も務めています。

アルバム・タイトルの「Marguerite(マルグリット)」は、春に咲き誇る花の一つマーガレットのことで、今の季節に相応しい曲で彩られています。
そんな季節感満載の曲目とその作者のリストです。

  1. Morning Mist (作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  2. You Are The One (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  3. Tell Me The Truth (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  4. 春風の子守唄 (作詞、作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  5. Spring Field (作曲、編曲:粟田麻利子)
  6. Tell Me A Bedtime Story (作詞、作曲: Herbie Hancock、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  7. Alive (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  8. James (作詞:粟田麻利子、作曲:Pat Metheny)
  9. Butterfly (作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)

ご覧のように、2曲を除き粟田麻利子オリジナル楽曲となっています。ジャズ・ボーカルの新人のデビュー・アルバムとしては異例のことかも知れません。
輝ける「Jazzシンガー・ソングライター」誕生の瞬間でもあります。

そのアルバム参加メンバーは、全て彼女旧知の信頼できるバークリー卒業生によって固められています。

  • ボーカル:粟田麻利子(1~9全部)
  • ピアノ&エレピ(Rhodes):Alan Benzie(Piano: 1~9全部、Rhodes: 3,8)
  • ピアノ&エレピ(Rhodes)&口笛:金坂征広 (Piano: 1、Rhodes: 3,5,9、口笛:4)
  • ギター:桜井竜矢(2,3,5,8)
  • ベース:山田吉輝(1~9全部)
  • ドラム:則武諒(2,3,4,5,6,7,8)
  • ドラム:小川慶太(1)
  • パーカッション:小川慶太(1,9)
  • フリューゲルホルン:Tiziano Bianchi(1)
  • フルート:栗谷かずよ(1)

尚、レコーディングはエスペランサ・スポルディングのメジャーデビュー・アルバム「Esperanza」(前の(4)で紹介) と同じ、ボストン郊外にあるWellspring sound (Acton, MA, USA)も使われています。

このデビュー・アルバムのリリースライブは名古屋と東京で行われましたが、東京ではハプニングもありました。
レコーディング主要メンバーで出演を予定していた東京池袋のApple Jumpの時です。
ピアノのAlan Benzie(アラン・ベンジー)とドラムの則武諒(のりたけりょう)が体調不良で参加不能となりました。
急遽、粟田麻利子(Vo)、金坂征広(Piano)、山田吉輝(やまだよしき、Bass)のトリオで無事乗り切りました。しかも、音楽の楽しさが伝わってくるライブでした。
その時のライブ映像があります。

時には昔の話を粟田麻利子@Apple Jump

スタジオ・ジブリ制作の長編アニメの名作「紅の豚(くれないのぶた)」のエンディング・テーマ「加藤登紀子時には昔の話を」をスウィート・ボイスで聴かせてくれます。

紅の豚 [DVD]

新品価格
¥3,472から
(2013/4/2 13:37時点)


主人公ポルコの幼馴染ジーナの声も担当した加藤登紀子の名曲です。

紅の豚

新品価格
¥2,155から
(2013/4/2 13:38時点)


その彼女の第2弾のアルバム「My Lovely Way」は2ヶ月後の3月21日に続けてリリースされました。
こちらはジャズ・スタンダード曲を中心とした、ギターの桜井竜矢(さくらいたつや)とのデュオによるアルバムです。「時には昔の話を」をギターとデュオで聴くことができます。

AWADA Mariko 2nd Album “My Lovely Way”

My Lovely Way

新品価格
¥2,150から
(2013/4/2 13:39時点)


大阪大学卒業後、会社員生活を経てバークリーを優秀な成績で卒業した期待のボーカリストです。彼女の師キム・ナザリアン(NYボイセズ)曰く、「デキル女」に注目してみて下さい。
詳細な情報や試聴等は、彼女の公式ホームページをご覧願います。

AWADAMariko_HP粟田麻利子公式ホームページ

そして、我が家の庭先で一斉に咲き出した春の花々ですが、マーガレットもその仲間です。

Marguerit

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(7)へ続く

関連記事