ヒッピーとフーテンの寅さん(2)


ヒッピーとフーテンの寅さん(1)の続き

いきなり話は横道に逸れますが、 東海岸に歴史的なブリザードが襲来したニュースを耳にした瞬間に「松任谷由実」の「BLIZZARD」が思い浮かびました。

松任谷由実 | BLIZZARD(from「日本の恋と、ユーミンと。」)

ブ♪リ♪ザード!、ブリザード!」のフレーズが、その響きの良さと相まって残像のようにリフレインします。
原田知世が主演した映画「私をスキーに連れてって(1987年公開)」の挿入歌でした。
映画のイメージもあって、心が弾んで来る冬の代表曲とも云えます。
ボストンのブリザードの印象とは多少異なる「BLIZZARD」です。
<音楽ニュース>の記事の通り、昨年の年間CD売上に貢献した「松任谷由実40周年記念ベスト・アルバム」に、当然含まれています。

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥4,200から
(2013/1/18 18:49時点)


話を1967年当時に戻します。
MAHALOさんのダンヒル・サウンドでも紹介された「モントレー・ポップ・フェスティバル(Monterey Pop Festival)」ですが、同じモントレーで以前より開催されていたジャズ・フェスティバルがヒントだったようです。
ジャズ・フェスについては、今回の話題と直接関係がありませんが、
「三大ジャズ・フェスティバル」は次の通りです。

  • ニューポート・ジャズ・フェスティバル(New Port Jazz Festival)・・・1954年より米ロードアイランド州ニューポートで毎年8月に開催される。日本ビクター(現:JVCケンウッド)が1984年より冠スポンサーで、正式名は「JVC Jazz Festival Newport, R.I.」。
  • モントレー・ジャズ・フェスティバル(Monterey Jazz Festival)・・・1958年よりカリフォルニア州モントレーで毎年開催される。モントレーはモンタレーとも表記される。
  • モントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival)・・・1967年よりスイスのモントルー及びレマン湖周辺で毎年7月に開催される。

そして、世界最大のジャズ・フェスは「モントリオール国際ジャズ・フェスティバル」です。

  • モントリオール国際ジャズ・フェスティバル(仏: Festival International de Jazz de Montréal)・・・1980年よりカナダ・ケベック州のモントリオールで毎年6月下旬から7月上旬に開催される。

カリフォルニア州「モントレー」とスイス「モントルー」、そしてカナダ「モントリオール」と非常にややこしいことによって、逆にジャズ・フェスの代名詞の印象を強く感じます。

さて、このポップ・フェスティバルは1回だけ、1967年6月16日から18日にかけて行われました。
ヒッピー・ムーブメントの真っ只中で行われ、20万人以上の観客を動員しました。
そして、オーティス・レディング(Otis Ray Redding Jr.、1941年-1967年)、ジャニス・ジョプリン(Janis Lyn Joplin、1943年-1970年)、ジミ・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix、1942年-1970年)といった人達の評価を上げ、彼らが世界的な知名度を得るきっかけとなったイベントとして語り継がれます。
伝説のミュージシャン達のその時の映像があります。

Jimi Hendrix | Otis Redding Monterey Film Ad
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=BZ2AsOs7ftU (YouTube)

Janis Joplin|Ball and Chain
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=r5If816MhoU (YouTube)

このフェスティバルの様子はDVD3枚組で、「The Criterion Collection: Complete Monterey Pop Festival (1967)」があります。

The Criterion Collection: Complete Monterey Pop Festival [DVD] [Import]

新品価格
¥5,120から
(2013/2/18 14:28時点)


以前シタールとノルウェイの森で紹介した、ラヴィ・シャンカールの熱演もたっぷりと観ることができます。

先程のオーティス・レディングですが、この年の暮れ自家用飛行機の墜落事故で亡くなりました。享年26歳という若さでした。
事故の3日前にレコーディングされた曲「ドック・オブ・ベイ」(原題 (Sittin’ On) The Dock Of The Bay)」は、彼の死後発表され、彼の最大のヒット曲となりました。
日本でもHiroさんの記事にある柳ジョージを始め、多くの歌手に愛され、カバーされています。

オーティス・レデイング|ドッグ・オブ・ザ・ベイ
http://www.youtube.com/watch?v=1LUOJNAu_cg (YouTube)

1968年3月にビルボード誌週間チャート1位獲得のこの曲を含むベスト盤「The Very Best of Otis Redding」があります。

The Very Best of Otis Redding

新品価格
¥596から
(2013/2/18 14:27時点)

映画「男はつらいよ」の封切り迄は、もう少し時間が掛かりそうです。

ヒッピーとフーテンの寅さん(3)へ続く

関連記事