クリスマスイブとクリスマス当日

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2017


10月末日までハロウィン・カラーのオレンジ色をまとった都内も、12月になるとクリスマス・カラー一色に切り替わりました。

今年のクリスマス・イブは日曜日。家族で過ごす方が多いのでしょうか?

さて、12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。
当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ミュージック7曲を紹介します。

マライア・キャリー(Mariah Carey)|恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)
https://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY (YouTube)

Merry Christmas

新品価格
¥499から
(2017/12/20 11:51時点)

  • クリスマスソング、ということでは必ずこの曲が第一番に思い浮かびます。クリスマスの「わくわく感」をメロディー、リズム、ともに100%表しています。(Hiro)

MISIA(ミーシャ)|Everything(エヴリシング)
https://www.youtube.com/watch?v=aHIR33pOUv0 (YouTube)

Everything

新品価格
¥1,121から
(2017/12/20 11:52時点)

  • この曲の「ミュージック ビデオ」の映像が雪が降っていたので、クリスマスのシーンとダブってしまいます。もちろん、クリスマス ソングとして聴いて、歌っています。(Hiro)
  • 私も大好きな曲です。どうしてもドラマ「やまとなでしこ」が頭から離れませんが。(MAHALO)

塚谷水無子(MinakoTsukatani)|パッヘルベルのカノン(Canon by Pachelbel)
https://www.youtube.com/watch?v=D-AMI0XuFpk (YouTube)

愛と祈りのパイプオルガン

新品価格
¥2,641から
(2017/12/20 11:53時点)

  • クリスマスに聴くパイプオルガンの調べは格別です。(Koji)

山下達郎|クリスマス・イブ
https://www.youtube.com/watch?v=_8owydQcpw8 (YouTube)

クリスマス・イブ(2017クリスマス・スぺシャル・パッケージ)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/20 11:53時点)

  • 定番中の定番。今年もまたクリスマス・スぺシャル・パッケージが発売されます。(Koji)
  • JR東海のコマーシャル映像とぴったり、焼き付いています。(Hiro)
  • 1986年~2016年、31年連続でオリコン週間シングルランキングTOP100にランクインはギネス記録。さて、今年は?!(Yama)

アイズレー・ブラザース(The Isley Brothers)|ウィンター・ワンダーランド(Winter Wonderland)
https://www.youtube.com/watch?v=fLi-KVJ7Z_c (YouTube)

I’ll Be Home for Christmas

新品価格
¥1,189から
(2017/12/20 11:54時点)

  • クリスマス・ソングの定番曲ですが、アイズレー・ブラザースが歌うとこのようにお洒落になります。私はこのアレンジが一番かと思います。(MAHALO)

ボニー・ジェイムス(Boney James)|クリスマス・ソング(The Christmas Song)
https://www.youtube.com/watch?v=XKYoD9jUs64 (YouTube)

Boney’s Funky Christmas

新品価格
¥3,638から
(2017/12/20 11:55時点)

  • 最近よく聴くサックス・プレイヤーです。ナット・キング・コールの歌唱で知られるこの曲ですが、サックスで聴くのも良いもので心から温まります。(MAHALO)
  • ほんとに、外は雪、部屋には、ストーブの温かなぬくもり、そんな中でゆったりまどろむクリスマスという気持ちになりますね。(Hiro)

稲垣潤一|クリスマスキャロルの頃には
https://www.youtube.com/watch?v=IyNyaOOiD_s (YouTube)

男と女2

新品価格
¥2,932から
(2017/12/20 11:55時点)

  • この時期の王道のクリスマスソングですが、冬歌の女王「広瀬香美」とのデュエット・バージョンがあります。稲垣潤一のデュエット・カバー・アルバム「男と女2」(2009年)に収録されています。シングルカットしたDVD付CDは、現在大変高価なコレクターアイテムになっています。(Yama)

関連記事