無機質な透明感のある歌声「相田翔子」


先週、今週と元Winkの相田翔子をゲストで迎える堺正章司会のTV番組をみました。

『堺でございます』ゲスト:相田祥子(2016年11月12日放送)
http://www.bsfuji.tv/sakai/pub/189.html
★今年でデビュー28年。いつまでも“可愛らしい”という言葉が似合う相田祥子も、今年で46歳。義母は女優の司洋子さん。その仲は?!

『堺でございます』ゲスト:相田祥子(2016年11月19日放送)
http://www.bsfuji.tv/sakai/pub/190.html
★Wink解散直後、引っ越した小さなマンションで、その管理人に浴びせられたキツイ一言によって立ち直った翔子を変えたものは。

Winkは、1980年代後半から1990年代中期にかけて人気のあった女性アイドルユニット。鈴木早智子と相田翔子。私自身がカラオケで歌える曲はありません。ただ、何か無機的な曲調の曲が多かった印象が残っていました。

Winkといえば、やはり、1989年の「愛が止まらない」です。カイリー・ミノーグ「愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜」のカヴァー曲です。る。

Wink(ウィンク)| 愛が止まらない ~Turn It Into Love~
https://www.youtube.com/watch?v=PbcGhFPIZd0 (YouTube)

WINK MEMORIES 1988-1996

新品価格
¥2,945から
(2016/11/25 16:16時点)


カイリー・ミノーグ(Kylie Ann Minogue)|愛が止まらない~ターン・イット・イントゥ・ラヴ~(Turn It into Love)
https://www.youtube.com/watch?v=Qn11R5l9vzY (YouTube)

グレイテスト・ヒッツ

中古価格
¥180から
(2016/11/25 16:17時点)


この曲が印象に残っているのは、1960年代のモータウン系の聴きなじみのあるメロディーと、ディスコ・ダンスの明るいポップな感じが、無機質な透明感を醸し出しているところです。この曲調は、日本では、小室哲哉等に影響を与えて、その後の1990年代の小室哲哉プロデュース楽曲ブームを生み出すことになったとのことです。

Wink(ウィンク)|トゥインクル トゥインクル
https://www.youtube.com/watch?v=Z956iXewcpk (YouTube)

Overture!

新品価格
¥1,850から
(2016/11/25 16:18時点)


94年に発売されたWinkのオリジナルアルバム「Overture!」(オーバチュア!)の収録曲。秋元康作詞、ジェイムス下地作曲のアコースティック・フォークと名付けた曲調。
このアルバムには、芹沢類が作詞、杉真理が作曲した「ケ・セラ・セラヴィ」や、作曲を加藤和彦、門倉有希などが担当した曲も収録されています。

そして、TV番組の中で、相田翔子が披露した、ボサノヴァの曲が良かったです。一つは、Winkの「愛が止まらない」をボサノヴァで(ギター演奏、長谷川きよし)。
もう一曲は、スタンダードの、「One Note Samba」。

Winkは活動停止中ということで、相田翔子がソロで歌い出して、自分自身と向き合い、安らげる音楽を求めて模索を続けながら、辿りついたのはボサノヴァだったとのことです。セルジオ・メンデスやベン・ウィットマンのプロデュースにより、1996年「JÓIA」をリリースしました。

相田翔子|Joia
https://www.youtube.com/watch?v=h4YQUGs_vMo (YouTube)

JOIA

中古価格
¥560から
(2016/11/25 16:20時点)


女性ボーカル「デュオ」は古くは、「ザ・ピーナツ」、そして、振り付けの「ピンクレディ」と時代を作ったグループがありますが、「Wink」も間違いなく日本の歌謡シーンを彩った「デュオ」であったと思います。

関連記事