マカロニ・ウェスタンと映画音楽の巨匠「エンニオ・モリコーネ」


当ブログの「ゴールデン・グローブ作曲賞は「エンニオ・モリコーネ」の記事のエンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone, 1928年生まれのイタリアの作曲家)ですが、やはりマカロニ・ウェスタンの映画と切っても切れない印象があります。
87歳になる彼がゴールデン・グローブ作曲賞を受賞した最新の映画音楽も西部劇で、日本では2月27日(土)から公開の「ヘイトフル・エイト(The Hateful Eight)」です。

チケットぴあヘイトフル・エイト/全国券|公開日:2016/2/27(土)~icon

 

エンニオ・モリコーネとマカロニ・ウェスタンの映画音楽を最初に耳にしたのは、1965年に日本公開された映画「荒野の用心棒(伊: Per un pugno di dollari)」からのヒット曲として有名になった「さすらいの口笛(Titoli)」でした。

エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone) | さすらいの口笛(Titoli) | 荒野の用心棒
https://www.youtube.com/watch?v=XPcuenaw318 (YouTube)

Per Un Pugno Di Dollari: A Fistful of Dollars

新品価格
¥1,373から
(2016/2/25 16:23時点)


特に口笛の響きが印象的で日本人の心にも何か通じるものがありました。
因みに、この映画「荒野の用心棒」は日本の黒澤明(くろさわ あきら、1910年 – 1998年)監督の「用心棒」(1961年)を非公式にリメイクしたようで、「用心棒」を制作した東宝は彼らを訴え勝訴しています。

この「荒野の用心棒」の監督はセルジオ・レオーネ(Sergio Leone、1929年 – 1989年、イタリア)、主演はクリント・イーストウッド(Clint Eastwood、1930年 サンフランシスコ生まれ)で、この後「夕陽のガンマン」、「続・夕陽のガンマン」の2作が制作され、何れもヒット作となっています。

エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone) | ガンマンの祈り | 夕陽のガンマン
https://www.youtube.com/watch?v=nGv3hyVRE0o (YouTube)

エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone) | 続・夕陽のガンマン
https://www.youtube.com/watch?v=g9j3rIEJJws (YouTube)

夕陽のガンマン+続・夕陽のガンマン 【DSDリマスタリング】

新品価格
¥1,767から
(2016/2/25 16:25時点)

尚、マカロニ・ウェスタンという呼称は日本特有の呼び方のようです。

イギリス・アメリカ合衆国・イタリアなどでは、これらの西部劇をスパゲッティ・ウェスタン (Spaghetti Western) と呼んでいるが、セルジオ・レオーネ監督の『荒野の用心棒』が日本に輸入された際に、映画評論家の淀川長治が「スパゲッティでは細くて貧弱そうだ」という ことで「マカロニ」と呼び変えた(中身がないという暗喩も含んでいるという説もある)。日本人による造語であるため、マカロニ・ウェスタンという言葉は他国では通用しない。
(出典:ウィキペディア)

そんなマカロニ・ウェスタンを象徴するモリコーネの代表作はサウンドトラックで聴くのがお薦めでしょう。
「荒野の用心棒」50周年となる究極仕様のBlu-ray版で映画の鑑賞もまた良いかも知れません。
荒野の用心棒 完全版 製作50周年 Blu-ray
https://www.youtube.com/watch?v=FNUSCSFmENE (YouTube)

荒野の用心棒 完全版 製作50周年Blu-rayコレクターズ・エディション

新品価格
¥6,290から
(2016/2/25 16:27時点)


併せて、この映画の原作である世界のクロサワの「用心棒」を、映像・音声を修復したハイビジョン・マスターによるBlu-ray版で見比べるのも楽しいかも知れません。
用心棒 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=WzFq5hOlZ5s (YouTube)

用心棒 [Blu-ray]

新品価格
¥3,663から
(2016/2/25 16:28時点)


また数々の映画音楽を手掛けたモリコーネですが、2003年のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の音楽も担当しています。
武蔵 MUSASHI(最終回) オープニング
https://www.youtube.com/watch?v=ChTNE2nTj0g (YouTUbe)

NHK大河ドラマ 「武蔵 MUSASHI」 オリジナルサウンドトラック盤

中古価格
¥286から
(2016/2/25 16:31時点)


不思議と日本の戦国時代の風景にも溶け込んでいる気がします。

余談になりますが、映画「用心棒」の音楽は黒澤作品の常連作曲家であり、数々の映画音楽を残した佐藤勝(さとう まさる、1928年 – 1999年)です。
また、この音楽は1961年の米国アカデミー賞作曲賞にノミネートされました。
尚、彼が音楽を担当した1966年にフジテレビで放送された連続テレビドラマ「若者たち」の主題歌を歌っていたのは「ザ・ブロードサイド・フォー」でした。黒澤明の息子・黒澤久雄(くろさわ ひさお、1945年東京生まれ )が結成した、当時全盛であったカレッジ・フォークの先駆的グループです。

ザ・ブロードサイド・フォー | 若者たち
https://www.youtube.com/watch?v=vW0-sRt0RYw (YouTUbe)

ザ・ブロードサイド・フォー

新品価格
¥1,199から
(2016/2/25 16:32時点)


このドラマは2014年にフジテレビの開局55周年記念企画として「若者たち2014」のタイトルでリメイクされました。
しかし、東京オリンピックの熱気が冷めて学生運動が激しさを増す時代背景、そして全編白黒映像の1966年版が何故か今でも蘇ります。

フジテレビ開局50周年記念DVD 若者たち

中古価格
¥41,980から
(2016/2/25 16:33時点)

関連記事