サックス「中島朱葉」のスタンダードを聴きに


本ブログで何回か紹介してます、アルトサックス奏者「中島朱葉」のライブに行ってきました。中島あきはの関連記事はこちら

会場は、お茶の水のジャズ・ライブハウス「NARU。NARUも本ブログ70年代のJazz喫茶「御茶ノ水」で紹介しました。NARUはもう創業40年以上(オープンは1969年)たつ、Jazzのライブハウスとしては老舗です。最近よくテレビで観るazzギターの渡辺香津美(g)が、17歳の時このNARUでデビューしたそうです。

今回のライブのグループのリーダーは、ドラムの「石若駿」で、演奏の中心は、石若駿の新しく出したCD「CleanUp」のオリジナル曲でした。

  • 石若駿(ds)
  • A(アーロン).チューライ(p)
  • M(マーティ).ホロベック(b)
  • 中島朱葉(as)

「石若駿」は、「中島朱葉」と同じく、本ブログ60年代の高校生とジャズ「坂道のアポロン」、で紹介した、早熟の天才ドラマーです。
2008年3月、ボストンバークリー音楽院タイアップの「グルーヴ・キャンプ」を受講し、「バークリーアワード」を受賞。2009年夏、奨学生としてバークリー音楽院に留学しています。
もちろん「中島朱葉」とは、学生の時から共演しています。

「A(アーロン).チューライ」は、パプワニューギニア出身。オーストラリアで数々の賞を受賞しています。ピアノトリオ中心に活動。東京芸術大学にも留学していて、留学生時代に「SHOGAKUKIN」という曲を作っています。
完璧なテクニックとリズム感を持っていながら、全面に出さずに、あくまでも表現のための手段にしているところがすごい、との事です。

「石若駿」の芸大卒業記念アルバム「CLEANUP」を紹介します。

メンバーは、

  • 石若駿 Shun Ishiwaka (ds)
  • 吉本章紘 Akihiro Yoshimoto (ts, ss)
  • 中島朱葉 Akiha Nakashima (as)
  • 井上銘 May Inoue (g)*
    *本ブログにて何回か紹介してます。
  • アーロン・チューライ Aaron Choulai (p)
  • 高橋佑成 Yusei Takahashi (p)
  • 須川崇志 Takashi Sugawa (b)
  • 金澤英明 Hideaki Kanazawa (b)

「中島朱葉」は4曲、一緒に演奏しているとの事です。

曲目リストは、

  1. The Way To Nikolaschka
  2. Dejavu
  3. Darkness Burger
  4. A View From Dan Dan
  5. Cleanup
  6. Professor
  7. Ano Ba
  8. Dejavu
  9. Into The Sea Urchin
  10. Big Sac
  11. Siren
  12. Wake Mo Wakarazu Aruku Toki
  13. Tanabata

CLEANUP

新品価格
¥2,700から
(2016/3/17 17:15時点)


文字通り、「部屋を掃除しなくては」というところで、石若駿が作った曲。

そして、私が聴きたかったのは、「中島朱葉」のJazzスタンダード曲。それは、「中島朱葉」のこれらの言葉が大好きだからです。

ブルースとバラードをちゃんとできる人になりたい。

やればやるほど昔の人の凄さがわかってくる!

普通の曲を美しく。がんばる!

ジャズ大好き!笑

ですので、Jazzスタンダードを演奏する、「中島朱葉」には、アルトサックスの「しなやかさ」と時には「力強い」演奏で、ググーッと魅かれてしまいます。

ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)|四月の思い出(I’ll Remember April)
https://www.youtube.com/watch?v=1nAoVfxEK0g (YouTube)

Night at the Village Vanguard

新品価格
¥1,098から
(2016/3/17 17:27時点)

  • Sonny Rollins (ts)
  • Wilbur Ware(b)
  • Elvin Jones(ds)

「I’ll Remember April」はGene De Paul(作曲)とPatricia Johnston(作詞)とDon Raye(歌)とで1942年に作られた曲です。
その後、Miles Davis, Charlie Parker, Eric Dolphy, Bud Powell, Sonny Rollins(今回使わせてもらいました), Sonny Clark, Lee Konitz, Cannonball Adderley, Frank Sinatra等、多くのミュージシャンが演奏したり歌ったりしています。

失恋の曲ですが、中島あきはの演奏には、何か失恋の情感が漂うのと、「その恋を忘れない」という意志のようなものを感じる演奏でした。

ベニー・グッドマン楽団(Benny Goodman And His Orchestra)|グッバイ(Goodbye)
https://www.youtube.com/watch?v=VVxaSFt7j0Y (YouTube)

the benny goodman story

新品価格
¥757から
(2016/3/17 17:28時点)


1934年、ゴードン・ジェンキンスは「ブルー・セレナーデ」(Blue Serenade)を作曲し、これを「ベニー・グッドマン楽団」が1935年から「グッバイ」(Goodbye)として演奏していたというJazzのスタンダード曲です。
この曲も多くのミュージシャンがカバーしています。

やはり、スタンダードジャズはいいですね。

関連記事