ディスコ音楽だけじゃない「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」


アース・ウィンド・アンド・ファイアーは、本ブログで出場回数が一番多い方ではと思います。

今年の2月6日、モーリス・ホワイト氏が逝去されました。
「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」は、1969年にその「モーリス・ホワイト」をリーダーとして、10人態勢の前身バンドとして「ソルティ・ペッパーズ」が編成されました。
1975年、「シャイニング・スター」がビルボード全米1位となり、その後、ディスコ音楽に象徴される1970年代から1980年代を代表するバンドとして知られるていきました。
フィリップ・ベイリーのファルセット・ボイスとモーリス・ホワイトの歌声と、ホーンセッションの組み合わせで有名なバンドでした。

たまに行く、1970~80年代の曲を多く演奏する、ライブハウス新宿KENTOSでは多くの定番曲として「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」の曲が演奏されています。

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)|セプテンバー(September)
https://www.youtube.com/watch?v=Gs069dndIYk (YouTube)

September

中古価格
¥2,083から
(2016/6/17 15:47時点)


「セプテンバー(September)」は、1978年に発売したシングル曲です。アース・ウィンド・アンド・ファイアーを代表する曲として、また最も代表的なディスコ音楽の1つとして世界的に知られている曲です。
9月に心通じた二人が、今、12月でも変わらずにいる、というラブソングです。

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)|アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン(After The Love Has Gone)
https://www.youtube.com/watch?v=CUCLNPOjPZw (YouTube)

Greatest Hits

新品価格
¥700から
(2016/6/17 15:49時点)


「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン(After The Love Has Gone)」 は1979年リリースの曲です。本当に愛し合っていた二人。でも今。その愛が去ってしまった悲恋の歌です。落ちついたバラードの中に、ファルセットの歌声とホーンの響きが、何か別れの寂しさ超越する感情を、音の広がりで感じられて、心地いい印象を持てるバラードナンバーとなっています。

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)|宇宙のファンタジー(Fantasy)
https://www.youtube.com/watch?v=O-rzL48_Y5Y (YouTube)

ベリー・ベスト・オブ・EW&F(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,000から
(2016/6/17 15:50時点)


宇宙のファンタジー(Fantasy)は1978年リリースの曲です。
この曲は、何べんとなくライブハウスで聞いた曲です。
夢に向かって進んで行こう!というメッセージ性のある曲です。
忘れられない曲となっています。

そして、こちらの「ものまね」も。

ビジーフォー |宇宙のファンタジー
https://www.youtube.com/watch?v=4JDHmMHTc1Q (YouTube)

関連記事