ショパン・コンクールと「ピアノの森」 (1)


Chopin_denkmal_wwa[1]

ワルシャワのショパン像(著作権者:Maksimさん、ライセンス:CC BY-SA 3.0、http://ja.wikipedia.org/wiki/ショパン国際ピアノコンクール)

ショパン・コンクール(正式名称:フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール)は、ポーランドの首都ワルシャワで5年に1回開催される、世界的に最も権威のあるコンクールの一つです。
ポーランドが生んだ作曲家兼ピアニストであるフレデリック・フランソワ・ショパン(Frédéric François Chopin、1810年 – 1849年 )の命日に当たる、10月17日の前後3週間に渡って開催されます。

そして今年がその年に当たり、第17回目が開催されます。今後のスケジュールは次の通りです。

  1. 一次審査 2015年10月3日(土)~7日(水)
  2. 二次審査 2015年10月9日(金)~12日(月)
  3. 三次審査 2015年10月14日(水)~16日(金)
  4. ファイナル 2015年10月18日(日)~20日(火)

※2015年10月21日(水)~10月23日(金) 受賞者コンサート

尚、その詳細や経過等については「ショパン国際ピアノコンクール公式サイト(英文)」で随時確かめてみて下さい。
また、既に455名の応募者からビデオ審査通過の160名による現地での予備審査を終えており、ポーランド15名、中国15名、日本12名、韓国9名など総計84名が一次審査に臨みます。日本人の通過者12名は全て女性となりました。
予備審査の模様はYouTubeのショパン・インスティチュート(Chopin Institute)の公式チャンネルにアップロードされていますので確かめて下さい。また、今後の審査状況も逐次アップデートされる筈です。

日本人の予備審査通過者では、14歳の時にCD「Aimi Kobayashi Debut!」でデビューし注目された小林愛実(こばやしあいみ、1995年山口県生まれ)も通過者の一人です。20歳になった彼女の予備審査の約30分間の映像で確認下さい。

Aimi Kobayashi – Chopin Piano Competition 2015 (preliminary round)
https://www.youtube.com/watch?v=R7T-a33gSq0 (YouTube)

小林愛実Debut!(DVD付)

新品価格
¥3,000から
(2015/9/29 17:34時点)


さてこちらは12歳でCD「愛の夢~牛田智大デビュー」の天才ピアニスト牛田智大(うしだともひろ、1999年10月16日福島県生まれの15歳)君ですが、今回のコンクールの対象年齢(1985年から1999年、コンクール時点に16歳~30歳)に僅かに達していなかった可能性があります。5年後の彼に期待したいと思います。

牛田智大 | リスト:愛の夢
https://www.youtube.com/watch?v=1HHwaJPVBSg (YouTube)

愛の夢~牛田智大デビュー

新品価格
¥1,836から
(2015/9/29 17:36時点)


因みに、実際のショパン・コンクールにおける最年少優勝者は、2000年の第14回大会のユンディ・リ(Yundi Li, 中: 李雲迪, 1982年10月7日中国・重慶市生まれ )です。コンクール出場時17歳(当時の年齢制限は17歳)で大会中に18歳になっています。
但し、五年毎の開催なので生まれ年による影響も大きく左右しますね。
その時の2次及びファイナルのユンディ・リがYouTubeで観ることができます。1時間以上ありますが、時間が許せばご覧になって下さい。

Yundi Li 14th Chopin International Competition
https://www.youtube.com/watch?v=Ray6knVCsp8 (YouTube)

ショパン・リサイタル ユンディ・リ/デビュー

新品価格
¥2,478から
(2015/9/29 17:36時点)

そんなショパン・コンクールを舞台として、町外れの森(ピアノの森)に捨てられてあったピアノによって育まれ、やがてピアニストとしての才能を開花させて行く青春音楽漫画があります。一色まことの原作による「ピアノの森-The perfect world of KAI-」です。

ピアノの森 コミック 1-25巻セット (モ-ニングKC)

新品価格
¥14,378から
(2015/9/29 17:39時点)

ピアノの森(26): モ-ニング

新品価格
¥607から
(2015/9/29 17:40時点)

1998年に講談社刊行のコミック誌(ヤングマガジンアッパーズ)で連載がスタートし、途中幾多の休載や廃刊を経て、その後週刊「モーニング」に移籍してからも多くの中断を乗り越え、漸く近々最終回を迎えます。
実に17年間続いた訳ですが、主人公の一ノ瀬海(イチノセ・カイ)少年は物語開始時に小学校5年生でしたが、漸く17歳まで成長しショパン・コンクールのファイナルに臨んでいます。

単行本は現在までに25巻が刊行(2014年10月)されており、最終巻の26巻が1年1ヶ月振りの11月20日刊行予定です。この漫画の愛読者としては気長に待つのがならいです。
物語がショパン・コンクールの開催されるワルシャワに舞台を移した第12巻(2006年4月21日第1刷)の101話からでも実に9年以上の歳月が経過しています。第15回のショパン・コンクール時点で構想された筈ですが、5年に1回のショパン・コンクールの17回目と共に物語の結末を迎える訳です。

改めて、この物語のエンディングと第17回ショパン・コンクールの結末を楽しみににして、その時点でまた報告したいと思います。
主人公の「ピアニスト イチノセ カイ」をシャッフルすると「世界一のピアニスト」になるとのことなので付け加えて置きます。

参考までに、この物語は主人公の小学生時代についてアニメーション映画(主人公の声:上戸彩)として2007年に公開されています。

ピアノの森 月の光
https://www.youtube.com/watch?v=xD_gPI7rYvs (YouTube)

関連記事