バークリー出身のジャズピアニスト「小曽根真」


小曽根真さんの名前を初めて聞いたのは、通っていた六本木のパブでした。そこで会った女性が小曽根さんの従兄弟でした。その時、神戸の出身だと聞きました。

Jazzピアニストの多くがオスカーピーターソンが好きだ、憧れると言う様に、小曽根さんもオスカーピーターソンが大好きだったようです。

小曽根さんはバークリー音楽大学のジャズ作曲・編曲科を首席で卒業し、今はコンサート、テレビ、ラジオで、幅広く活躍してます。

有名なアルバムは、デビュー20周年記念アルバム「トレジャー」、グラミー賞候補の「ヴァーチュオーシ」と、スタンダードJazz「リボーン」です。

またクラッシクの分野でも、ショパンの生誕200年 を記念したアルバム「ロード・トゥ・ショパン」を発表し、いろいろな交響楽団とコラボレーションをしています。

ライブでは、小曽根さんは有名な東京の「ブルーノート」に出演していますが、他にも青山のJazzライブ「Body&Soul」にも若い頃に出演していた様子です。

小曽根さんは「Body&Soul」の開店35周年のイベントにも出演していました。

トレジャー

新品価格
¥2,300から
(2012/12/9 19:02時点)

ヴァーチュオーシ

新品価格
¥2,418から
(2012/12/10 00:26時点)

リボーン

新品価格
¥2,999から
(2012/12/10 00:27時点)

ロード・トゥ・ショパン

新品価格
¥2,657から
(2012/12/10 00:27時点)

関連記事