音楽はイギリスからアメリカへ「CCR」


お買い得な「箱入り」CD(1)でご紹介しました「シカゴ(Chicago)」は、イギリスを代表するバンド「ビートルズ」から、アメリカのアーティスト達に、私の聴く音楽の方向を大きく変えたバンドでした。やはり同時期に、アメリカ音楽に傾向する原因になったのが、サザン・ロックのパイオニアとも言える「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)」です。当時はやたらと長いバンド名だなという印象でしたが、「CCR」の略称で呼ばれることが多いので、こちらのほうが馴染み深いと思います。

CCRを最初に聴いたのは大ヒット曲「雨を見たかい(Have You Ever Seen The Rain) c/w ヘイ・トゥナイト(Hey Tonight)」でした。「雨を見たかい」は、印象に残るイントロやメロディー・ラインの良さ、そしてCCRの魅力とも言える「ジョン・フォガティ(John Fogerty)」の歌声と、どれも私の好みでした。この曲のシングル盤を購入し、良く聴きました。
その後、「ダウン・オン・ザ・コーナー(Down On The Corner), c/w フォーチュネイト・サン(Fortunate Son)」、「プラウド・メアリー(Proud Mary)」などもシングル盤を購入し、良く聴きました。
当時、洋楽はラジオで聴くことが殆どでした。情報元も、ラジオとミュージック・ライフ等の雑誌に限られました。確か「プラウド・メアリー」を最初に聴いたのは「アイク&ティナ・ターナー(Ike & Tina Turner)」のカバーで、後にCCRの曲だと知りました。

私のコレクションでCCRのシングル盤を探しましたが、4枚しか残っていませんでした。
MAHALO_CCR_SR_PIC

CCRは「トム・フォガティー(Tom Fogerty)(Gt.)」、「ジョン・フォガティー(John Fogerty)(Vo. Gt.)」、「ステュ・クック(Stu Cook)(Ba.)」、「ダグ・クリフォード(Doug Clifford)(Dr.)」の4人組のグループです。

メンバー4人とも幼い頃から黒人音楽に興味を持ち、インストゥルメンタル中心(この頃のボーカルはトム)のバンド活動を開始し、60年にOrchestraレコードから「Tom Fogerty & The Blue Velvets」でレコード・デビューします。
その後、ハイ・スクールを卒業したメンバーは、大学進学や職についたりと、それぞれ進む方向は異なりますが、バンド活動は継続し、64年にファンタジー・レコードと契約します。ただ、バンド名はCCRでなくレコード会社の意向により、「Golliwogs」と言う名前でした。この頃からボーカルはトムからジョンとなり、何枚かレコードを出しますが、ヒットがないままジョンとダグは兵役となり、一時期は解散状態になります。
その後、二人の兵役終了とともに音楽活動を再開し、この時バンド名を「CCR」に変更します。そして、68年にシングル「スージー・Q(Suzie Q)」が大ヒットし、同年CCRとして初のアルバム「Suzie Q」がリリースされました。この後、次々とシングルとアルバムをリリースします。

1971年、アルバム「ペンデュラム(Pendulum)」を最後に、トムがソロ活動を理由に脱退しますが、その年に「雨を見たかい」が大ヒットとなります。
以降は3人で活動し、「スィート・ヒッチ・ハイカー(Sweet Hitch-Hiker)」がヒットします。
1972年には待望の初来日公演を行いましたが、同年にリリースしたアルバム「マルディ・グラ(Mardi Gras)」、シングル「サムディ・ネバー・カムズ(Someday Never Comes)」を最後に、CCRは解散してしまいます。

その後、各々ソロ・アーティストとして活動を開始します。
何年か前にNHKのBS放送でジョン・フォガティのソロ・ライブを見ましたが、相変わらずの歌声に、「やはりCCRはこの人あってのバンドだ」と感じました。

最後に曲のご紹介ですが、もちろん1曲目は「雨を見たかい」です。
Creedence Clearwater Revival | Have You Ever Seen The Rain
http://www.youtube.com/watch?v=dnRrNyyvV_Y   (YouTube)

2曲目は、映画「フォレスト・ガンプ(Forrest Gump)」のベトナム戦争のシーンに使われ印象に残った「フォーチュネイト・サン」です。
Creedence Clearwater Revival | Fortunate Son
http://www.youtube.com/watch?v=ec0XKhAHR5I (YouTube)

3曲目は、テレビ番組に出演の映像で「プラウド・メアリー」です。
Creedence Clearwater Revival | Proud Mary
http://www.youtube.com/watch?v=L-2Of9aznxg (YouTube)

最後に、メンバー3人となり最後のシングル曲「サムディ・ネバー・カムズ」です。
Creedence Clearwater Revival | Someday Never Comes
http://www.youtube.com/watch?v=NwNuQulK6N0 (YouTube)

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS

新品価格
¥552から
(2013/1/16 16:31時点)

Ultimate Ccr

新品価格
¥1,256から
(2013/1/16 16:30時点)

関連記事