春風に誘われて~先週は渋谷のライブハウスでオールディーズ


SPOOKY VII4月に入り桜満開の週末、たまたま、以前勤務していた会社の同僚より、渋谷のライブハウス「Lantan」(ランタン)で歌うので来ないかと誘われましたので、春風に誘われた感じで、久々の「ライブ」を聴きに行ってきました。

「ランタン」は、以前、「ナイアガラ・トライアングル」に「夢で逢えたら」で紹介しましたが、週一回のペースで行われる「ビートルズ セッションデー」に行った時、お客で「杉真理」が来ていて、飛び入りで2曲ほどビートルズナンバーを歌ってくれた事もある想い出のライブハウスです。
今回のテーマは、「Spooky VII」~OTONA POP ROCK~です。

プレーヤーは、

の7名です。

当日のセットリストは、

1ステージ目

  1. Hanky Panky
  2. Will You Love Me Tomorrow
  3. Rainy Days And Mondays
  4. Lies
  5. Have You Never Been Mellow
  6. She’s Not There
  7. Poor Side of Town
  8. Stop In The Name Of Love
  9. You Keep Me Hunging On
  10. It’s So Easy
  11. 孤独のグルメ
  12. Devil With A Blue Dress On/Good Golly Miss Moll

2ステージ目

  1. I Fought the Low
  2. Maybe
  3. Yesterday Once More
  4. You’re No Good
  5. To Sir With Love
  6. Kicks
  7. When You WalkIn The Room
  8. More Than I Can Say
  9. The End Of The World
  10. Hippy Hippy Shake
  11. Samba Pa Ti
  12. 雨に消えた初恋

アンコール

  1. Unchain My Heart
  2. Light My Fire

残念ながら、所用で、「2ステージ」は聴けませんでしたが…。

2曲の「Will You Love Me Tomorrow」は、懐かしい曲!
ジェリー・ゴフィン(Gerry Goffin)、キャロル・キング(Carole King)夫妻、作詞作曲で、シュレルズ (The Shirelles) が歌っての最初のヒット曲でした。(1960年リリース、1961年、Billboard Hot 100で1位)
「キャロル・キング」の高校時代のボーイフレンド、「ニール・セダカ」の「おお!キャロル」に対するアンサーソングです。
ダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield)、リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt)、ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)、スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)など、数多くのシンガーがカバーしています。

「シュレルズ」は、1958年にで結成され、メンバーは、シャーリー・オーエンス、ビバリー・リー、ドリス・ケナー、エディ・ミッキ・ハリスの黒人女性コーラスグループです。

シュレルズ(The Shirelles)|ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(Will You Love Me Tomorrow)
https://www.youtube.com/watch?v=3irmBv8h4Tw (YouTube)

THE BEST OF SHIRELLES

新品価格
¥1,101から
(2015/4/10 16:48時点)

Tonight you’re mine completely
You give your love so sweetly
Tonight the light of love is in your eyes
But will you love me tomorrow?

Is this a lasting treasure
Or just a moment’s pleasure
Can I believe the magic in your sighs
Will you still love me tomorrow?

Tonight with words unspoken
You said that I’m the only one
But will my heart be broken
When the night (When the night)
Meets the morning sun

I’d like to know that your love,
Is love I can be sure of,
So tell me now and I won’t ask again,
Will you still love me tomorrow?
Will you still love me tomorrow?

ちなみに、ニール・セダカの「おお!キャロル」は、

Oh Carol
I am but a fool
Darlin’ I love you
Tho’ you treat me cruel
You hurt me
And you make me cry
But if you leave me
I will surely die

Darlin’ there will never be another
‘Cause I love you so
Don’t ever leave me
Say you’ll never go

I will always want you for my sweetheart
No matter what you do
Oh oh oh Carol
I’m so in love with you

Oh Carol
I am but a fool
Darlin’ I love you
Tho’ you treat me cruel
You hurt me
And you make me cry
But if you leave me
I will surely die

Darlin’ there will never be another
‘Cause I love you so
Don’t ever leave me
Say you’ll never go

I will always want you for my sweetheart
No matter what you do
Oh oh oh Carol
I’m so in love with you

ニール・セダカが「キャロル、あなたがいなければ死んでしまうほど愛してる!」と送った歌に、「あなたの愛は今夜は真実で信じられるけど、明日もあなたの愛を信じられるのかしら?」と返す…。
二人の曲が、2曲とも大ヒット曲になるというのはすごいです。

8曲目の、「Stop! In the Name of Love」(1965年にリリース)は、スプリームスThe Supremes)のヒット曲です。

スプリームス(The Supremes)| ストップ! イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ(Stop! In the Name of Love)
https://www.youtube.com/watch?v=aT6inDHgvxM (YouTube)

ダイアナ・ロス&シュープリームス・ベスト・セレクション

新品価格
¥1,907から
(2015/4/10 16:50時点)


映画「ドリームガールズ」は、「スプリームス」がモデル。実際のスプリームスのメンバーは、フローレンス・バラード(Florence Ballard)、メアリー・ウィルソン(Mary Wilson)、ダイアナ・ロス(Diana Ross)の3人。この、シュープリームスのライト・ブラック・ミュージックは、本当にすごいハーモニーをベースに聴きごこちの良いメロディーで、音の童話の世界に誘われてしまう感じがします。ずっと、心に残ります。

2ステージ目の演奏は聴けなかったのですが、8曲目の「More Than I Can Say」は大変好きな一曲です。

レオ・セイヤー(Leo Sayer)|星影のバラード(More Than I Can Say)
https://www.youtube.com/watch?v=dGKnSdikqjw (YouTube)

The Very Best Of Leo Sayer

新品価格
¥1,164から
(2015/4/10 16:53時点)


「言葉でいうこと以上に愛してる!」
いいですね!要は、私のあなたへの愛は、言葉では言い尽くせない、ということですね。
「THE CRICKETS」、「The Shadows」が歌っていますが、「Leo Sayer」が一番聴きなれています。

ライブ演奏の中で、選んだ曲、3曲が「愛の歌」になりました。
数あるオールディ-ズ曲の中でも、この3曲は本当に好きな曲です。いろいろな方や、いろいろなところで、こういった曲が歌い継がれていくのは凄く嬉しいです。

これからも、~OTONA POP ROCK~ということで、素晴らしいオールディ-ズの曲を数多く聴かせてほしいと思います!

関連記事

春風に誘われて~先週は渋谷のライブハウスでオールディーズ」への3件のフィードバック

  1. Yama

    当日、私もご一緒しました。
    1ステージ目の1、4、7、12は、初めて聴く曲でした。
    楽しい時間を過ごすことができました。
    お誘いいただき、ありがとうございました。

    1. Mika

      Yama-san

      お越しいただきありがとうございました!
      またお時間があいましたら是非お越しくださいー。

  2. Mika

    Spooky VIIライブにお越しいただきありがとうございました!
    私以外はプロで活躍されているヒロさんをはじめ、音楽に精通している方々ばかりでいつも勉強させてもらっています。

    今後もランタンではSpooky VIIのほかにもいろいろとボーカルで参加させてもらってますのでまた是非お越しください♪

コメントは停止中です。