月別アーカイブ: 2019年5月

マイ・フェイバリット・フラワー・ミュージック2019


5月の花と言えば「カーネーション」。「カーネーション」は5月の第2日曜日の母の日に贈る花の代名詞。

また「バラ」もこの時期、全国の植物園で、咲き誇ります。

この他にも、「藤」「ハナミズキ」「ツツジ」「菖蒲」「ポピー」などもさかんで、5月は多彩な花の季節です。

風薫る五月。生花を愛でましょう。

趣味の園芸 – NHK
趣味の園芸 - NHK

5月のテーマは、「花」です。
当ブログ執筆者がお勧めする、様々な花ミュージック7曲を紹介します。

スコット・マッケンジー(Scott Mckenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=WaPy1JBlxcI (YouTube)

The Voice of Scott Mckenzie

新品価格
¥936から
(2019/5/30 10:08時点)

  • 反戦を掲げて歌われた”フラワーミュージック”。サイケな服装、長髪、若い世代が世の中に”世代の意見”を強烈に主張した時代だった様に思います。(Hiro)

市川染五郎|野バラ咲く路
https://www.youtube.com/watch?v=UUjC7pAzHuk (YouTube)

フォーク歌年鑑’67

新品価格
¥2,142から
(2019/5/30 10:09時点)

野バラ咲く路

新品価格
¥250から
(2019/5/30 10:12時点)

市川染五郎

野バラ咲く路

新品価格
¥250から
(2019/5/30 10:13時点)

松たか子

  • 現在の松本白鸚(2代目)が六代目染五郎時代の1967年に自ら作詞・作曲・歌唱してレコードを出した曲で、何故か耳に残っています。MP3で本人と娘の松たか子で聴けます。(Koji)

ザ・フォーク・クルセダーズ|戦争は知らない
https://www.youtube.com/watch?v=mG4y9pK3Lbk (YouTube)

ザ・フォーク・クルセダーズ ゴールデン☆ベスト

新品価格
¥1,476から
(2019/5/30 10:14時点)

  • 寺山修司作詞の名曲でした。(Koji)
  • 今、あらためて、この歌の重さをかみしめて聴きました。戦後70数年たって、一般的には日本の最高学府を卒業し、間違いなく国のエリート役人で、そして国の政治を司る議員という、本当にこの国の将来を託す人材が、、すごく悲しいですね。(Hiro)

エモーションズ (The Emotions)|フラワーズ(Flowers)
https://www.youtube.com/watch?v=yGUf44-6byo (YouTube)

フラワーズ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,570から
(2019/5/30 10:15時点)

  • 「ベスト・オブ・マイ・ラブ」のヒットでお馴染みの「エモーションズ」ですが、この曲も大好きです。ギター好きの私は「アル・マッケイ」のギターが印象に残っています。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|フラワーズ・フォー・レナ(Flowers For Lena)
https://www.youtube.com/watch?v=zESXiMtnw6Q (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥4,334から
(2019/5/30 10:16時点)

  • ファーストに収録のこの曲ですが、六本木ピット・インで行われたライヴでも演奏され、アルバムとしてリリースされています。やはり、土岐英史(sax)、山岸潤史(g)のプレイは最高で心地よいです。(MAHALO)
  • はじめて聴きました。いいですね、メロディーも癒やされる演奏も。サックスはやはり、土岐節ですね!(Hiro)
  • いつどこで聞いたのか思い出せないのですが、絶対聞いたことがある曲だと思います。不思議な気持ちです。(Yama)

宇多田ヒカル|花束を君に
https://www.youtube.com/watch?v=yCZFof7Y0tQ (YouTube)

  • この曲が収録のアルバムでは個人的には「道」が好きなのですが、皆さんはやはりこの曲ですね。今でも「First Love」をレコードで聴いている私です。(MAHALO)
  • 出産後の復帰作で、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌でした。(Yama)
  • 「とと姉ちゃん」の記憶が蘇ります。(Koji)

ORANGE RANGE(オレンジレンジ)|花
https://www.youtube.com/watch?v=SCOPc46Y29I (YouTube)

  • シーズンを問わず、よくラジオで聞きます。映画「いま、会いにゆきます」の主題歌でした。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

世界が尊敬する日本人に選ばれたジャズ作曲家「狭間美帆」


Newsweek(ニューズウィーク)日本版2019年4月30日号(4/23発売)に特集記事として「世界が尊敬する日本人」が掲載されていました。

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2019年 4/30・5/7合併号[世界が尊敬する日本人100<羽生結弦 渡辺直美 イチロー 梅原大吾 藤田嗣治 など>]

新品価格
¥99から
(2019/5/24 14:38時点)

文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人として、渡辺直美(お笑いタレント)/大坂なおみ(プロテニスプレーヤー)/イチロー(元メジャーリーガー)/羽生結弦(フィギュアスケート選手)/是枝裕和(映画監督)/藤田嗣治(画家・彫刻家)/本庶佑(医学者)/草間彌生(芸術家)といった有名人から貞子(怨霊)まで様々な分野の世界が驚いた日本人が紹介されています。

その中の一人としてジャズ作曲家の狭間美帆(はざまみほ、1986年生まれ)が選ばれています。彼女についてはテレビ朝日の「題名のない音楽会」等への出演で知っていたものの、演奏家というより作・編曲家としての印象があった程度でした。ただ、ジャズピアニストの山下洋輔(やました ようすけ、1942年生まれ)の一押しのジャズ作曲家の印象が残っていました。

彼女の公式サイト によると、国立音楽大学(クラシック作曲専攻)を卒業した後、ニューヨークのマンハッタン音楽院大学院(ジャズ作曲専攻)への留学を経て、2012年にユニバーサル・ミュージック・クラシックより「狭間美帆|ジャーニー・トゥ・ジャーニー」でデビューしている。自ら集めた13人のオーケストラ(m_unit)を率いたリーダー作で既に大器の片鱗を感じさせるアルバムとなっています。

狭間美帆(Miho Hazama)|Journey to Journey
https://www.youtube.com/watch?v=Aw2CMM5SND4 (YouTube)

ジャーニー・トゥ・ジャーニー

新品価格
¥2,345から
(2019/5/24 14:55時点)

そして2015年にセカンド・アルバム「タイム・リヴァー」をリリースしている。こちらも自身のオーケストラm_unitを率いてのコンテンポラリー・ジャズの王道と云えます。

狭間美帆(Miho Hazama)|タイム・リヴァーfeat.ジョシュア・レッドマン(Time River feat. Joshua Redman)
https://www.youtube.com/watch?v=GG23fEx7STc (YouTube)

タイム・リヴァー

新品価格
¥1,920から
(2019/5/24 14:56時点)

更に、3作目のオリジナル・アルバム「ダンサー・イン・ノーホエア」を2018年11月にリリースしています。

狭間美帆(Miho Hazama)|ダンサー・イン・ノーホエアfeat.ネイト・ウッド(Dancer in Nowhere feat. Nate Wood)
https://www.youtube.com/watch?v=q-z-2SXmlnE (YouTube)

ダンサー・イン・ノーホエア

新品価格
¥2,949から
(2019/5/24 14:57時点)

また楽曲提供については著名な音楽家やオーケストラ等に対して行っており、ニューヨークを拠点に幅広い音楽活動を展開しているとのことです。紹介されている主な受賞歴は次の通りです。

【主な受賞暦】
2011年 ASCAPヤングジャズコンポーザーアワード受賞
2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員
2012年 『ジャズ・ジャパン』誌年間アルバム大賞(新人賞)
2014年 第24回出光音楽賞を受賞
2015年 BMIチャーリー・パーカー・ジャズ作曲賞受賞

今では世界的な音楽家である彼女のルーツをヤマハ音楽振興会のエレクトーンコンクールのホームページに発見しました。ジュニアエレクトーンコンクール(当時)の全国大会の入賞者にその名前があります。

  • 1997年小学生高学年部門(その他の参加者):狭間美帆(小5)
  • 2000年中学生部門(銀賞):狭間美帆(中2)
  • 2004年高校生部門(銀賞):狭間美帆(高3)※曲名「音画 ~Modernism I~(自作)」

尚、こちらも現在ではジャズピアニストとして大活躍中の桑原あい(くわばらあい、1991年生まれ)を始め、長女ゆう(1984年生まれ)、次女まこ(1987年生まれ)の桑原三姉妹もこの全国大会の常連として名を連ねています。金賞及び銀賞だけでも次の通りです。

  • 2000年高校生部門(金賞):桑原ゆう(高1)
  • 2001年小学生低学年部門(金賞):桑原あい(小4)
  • 2002年小学生高学年部門(銀賞):桑原あい(小5)
  • 2003年高校生部門(銀賞):桑原まこ(高1)
  • 2003年小学生高学年部門(金賞):桑原あい(小6)

他にもこの大会の入賞者で音楽家の道へ進み活躍している名前が散見されます。エレクトーン教育が若い世代へ与えた演奏や作・編曲の分野への影響を伺い知ることができます。但し、近年は少子化や習い事の変化でこう言ったコンクールも縮小傾向にあるようです。

桑原あいの最新オリジナル・アルバム(6作目)「Ai Kuwabara the Project| To The End Of This World」は2018年8月にリリースされています。

桑原あい ザ・プロジェクト(Ai Kuwabara the Project)|To The End Of This World
https://www.youtube.com/watch?v=ahbSjKKsWvM (YouTube)

To the end of this world

新品価格
¥2,543から
(2019/5/24 14:58時点)

元の話題に戻って「世界が尊敬する日本人」に音楽ジャンルでは現在9歳になるドラマーの相馬よよかが取り上げられていました。

Led Zeppelin – Good Times Bad Times / Cover by Yoyoka , 8 year old
(8歳小2女子ドラマー”よよか”が叩いてみた)
https://www.youtube.com/watch?v=BslksgTF4X4 (YouTube)