月別アーカイブ: 2019年4月

シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち 「松木恒秀」~「松原正樹」


少し前ですが2冊の雑誌を購入しました。
1冊は「Guitar magazine 4月号」で、「シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」として以下のギタリストを特集しています。

松原正樹 / 松木恒秀 / 鈴木茂 / 村松邦男 / 山下達郎

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号 (綴じ込みスコア付) [雑誌]

中古価格
¥2,257から
(2019/4/19 10:54時点)

以前も「恋する歌謡曲。」という特集が組まれ、「歌謡スターとギタリストたちの物語」や「ギタリストが選ぶ“ギターがカッコいい”歌謡曲名選」など歌謡曲のバックでプレイするセッション・ギタリストの特集が組まれました。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 4月号 (CD付) [雑誌]

中古価格
¥2,690から
(2019/4/19 10:56時点)

何れもセッション・ギタリストにスポットを当てたものですが、このような特集はマニアックかもしれませんが評判も良く、今でも新品、中古ともプレミア価格と高価で売られています。

今号もセッション・ギタリストが好きな私には良い内容でした。

先に紹介した5人のギタリストで私が気に入っている曲を紹介します。

松木恒秀

日本の「エリック・ゲイル」などとも言われた名プレイヤーで、ジャズ・プレイヤーとしても知られていますが、私は「鈴木宏昌」率いる「コルゲン・バンド」や、「ザ・プレイヤーズ」への参加が印象に残っています。

またセッション・プレイヤーとして多くのアーティストの楽曲に参加し、アルバムとしては「山下達郎」の六本木PIT INNでのライブ・アルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」は今もよく聴く1枚です。

IT’S A POPPIN’ TIME (イッツ・ア・ポッピン・タイム)

中古価格
¥1,670から
(2019/4/19 10:57時点)

松木恒秀のセッション・プレイヤーとしてお薦めの曲がこの曲です。

大橋純子 | ペイパー・ムーン
https://www.youtube.com/watch?v=jpi2AVEY350 (YouTube)

PAPER MOON

中古価格
¥897から
(2019/4/19 10:58時点)

2012年にライブ中に倒れ活動休止するも復帰し活動しますが、惜しくも2017年6月に亡くなられました。

鈴木茂

「はっぴいえんど」、「ティン・パン・アレー」、そしてソロとしての活躍など、紹介の必要もない 名プレイヤーです。
昨年の紅白歌合戦でもユーミンのバックでプレイしていました。

ソロ活動としてはこの曲でしょう。

鈴木茂 | 砂の女
https://www.youtube.com/watch?v=RWuae3_kJkA (YouTube)

BAND WAGON [UHQCD]

中古価格
¥4,063から
(2019/4/19 10:59時点)

そしてセッション・プレイヤーとして印象に残っている曲がこちらとなります。
歌のバックでのカッティングもですが、間奏のソロなど、ギターを始めた頃の私はどうしたらあのようなフレーズが思いつくのか驚きでした。

荒井由実 | 卒業写真
https://www.youtube.com/watch?v=lJYhj9653OE (YouTube)

COBALT HOUR

中古価格
¥1,405から
(2019/4/19 11:00時点)

村松邦男・山下達郎

この2人と言えば「Sugar Babe(シュガー・ベイブ)」でしょう。
「SONGS」というアルバム1枚のみで解散してしまいましたが、このアルバムと言えばこの曲でしょう。
村松邦男のイントロからのギターは当時は驚きで、昔、忘年会で演奏したのですがコピーできず、グダグダな演奏だった記憶があります。

Sugar Babe(シュガー・ベイブ) | Downtown(ダウンタウン) | LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=bWAR2gZW1gc (YouTube)

SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-

中古価格
¥1,650から
(2019/4/19 11:02時点)

また、アルバム1曲目の「Show」ですが、後にこの曲を聴き思わずニヤッとしてしまいました。

Peter Gallway | Harmony Grits
https://www.youtube.com/watch?v=azfBMMbLK_g (YouTube)

そして「山下達郎」のギター・カッティングと言えばこの曲でしょう。
愛器であるテレキャスターでのプレイでも、「カッティングは1弦から6弦全てを使う」との事です。

山下達郎 | Sparkle
https://www.youtube.com/watch?v=gQ9pmFMc5oM (YouTube)

FOR YOU (フォー・ユー)

中古価格
¥1,498から
(2019/4/19 11:04時点)

松原正樹

そして今回特集のギタリストで私にとってはやはり「松原正樹」です。

2016年に61歳で亡くなってしまいましたが、今でも自身のアルバムやセッションで参加したアルバムを聴いています。

YouTubeに松原さんが参加した曲をライブでメドレーにして弾いています。
カッティングもですが、印象に残るソロを聴かせる内容となっています。

皆さん知っている曲ばかりではと思います。

松原正樹 | 松原正樹WORKSメドレー
https://m.youtube.com/watch?v=nY0UnQbEyV8 (YouTube)


松原正樹 35th Anniversary Live at STB139/21 NOV 2013

中古価格
¥5,943から
(2019/4/19 11:08時点)

松原正樹 35th Anniversary Live at STB139 / 21 NOV 2013 [DVD]

新品価格
¥4,932から
(2019/4/19 11:09時点)

ライブのMCではセッションで参加した曲は「2万曲まではやってないと思うが…」、「飲み屋で流れるBGMを耳にし、あれっ、このギター俺かな…?」、そしてこのメドレーについては演奏後に「この歳になって自分のフレーズをコピーするとは…」と言っています。

松原さんは何回か会いましたが、一度は仕事で銀座の音響ハウスというスタジオに行った際、仕事を終え他のスタジオを見ると「東芝EMI」と書かれており覗いてみるとユーミンのレコーディング中で、コンソール・ルームにはユーミンがおり、そしてスタジオを見ると松原さんがプレイしていました。
その時のアルバムが「昨晩お会いしましょう」でした。

最後にセッション・プレイヤーとしての松原正樹のお気に入り曲は何かと聞かれると、真っ先に思いつくのがこの曲かと思います。

松原みき | 真夜中のドア STAY WITH ME | シングル盤バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=h1L_fLJX7Gk (YouTube)

プラチナムベスト 松原みき(UHQCD)

中古価格
¥1,384から
(2019/4/19 11:10時点)

当時はレコードでしたが、シングル盤は「松原みき」がイントロから歌ったりとLPのテイクより評価が高く、今でも中古盤が高価で取引されています(紹介のベスト盤はシングル・バージョンが収録されています)。
曲中のカッティングもですが、エンディングのギター・ソロは名演かと思います。

もう1冊は次回紹介します。

ザ・ロニー・ウッド・ショー


もう、3年前になりますが、「ローリング・ストーンズ」のギタリスト「ロニー・ウッド」がホストを務めるトークショー「ザ・ロニー・ウッド・ショー」が、NHK BSプレミアムで放送されました。 そのブログを書きたいと思いながら3年たってしまいました。

第1回のゲストはポールマッカートニーでした。
チャック・ベリー、リトル・リチャードについてとか、またビートルズ結成時の話など、いろいろなエピソードが、曲を交えて話され、とても楽しく番組を観ました。

ザ・ロニ-・ウッドショー、ゲスト:ポール・マッカートニー「Twenty Flight Rock – Eddie Cochran」
https://www.youtube.com/watch?v=kxSMs16E_9M (YouTube)

ザ・ロニ-・ウッドショー、ゲスト:ポール・マッカートニー「Peggy Sue」
https://www.youtube.com/watch?v=U9kkddJw-1Y (YouTube)

ザ・ロニ-・ウッドショー、ゲスト:ポール・マッカートニー「Sneak Peek」
https://www.youtube.com/watch?v=zoAJx5fEotI (YouTube)

ザ・ロニ-・ウッドショー、ゲスト:ポール・マッカートニー「Waltz Time」
https://www.youtube.com/watch?v=2MbVJdvcW_I (YouTube)


バディ・ホリー(Buddy Holly)|ザットル・ビー・ザ・デイ(That’ll Be the Day)
https://www.youtube.com/watch?v=9nrInsANB8Q (YouTube)

ザル・ビ・ザ・デイ+リメンバー

新品価格
¥2,555から
(2019/4/10 15:43時点)

バディ・ホリーのバンド「バディ・ホリー&ザ・クリケッツ」はギター2本とベース、ドラムスのロックンロールバンド。ホリーが活躍した期間は1950年代末期の実質2年間。しかしながら、その後、ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、サーチャーズ、ホリーズ等60年代を代表するロックバンドに大な影響を与えている。

「ホリーズ」のバンド名は、ホリーにちなんでつけられた。また「ビートルズ」はクリケッツのように2つの意味を持つ昆虫を考え、「Beatles」と綴り、発音からは「昆虫」を、スペルからは「ビート」を想像させる名前を考えたとのことです。

イントロ部分の、ギターの爪弾き、
当時ビートルズメンバーは誰もマネ出来なくて、
ある日ジョージが「出来た!」
みんなで「オーどうなの、見せて見せて」と大はしゃぎした!

ポール・マッカートニー

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)|神のみぞ知る(God only knows)
https://www.youtube.com/watch?v=AOMyS78o5YI (YouTube)

BEACH BOYS & THE ROYAL

新品価格
¥768から
(2019/4/10 15:47時点)

「神のみぞ知る(God only knows)」は、1966年に、ザ・ビーチ・ボーイズが発表した曲。ザ・ビートルズの ポールマッカートニーが「今まで聴いた中で最高の曲」と褒めた曲。「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」は、この曲を聴いて書いたといわれている。

ビーチ・ボーイズとビートルズは、どちらが上を行くかいつも競ってた。
ブライアン・ウィルソンは作曲家としての才能をこの曲で証明した。
メロディもハーモニーも、歌詞も最高だ。

ポール・マッカートニー

2003年、英米合作のロマンティック・コメディ映画「ラブ・アクチュアリー(Love Actually)」に ザ・ビーチ・ボーイズの「神のみぞ知る」がつかわれている。

エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)|恋にしびれて(All Shook Up)
https://www.youtube.com/watch?v=3rQEbQJx5Bo (YouTube)

All Shook Up

新品価格
¥381から
(2019/4/10 15:51時点)

「恋にしびれて(All Shook Up)」はエルヴィス・プレスリーが1957年にリリースした曲。
NHK-FMの「キッズ・アライヴ」という番組で、大滝詠一さんがベストとして選んだエルヴィスの曲が、「恋にしびれて」でした。この曲は、1957年3月にリリースされ、「ビルボード誌」トップチャートで8週連続1位を獲得しました。

この番組では、他にも、 「Little Queenie」(チャック・ベリー) 、「Hitch Hike」(マービン・ゲイ) 等の多くのミュージシャン、曲について語っていました。楽しい番組でした。