月別アーカイブ: 2017年3月

第59回グラミー賞受賞グループのメンバー「小川慶太」


当ブログでも、先日<音楽ニュース>第59回グラミー賞の記事が紹介されていますが、全受賞作品・受賞者は次の通りです。

第59回グラミー賞、受賞作品・受賞者一覧 | NME Japan
第59回グラミー賞、受賞作品・受賞者一覧 | NME Japan
現地時間2月12日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで第59回グラミー賞授賞式が開催され、全受賞作品・受賞者が発表されている。…

そして、そのグラミー賞受賞のグループに一人の日本人ミュージシャンが参加しており、彼の地元でも話題となっています。
長崎県佐世保市出身でバークリー音楽大学卒のドラマー、パーカッショニストの小川慶太 Keita Ogawa(おがわ けいた、1982年 – )です。彼の出身地の長崎新聞にその記事が掲載されていました。

米グラミー賞に恩師ら祝う (長崎新聞:2017年2月15日)

その小川慶太の参加するバンドは「スナーキー・パピー(Snarky Puppy)」と云うグループで、今年で連続3回目のグラミー賞の受賞となります。

■最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム
-「スナーキー・パピー(Snarky Puppy)|クルチャ・ヴルチャ(Culcha Vulcha)」-

尚、スナーキー・パピーのプロフィールは次の通りです。

2004年に米・テキサス州デントンにて結成されたジャズ・ミクスチャー・バンド。グラミー・ベーシストのマイケル・リーグを中心にジャズ学において全米トップと名高い北テキサス大学出身のメンバーで構成され、30名前後が流動的にプロダクションに参加。ニューヨーク・ブルックリンを拠点に、ジャズを軸に幅広いジャンルの音楽をミックスしたスタイルが特色。「サムシング」で2014年の第56回グラミー賞ベストR&Bパフォーマンスを受賞して評価を確固たるものにすると、翌年に『シルヴァ』で二度目のグラミー・ウィナーに。2016年のアルバム『クルチャ・ヴルチャ』も2017年の第59回グラミー賞を獲得。来日公演も多い。[出典;2015/10/05 (2017/02/17更新) (音楽出版社)]

Snarky Puppy |  Culcha Vulcha (Official Trailer)
https://www.youtube.com/watch?v=OnNqHTVFk8c (YouTube)

クルチャ・ヴルチャ

新品価格
¥2,474から
(2017/3/24 19:34時点)

彼らの日本公演についてはブルーノート東京icon(東京都港区)で近々予定されており、小川慶太も来日予定のようです。

スナーキー・パピー、グラミー賞獲得! 来日メンバーの小川慶太にインタビュー | News & Features | BLUE NOTE TOKYO
スナーキー・パピー、グラミー賞獲得! 来日メンバーの小川慶太にインタビュー | News & Features | BLUE NOTE TOKYO

SNARKY PUPPY : BLUE NOTE TOKYO 2017 trailer
https://www.youtube.com/watch?v=yTZUnJ60-yk (YouTube)

チケットぴあ一般発売/スナーキー・パピー | 2017/4/16(日) ~ 2017/4/18(火) | ブルーノート東京(東京都港区)icon

 

グラミー賞のニュースに伴って注目された小川慶太(公式ページ)ですが、既に世界的チェリストのヨーヨー・マ(馬 友友、Yo-Yo Ma、1955年 – )を始めとする有名ミュージシャンのツアーやアルバムへの参加実績が、内外問わず数多くあります。
国内では彼の参加するこんなグループの演奏する曲を耳にしていると思います。
個人的には昨年の「舛添問題」以降、視る機会の増えたTV朝日のニュース番組「報道ステーション(月~金夜9:54~)」のテーマ曲です。

【公式】報道ステーション・テーマ曲 「Starting Five」by J Squad
https://www.youtube.com/watch?v=lTuv0yr19v0 (YouTube)

このテーマ曲を演奏する「ジェイ・スクワッド(J Squad)」のメンバーは、何れもニューヨークを中心に活躍する若手ミュージシャン達です。以前の記事(東京Jazz2015のレジェンドと若き俊英たち)でも紹介した「ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット(New Century Jazz Quintet)」メンバーも含まれています。

  • 黒田卓也(Takuya Kuroda)/Trumpet:1980年兵庫県芦屋市生まれ、ニュースクール大学 (The New School)ジャズ科卒業。
  • 馬場智章(Tomoaki Baba)/Sax: 1992年札幌市生まれ、バークリー音楽大学(Berklee College of Music)卒業。
  • 小川慶太(Keita Ogaw)/Drums:1982年長崎県佐世保市生まれ、バークリー音楽大学卒業。
  • 中村恭士(Yasushi Nakamura)/Bass:1982年東京生まれ、米国シアトル育ち。バークリー音楽大学卒業後、ジュリアード音楽院(The Juilliard School)卒業(Artist Diploma)。
  • 大林武司(Takeshi Ohbayashi)/Piano: 1987年広島市生まれ、バークリー音楽大学卒業。

【公式】報道ステーション 新番組テーマ曲 「Starting Five」 レコーディング映像@NY
https://www.youtube.com/watch?v=WTHxbjZlk78 (YouTube)

J-Squad

新品価格
¥3,240から
(2017/3/24 19:35時点)

その他にも三十数年の時をかける少女「原田知世」の記事で紹介した原田知世のアルバムにパーカッションで参加しており、ツアーメンバーとして同行していたようです。

原田知世 | アルバム 『恋愛小説2~若葉のころ』ダイジェスト・ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=cXrDABayeMo (YouTube)

恋愛小説2~若葉のころ

新品価格
¥2,670から
(2017/3/24 19:40時点)

そんな様々なミュージシャンから引っ張りだこの小川慶太ですが、バークリー時代の友人のアルバムにも数多く参加しています。中でも、当ブログにも度々登場しているmonologことYuki Kanesaka(金坂征広)のプロデュース作品である「Four Leaf Sound | 27 (2007)」、「Saucy Lasy|Diversify(2011)」、「粟田麻利子|MARGUERITE(2012)」といったアルバムにもドラムやパーカッションでクレジットされています。

27

新品価格
¥2,951から
(2017/3/24 19:37時点)

Diversify

新品価格
¥1,151から
(2017/3/24 19:38時点)

粟田麻利子デビューアルバム “マルグリット”
https://www.youtube.com/watch?v=1y-x0Dbagsc (YouTube)

MARGUERITE

新品価格
¥2,316から
(2017/3/24 19:39時点)

マイ・フェイバリット・スプリング・ミュージック


3月21日(火)、気象庁の東京管区気象台が「桜・ソメイヨシノの開花」を発表しました。平年より5日早く、昨年と同じ開花日です。
東京都心の開花が全国トップは9年ぶりです。春の訪れを肌でも感じます。

東京都心で桜開花 全国トップ9年ぶり(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
東京都心で桜開花 全国トップ9年ぶり(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

さて、3月のテーマは、2年ぶり3回目の「春」「スプリング」です。
当ブログ執筆者がお勧めするマジック・ミュージック7曲を紹介します。

吉田拓郎|春だったね
https://www.youtube.com/watch?v=VZVNDKnFh3A (YouTube)

ベスト

新品価格
¥3,375から
(2017/3/23 09:00時点)

Forever Young 吉田拓郎・かぐや姫 Concert in つま恋2006 [Blu-ray]

新品価格
¥11,276から
(2017/3/23 09:01時点)

  • 春を想うと、やっぱり、自分の人生の10代後半~20代全般が浮かんできてそれと同時に、拓郎の「春だったね」を口すさんでしまいます。(Hiro)
  • 2006年の9月23日、つま恋。35,000人の“大人(?)”を前にしての拓郎。高画質・高音質のブルーレイ盤で。中島みゆきとの「永遠の嘘をついてくれ」は鉄板。(Koji)

オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-John)|そよ風の誘惑(Have You Never Been Mellow)
https://www.youtube.com/watch?v=DRc6uIUzXSQ (YouTube)

そよ風の誘惑

新品価格
¥1,341から
(2017/3/23 09:02時点)

  • 歌詞そのものは、春の歌ではないのですが、曲調、メロディ、歌声、全てが春のわくわくする気持ち、春風に誘われるような、淡い恋心をいだく春の時期そのものです。(Hiro)オリビアを聴くのは春が似合いますね。(Koji)

カーペンターズ (Carpenters)|青春の輝き(I Need To Be In Love)
https://www.youtube.com/watch?v=EmFiOb0To7w (YouTube)

青春の輝き~ベスト・オブ・カーペンターズ<10周年記念エディション>

新品価格
¥2,584から
(2017/3/23 09:03時点)

  • この曲を含めてカレン・カーペンターの歌声は、何故か春を感じさせます。(Koji)
  • 「カーペンターズ」と「オリビア・ニュートン=ジョン」は、70年代洋楽女性ボーカルの二大巨頭です。(Yama)

シャドウズ (The Shadows)|春がいっぱい(Spring Is Nearly Here)
https://www.youtube.com/watch?v=EU1p7orqOaM (YouTube)

2 CLASSIC ALBUMS PLUS

新品価格
¥788から
(2017/3/23 09:03時点)

  • 春の花々のBGMには、やはりこの曲です。(Koji)
  • 私もこれを選ぼうとしたのですが、、で、やっぱり、春は、春がいっぱいがいいですね!(Hiro)

菊池ひみこ|Stormy Spring
https://www.youtube.com/watch?v=GANGZ1Fw8TA (YouTube)

Don’t Be Stupid

新品価格
¥3,480から
(2017/3/23 09:04時点)

  • 「菊池ひみこ」を初めて聴いたのは「山根麻衣」と同じくテイチクの音楽番組でした。メロディー・ラインが心地よく、当時はTV番組のテーマとしても使われ、聴かれた方も多いのではと思います。因みにサックスは「アーニー・ワッツ」です。(MAHALO)

南沙織|春の予感~I’ve Been Mellow
https://www.youtube.com/watch?v=8Rtr52630t4 (YouTube)

GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクション

新品価格
¥2,700から
(2017/3/23 09:05時点)

  • 先日シングル盤を整理していたら出てきた1枚で、今回のテーマでは「スプリングサンバ」というのもあったのですが、やはりこの曲ですね。作詞、作曲は「尾崎亜美」ですが、南沙織の歌声にピッタリの曲です。(MAHALO)
  • 懐かしいです! 南沙織いいですね!尾崎亜美の曲も好きです。(Hiro)

松田聖子|制服
https://www.youtube.com/watch?v=hxjyXFzGyaI (YouTube)

SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~

新品価格
¥2,802から
(2017/3/23 09:05時点)

  • 1982年「赤いスイートピー」のカップリング曲です。作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)、編曲:松任谷正隆の布陣の隠れた名作です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

<おくやみ>元ザ・スパイダース、ムッシュかまやつ死去「我が良き友よ」


元ザ・スパイダースのギタリストで音楽業界の大御所のムッシュかまやつ(かまやつひろし)さんが、2017年3月1日、都内の病院で亡くなりました。78歳でした。

ムッシュかまやつさん死去、78歳 「我が良き友よ」が大ヒット、ザ・スパイダース元メンバー
ムッシュかまやつさん死去、78歳 「我が良き友よ」が大ヒット、ザ・スパイダース元メンバー

1960年代に「ザ・スパイダース」に加入し、ギターとボーカルを担当。作曲した「バン・バン・バン」「あの時君は若かった」がヒットし、グループサウンズの先駆けとして活躍しました。
ザ・スパイダースの解散後のソロ活動では、「我が良き友よ」が大ヒットしました。
ソロでの音楽活動だけでく、最近は60歳差のバンド「LIFE IS GROOVE」でも活動し、ライブに出演していましたが、昨年9月に肝臓がんを患っていることを公表していました。

当ブログ筆者MAHALOからコメントです。

ムッシュというと「わが良き友よ」の印象が強いかもしれませんが、私はトリオ・レ
コード在籍時の4枚のアルバム「ファースト・ライブ」「ウォーク・アゲイン」「スタジオ・ムッシュ」「パイナップルの彼方へ」が大好きです。
リリース当時はフュージョン、AORの全盛期でもあり、センスの良い曲ばかりです。

一番のお気に入りは3枚目の「スタジオ・ムッシュ」ですが、1枚目のライブ盤もお勧
めです。
バックを務める「フラット・アウト」の演奏もカッコ良いです。

かまやつひろし|あの時君は若かった(原宿クロコダイル ライブ)
https://www.youtube.com/watch?v=0t4ni3tkJU0 (YouTube)

かまやつひろし|ゴロワーズを吸ったことがあるかい(原宿クロコダイル ライ
ブ)
https://www.youtube.com/watch?v=WOm2WYBGcJA (YouTube)

哀悼の意を表します。

(編集長)

ムッシュ・ファースト・ライヴ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,979から
(2017/3/15 14:53時点)

ウォーク・アゲイン

新品価格
¥1,978から
(2017/3/15 14:55時点)

スタジオ・ムッシュ

新品価格
¥1,978から
(2017/3/15 14:59時点)

パイナップルの彼方へ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,142から
(2017/3/15 15:02時点)

<音楽ニュース>第89回アカデミー賞、歌曲賞と作曲賞は「ラ・ラ・ランド」が独占


アメリカ映画界最大の祭典、第89回アカデミー賞(Academy Awards)が2月26日に発表されました。
今年は、作品賞の発表が間違われる珍事がありました。

珍事!まさかの封筒渡し間違え!作品賞は『ラ・ラ・ランド』じゃなくて『ムーンライト』だった【第89回アカデミー賞】
珍事!まさかの封筒渡し間違え!作品賞は『ラ・ラ・ランド』じゃなくて『ムーンライト』だった【第89回アカデミー賞】
現地時間26日、第89回アカデミー賞授賞式のラストで作品賞受賞作として『ラ・ラ・ランド』のタイトルが読み上げられたが、本当の受賞作は『ムーンライト』だったという珍事が起きて会場は騒然となった。

その作品賞は、ブラッド・ピットが製作陣に名を連ねたナオミ・ハリス監督の「ムーンライト」が受賞しました。

アカデミー賞候補作!『ムーンライト』本国予告編
https://www.youtube.com/watch?v=c-vD-mO9Th0 (YouTube)

ムーンライト

新品価格
¥2,570から
(2017/3/9 08:40時点)

キネマ旬報 2017年3月下旬 映画業界決算特別号

新品価格
¥1,296から
(2017/3/9 08:40時点)

間違われた「ラ・ラ・ランド」は、歴代最多タイとなる14ノミネートを得て、歌曲賞と作曲賞を含む、デイミアン・チャゼルの監督賞、エマ・ストーンの主演女優賞、そして撮影賞、美術賞の最多6部門を受賞しました。

歌曲賞(Academy Award for Best Original Song)|シティ・オブ・スターズ(City of Stars)|ラ・ラ・ランド(La La Land)

ラ・ラ・ランド・オフィシャル・クリップ(La La Land (2016 Movie) Official Clip||シティ・オブ・スターズ(City Of Stars)
https://www.youtube.com/watch?v=cZAw8qxn0ZE (YouTube)

作曲賞(Academy Award for Original Music Score)|ジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwit)|ラ・ラ・ランド(La La Land)

映画「ラ・ラ・ランド」オリジナルmusicPV
https://www.youtube.com/watch?v=uQ7aNUxvDv8 (YouTube)

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2017/3/9 08:37時点)

キネマ旬報 2017年3月上旬号 No.1740

新品価格
¥918から
(2017/3/9 08:38時点)

(編集長)

アカデミー賞 ベスト100選 DVD50枚組セット 1

新品価格
¥7,809から
(2017/3/9 08:35時点)

アカデミー賞 ベスト100選 DVD50枚組セット 2

新品価格
¥7,809から
(2017/3/9 08:36時点)