月別アーカイブ: 2016年4月

BGM考「路線バスで寄り道の旅」


いろいろ音楽関係の情報をメールで定期的に送ってくれる方がいます。
その方から、先日「BGM」についての話についてのメールがきました。

「テレビのドキュメンタリー番組、旅行番組などで流れるBGM。BGMで番組の製作スタッフのセンスを垣間見るのが割と好きです。」というメールでした。

本当ですね。

「紹介される場面や会話に引っ掛けた駄洒落っぽいものや場面転換のアクセントとして使われたり、普段余り聴かれることの無い、昔好きだった曲が聞こえて来ると思わずオーっと喜んでしまいます。」

はい、全くその通りでした。
そして、私は残念ながらあまり観たことはなかったのですが、

「日曜の午後の人気番組「路線バスで寄り道の旅」。徳光和夫アナウンサーと田中律子さんが、毎回ゲストを迎えて取りあえずの目的地を決めてアバウトに路線バスを乗り継いで、気ままに寄り道をする非常にゆる~い番組」について書いてありました。

先の放送で、国分寺を出発して小平~吉祥寺~仙川~成城学園~二子玉川、という西東京を巡るバス乗り継ぎ。バックに流れたのは吉田拓郎の「ともだち」、長渕剛の「巡恋歌」、そしてシモンズの「恋人もいないのに」の3曲だったとの事でした。

「路線バスで寄り道の旅」2016年2月7日放送分
http://www.tv-asahi.co.jp/rosenbus/backnumber/160207/ (テレビ朝日)

吉田拓郎|ともだち
https://www.youtube.com/watch?v=RbJMb83uVHU (YouTube)

よしだたくろう・オン・ステージ!! ともだち

新品価格
¥1,262から
(2016/4/29 21:46時点)


この曲は1971年に発表されました。友人との訣別をテーマにした歌です。カントリーっぽい曲調ですが、歌詞は若い時の友達関係が本当によく言い表らされていると思います。
お互い将来への夢を持ってる友達、そして、その道が違って、別々な道を歩むことになった、友達、、その別れのほろ苦さを、「ばかやろ~って言ってほしかった」、言い忘れたんでしょ、、って。何か青春そのものです。

「旅」とは、こう言った何か「ほろ苦さ」をかかえているものなのかも知れません。

長淵剛|巡恋歌
https://www.youtube.com/watch?v=T-tjkorn6Jw (YouTube)

長渕 剛 1978年~1981年

新品価格
¥2,413から
(2016/4/29 21:51時点)


長渕剛の「巡恋歌」は1978年10月5日に発売され、長渕剛が不遇の時代に書き綴った歌詞とのことです。メジャーデビューの切っ掛けとなった曲とのことです。

シモンズ|恋人もいないのに
https://www.youtube.com/watch?v=pPGvI6unbSI (YouTube)

恋人もいないのに

新品価格
¥1,680から
(2016/4/29 21:52時点)


シモンズの名前は二人がファンであった「サイモン&ガーファンクル」のサイモン(Simon)をローマ字読みしたものとの事です。

ハーモニーが綺麗な「恋人もいないのに」はシモンズのデビュー曲です。「五つの赤い風船」の西岡たかしが作曲しました。本当は彼女たちのデビュー曲として書かれたのはザ・フォーク・クルセダーズの北山修と加藤和彦が書いた「あの素晴しい愛をもう一度」だったそうですが。1971年第13回レコード大賞の新人賞受賞曲でした。

この路線バスの旅のどこで、どの曲が流れたのかわかりませんが、私がもし観ていたら、「国分寺」、「吉祥寺」、「二子玉川」と懐かしいところと懐かしい曲とで、青春時代へプレイバックできたかもしれません。

<おくやみ>米ロックミュージシャンのプリンスさんが死去「レッツ・ゴー・クレイジー」「パープル・レイン」


ロックミュージシャンのプリンスさんが、2016年4月21日、米ミネソタ州チャナッセンの自宅兼スタジオで亡くなりました。57歳でした。

プリンス急死、スタジオで倒れたまま還らず 57歳(CNN.co.jp)

「パープル・レイン」「ビートに抱かれて」など数々のヒット曲を生み出した米ミュージシャン、プリンスことプリンス・ロジャーズ・ネルソンさんが21日、米ミネソタ州の自宅兼スタジオで急死した。57歳だった。
ミネソタ州カーバー郡の保安官によると、プリンスさんは同日午前、チャナッセンにあるペイズリーパーク…

1978年にデビューし、1982年のアルバム「1999」が大ヒットし、マイケル・ジャクソンと同じ時代に大スターになりました。

1984年、プリンス自身が主演した伝記的映画「パープル・レイン」とそのサウンドトラックが大ヒットし、アカデミー賞の「歌曲・編曲賞」と、グラミー賞の「最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞」を受賞しました。

Purple Rain (1984 Film)

新品価格
¥786から
(2016/4/28 14:46時点)

プリンス/パープル・レイン [DVD]

新品価格
¥1,021から
(2016/4/28 14:45時点)

その後、映画「バットマン」のサウンドトラックを担当し、「マドンナ」との恋愛が噂されました。

全盛期後は、一時期改名をしましたが、2001年からは再び「プリンス」に名前を戻して活動を続け、リズム・アンド・ブルース部門で再びグラミー賞を3度受賞しました。

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

グラミー賞受賞歴
作品 受賞部門*
第27回グラミー賞(1985年) パープル・レイン(Purple Rain) 最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞 映画、テレビ、その他映像部門
最優秀ロック・パフォーマンス賞 ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門
チャカ・カーン(Chaka Khan)|フィール・フォー・ユー(I Feel for You) 最優秀女性リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞
第28回グラミー賞(1986年) キス(Kiss) 最優秀ロック・パフォーマンス賞 ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門
第47回グラミー賞(2005年) ミュージコロジー(Musicology) 最優秀トラディショナル・リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞
コール・マイ・ネイム(Call My Name) 最優秀男性リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞
第50回グラミー賞(2007年) フューチャー・ベイビー・ママ(Future Baby Mama) 最優秀男性リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞

注* 部門名はWikiPediaの表記に準じました。

The Very Best of Prince

新品価格
¥1,263から
(2016/4/28 14:47時点)

Ultimate

新品価格
¥1,350から
(2016/4/28 14:50時点)

【追悼】プリンス

マイ・フェイバリット・アーリー・サマー・ミュージック


平成28年熊本地震にて被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。被災地の一日も早い復興をお祈り申しあげます。


初夏の花「ハナミヅキ」

初夏の花「ハナミヅキ」

4月18日(月)、東京都心では今年初めて最高気温が25度以上になる「夏日」になりました。
この日、関東各地の最高気温は、東京26度8分、横浜24度5分、千葉24度8分、熊谷24度7分、河口湖25度0分でした。

二十四節気の「立夏」(りっか)を迎える前の晩春に、早くも初夏の陽気になりました。

さて、4月のお気に入り曲のテーマは、季節を先取りして「初夏」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「初夏」に纏わる8曲を紹介します。


ZARD|揺れる想い
https://www.youtube.com/watch?v=vmwoUUhn9I8 (YouTube)

揺れる想い

新品価格
¥1,799から
(2016/4/21 03:24時点)

  • 初夏の歌といえば、この曲です。 初夏の爽やかさと、青春の純な気もちが心の奥まで響いてきます。(Hiro)
  • カノン進行の典型的な曲ですね。見事にこの季節の切ない気持ちを表現しています。(Koji)

松田聖子|夏の扉
https://www.youtube.com/watch?v=kRB9_9zNxxI (YouTube)

松田聖子 ヒットコレクション 1 DQCL-5101

新品価格
¥1,290から
(2016/4/21 03:25時点)

  • 歌の題名がまさに「夏の扉」、初夏そのものです。初々しい松田聖子、歌とぴったり合ってます。(Hiro)
  • ロバート・A. ハインラインの著書に「夏への扉」というSF小説があり、この曲とセットでこの小説を毎年、読み返しています。(Yama)

森田童子|雨のクロール
https://www.youtube.com/watch?v=_QQ-tmTWCrc (YouTube)

ぼくたちの失敗~森田童子ベストコレクション~(CCCD)

新品価格
¥14,900から
(2016/4/21 03:26時点)

  • その活動期間(1975年から1983年)には森田童子の映像を見る機会はありませんでした。ドラマ「高校教師」で彼女の曲が使われ注目されましたが、決して再び表舞台には登場しませんでした。「ボク」という一人称で暗い曲を歌う、カーリーヘアにサングラスの当時の彼女の姿をYouTubeで見ることができます。(Koji)

ビージーズ(The Bee Gees)|若葉のころ(First of May)
https://www.youtube.com/watch?v=TvoJCdH1jlI (YouTube)

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,058から
(2016/4/21 03:27時点)

小さな恋のメロディ [Blu-ray]

新品価格
¥3,872から
(2016/4/21 03:28時点)

  • 映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌としても有名ですね。イギリスの「May」は花咲き、青葉の美しい月を意味しており、若い時代を5月に喩え、「First Love」初恋という言葉への連想があるようです。(Koji)
  • 懐かしい曲です。「First Of May」を「若葉の季節」と付けたのも、センスが光りますね(Hiro)
  • 映画「小さな恋のメロディ」の切なさが大好きです。(Yama)

渡辺貞夫(Sadao Watanabe)|カリフォルニア・シャワー(California Shower)
https://www.youtube.com/watch?v=HVfa-OdkhC8&nohtml5=False (YouTube)

カリフォルニア・シャワー

新品価格
¥1,631から
(2016/4/21 03:32時点)

  • ナベサダの永遠のベストセラーですね。カリフォルニアの初夏の香り漂う名曲だと思います。(Koji)
  • 当時、FMラジオでエアチェックして、カセットテープが擦り切れる程、繰り返して聞いていました。(Yama)

ケヴィン・レトー(Kevyn Lettau)|アナザー・シーズン(Another Season)
https://www.youtube.com/watch?v=_LejtbEAdYI (YouTube)

アナザー・シーズン

新品価格
¥3,200から
(2016/4/21 03:32時点)

  • セルジオ・メンデスのバンドに在籍していた事で知られるケヴィン・レトーのヒット曲です。ラテン・タッチのメロディーにアレンジ、そして爽やかな歌声は夏を迎えるこの時期にピッタリかと思います。(MAHALO)

大滝詠一|君は天然色
https://www.youtube.com/watch?v=dH9yLGoIxBw (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,209から
(2016/4/21 03:33時点)

  • 毎年5月が近づくと聞きたくなるのが大滝詠一のアルバム「A LONG VACATION」。代表曲はやはり「君は天然色」です。戸田恵梨香主演「サントリー金麦<糖質オフ>」のCM曲に使用されるので、毎年、この時期から毎日テレビでヘビーローティションします。(Yama)

UB40|好きにならずにいられない(Falling in Love With You)
https://www.youtube.com/watch?v=Ajp0Uaw4rqo (YouTube)

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・UB40 1980-2000

新品価格
¥1,500から
(2016/4/21 03:34時点)

  • 夏は「レゲエ」。イギリスのレゲエ・バンド「UB40」は名曲カバーの宝庫です。「レッド・レッド・ワイン」「見つめていたい」が有名ですが、この「好きにならずにいられない」でも一世を風靡しました。(Yama)
  • あまり「レゲエ」は聴きませんが、レゲエのリズムでスタンダードを聴くと確かに初夏の感じですね(Hiro)
  • プレスリーの名曲も「レゲエ」で聴くといかにも夏ですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

新世代オルタナティヴ「The 1975」「Swim Deep」


最近、たまたまですが、「オルタナティヴ・ロック」という言葉を知りました。ある友人から、「The 1975」(ザ・ナインティーン・セヴンティファイヴ)と「Swim Deep」(スウィム・ディープ)というバンドを紹介され聴いてみましたら、中々良い感じで、興味を持ちました。

オルタナティヴ・ロック(Alternative Rock)は、ロックの一ジャンルである。日本ではオルタナティヴ、オルタナと略称されることが多い。
オルタナティヴ(Alternative)とは、「もうひとつの選択、代わりとなる、異質な、型にはまらない」という意味の英語の形容詞。現在の商業的な音楽や流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的なものを追い求める精神や、前衛的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽シーンのことである。
ジャンル全体の傾向としては、1980年代の米メジャーシーンの音楽への反発からくる1970年代以前のロックへの参照・回帰・昇華(音楽的のみならず、思想的にも)を志向しており、直接的には1980年代のインディー・ロックの流れを汲む。

ウィキペディア日本語版

私には、全くなじみがありませんでした。
しかしながら、この「The 1975」の「Girls」を聴いた時、「良い曲だな」と感じ、覚えやすい曲として心地よく聴けました。

The 1975」は、イギリスのマンチェスター出身のオルタナティヴ・ロックバンドです。
デビューアルバム、2013年発売「The 1975」はUKチャートで初登場1位を記録しています。

The 1975|Girls(ガールズ)
https://www.youtube.com/watch?v=QkubQCI4Fxo (YouTube)

The 1975(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥1,992から
(2016/4/15 10:33時点)


「Girls」は、メロディができた時、歌詞とボーカルは無かったとの事です。何かインスピレーションとかインスパイアされて曲ができた訳ではなく、書いては直し、直しては書くという繰り返しの中で完成させた曲との事です。

歌詞は、「子猫のように自由気ままに生きる女の子を、なかなかうまく扱えません。何度も注意しますが・・・その度に彼女にするりとかわされ、まあいいいか」と…。

The 1975|チョコレート(chocolate)
https://www.youtube.com/watch?v=FfBKqaVk2Co (YouTube)

The 1975|セトル・ダウン(settle down)
https://www.youtube.com/watch?v=BsYE078RQCI (YouTube)

なども面白いです。

そして、2月26日に、「I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful Yet So Unaware of It」(君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。)という長いタイトルのアルバムをリリースしています。

君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。

新品価格
¥2,150から
(2016/4/15 10:34時点)


この「The 1975」のサポートアクトとして、2014年2月に来日したバンドが「Swim Deep」。イギリス・バーミンガム出身。2014年1月にリリースされたデビューアルバム「Where the Heaven Are We」(ホウェア・ザ・ヘヴン・アー・ウィー)です。

Swim Deep|ハニー(Honey)
https://www.youtube.com/watch?v=P49qiSnA_nw (YouTube)

Swim Deep|ザ・シー(The Sea)
https://www.youtube.com/watch?v=sG38MzBZGeo (YouTube)

ホウェア・ザ・ヘヴン・アー・ウィー

新品価格
¥1,069から
(2016/4/15 10:35時点)


ともに、ふわふわ感の漂う感じの曲で、色で言うならば、パステル・カラー。何か、80年代のサイケなポップを思い浮かべてしまいます。懐かしいさを感じ、安らぎを感じる不思議な曲です。

キース・エマーソンを偲んで「ナット・ロッカー」「タルカス」


キース・エマーソン Mari Kawaguchi - 投稿者自身による作品

キース・エマーソン Mari Kawaguchi – 投稿者自身による作品

この4月14日~19日に予定されていた、イギリス出身のシンセサイザー奏者 キース・エマーソンKeith Emerson、1944年 – 2016年)による日本公演(ビルボードライブ大阪iconビルボードライブ東京icon)は、彼の突然の死によって中止となりました。

エマーソン、レイク&パーマーのキース・エマーソンが死去 (amass.jp)

日本公演について語る生前のキース・エマーソンの映像が残っています。
彼の代名詞と云える特大のモジュラーシステムの持ち込みも予定されていたようですが、幻となってしまいました。

Keith Emerson Band Message for Billboard Live Tour 2016
https://www.youtube.com/watch?v=kcbf8qkAIfY (YouTube)

尚、彼の晩年は日本人のパートナー(Mari Kawaguchi)と共にカリフォルニア州ロサンゼルス郡サンタモニカに居住していましたが、遺体の発見者でもある彼女がその死の真相について語っています。

キース・エマーソン、自殺の理由について恋人が語る (NME Japan)

キース・エマーソンと云えばやはり、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer、ELP)としての活動であり、中でも最初に耳にした1971年リリースのライブ盤アルバム「展覧会の絵PICTURES AT AN EXHIBITION)」に収録のナット・ロッカーNut Rocker、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」の一曲)が蘇ります。

エマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake & Palmer) | ナット・ロッカー(Nut Rocker)
https://www.youtube.com/watch?v=CiRBQ_hSNt0 (YouTube)

Pictures At An Exhibition

新品価格
¥1,244から
(2016/4/7 15:01時点)


クラシック音楽に傾倒した音楽性やその演奏スタイルは特に惹きつけられる要素でした。
1971年のアルバム「タルカス」(Tarkus)を演奏する彼らのライブ映像があります。特にキーボード群に囲まれたキース・エマーソンに注目して下さい。

エマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake & Palmer) | タルカス(Tarkus)
https://www.youtube.com/watch?v=7CDuLFHLgj0 (YouTube)

Tarkus

新品価格
¥1,125から
(2016/4/7 15:06時点)


突然の死の影響なのか、これらの代表的なアルバムは一時的に欠品となっているようです。

プラチナム・ベスト エマーソン、レイク&パーマー

新品価格
¥2,007から
(2016/4/7 15:04時点)


キース・エマーソンは晩年のパートナーの影響もあるのでしょうが、かなりの親日家でもあったようです。
2011年3月11日の東日本大震災に遭遇した日本に向けて、その励ましに少しでもなればと次の曲を作曲し、同日に録音したこの­ビデオは無料で提供されました。

キース・エマーソン(KEITH EMERSON)|日出ずる国へ(The Land Of Rising Sun)
https://www.youtube.com/watch?v=ABOdm2-rLlw (YouTube)

そして彼が自らの命を絶ったのはそれから5年後の3月11日のことでした。

改めて謹んで、哀悼の意を表します。

映画「卒業」と「サイモン&ガーファンクル」


先日、テレビで放映された「時計じかけのオレンジ」「太陽がいっぱい」等1970年前後の映画をみて、急に映画「卒業」を観たくなりました。「卒業」は今でもはっきりとストリーが思い出せるほど強い印象を持った映画で、何か「青春との決別」という言葉がぴったりくる映画でした。若さの象徴の「ナイーブさ」と大人の持つ「形式とエゴ」。何かひな鳥の巣立ちにも似た感じです。

そして、映画のストーリー、俳優たちの演技はもちろん素晴らしいのですが、この映画の音楽も強烈でした。
本ブログ卒業の季節にで「サウンド・オブ・サイレンス」(The Sound of Silence)を紹介していますが、「サイモン&ガーファンクル」(Simon & Garfunkel)のこの映画で使われた曲は映像とともに忘れられません。

ポール・サイモンとアート・ガーファンクルの二人は、1964年にグループディオ名「サイモン&ガーファンクル」でデビューしました。ですので、「サウンド・オブ・サイレンス」は映画卒業の主題歌以前に知っていました。
「サウンド・オブ・サイレンス」は1965年に発売され、ビルボード(Billboard)誌で1966年1月ランキング第1位を獲得しました。

サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)|サウンド・オブ・サイレンス(The Sound of Silence)
https://www.youtube.com/watch?v=4zLfCnGVeL4 (YouTube)

サウンド・オブ・サイレンス

新品価格
¥1,638から
(2016/4/1 16:49時点)


この曲の歌詞は、全く哲学的で理解はできませんでした。ただ、歌の英語の単語そのものはは解りやすく、意味はわからないけれど良くカラオケでは歌っています。
1965年ごろは、「ボブ・ディラン」の「ライク・ア・ローリング・ストーン」や、「バーズ」の「ミスター・タンブリン・マン」がヒットしていました。「フォーク・ロック」が、はやっていた時代でした。「サウンド・オブ・サイレンス」もまさにフォーク・ロックの代表曲だと思います。

「ミセス・ロビンソン」は、映画の主人公ベンが恋人エレンが結婚することを知り、結婚式の行われる教会に向かって車を走らせるシーンにも使われていたと思います。
初めは軽快なリズムで演奏されていたものが、車がガス欠か何かでエンストするのに合わせて、スローダウンして止まってしまう、というように、シーンに併せて演奏されていました。

サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)|ミセス・ロビンソン(Mrs. Robinso)
https://www.youtube.com/watch?v=Pl30j68Ffo8 (YouTube)

サイモン&ガーファンクルのすべて

新品価格
¥1,555から
(2016/4/1 16:50時点)


アン・バンクロフトが演じたロビンソン夫人は、まさに青年の純な「青春」を卒業させた元凶で、演技はまさに強烈でした。ベンを誘惑しているときはとてもなまめかしく魅力的で、別れ、そして娘との交際を阻む時は、凄く醜悪な姿で映っています。素晴らしい女優ですね。
そして、この「ミセス・ロビンソン」もすごく乗りのよい曲で、いつまでも記憶に残っています。

スカボロー・フェアが流れるシーンは、エレンがベンからエレンの母親ロビンソン夫人との不倫を告白され、ショックを受け大学に戻って行ったのを、ベンが赤のアルファロメオのオープンカーで追っていくシーンだったと思います。ベンが、エレンを追いかけていく時の、後悔と関係の複雑さ、そしてエレンへの愛等、複雑な気持ちの中エレンのもとに向かうベンの、メローな感じが演奏でよく伝わってきました。

サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)|スカボロ・フェア(Scarborough Fai)
https://www.youtube.com/watch?v=TfG6MVF6Fzw (YouTube)

サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ

新品価格
¥1,520から
(2016/4/1 16:51時点)


このスカボロー・フェアの歌詞「パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム」(parsley, sage, rosemary and thyme)の繰り返しには、次のような意味があるそうです。

現代人にはよく理解できないが、象徴的意味に満ちている。パセリは今日まで消化の助けになり、苦味を消すと言われており、そして中世の医者はこれを霊的な意味としても捉えた。セージは何千年もの耐久力の象徴として知られている。ローズマリーは貞節、愛、思い出を表し、現在でもイギリスや他のヨーロッパの国々では花嫁の髪にローズマリーの小枝を挿す慣習がある。タイムは度胸の象徴であり、歌が書かれた時代、騎士達は戦いに赴く際に楯にタイムの像を付けた。歌での話し手は、4種のハーブに言及することで、二人の間の苦味を取り除く温和さ、互いの隔たった時間を辛抱強く待つ強さ、孤独の間彼を待つ貞節、出来ない仕事を果たす矛盾した度胸を具えた真の恋人、そして彼女がそれらをできた時に彼の元に戻ってくることを望んでいる。

ウィキペディア日本語版

中々、深いです。この意味を知って、映画でこの「スカボロー・フェア」の使われたシーンを思い出すと、いかに映像と曲が融合してこの「卒業」という映画を魅力あるものにしているかあらためて感じました。
繰り返しになりますが、この映画「卒業」は、映画のシーンとバックに流れる「サイモン&ガ―ファンクル」の曲そのものもさることながら、本当にうまく合す形で、まさに一体となって、この映画のシーン、シーンを私たちの記憶に残していると思います。

卒業 [Blu-ray]

新品価格
¥1,390から
(2016/4/1 16:40時点)

卒業-オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,598から
(2016/4/1 16:39時点)