月別アーカイブ: 2015年2月

<音楽ニュース>アカデミー歌曲賞は「セルマ」の「Glory」、作曲賞は「アレクサンドル・デスプラ」が初受賞


アメリカ映画界最大の祭典、第87回アカデミー賞(Academy Awards)が2月22日に発表されました。

作品賞は、最多の9部門にノミネートされたアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で、監督賞、撮影賞、脚本賞を含めて4冠を果たした。
同じく9部門にノミネートされたウェス・アンダーソン監督の「グランド・ブダペスト・ホテル」も美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞など4部門を獲得しました。

『バードマン』『グランド・ブダペスト・ホテル』が最多4部門!アカデミー賞全結果【第87回アカデミー賞】(1/2) (シネマトゥデイ)

長編アニメ映画賞と短編アニメ映画賞にノミネートされていた高畑勲監督の「かぐや姫の物語」と、在米アーティスト堤大介氏と日系米国人のロバート・コンドウ氏の共同監督による「ダム・キーパー」は受賞を逃しました。

「かぐや姫」、受賞逃す 米アカデミー賞 (朝日新聞デジタル)

かぐや姫の物語 [Blu-ray]

新品価格
¥5,084から
(2015/2/25 13:44時点)

音楽関係の受賞は、以下の通りです。

  • 歌曲賞(Academy Award for Best Original Song)
    グローリーGLORY)「セルマ(SELMA)」

映画「セルマ」予告編

コモン&ジョン・レジェンド(Common & John Legend)|グローリー(GLORY)|映画「セルマ」(SELMA)の主題歌
https://www.youtube.com/watch?v=HUZOKvYcx_o (YouBube)

Glory

  • 作曲賞(Academy Award for Original Music Score)
    アレクサンドル・デスプラAlexandre Desplat) 「グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel)」

映画「グランド・ブダペスト・ホテル」予告編

グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥2,543から
(2015/2/25 13:34時点)

グランド・ブダペスト・ホテル オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,295から
(2015/2/25 13:39時点)

(編集長)

マイ・フェイバリット・ウインター・ラブ・ミュージック


鳩森八幡神社の紅梅(東京都渋谷区千駄ヶ谷)

神社の紅梅

二十四節気の「雨水(うすい)」が過ぎ、これからき三寒四温を繰り返しながら、春に近ずきます。

しかし、昼過ぎになってもまだ冷たい冬のキーンとした感じの空気の中、公園に神社で春を感じる花を愛でるのが好きです。
特に、まだ寒い時期から咲きはじめ、1ヶ月近く楽しめる冬の「梅」には、春の桜とまた違う風情を感じます。

2月の「お気に入り曲」のテーマは「冬のラブソング」です。
当ブログ執筆者がお勧めするウインター・ラブ・ミュージック9曲を紹介します。

MISIA|Everything
https://www.youtube.com/watch?v=aHIR33pOUv0 (YouTube)

MISIA GREATEST HITS

新品価格
¥1,850から
(2015/2/24 18:53時点)


歌詞が熱烈な、愛の歌ですが、何故冬なのかわかりません・・・たぶん、カラオケでよく歌うのですが、その時の映像が雪の中、雪の降るシーンなので、冬を連想してしまうのかもしれません。私の中では完全に冬の愛の歌になっています。(Hiro)

森進一(大滝詠一)|冬のリヴィエラ(夏のリヴィエラ)
https://www.youtube.com/watch?v=8iTERi5UUGg (YouTube)

SNOW TIME

中古価格
¥4,140から
(2015/2/24 18:46時点)


作詞 松本隆、作曲 大滝詠一、という元「はっぴいえんど」黄金コンビによる曲です。森進一が歌って大ヒットしました。今回は、大滝詠一本人がアルバム「SNOW TIME」の中で、「夏のリヴィエラ」として英語で歌っているものをあえてあげさせていただきました。森進一とは違った大滝独特の”やさしさ”を醸し出す歌い方のラブソングとなっています。(Hiro)
歌詞を、日本語版と英語版で、少し変えているようです。(Yama)

ザ・ランチャーズ|真冬の帰り道
https://www.youtube.com/watch?v=SemxSMNMF-Q (YouTube)

ザ・ランチャーズ

中古価格
¥8,000から
(2015/2/24 18:56時点)


原曲も大好きですが、この多重録音盤も気に入りました。ストレートに好きだと言えない雰囲気は曲調に本当にあっています。(Hiro)
この季節になると何故か思い出しますね。(Koji)

6% is MINE|三日月~I LOVE YOU他
https://www.youtube.com/watch?v=HhTfiVORNk4 (YouTube)

J-POP HITS PUNK-COVERS 2

新品価格
¥1,420から
(2015/2/24 18:57時点)


J-POPのパンクカバーのアルバムです。「絢香|三日月」「尾崎豊|I LOVE YOU」等、この季節に趣を変えて聴くのもお奨めです。(Koji)

久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL|LA・LA・LA LOVE SONG
https://www.youtube.com/watch?v=5wCC02E3w3c (YouTube)

LA・LA・LA LOVE THANG

新品価格
¥1,249から
(2015/2/24 18:58時点)


キムタクと山口智子の月9ドラマ「ロング・バケーション」の主題歌。エンディングの設定はボストンでしたが、ロケ地はロンドンだったようです。今年のボストンは大雪で大変なようです。(Koji)

浜田省吾|悲しみは雪のように
https://www.youtube.com/watch?v=Oy7fhdAWvpk (YouTube)

The History of Shogo Hamada―Since 1975

新品価格
¥2,639から
(2015/2/24 18:57時点)


何故かこの時期に似合います。(Koji)
私もこの曲は大好きです。悲しい歌詞だと思いますが、歌っていると何故か温かい気持ちになってきます。(Hiro)

シャーデー(Sade)|キス・オヴ・ライフ(Kiss Of Life)
https://www.youtube.com/watch?v=V54Em7nAdTI (YouTube)

Love Deluxe

新品価格
¥542から
(2015/2/24 18:58時点)


タイトルや歌詞に冬は登場しませんが、この時期に聴くのがお勧めです。シャーデーの歌声は暖かみがあり癒されます。(MAHALO)

キャロル・ベイヤー・セイガー(Carole Bayer Sager)|恋をしましょう(It’s The Falling In Love)
https://www.youtube.com/watch?v=zbY06ND-XtI (YouTube)

Carole Bayer Sager/Too/Sometimes

新品価格
¥2,757から
(2015/2/24 18:59時点)


マイケル・ジャクソンも取り上げたキャロル・ベイヤー・セイガーの大ヒット曲です。冬とは関係ないかも知れませんが、聴くと暖かくなるような曲調はこの時期にお勧めかと思います。(MAHALO)

広瀬香美|ロマンスの神様
https://www.youtube.com/watch?v=jhwh_24u-Nw (YouTube)

Winter High!!~Best Of Kohmi’s Party~

新品価格
¥2,800から
(2015/2/24 19:00時点)


広瀬香美の歌は雪に映えます。ゲレンデで、スキーの行き帰りの車の中で、よく聞きました。紹介するアルバムは、ハイトーン、ハイスピード、ハイテンションなラブソングを集めた冬のベストアルバムです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

ラジオで聴いた「荒木一郎」の「星に唄おう」


1968年からのザ・パンチ・パンチ・パンチの放送が開始されたあたりでは、「日立ミュージック・イン・ハイフォニック」、「バイタリス・フォーク・ビレッジ」、「東芝ヤング・ヤング・ヤング」、そして「星に唄おう」など、深夜ラジオの始まる前の時間帯の放送もよく聴いていました。
中でも、「星に唄おう」はパーソナリティの「荒木一郎」の個性が何か心地よく伝わる番組でした。日々の出来事を淡々ときかせ、また、番組の中で生ギターを手に、弾き語りで自作の歌を歌うのがとても印象的で記憶に残っています。

そして、この「荒木一郎」の「星に唄おう」のテーマ音楽が「空に星があるように」でした。この曲については、Kojiさんが、以前空に星があるように~ボサノヴァ・バージョンと聞き比べで紹介しています。

荒木一郎の最大のヒット曲は、やはり、「空に星があるように」(1966年9月発売)で、B面は「夕焼けの丘」でした。
荒木の歌はメロディも素敵なのですが、歌詞がとても叙情的で美しい歌詞です。10代の私たちには哲学的でさえありました。

「空に星があるように」
空に星が あるように
浜辺に砂が あるように
ボクの心に たった一つの
小さな夢が ありました

風が東に 吹くように
川が流れて 行くように
時の流れに たった一つの
小さな夢は 消えました

淋しく 淋しく 星を見つめ
ひとりで ひとりで 涙にぬれる
何もかも すべては
終わってしまったけれど
何もかも まわりは
消えてしまったけれど

春に小雨が 降るように
秋に枯葉が 散るように
それは誰にも あるような
ただの季節の かわりめの頃

「今夜は踊ろう」(1966年発売)は、リズム、メロディともにアメリカンポップスっぽい感じです。海辺のキャンプファイヤーの燃え盛る松明の廻りで、ポニーテール、フレアスカートで踊りあかしている女の子たちのイメージが浮かんできます。

荒木一郎|今夜は踊ろう
https://www.youtube.com/watch?v=TBDv78nj9rA (YouTube)

荒木一郎 プライム・ベスト

新品価格
¥1,815から
(2015/2/19 17:31時点)

「いとしのマックス」(1967年発売)は、曲調はまさにGS(グループ・サウンド)で、ブルー・コメッツ風です。

荒木一郎|いとしのマックス
https://www.youtube.com/watch?v=LRKrD-jsIDM (YouTube)

究極のベスト! 荒木一郎

新品価格
¥1,349から
(2015/2/19 17:32時点)

「ブルー・レター」(1968年発売)は、GSの「ザ・ダイナマイツ」がバック演奏を担当しました。

荒木一郎|ブルー・レター
https://www.youtube.com/watch?v=BTvoeURipng (YouTube)

エッセンシャル・ベスト

中古価格
¥5,000から
(2015/2/19 17:33時点)

このころはGS全盛期。「ブルー・レター」もGSの各バンドの演奏する曲に似ています。しかし、やはり荒木一郎特有のクールなところが個性的に聴こえてきます。そして、歌詞が片思いで叶わぬ恋の物語になっています。そのころ流行っていた、加山雄三の明るいおおらかな曲ともまた、ちょっと違った曲調でした。そっと静かなインパクトと人気のあった曲でした。

荒木一郎の曲は独特の世界観があるように思います。妙に、引いていて、憂いがあり、それで都会的に洗練されていて、クールです。聴いて熱くなる曲ではありません。だけど、なんとなく口ずさんでいる曲です。

ジャズピアノといえば「オスカー・ピーターソン」


ジャズピアノの巨匠といえば、Jazzファンの多くの人が「オスカー・ピーターソンOscar Peterson)」をトップスリーの一人に必ず選ぶのでは思います。私も学生時代ジャズに触れた時からジャズ喫茶でよく聴いていました。
この、ブログでも、大徳俊幸小曽根真がジャズピアノの世界に入る切っ掛けは、「オスカー・ピーターソン」であったということを紹介しました。

そして、「ピアノトリオ」というメンバー構成をピアノ、ベース、ドラムスの構成でスタンダードにしたのはオスカー・ピーターソンではなかったと思います。特にオスカー・ピーターソン(Oscar Peterson p)、レイ・ブラウンRay Brown, b)、エド・シグペンEd Thigpen, ds)というメンバーの時代(1959年から1965年)は名盤を数多く残しています。

その名もズバリ、「The Trio」(オスカー・ピーターソン・トリオの真髄)」
1961年7月、シカゴの「ロンドン・ハウス」で行われたライヴの収録です。

オスカー・ピーターソン・トリオ(Oscar Peterson Trio) | シカゴ(Chicago)
https://www.youtube.com/watch?v=9aFpc3TZ-DY (YouTube)

ザ・トリオ/オスカー・ピーターソン・トリオの真髄

新品価格
¥3,995から
(2015/2/13 12:01時点)

抜群のスイング感と演奏のスピード感でぐいぐい惹き込まれていきます。
オスカー・ピーターソンの華麗なピアノ、レイ・ブラウンのスイングするベースと、エド・シグペンの多彩なドラミングが一体となっています。

ジャズスタンダードである”There Is No Greater Love”は、1936年イシャムジョーンズ(Isham Jones)作曲です。
オスカー・ピーターソン・トリオ(Oscar Peterson Trio) | ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラブ(There Is No Greater Love)
https://www.youtube.com/watch?v=0HEtFO9w3Ds (YouTube)

オスカー・ピーターソンと相性の良かったベーシスト、レイ・ブラウンとニールス・ペデルセンNiels Pedersen)、この二人が揃った「ピアノ+ベース2本」という変則トリオでの演奏です。これは、1997年カナダでのライブです。
実際の演奏はベーシストは交互にバッキングやソロをこなし、一人がベースを弾いている間はもう一人は休んでいます。
曲の中演奏の違いが、解釈の違いなど、そしてピーターソンのピアノとの掛け合いなど、ベーシスト両者の個性とても良くが出ています。何よりも、3人の演奏者がいかにも楽しそうで、聞く側もジャズの楽しさを十分感じさせてくれる一曲です。

そして、上原ひろみもオスカー・ピーターソンに影響を受けたジャズピアニストの一人です。

オスカー・ピーターソン(oscar peterson) | アイ・ゴット・リズム(I’ve got rhythm)
https://www.youtube.com/watch?v=iRIr22pv0hA (YouTube)

1951

新品価格
¥1,088から
(2015/2/13 12:02時点)

上原ひろみ | アイ・ゴット・リズム(I’ve got rhythm)
https://www.youtube.com/watch?v=6JfKY0K_NQk (YouTube)

ビヨンド・スタンダード

中古価格
¥2,188から
(2015/2/13 12:04時点)

ジョージ·ガーシュイン(George Gershwin)作曲、アイラ·ガーシュウィン(Ira Gershwin)作詞。1930年にミュージカル「Girl Crazy」 の中の曲としてリリースされました。その後、チャーリー·パーカー(Charlie Parke)や ディジー·ガレスピー(Dizzy Gillespie)などのジャズミュージシャンの演奏にて、ジャズのスタンダード曲となりました。

上原ひとみオフィシャルサイトから、2007年12月26日「ありがとオスカー

(抜粋)
2001年に、ノーマン・グランツが、
2002年に、レイ・ブラウンが、
2005年に、ニール・ペデルセンが、 オスカーの盟友が亡くなるたび、オスカーは、
みんな向こうで仲良くやってるさ、と言っていた。
そして、今年、とうとうオスカーが逝ってしまった。

本当に「黄金のピアノトリオ」のメンバーが、全ていなくなってしまった・・・ということですね。

(抜粋)
すごい人だった。
ピアノがこんなに喜ぶものか、と思った。
なんて、明るく楽しいピアノだろう。
なんて、聞いてる人の心を躍らせるのだろう。

同じピアノ奏者だから言えるのですね。

「上原ひろみ」が今あるのはまさに「オスカー・ピーターソン」から始まっている、という気持ちがひしひしと伝わってくるメッセージです。

<音楽ニュース>グラミー賞は「サム・スミス」が最優秀レコード賞など4冠!最優秀アルバム賞は「ベック」の「モーニング・フェイズ」


米国音楽界の最大の祭典の第57回グラミー賞の授賞式が、2月8日に行われました。

サム・スミス4冠!第57回グラミー賞発表!icon(HMV ONLINE/エルパカBOOKS)

英国の新人シンガー・ソングライター「サム・スミス」が、主要部門の最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀新人賞を含む4部門を受賞しました。

サム・スミス(Sam Smith)|ステイ・ウィズ・ミー(Stay With Me)

In the Lonely Hour

新品価格
¥1,177から
(2015/2/10 16:43時点)


また、最優秀アルバム賞は、米歌手「ベック」の「モーニング・フェイズ」が受賞しました。

ベック(Beck)|ブルー・ムーン(Blue Moon)|モーニング・フェイズ(Morning Phase)
https://www.youtube.com/watch?v=yf3CVZ4CgfA(YouTube)

Morning Phase

新品価格
¥1,253から
(2015/2/10 16:44時点)


また、「ハッピー」が世界的に大ヒットした「ファレル・ウィリアムス」と「ビヨンセ」も、それぞれ3部門で受賞しました。

2015 Grammy Nominees

新品価格
¥974から
(2015/2/10 16:45時点)


日本からは、最優秀レゲエ・アルバム部門に「スパイシーチョコレート」や「青山テルマ」らが参加した「ザ・レゲエ・パワー」と、最優秀ニュー・エイジアルバム部門で「喜多郎」の「シンフォニー・ライブ・イン・イスタンブール」がノミネートされましたが、受賞を逃しました。

喜多郎|シンフォニー・ライブ・イン・イスタンブール

Symphony Live In Istanbul

新品価格
¥3,240から
(2015/2/10 16:46時点)


お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

主要4部門の受賞者
タイトル 作品 受賞者
最優秀レコード賞
(Record of the Year)
ステイ・ウィズ・ミー(Stay With Me) サム・スミス(Sam Smith)
最優秀アルバム賞(Album of the Year) モーニング・フェイズ(Morning Phase) ベック(Beck)
最優秀楽曲賞 (Song of the Year) ステイ・ウィズ・ミー(Stay With Me) James Napier, William Phillips & サム・スミス(Sam Smith)
最優秀新人賞 (Best New Artist) サム・スミス(Sam Smith)

ザ・パンチ・パンチ・パンチのお姉さん「モコ・ビーバー・オリーブ」


大滝詠一の作詞作曲の「夢で逢えたら」をシリア・ポールが歌っています。で、シリアポールといえば、懐かしいラジオ番組を思い出しました。番組名は忘れていましたが、「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」であったということがわかりました。

この「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」は、1968年6月から1982年12月までニッポン放送の夜の23時台で放送されていたラジオ番組です。
その初代パーソナリティを務めていたのが、高橋基子「モコ」、川口まさみ「ビーバー」、シリア・ポール「オリーブ」でした。

ザ・パンチ・パンチ・パンチ 初代パーソナリティの最終回(1971年)
https://www.youtube.com/watch?v=ZwZsTir21Ho (YouTube)

中で話してますが、3年間、モコ、ビーバー、オリーブが番組を担当していました。
スポンサーは、平凡出版社(現・マガジンハウス)の週刊誌「平凡パンチ」でした。「平凡パンチ」は団塊の世代の男子が20代前半で、そのほぼ全ての人たちが読んでいた雑誌ではなかったしょうか。ファッションは「アイビー」、ボタンダウンにチノパン(昔はコッパンと言ってました。)そして、スリッポン(靴)、懐かしいです。

番組は、ちょっと色っぽく、団塊の世代のちょとおねえさんたちが、深夜にいろいろな話をしてくれ、リスナーとやりとりしたり、本当におしゃれな感じの番組でした。

そして、「モコ・ビーバー・オリーブ」の3人が、「わすれたいのに(原曲:I Love How You Love Me)」という曲を1961年にリリースしました。

モコ・ビーバー・オリーブ|わすれたいのに
https://www.youtube.com/watch?v=xF9HgnB1jo0 (YouTube)

わすれたいのに

中古価格
¥9,800から
(2015/2/6 13:07時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

原曲は、「パリス・シスターズ(The Paris Sisters)」が 1961年にリリースした、「I LOVE HOW YOU LOVE ME」です。

パリス・シスターズ(The Paris Sisters)|わすれたいのに(I LOVE HOW YOU LOVE ME)
https://www.youtube.com/watch?v=lwGSKea-lGw (YouTube)

Complete Phil Spector Sessions

新品価格
¥1,671から
(2015/2/6 13:04時点)

歌詞がすごく良いです!

I love how your eyes close whenever you kiss me
And when I’m away from you, I love how you miss me
I love the way you always treat me tenderly
But, darling, most of all,
I love how you love me
(love how you love me)

あなたが私にキスするたびに目を閉じるのが好き
そしてあなたから離れている時、あなたが私を恋しがるのが好き
あなたがいつも優しく私を扱うのが好き
でも愛しいあなた、何よりも
私はあなたが私を愛してくれるのが好き
(私を愛してくれるのが好き)

I love how your heart beats, whenever I hold you
I love how you think of me, without being told to
I love the way your touch is always heavenly
But, darling, most of all,
I love how you love me
(love how you love me)

あなたが私を抱くたびにあなたの心臓が拍打つのが好き
話していなくても、あなたが私を思ってくれるのが好き
あなたに触れられるといつも夢心地なのが好き
でも愛しいあなた、何よりも
私はあなたが私を愛してくれるのが好き
(私を愛してくれるのが好き)

I love the way your touch is always heavenly
But, darling, most of all,
I love how you hug me
(love how you love me)
Love — how you love me
I love how you love me
(love how you love me)
I love how you love me
(love how you love me)
I love how you love me

あなたが触れるのがいつも素敵なのが好き
でも愛しいあなた、何よりも
私は私を抱きしめてくれるのが好き
(私を愛してくれるのが好き)
私は私を愛してくれるのが好き

「モコ・ビーバー・オリーブ」の「わすれたいのに」とは歌詞が全然違うのですが・・・

そして、3人のこの歌もとても素敵です。

モコ・ビーバー・オリーブ|海の底でうたう唄
https://www.youtube.com/watch?v=bJs9KaH4IZM (YouTube)

わすれたいのに

中古価格
¥9,800から
(2015/2/6 13:07時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

「海の底でうたう唄」は、「サンケイ・ヤング・ヒット・チューン」(サンケイ新聞主催)で優勝した曲です。
作詞:尾崎きよみ
作曲:関口真人

青春真っただ中の「団塊の世代」が、受験勉強で、テレビが観れず、深夜のラジオにかじりついていた時、ちょっと背伸びして、大人ぽい女性の会話、そして、リスナーとのやり取りに心躍ったものでした。今の若い人たちは、このようなほろ苦く、そして、淡い想いを、どのようなところであじわっているのでしょうか・・・。
私たちは、今、年を重ねて、あのころを青春の一ページとして想い出し、懐かしむ事ができるのですが・・・。

平凡パンチ1964 (平凡社新書)

新品価格
¥907から
(2015/2/6 13:01時点)

ワゴン・セールで見つけた「マーク・ホイットフィールド」~「ジェシ・コリン・ヤング」


先日近くにある中古CDショップに行ったところ「中古CD ワゴン・セール」として、棚の陳列とは別に300枚近くのCDがワゴンで売られていました。
どうせ中古ショップでは定番の「スキャットのおじさん」や、少し前にお菓子のCMに出ていた「ロシアの女の子2人組み」などといった物ばかりだろうと覗いてみると、「このようなCDが…」といったものが多く目に入りました。

因みにこのショップはDVDのレンタルがメインで中古CDも販売し、全店舗かはわかりませんが380円までのCDは全てレジにて50円というショップで、このように書けばお判りの方も多いかと思います。

ワゴンのCDは全て50円という事で探してみるとこのようなCDを見つけました。


マーク・ホイットフィールド(Mark Whitfield)

  • マーク・ホイットフィールド

フュージョン、ジャズ系のギタリストは新旧を問わず聴いているつもりですが、このマーク・ホイットフィールドは初めて聞く名前で、購入も「ジャケットにギターの写真」と完全にジャケ買いでした。

早速聴いてみましたがフュージョン(コンテンポラリー、スムース)ありジャズありと1曲目から私好みのサウンドで、一気に全曲聴いてしまう程気に入ったアルバムでした。

私も初めて聞く名前と詳しくないのですが、調べるとジョージ・ベンソンの後押しで1990年代にデビューを飾ったギターの新星と書かれ、最初ベースを弾いていたそうですが15歳でギターに転向、その後バークリーの奨学金を獲得しギターを学び、1987年にバークリーを卒業したのちニューヨークで本格的に活動を開始します。

まもなくワーナー・ブラザースと契約を結びアルバム・デビューとなります。
今回購入したアルバムは3作目との事でした。

マーク・ホイットフィールド(Mark Whitfield) | ストローリン(Strollin’)
https://www.youtube.com/watch?v=dNTmHiPQTSo (YouTube)

私の購入したアルバムは1993年リリースのCDでしたが、調べてみると「JAZZ BESTコレクション 1000 ~モア・セレクション編」の第2弾として2014年3月に再発売となっていました。

Mark Whitfield

新品価格
¥2,147から
(2015/2/6 12:07時点)

マーク・ホイットフィールド

新品価格
¥937から
(2015/2/6 12:11時点)

このアルバムを気に入り他のアルバムも聴いてみようとセカンド・アルバムの「Patrice」とこのアルバムの次作となる「Tlue Love」を購入しました。何れも完全にジャズ・ギターといった内容で、このアルバムが異色のようですが、フュージョン・サウンドが大好きな私としてはこのアルバムがお勧めです。ただ、どのアルバムもそのテクニックは流石です。

パトリース

新品価格
¥942から
(2015/2/6 12:12時点)

True Blue

新品価格
¥3,226から
(2015/2/6 12:13時点)


ジョージ・ハワード(George Howard)

  • Nice Place To Be

ジョージ・ハワードは「グローバー・ワシントン Jr.」に見い出され、1982年にデビューとなったソプラノ・サックス・プレイヤーで、10数枚のアルバムをリリースするなど実力者です。

私はレコードは今回紹介のアルバムしか持っておらず他のアルバムは聴いていませんが、このレコードは当時渋谷の輸入レコード・ショップで壁に飾っていた1枚で、購入切っ掛けはジャケットの雰囲気と「シャーデー(Sade)」の「The Sweetest Taboo」をカバーしていたからだったと思います。

このアルバムもCDで聴きたいと思っていたのですが、まさかワゴンの中で見つかるとは驚きでした。

ジョージ・ハワード(George Howard) | No, No
https://www.youtube.com/watch?v=waeTu09zz-M (YouTube)

Nice Place To Be

新品価格
¥5,195から
(2015/2/6 12:14時点)

なお、残念ながらジョージ・ハワードは1998年に41歳という若さで亡くなってしまいました。

この2枚のアルバム以外にも価格の安さもあり、このようなアルバムも購入してしまいました。

  • Joe Gilman / Joe Gilman
  • Grover Washington Jr, / Anthology Of Grover Washington Jr,
  • Clifford Brown And Max Roach / Stuby In Brown
  • Nat Adderley / Soul Zodiac
  • Michel Polnareff / Le Meilleur De Michel Polnareff (Best)
  • 山下達郎 / Season’s Greetings
  • 布袋寅泰 / Battle Without Honor or Humanity (Single CD)
  • 土岐麻子 / Talkin’

他にも何枚かです。

これだけまとめての購入は「大人買い」と言いたいところですが、なにせ価格からも合計しても新譜1枚よりも安く購入でき、聴きたかったアルバムだけに大満足です。

また、このショップとは別にもう1店舗よく行くショップがあります。
「本の買い取り」といえばお判りかと思いますが、こちらも中古CDを取り扱っています。

このショップは108円、280円、500円のコーナー、そして新作が流れたものなどの高価なコーナーがあります。
高価なコーナーについては何を参考に価格を付けたのかと疑ってしまうような物も多く殆ど見る事もなく、いつも安価なコーナーばかり探しています。
高価なコーナーとは逆に、このCDがこの価格なのとといった物を見つけることもあります。

昨年末でしたがこのようなCDを見つけました。


カンサス(Kansas)

  • Kansas Original Album Classics

カンサスはメンバーの「フィル・イハート」がイギリス留学時に全盛期のプログレッシブ・ロックを目の当たりにし衝撃を受け、帰国後の1974年にカンサスとしてメジャー・デビューとなったアメリカのプログレッシブ・ロック・グループです。

カンサスを初めて聴いたのは学生の頃ですので30年以上も前の事です。
名前は知っていましたが、曲として初めて聴いた曲が「Dust in the Wind(邦題:すべては風の中に)」で、この曲が収録されたレコードは購入しました。
他にも好きな曲があったのですが、この頃はウェスト・コーストばかり聴いていたのか他のレコードは購入とはなりませんでした。

今回購入したのはOriginal Album Classicsシリーズで、このシリーズでリリースされていたのは知っていましたが、まさかこちらのショップで見つかるとはという気持ちでした。
因みに500円のコーナーでした。

カンサス(Kansas) | すべては風の中に(Dust in the Wind)
https://www.youtube.com/watch?v=tH2w6Oxx0kQ (YouTube)

Kansas Original Album Classics

新品価格
¥1,716から
(2015/2/6 12:14時点)


もう1枚はこのアルバムです。

ジェシ・コリン・ヤング(Jesse Colin Young)

  • オン・ザ・ロード(On The Road)

ジェシ・コリン・ヤングは、はっぴいえんど」の世界で細野と大滝の出会いの切っ掛けとして紹介の「ヤングブラッズ(The Youngbloods )」のメンバーだったアメリカのシンガーソングライターです。
私が聴き始めたのはソロとなってからですが、大好きなアーティストでレコードは何枚か購入しよく聴きました。

今回購入したオン・ザ・ロードはレコードは持っておらず欲しかったアルバムでした。ライブ・アルバムですが、大好きな名曲サンライトから始まり、ホワッツ・ゴーイング・オン/マーシー・マーシー・マーシーとマーヴィン・ゲイのカヴァーを演奏するなどアコースティックの響きの良い名盤かと思います。

こちらも見つけた時はまさかといった気持ちでしたが、ようやく購入することができました。

因みに最初は高価のコーナーにあったようですが、価格シールが何枚も重ねて貼られており、多少傷などは有りましたが、なんと280円のコーナーにありました。

ジェシ・コリン・ヤング(Jesse Colin Young) | サンライト(Sunlight)
https://www.youtube.com/watch?v=_paNk1V7Up8 (YouTube)

オン・ザ・ロード

新品価格
¥1,558から
(2015/2/6 12:15時点)

今回のような事はめったにないかもしれませんが、皆さんもお近くに中古ショップがありましたら覗いてみてはと思います。
探していたアルバムが見つかるかもしれません。