月別アーカイブ: 2013年12月

年末のご挨拶 2013


本年はご愛読いただき、ありがとうございました。
ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申しあげます。

2013/12/30追記:第55回日本レコード大賞は「EXILE」(エグザイル)の「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」。EXILEの受賞は、3年ぶり史上最多の4回目。最優秀新人にはアニメ「ワンピース」の主題歌「HANDS UP!」でデビューした「新里宏太」(しんざとこうた)が選ばれました。

 

EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~ (CD+DVD)

新品価格
¥1,308から
(2013/12/30 23:32時点)

HANDS UP! (SINGLE+DVD)

新品価格
¥1,568から
(2013/12/30 23:36時点)

2013/12/31追記:第64回NHK紅白歌合戦は白組が2年連続で優勝。対戦成績は紅組が29勝、白組が35勝となりました。今年の見所は、あまちゃん157回「おら、紅白出るど」と銘打った「あまちゃんステージ」、「嵐」「AKB48」「EXILE」など人気グループの豪華なステージ、そして前人未到の紅白50回出演に達して大団円の引退を飾った北島三郎のステージでした。

 

あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】

新品価格
¥3,380から
(2013/12/31 17:42時点)

LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)

新品価格
¥6,000から
(2013/12/31 17:50時点)

次の足跡Type B (外付け特典なし)

新品価格
¥2,835から
(2013/12/31 17:45時点)

これが聴きたい! 北島三郎

新品価格
¥2,579から
(2013/12/31 17:48時点)

さて、新年は1月4日(土)から投稿を開始します。事情により、1月1日(水)に緊急投稿することになりました。どうぞ皆様良いお年を!

(編集長)

70年代のJazz喫茶「新宿」


’70年代、新宿は若者文化の「メッカ」だったと思います。
Jazzが流れる喫茶店の風月堂が有名で多くの文化人が集まり、「アングラ」「反戦運動」「新左翼」「フーテン」等の言葉を生み出していきました。

他に新宿のJazz喫茶で思い出すのは、新宿二幸の裏にあった「DIG」です。聴いてる人が難しい顔をして、いわゆる哲学的な物想いにふける雰囲気でした。、もちろんしゃべったりしたら怒られるという店でした。

「木馬」は、歌舞伎町の入口にありました。すごく広く、アンティークを飾って、ちょっとJazz喫茶と思えない雰囲気のお店でした。

「ヴィレッジ・ゲート」でかかるJazzは、比較的軽い分野が多かったと思います。

新宿でよく通ったJazzライブハウスが「新宿 PIT INNicon」でした。
午前の部(11:00 a.m.~)は、早稲田ハイソソサイティなどの学生が、午後の部(2:30 p.m.~)は、向井 滋春:TB、今田勝:P、土岐英史:TS、大友義雄:ASなどのセミプロが出演しました。そしてメインの夜の部(7:00 p.m.~)には、渡辺貞夫:AS、日野皓正:TP、ジョージ大塚:DR、山下洋輔:P、本田竹廣:Pが登場し、まだ、10代だった渡辺香津美:Gが参加 した「渡辺貞夫クインテット」の演奏を聴いた記憶があります。
大徳俊幸:Pが「ジョージ大塚クインテット」で演奏していたのを聴きにも行きました。

渡辺貞夫|カリフォルニア・シャワー
http://www.youtube.com/watch?v=rNOC71SCKbc (YouTube)

カリフォルニア・シャワー

新品価格
¥1,576から
(2013/12/27 14:23時点)

そして、コマ劇場近くのビルの地下1階にあった「PONY」では、Miles Davis:TP、John Coltrane:TS、Bill Evance:P、Herbie Hancock:Pをよく聴きました。

他には「タロー」にも通いました。
昼の部(2:30 p.m.~)と夜の部(7:00 p.m.~)で、それぞれ、ジョージ大塚:DR、本田竹廣:P、向井 滋春:TB、今田勝:P、土岐英史:TS、大友義雄:AS、渡辺香津美:Gに加えて、菊池雅章:P、板橋文雄:P、松本英彦:TS、日野元彦:DS、などがよく演奏していました。

土岐英史 カルテット | The Right Time
http://www.youtube.com/watch?v=jCnt6Z-jLs4 (YouTube)
土岐英史:ASax、野力奏一:Pf、加藤真一:Bs、日野元彦:Ds
日野元彦(日野皓正の弟)のドラミングもいいです。

THE ONE

新品価格
¥2,655から
(2013/12/27 14:33時点)

土岐英史が竹内まりやの「駅」で、エンディングのサックス・ソロを吹いています。本当にいいですね。

竹内まり&土岐英史|駅
http://www.youtube.com/watch?v=2DyDc-PDcB8 (YouTube)

今、南青山にある、「BODY&SOUL」のオーナー・関京子が、この「タロー」を1964年に新宿に日本で初めてのJazzライブハウスとして開店させました。その後1971年には新宿に「BODY & SOUL」を開店し、そして1976年に六本木に移転したとのことです。

向井滋春 カルテット & 谷啓|Tamagawa Blues
http://www.youtube.com/watch?v=fkrMEEaCz0o (YouTube)
向井滋春:Tb、谷啓:Tb、岩崎大輔:Pf、古野光昭:Bs、古沢良治郎:Ds
贅沢な2トロンボーンです。

向井滋春Quartet|Four Backs
http://www.youtube.com/watch?v=wPl7IGukW2Q (YouTube)
向井滋春:Tb、板橋文夫:P、古野光昭:B、古澤良治郎:D

プレジャー

新品価格
¥2,165から
(2013/12/27 14:43時点)

’70年代、新宿でライブ演奏していた方々が、今、日本のJazz界の大御所となっています。
そして、今また、多くの若手JazzミュージシャンがJazzライブハウスで活躍しています。
時代はそういった連続性の中でどんどん変化していくと改めて実感します。

Hawaiiに行きたい…2013「レムリア」


叶わぬHawaiiへの憧れを、「アウディ・キムラ」と「マッキー・フェアリー・バンド」の紹介とともにHawaiiに行きたいのタイトルで書いてから早1年が過ぎました。
今年こそはと思いつつ、この時期となってしまいましたが、今年もHawaiiでバカンスは、やはり叶わぬ夢となりました。

今年も、せめて音楽でも聴いて行った気分になれたらと思い、私の大好きなハワイのミュージシャンを紹介したいと思います。

今回紹介するのはハワイアンAORとして評判の「レムリアLemuria)」です。
レムリアはメンバーでありプロデューサーでもある「カーク・トンプソンKirk Thompson)」によって結成されたグループです。
グループというよりはプロジェクトといった編成で、アルバムのクレジットにはボーカル4人、リズム・セクション5人、ホーン・セクション7人、パーカッション2人の総勢18名の名が連なる大所帯です。ただし曲によってメンバーが入れ替わり、アルバムの収録曲も1曲を除きカーク・トンプソンの曲という事からも、実質的にはカーク・トンプソンのアルバム・プロジェクトとも言われています。

カーク・トンプソンといえばハワイを代表するバンド「カラパナ(Kalapana)」の初期メンバーかつキーボーディズトですが、マッキー・フェアリーと同様に音楽指向の違いからスタジオ・アルバムとしてはサウンド・トラックを含め4枚で脱退、その後の活動がこのレムリアとなります。
カラパナのセカンド・アルバムに収録され、フュージョンファンにも人気のインストゥルメンタル曲、「ワイキキの熱い砂Black Sand)」はカーク・トンプソンの作曲からも彼のサウンド指向がお判りかと思います。

レムリアとしてのアルバムはこの1枚のみですが、ボーカル曲、インストゥルメンタル曲などバラエティーに富んだ内容はハワイアンAORの代表作とも言え、やはりハワイ出身の「シーウィンド(Seawind)」や「ミュージック・マジック(Music Magic)」が好きな方はもちろんですが、パーカッションが印象のブラジリアン・テイストの曲などはラテン好きの方にもお勧めかと思います。もちろんどの曲もサウンドはハワイですので、ハワイに行った気分は味わえるかと思います。

レムリア(Lemuria) | ハンク・オブ・ヘヴン(Hunk of Heaven)
http://www.youtube.com/watch?v=ZfaPqJu0Wsg  (YouTube)

レムリア(Lemuria) | オール・アイヴ・ガット・トゥ・ギヴ(All I’ve Got To Give)
http://www.youtube.com/watch?v=y7VDBMDtAp0  (YouTube)

レムリア(Lemuria) | ミステリー・ラヴ(Mystery Of Love)
http://www.youtube.com/watch?v=BQnacpX9bbQ  (YouTube)

アルバムのリリースについてですが、私が最初に購入したのは輸入盤で9曲収録でした。のちに国内盤で3曲のボーナストラックが追加され全12曲収録のCDもリリースされましたが廃盤となってしまいました。
復刻を希望するファンの方も多く、 昨年ようやく紙ジャケット盤として復刻されましたが、ボーナストラックが収録されなかったのが残念です。

 

レムレア+3

中古価格
¥1,860から
(2013/12/26 14:21時点)

レムリア[紙ジャケット/初回限定生産]

新品価格
¥2,154から
(2013/12/26 14:29時点)

1曲目の「ハンク・オブ・ヘヴン(Hunk of Heaven)」はコンピレーション・アルバムとして人気の「Free Soul」にも取り上げられ、そちらからレムリアを知られた方も多いかと思います。また、この11月にはPヴァインよりFree Soulが復活となり、アルバム1曲目にこの曲が収録された事からも、注目の曲かと思います。

 

フリー・ソウル~フライト・トゥ・ハワイ

中古価格
¥2,298から
(2013/12/26 14:26時点)

フリー・ソウル・ミーツ・Pヴァイン

新品価格
¥2,016から
(2013/12/27 12:02時点)

レムリアはこのアルバム1枚で解散となり、カーク・トンプソンはプロデューサーとしてマッキー・フェアリーなどのアルバムをプロデュースしています。
また、時期的にはレムリアとしての活動後となりますが、1982年にカピオラニ公園内にあるワイキキ・シェルという屋外ステージで開催されたカラパナのコンサートにはマッキー・フェアリーともに参加しています。この模様は「Reunion」としてアルバム化されています。
私はレコードを持っていますが、A面の1曲目はカーク・トンプソンの「ワイキキの熱い砂Black Sand)」です。この曲は今聴いても本当に良い曲で、カラパナの曲では私の一番好きな曲です。

カラパナ(Kalapana) | ワイキキの熱い砂(Black Sand)
http://www.youtube.com/watch?v=Lix4jDw65cQ  (YouTube)

ワイキキの熱い砂(カラパナII)

新品価格
¥2,062から
(2013/12/26 14:30時点)

今年最後のブログとなりましたが、「行きたい」がシリースとなってしまうのか、「行きます」または「行ってきました」となるのかは、来年のこの時期までお待ちいただくとして、本年はご覧いただきありがとうございました。また来年も私の大好きなアーティスト、曲を紹介したいと思っています。

Thanks!  “MAHALO”

<音楽ニュース>AKB48、CD年間売り上げ4年連続1位


オリコンが12月15日、2013年のCD、DVD、Blu-rayなど音楽ソフトの年間売り上げランキングを発表しました。

シングルTOP100 AKB48が上位独占、「あまちゃん」関連作品も健闘!! (オリコン)

シングルCDではAKB48が4年連続1位で、昨年達成した同一アーティストによる最多記録を更新しました。2位~4位もAKB48で、いずれも100万枚を超えました。「AKB商法」と揶揄されることもありますが、音楽ソフトセールスを牽引していることは確かです。

さよならクロール<Type A>(通常盤)(メーカー特典あり)

新品価格
¥980から
(2013/12/16 18:24時点)

恋するフォーチュンクッキー[劇場盤](特典なし)

新品価格
¥1から
(2013/12/16 18:21時点)

ハート・エレキ【劇場盤】(外付け特典なし)

新品価格
¥1から
(2013/12/16 18:21時点)

So long !【多売特典生写真付き】(通常盤)(TYPE-K)(DVD付)

新品価格
¥1,260から
(2013/12/16 18:26時点)

また、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」からは、小泉今日子が劇中の役名・天野春子名義でリリースした「潮騒のメモリー」が39位にランクインしました。
アルバムランキングにおいても、劇中で使われたオリジナル曲を集めたコンピレーションアルバム「あまちゃん 歌のアルバム」が35位、大友良英による「連続テレビ小説『あまちゃん』オリジナル・サウンドトラック」もTOP100入りを果たしました。今年のあまちゃん人気を物語る事象です。

潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)

新品価格
¥518から
(2013/12/16 18:34時点)

あまちゃん 歌のアルバム

新品価格
¥2,120から
(2013/12/16 18:33時点)

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,770から
(2013/12/16 18:32時点)

(編集長)

マイ・フェイバリット・クリスマス・ソングス 2013


クリスマス・イルミネーション

東京・西新宿のクリスマス・イルミネーション

あと2週間でクリスマスです。今年も残りわずかになりました。

今年も、街はクリスマス・イルミレーションに彩られています。
街に人出が増え、心躍る時期を迎えました。
クリスマス・シーズンを、いかがお過ごしでしょうか?

今年のクリスマス前後は、寒波の来襲で寒くなるようです。風邪などひかぬよう、暖かくしてお過ごしください。

今年も当ブログ執筆者4人の、お勧めのクリスマス・ソングを、10曲紹介します。
エバーグリーンな曲が多く、名曲のオンパレードです。

 

マライア・キャリー(Mariah Carey)|恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)
http://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY (YouTube)

 

Merry Christmas

新品価格
¥519から
(2013/12/12 15:10時点)

Merry Christmas II You

新品価格
¥683から
(2013/12/12 15:09時点)

  • 何といってもクリスマスソングとしてはこの曲が浮かびます。カラオケで歌いたいと思うのですが、やはり難しいです。(Hiro)

甲斐バンド|安奈
http://www.youtube.com/watch?v=wAAtHy54R9E (YouTube)

甲斐バンド スーパー・ベスト

新品価格
¥1,890から
(2013/12/12 15:11時点)

この時期カラオケで歌う定番です。(Hiro)

竹内まりや|ロンリー・ウーマン
http://www.youtube.com/watch?v=h99EVW9VilY (YouTube)

Bon Appetit!

新品価格
¥1,760から
(2013/12/12 15:14時点)

  • この曲も、この時期のカラオケ定番曲です。(Hiro)
  • 竹内まりやとクリスマスといえば、この季節になるとCMで流れる「すてきなホリデイ」かと思いますが、この曲も大好きです。(MAHALO)

Sweet Swing|Sweet Swing for HERSHEY’S
http://www.youtube.com/watch?v=ymQLvv3FMYg (YouTube)

Sweet Swing for HERSHEY’S

新品価格
¥2,070から
(2013/12/12 15:15時点)

  • チョコレートメーカー「HERSHEY’S」のバックアップを受け、ジャズの名曲がKenichiro NishiharaとSweetな女性ボーカリスト達によるスペシャルプロジェクト「Sweet Swing」によってお洒落に甦ります。クリスマスにもってこいのアルバムとしてお薦めします。monologことYuki Kanesakaが殆どのトラックを手掛けています。(Koji)

ナミー(Namy)|Merry Christmas,Mr.Lawrence
http://www.youtube.com/watch?v=KmeE9gCD1jU (YouTube)

 

CLIMAX TONE

新品価格
¥1,500から
(2013/12/12 15:16時点)

JUKE BOX The Christmas Mix

新品価格
¥1,600から
(2013/12/12 15:17時点)

  • 坂本龍一の名曲「戦場のメリークリスマス」(Merry Christmas,Mr.Lawrence)ですが、Namyこと高波由多加のプロジェクトによりX’mas時期のラウンジに相応しいチューンが施されています。Yuki kanesakaのアレンジによるこの曲はアルバム「Namy|CLIMAX TONE」と「JUKE BOX The Christmas Mix」に収録されています。(Koji)
  • 私も大好きな曲ですが、Yuki kanesakaさんのアレンジが心地よいです。2人でというよりは大勢で聴くのが良いかもです。(MAHALO)

本田美奈子|アヴェ・マリア(AVE MARIA)
http://www.youtube.com/watch?v=_puB04VtmD0 (YouTube)

AVE MARIA

新品価格
¥2,200から
(2013/12/12 15:18時点)

  • この季節に彼女のこの曲を聴くと何故か研ぎ澄まされた夜空を感じます。(Koji)

アン・ルイス、小泉今日子、松任谷由美|愛のさざ波 – Dedicate to “CHIYOKO”
http://www.youtube.com/watch?v=wKJEhjwjb6M (YouTube)

  • 1987年に「Merry X’mas Show」というタイトルで放送されたサザン・オールスターズなど現在でも大活躍のミュージシャン参加による音楽特番の中の1曲です。クリスマス・ソングではありませんが、アン・ルイス、小泉今日子、松任谷由美が歌うこの曲はアレンジも良く、今でもクリスマスの時期になると思い出す曲です(衣装は正月ですが)。まさにFeel Like Makin’ Loveです。演歌、歌謡曲などはほとんど聴かない私ですが、この曲は良いです。島倉千代子さん、ご冥福を…。(MAHALO)

リ:プラス(re:plus)|Solitude
http://www.youtube.com/watch?v=87U9V7-Npz4 (YouTube)

Ordinary Landscape

新品価格
¥2,068から
(2013/12/12 15:19時点)

  • テレビの旅番組のBGMで聴いたのが最初でしたが、心地よいメロディラインが夜のイメージです。クリスマス・ソングではありませんが、クリスマスの夜に聴くにはピッタリかと思います。(MAHALO)

ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)|ラスト・クリスマス(Last Christmas)
http://www.youtube.com/watch?v=dZWSf66U2Mk (YouTube)

 

オンリー・ユー

中古価格
¥818から
(2013/12/12 15:21時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。
  • この曲はワム!(wham)の大ヒット曲ですが、シーウィンドのポリーン・ウィルソンがカバーし、私はこちらが大好きです。Pauline Wilson → Seawind → Hawaii。昨年も書きましたがこの時期になるとハワイに行きたくなります。ハワイでクリスマスなんて夢の夢ですかね。(MAHALO)
  • クリスマスの季節に必ず耳にする定番曲の一つですね。オリジナルのワムだけでなく、カバー・バージョンでも名曲には変わりありません。(Koji)
  • たくさんのアーティストがカバーしており、それぞれ素敵なクリスマス・ソングです。(Yamazaki)

ユニコーン|雪が降る町
http://www.youtube.com/watch?v=1xt84-PGwJo(YouTube)

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン

新品価格
¥2,308から
(2013/12/12 15:23時点)

  • クリスマスというよりも、12月になると聞きたくなる曲です。(Yamazaki)

皆様、ハッピー・クリスマスを、お過ごしください。
お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

<ベストセラー>ボン・ジョヴィ


ボン・ジョヴィ、2006年5月 アイルランド ダブリン にて

ボン・ジョヴィ、2006年5月 アイルランド ダブリン にて(帰属Own work、ライセンス:CC BY-SA 3.0、http://ja.wikipedia.org/wiki/ボン・ジョヴィ)

いろいろなジャンルの「ベストセラー商品トップ10」を紹介するシリーズ。
今回は先週、来日公演100回を達成した「ボン・ジョヴィ」を取り上げます。

【ライブレポート】ボン・ジョヴィ来日公演100回目、旅はまだまだ続く (BARKS)

通算16回目の来日で、来日公演100回目を東京ドーム公演で達成したボン・ジョヴィ。ニュー・アルバム「ホワット・アバウト・ナウ」(WHAT ABOUT NOW)収録曲「ザッツ・ホワット・ザ・ウォーター・メイド・ミー」(That’s What the Water Made Me)からスタートしたライブは、大盛り上がりだったようです。

ボン・ジョヴィ | ベストセラー商品トップ10

 

What About Now (Deluxe Edition)

新品価格
¥1,284から
(2013/12/11 16:46時点)

Bon Jovi Greatest Hits – The Ultimate Collection –

新品価格
¥1,521から
(2013/12/11 16:47時点)

ライヴ・アット・マディソン・スクエア・ガーデン [DVD]

新品価格
¥1,782から
(2013/12/11 16:47時点)

ホワット・アバウト・ナウ~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,530から
(2013/12/11 16:48時点)

ミュージック・ライフが見たボン・ジョヴィ

新品価格
¥3,000から
(2013/12/11 16:48時点)

Bon Jovi Live at Madison Square Garden [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,754から
(2013/12/11 16:49時点)

グレイテスト・ヒッツ-アルティメット・ビデオ・コレクション [DVD]

新品価格
¥7,430から
(2013/12/11 16:49時点)

ボン・ジョヴィ 2014年カレンダー/(DI)/AA14-63

新品価格
¥1,680から
(2013/12/11 16:49時点)

グレイテスト・ヒッツ-アルティメット・コレクション

新品価格
¥3,111から
(2013/12/11 16:50時点)

THE CRUSH 2002 TOUR ライヴ・イン・チューリッヒ (数量生産限定)[DVD]

新品価格
¥1,701から
(2013/12/11 16:51時点)

Amazon.co.jpとタワーレコード・オンラインのCD検索は、下のアイコンをクリックしてください。

amazon tower

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

ザ・レジェンド「矢沢永吉」


GS(グループサウンズ)ブームが去った後、「ニュー・ロック」などの流れの中、純粋に「ロックンロール」を志向したバンドが現れました。「CAROLキャロル)」です。1972年にデビューし、1975年に解散とたった3年という短期間の活動でしたが、大変強いインパクトを残しました。いわゆる伝説のバンドの一つとなりました。

メンバーは、

  • 矢沢永吉(ベース、ボーカル)
  • ジョニー大倉(サイドギター、ボーカル)
  • 内海利勝(リードギター、ボーカル)
  • ユウ岡崎(ドラムス)

の4名です。

スタイルは革ジャンにリーゼント、曲調はロックンロールというかザ・ビートルズです。
もともとザ・ビートルズのコピーバンドとして活動を始めたそうです。実はビートルズの髪型もマシュルームカット前は、リーゼントでした。

私は、「涙のテディー・ボーイ」が大好きです。矢沢永吉の歌詞作曲の曲です。
矢沢永吉がベースを弾きながら歌っています。ベースを弾きながらのメインボーカルは、当時の「歌うベーシスト」こと、ザ・ビートルズの「ポール・マッカートニー」ばりです。

キャロル|涙のテディー・ボーイ
http://www.youtube.com/watch?v=fONiOj_qz3o (YouTube)

グッバイ・キャロル

新品価格
¥2,451から
(2013/12/6 12:00時点)

キャロル20 ゴールデン・ヒッツ

新品価格
¥2,451から
(2013/12/6 11:59時点)

2000年、友人の米国人が音楽情報サイト「Rollingstone.com」とインディーズ系音楽配信サイト「emusic.com」をそれぞれ運営していました。これらのサイトは、経営母体は変わりましたが現在も運営されています。その日本語サイトを私が運営する話になり、知人から、矢沢永吉の音楽事務所「音」を紹介してもらいました。
矢沢永吉自身は音楽配信には興味をもってくれて乗り気だったと聞いていますが、残念ながら、「emusic.com」で矢沢永吉の曲を配信することは実現できませんでした。

矢沢永吉はロスアンゼルスを拠点に活動していた時期もあり、新しい音楽ビジネススタイルをいち早く理解していたと思います。先進的なセンスをもっているミュージシャンだと思います。

キャロル解散後の曲では、資生堂のコマーシャルソングになった「時間よ止まれ」が一遍で好きになりました。
曲(作曲:矢沢永吉)も斬新な感じで、歌詞(作詞:山川啓介) も素晴らしいです。そして、レコーディングに参加したのミュージシャンが何と言ってもすごいメンバーでした。
坂本龍一、後藤次利、高橋幸宏、斉藤ノブ、木原敏夫、相沢行夫、「ビッグ」な矢沢の面目躍如といったところです。

矢沢永吉|時間よ止まれ
http://www.youtube.com/watch?v=ulsdmE2Ttz8 (YouTube)

ザ・グレート・オブ・オール~スペシャル・ヴァージョン

新品価格
¥1,627から
(2013/12/6 12:01時点)

矢沢永吉のバラードの曲では、「長い旅」が大好きな曲です。私もカラオケでよく歌います。歌っているうちに自分でメロディーと歌詞に酔ってしまいます。愛した女性に真摯に、この「長い旅」の歌詞の言葉が言えたらすごいですね

矢沢永吉|長い旅
http://www.youtube.com/watch?v=1VuikPZQxJc (YouTube)

ゴールドラッシュ

新品価格
¥2,205から
(2013/12/6 12:03時点)

日本ロックのといえば「矢沢永吉」、とすぐ浮かんできます。「白いマイクスタンド」「白いスーツ」「ハーレー」そして「タオル」を肩にかけた姿、やはり「ザ・レジェンド」にふさわしいと思います。

今年も日本武道館icon(東京都千代田区)で、年末恒例のライブが行われます。

チケットぴあ一般発売 | 矢沢永吉 | 2013/12/11(水) ~ 2013/12/17(火) | 日本武道館(東京都)icon

大物スターによるお洒落なデュエット 「ダイアン・シューア」 と「B.B. キング」


ダイアン・シューア(Diane Schuur)」と「B. B. キングB. B. King)」のジャンルの異なる大物2人が1994年にリリースしたデュエット・アルバム「ハート・トゥ・ハート(Heart To Heart)」を紹介します。

ジャズ・シンガーでピアニストの「ダイアン・シューア」は1953年12月10日、アメリカのワシントン州で生まれました。
未熟児網膜症という病気により失明というハンディを背負っての誕生でしたが、2歳半より歌い始め、10歳には地元のホテルで歌を披露しています。
両親のレコードコレクションなど音楽に接する機会も多く、盲目というハンディはありましたが絶対音感の持主で、ピアノも独学で学んだそうです。
3オクターブ以上の声域持ち、ジャズの道へと進んだダイアンですが、1979年のモンタレー・ジャズ・フェスティバルの出演がスタン・ゲッツに認められ、1984年にGRPレコードからアルバムデビューとなります。
その後1987年に「タイムレス(’86)」でグラミー賞(ベスト・ジャズ・·ヴォーカル・パフォーマンス賞、女性部門)を受賞。さらに翌1988年も「ダイアン・シューア&ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ(’87)」にて2年連続グラミー賞(同賞)を受賞し、トップ・ジャズ・シンガーとしての地位を獲得します。

 

Timeless

新品価格
¥3,347から
(2013/11/29 01:51時点)

ダイアン・シューア&ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ

新品価格
¥1,547から
(2013/11/29 01:52時点)

「ダイアン·シューア」を初めて聴いたのは「GRP All-Stars Live From The Record Plant)」という、1985年にロサンゼルスのレコード・プラント・スタジオで収録されたライブ映像でした。
GRP(Grusin/Rosen Productions)はフュージョン全盛時にデイヴ・グルーシンとラリー・ローゼンによって設立された原盤供給プロダクションですが、のちにレーベルとGRPレコードとなり多くのアルバムをリリースしています。ジョージ・ベンソンやチック・コリアなど当時フュージョンの第一線で活躍したアーティストが所属していました。私が紹介しました横倉裕もGRPです。

ライヴ・フロム・レコード・プラント〈特別版〉 [DVD]

新品価格
¥6,330から
(2013/11/29 01:53時点)

GRP All-Starsとありますが、メインはデイブ・グルーシンとリー・リトナーの2人に、第一線で活躍のセッション・ミュージシャンの参加によるライブです。そこに、ゲストとして参加していたのがGRP所属のダイアン・シューアで、「アメイジング・グレース」など3曲を披露し、その歌声の良さに驚きました。
バックが私の大好きなミュージシャン達というのも良さを引き立てていたのかもしれませんが、今でも見る機会の多い映像です。

そしてもう1人は私が詳しく紹介する必要もないキング・オブ・ザ・ブルース、ミスター・ブルースマンなどと称され誰もが知るスーパースター「B. B. キング」です。

B.B. キングは1925年9月16日にミシシッピ州インディアノーラ近くのイッタ・ベナ生まれです(1943年にインディアノーラに移る)。
ミシシッピ・デルタと呼ばれるこの地域は多くの世界的なミュージシャンを生み出し、ブルース生誕の地とされています。
前に紹介した「ライ・クーダ」と映画「クロスロード」に登場するヤズーシティーもここから南下した位置にあり、この地域とブルースの関わりがお判りかと思います。

B.B. キングは父の失踪や母の死などで幼少の頃から働くなど生活は貧しかったようです。しかし、教会でゴスペルを歌い、地元のラジオから流れる音楽を聴いてブルースに親しむようになります。初めてギターを手にしたのも教会で12才の頃だそうです。
やがてメンフィスへ移り最初は地元ラジオ局のDJとなり、その時の愛称が「Beal Street Blues Boy」で、これがのちに「B.B.」となります。
本格的にブルース・ギタリストとしての活動もメンフィスからで、やがてレコードデビューとなり、1951年リリースの「3 O’clock Blues」がR&Bチャートの1位になりました。以降も数多くのヒットを世に送り出し、キング・オブ・ザ・ブルースとしての活躍は皆さんご存知の事と思います。

私はあまりブルースを聴くほうではないのですが、B.B. キングは幅広いジャンルのアーティストとのデュエット(アルバムも)多く、この2枚のアルバムは購入しよく聴きました。
エリック・クラプトンはロックでありブルースではありますが。

 

Riding With the King

新品価格
¥485から
(2013/11/29 01:55時点)

Deuces Wild

新品価格
¥687から
(2013/11/29 01:55時点)

さて前置きが長くなりましたが、ジャズとブルースの大物2人によるこのアルバム「ハート・トゥ・ハート」を紹介します。
この2人は1991年に開催された「斑尾ジャズ・フェスティバル」でお互い別のアクトとしての出演でしたがジャムセッションで共演しています。それが縁で制作されたのかは定かではありませんが、「ハート・トゥ・ハート」は1994年リリース作品です。
以前から気にはなっていましたがようやく入手し聴きました。内容はお互いのジャンルを取り入れた、ポップス、ソウル、カントリーなどのをカバー曲を、お洒落なアレンジで仕上がっています。
また2人の歌唱力の良さはもちろんですが、ギター好きの私にとってはB.B. キングの愛器「ルシール」で奏でるギターも魅力です。音色、フレーズはやはりB.B. キングなのですが、控えめで弾きまくる事もなく、曲調、コード進行が違うソロも心地よいです。

ハート・トゥ・ハートの曲目リスト

  1. No One Ever Tells You (ノー・ワン・エヴァー・テルズ・ユー)
  2. I Can’t Stop Loving You (愛さずにはいられない)
  3. You Don’t Know Me (ユー・ドント・ノウ・ミー)
  4. It Had To Be You (イット・ハド・トゥ・ビー・ユー)
  5. I’m Putting All My Eggs In One Basket (アイム・プッティング・オール・マイ・エッグス・イン・ワン・バスケット)
  6. Glory Of Love (グローリー・オブ・ラヴ)
  7. Try A Little Tenderness (トライ・ア・リトル・テンダネス)
  8. Spirit In The Dark (スピリット・イン・ザ・ダーク)
  9. Freedom (フリーダム)
  10. At Last (アット・ラスト)
  11. They Can’t Take That Away From Me (ゼイ・キャント・テイク・ザット・アウェイ・フロム・ミー)  <Bonus Track アメリカ盤未収録>

アルバムのプロデュースは「ゲッツ/ジルベルト」でグラミー賞の最優秀エンジニアリング賞獲得で知られる「フィル・ラモーン」です。
フィル・ラモーンは多くのアルバムを手掛けていますが、私はフランク・シナトラの「デュエット」がお気に入りで、中でもグロリア・エスティファンとのデュエット曲「カム・レイン・オア・カム・シャイン」は今でもよく聴いています。

アルバムより4曲紹介します。

1曲目「I Can’t Stop Loving You(邦題名(愛さずにはいられない)」は元々はカントリー・シンガー作による曲ですが、レイ・チャールズのヒットでおなじみの曲です。

B.B king and Diane Schuur | I Can’t Stop Loving You
http://www.youtube.com/watch?v=nBFXMvuvBX4  (YouTube)

2曲目の「You Don’t Know Me」もカントリー畑の曲ですが、この曲もレイ・チャールズが取り上げヒットしています。

B.B king and Diane Schuur | You Don’t Know Me
http://www.youtube.com/watch?v=oGV2pJWBlkE  (YouTube)

3曲目の「Try a Little Tenderness」はアレサ・フランクリンやオーティス・レディングが取り上げヒットしています。

B.B. King & Diane Schuur | Try a Little Tenderness
http://www.youtube.com/watch?v=ZFXuEJBNJbU  (YouTube)

4曲目の「At Last」は映画「銀嶺のセレナーデ」のテーマ曲で、グレン・ミラー楽団でヒットし、ランディ・クロフォードなど多くのアーティストがカバーしています。

B.B. King & Diane Schuur | At Last
http://www.youtube.com/watch?v=jVcwapLDf68  (YouTube)

 

ハート・トゥ・ハート

新品価格
¥2,548から
(2013/11/29 01:56時点)

Heart to Heart

新品価格
¥1,029から
(2013/11/29 01:57時点)

リリースからかなり経っての購入でしたが、聴く機会も多い今一番のお気に入りアルバムです。